茅島氏の優雅な生活

茅島氏の優雅な生活
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
30
評価数
8件
平均
3.9 / 5
神率
37.5%
著者
イラスト
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リーフ出版〈CD〉
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
ミニドラマ8cmCD(公式通販特典)・ブックレットに書き下ろしSS有り
フリートーク
あり
発売日

表題作 茅島氏の優雅な生活

庭師 → 大川透

茅島澄人 → 野島健児

その他キャラ
小泉[神谷浩史]/ 斉藤柊二[花輪英司]/ 波多野[秋元羊介]

同時収録作 茅島氏の優雅な生活

庭師 → 大川透

茅島澄人 → 野島健児

その他キャラ
小泉[神谷浩史]/ 斉藤柊二[花輪英司]/ 波多野[秋元羊介]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

聴者の想像力に丸投げ!の謎部分が多い!

凡作かと思いきや、意外な良作ですw 原作も読みたい。

主人公は華族出身のボンボン。
遺産だけはありあまるほどあるが、仕事らしい仕事はしていない。
その美貌ゆえ社交界の華でありながらも
人生に退屈しているデカダンな青年です。

そこへお坊ちゃまのお屋敷付庭師が登場。
そしてどういうわけか、庭師に惹かれる…わけですが。

貴族と下男といえば、
かの名作「モーリス」(E.M.フォースター)がそうです。
同性愛傾向がありながら、それを抑え込む青年貴族と
それを暴き、ときに強引に迫る粗野な下男の構図は本作にも似ていますが、
19世紀イギリスの階級社会への反発をも込めた「モーリス」の時代とは違い、
本作品では青年貴族から「庭師」にアプローチをかけ、
徐々に人間性を得ていく現代的なスタイルになっています。

さらに庭師は名前すらなく、年齢も姿形も不明。
大川透さんの「庭師」は40歳前後と思しき、やや粗野で下卑たところも
ある庭師ですが、終盤では20代後半にも感じなくはない。
いずれにしても、「庭師」がどんな人物なのかを
聞き手に自由に妄想させるという点が続きすごく斬新です。
妄想好きな腐族の特性を逆手に取っているキャラ設定が秀逸!

野島健児さんはクール・ビューティーを演らせればそれなりに安定はしていたが
どうも個人的にはわざとらしさ+あざとさ感じて苦手だったんですよ。
ですが、野島節とも言える硬質な演技が、人形のような半生を送ってきた
青年貴族・茅島とピッタリあっていて、思わぬ拾い物でしたw

4

時間軸

ストーリーは、特別大きなことは起きない。
まさに優雅な生活を漂わせる、BGMと共に
茅島氏の、生活を覗いていくのですが。

BLでは、珍しい構成で(おそらく)時間軸を、逆に進行していくお話。
というか私は、初めてでしたので、とても新鮮で喜ばしい
はずなんですけど、個人的に苦手なんです。時間軸を変えるお話。
どうも見聞きする気持ちが削がれてしまいます。
映画にしろ、小説にしろ、そのままでいいじゃないか。
と思わずにはいられない。このお話も、最初から、
正しい時間軸で聞きたかったけど。それは無粋ですね。
こういう構成が好きであれば、楽しめるんじゃないでしょうか。

1

まさに魔性w

原作未読です。
というか、思わず叫びたい。
なんだこのかわいい生物ゎ+.(´▽`)。+.゜+・

元華族で、莫大な遺産で働かなくても不自由なく生きていけるお坊ちゃま。
だからこそ、何事にも関心を示さず~なお坊ちゃまが、恋をしてどうかわるのか!?
こぉね、要所要所がかわいいのです。
なんなんだよこのかわいさわwww
いくつかのショートストーリーを組み合わせた仕組みになっているわけですが、最初と最後がループしているというのが一番面白かった。
庭師に恋をして。
つれない庭師に擦り寄って。
いつしか庭師もけなげな姿に恋をした。
身分違いの恋だから。
いつまでも続く恋ではない。
落ちてはいけないと知りつつも~・・・な雰囲気がなんとも言えません。
攻も、鬼畜で冷たい男だと思えば後半はこれまた甘く。
従順なまでに「好き」だといい。
好きな相手にはなんでもされたい。
セックスも好きだと恥ずかしげもなく答える坊ちゃまがなんともいえませんでした。繰り返し聴いてしまう。

夜這いに来た原因のイベントが最後。
これもかわいかったですね。
ずれてるんだけど、そのずれが続き気持ちいい作品でした。

2

のじーがとってもステキで賞。

買ってよかったのじー作品。

この作品はちょっと構成が変わってて。
4話入ってるんだけど、時系列で並べると3話→2話→1話→4話ってなるのね。
それが逆に最初進んでくから、順に種明かしされてく感じで面白いです。
それから、主人公澄人の相手役にあたる庭師の名前がないのです。
一切出てきません。
庭師は「澄人さん」て呼ぶけど、澄人はずっと「おまえ」なのね。
作者の考えでわざとそうしてあるんだけども。
まず、基本的に普段の澄人さんは飄々としたというか独特の淡々とした物言い。
俗世離れしてるし感覚とかもズレてる感じ。
そんな澄人さんなのに庭師に対しては真っ直ぐに気持ちを伝えるの。
で、庭師は体から始まる関係は嫌だと拒むんだけども(それ以前にその日がちゃんと話した初めてだったし)澄人さんの熱意に負けて体から始めることに。
体からなので庭師からは「好き」って言葉がなかなかもらえないのね。
ホントは最初から庭師だって澄人さんの可愛さにコロリと言ってたんだけど、簡単に堕とされたっていうのが癪でずっと言ってあげないの。
だけど、澄人さんは庭師のことが好きだから、体だけでの関続き係を持つし、そのたびに「好きだ」ってベッドの中で告白するのね。
この言い方がとてつもなく切なくて。
いつも泣きそうな声で言うんですよ。
それが半端なくかわゆいvv
普段の抑揚のない喋り方とのギャップがたまらんです。

私が一番好きなシーンは基本的に上でも書いた澄人さんのベッドでの告白シーンはいつも切なくて好きなんだが、最後の4話で庭師が冗談で「飽きないように…」って言葉を発した時にそれに反応して飽きるまででいいから的なことを言う澄人さん。
そこから最後の庭師の告白の辺りまでは好き。
あとは、一番最初に庭師のところに行って庭師の言うように本気でやるけど拒否られて「お前の気持ちはわかった」って諦めて帰ろうとするところも好き。
基本的に普段とそういうシーンのギャップがやっぱりステキですな。

そして、個人的にのじー作品ではフリートークがすごく楽しみなんですが。
これがまたのじーが可愛いんだわ。
司会は花輪さんがやってて、最初は大川さんがトークしてんだけども2人で盛り上がってて。
そこの後ろで「なんか紹介さしてくんないなー」ってボソボソ何回も言い出すんです。
それが可愛いv
でもって、やーっと喋らせてもらうわけだが、澄人さんが抑揚のない抑えて抑えての芝居だったのでそれを発散するかのように「ああーっ」て奇声を発してみたり(笑)
もうそれだけで買ってよかった感が(笑)

小説では文字で、コミックスでは表情とかで、それぞれに茅島氏の雰囲気とかは表現されてると思うんですが、是非このCDで声での茅島氏の感情表現を堪能していただきたい!!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ