君知るや運命の恋

君知るや運命の恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

270

レビュー数
8
得点
57
評価数
16件
平均
3.6 / 5
神率
18.8%
著者
イラスト
作品演出・監督
吉田知弘
脚本
頼経康史
原画・イラスト
如月弘鷹
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

奈津(なつ)は名門・樋之口公爵家に生まれながら、家では異母兄に虐げられ、外では貴族階級の一員と白眼視を受ける幸薄い日々を送っていた。そんな奈津の心の拠り所は、級友・日高への淡い恋。だが、日高は樋之口家と対立する新興実業家の跡取りだった・・・。せつなく胸を焦がす純情恋愛ロマン!

表題作 君知るや運命の恋

日高眞一郎 → 小西克幸

樋之口奈津 → 鈴木千尋

その他キャラ
高橋八起[笹沼尭羅(旧 笹沼晃)]/ 樋之口憲和[大川透]/ 山本[中村俊洋]/ 医者[古澤徹]/ 笹島[ふくまつ進紗]/ 女中頭[須藤絵里花]/ 同級生1[四宮豪]/ 同級生2[河野裕]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

演技は最高! 典型的メロドラマです。

原作未読です。
えー、私はストーリーのつっこみどころより演技のよさに気持ち持っていかれてしまってクチです。
メロドラマ好きさんにはいいのではないでしょうか。

実は私、こちらで初めて小西さんのよさを知りました…。
今更ですが、なんっていい声なんでしょね!

ちゃんとストーリー追っていけば、小西さん演じる日高の行動はちょっと変なところがありますが、小西さんの毅然とした美声に耳がやられて、どうあれよかです。
格好いいから!w
心の底では奈津に惹かれつつも樋之口家が憎くて強引に身体繋げちゃったら、今度は奈津のとりこになっちゃった、妙に生真面目過ぎて視界が狭くなっちゃう彼を小西さんが丁寧に演じていらっしゃると思います。

鈴木にさんに関しては…いやもう、不幸受けが似合い過ぎてるし、この人の喘ぎ!大好きなんですよー!
喘ぎ声だけなら、他の某有名作よりこちらのほうが好みです。
出だしだけ、ちょっと乗り切れてないような印象を受けてしまったのですが、日高(小西さん)との身体の関係が始まった頃あたりからめちゃくちゃ輝いてる!(笑)
流石は鈴木千尋さんです。

私が一番気に続きなったのは八起(笹沼さん)の扱いが物凄く中途半端だったこと。
これは原作というより、脚本のせい?
気になります。

0

あれ…?なんかどっかでこういうの聞いたお…

今月は鈴木千尋たん強化月間です(笑)。

不幸のデパートみたいな受け、千尋さん、怖いほど合いますなー。
というより、不幸を呼んでしまう声なんですよ。

序盤、同級生にイビられる奈津(千尋さん)からして、ひそかにワクワクしてしまった。鬼畜ですねワタクシ。
あっちこっちでいじめられて、堪えているってゆー状況が妙に萌えるんですがw

もっとやれ…い、いや!カワイソス!
いいぞもっとやれ!とか思ってないんだからねっ!

濡れ場が無駄に多いのはたぶん、千尋たんサービスでしょう。
千尋たん喘ぎ、エロエロいからね。

ストーリー展開的には…。
ツッコミどころは満載…っていうより、あれ???なんかこれどっかで聞いたような?
貴族シリーズでこんなのなかったっけ?
あっちこっちから切り取ってはっつけたような展開ですた。
旧華族モノってテンプレ展開が多いジャンルだから、そこは割り切って聞くとする。
でもさー、かつては「摩利と新吾」みたいな明治期セレブの名作もあったんだよなぁ。
ちゃんとヒネれば華族モノでもまともなストーリーテリングはできるはずなんだよなぁ。

長尺続きの小西さん×千尋さん絡みがなかったら寝落ちしてますな、コレ。
意外なところで、大川透さん演じる悪役がいやらしさ満点でよろしゅうございました。


0

健気受け好きにはたまりませんね

内容の感想としてはフリートークの小西さんの一言に尽きるんじゃないですかね。
「どうしたんだ、お前!」っていう(笑)

小説では一応日高が言い訳のことのようなことを言ってるんですけど(心の中で)、『声の質は似てるけど奈津が日高に対する声は高慢な貴族然としていて、目が見えない日高を助けてくれた彼はやわらかい音質を持ってるから、違うだろう』と思っていたみたいですよ。

でもCDでは無理だ!

どう聞いてもどちらも鈴木千尋さんですもの。
本当にこういう線の細い役似合いますよねー。
日高の小西さんもぴったり。
奈津が幸せになってよかったなあって思います。

小説では書かれなかった、気持ちが通じ合った後の2人のその後が少し聞けたのは良かったかな。でも個人的に最後のエッチはいらない。それに入れるなら、気持ちが通じ合う前と後の違いが欲しいです。なんかどっちも受けがつらそう。

それを入れるくらいなら初チューの場面が欲しいよ!
あそこすっっごく大事なのに。
なんで端折っちゃったかなあ…
そこだけ残念。

2

ツッコんだら負け!

なかなかのメロドラマでした。
家がライバル関係にあるが故に素直に向き合うことは叶わず。
けれど想いを秘め。
義兄の仕打ちで怪我をさせられた相手を看病する。
相手は目が見えないから、まさか貴族の息子が下働きのようなことをするとは思わず逃れて探す際も「下働きの者」を探すから見つからない。
フツーにずっと声は聞いているので「気付けよ!」と思わないでもないんだが。
そこは普段は対立してるから強い口調だったり、目が見えないからと気を抜いて優しく接したりってのもあるんだろうけども。
深くツッコんだら負けだと思った方がいいかも。
気持ちはあるのに素直に告げることは叶わなくて。
言えないが故に辱めを受けることになったり。
最後には真実を義兄の口からバラされてしまうのですが、その時の奈津の声がなかなか悲痛な感じでした。
ちーちゃん(鈴木さん)の奈津は儚げなところがありつつも凛としてるというか気丈というか。
目の見えない日高と過ごす時は本当に甘い優しい感じなんだけども、本来の日高と接する時は自分の心情を隠してるせいもあるのか更に強がっているような感じもあるというか。
繊細な細い声続きというよりもわりと力強い太い声だった印象。
でも、えちのところはちゃんと色っぽい。
一方のコニタン(小西さん)の日高はどちらかといえばソフトな声。
奈津の声がどちらかというと尖がった印象もあるので、それに比べるとかなり丸い。
これくらいの口調のコニタンの声ってなんか男の色気みたいなのがある気がする。
結構好きかも。
そして、大川さんの憲和。
大川さんにしては珍しくガッツリ悪役でした。
奈津に日高を籠絡するように命じたり強い口調ももちろんコワイのですが、優しい口調で命令する様が更にコワかったです。

フリトはちーちゃん、コニタン、大川さん、笹沼くん。
ちーちゃん司会なんですが、外野からいろいろ言われマイクテスト的なことを散々やらされる。
感想は大きい括りで(笑)
そして、呼ばれる前に登場してくるコニタン。
時代モノのガヤは大変だったそう。
学校のシーンだったので年号覚え(「いい国作ろう鎌倉幕府」とか)をひたすらやってたらしいんだが、果たしてその時代にそういう覚え方があったのかどうか…。
続いて、笹沼くんは出番が少なかったせいもあってサラッと。
「最後はあの人にしめていただきましょう」と去っていく笹沼くん。
先輩掴まえて「あの人」呼ばわり!
最後に登場は大川さん。
「悪い人の役だったんですが、僕は良い人なので難しかったです。嘘です」みたいなこと言ってました。
あとは締められずに「あの…えと…」みたいなのが幾度も。
ちーちゃんから「お兄ちゃん!」(役柄上)て声掛けられたり。
そんなちーちゃんに「千尋くん」て応えてましたね。

1

鈍すぎる!

原作を読んでみたんですがそちらでも同じ感想でした……攻が鈍い、あまりにも鈍すぎる!!

キャスティングも演技も良かったとは思います、思いますが肝心のストーリーが自分にはどうにもツッコミどころが多すぎてのめりこめませんでした、駄目でした。

先ずやはり日高〔攻〕(小西さん)が鈍過ぎます!いくら目が見えない状態だからといっても、その後に幾らでもこれでもかーこれでもかーともっそいヒントが出てくるのに何故気付かないのか!
ぶっちゃけ日高って頭良い切れ者な筈なのに実はこいつマヌケなのか?と思ってしまった程に鈍いーー!!
薄幸役の鈴木さんの薄幸ぶりは凄くハマってましたけど……けど、うーーん、やはりツッコミが先に来てしまって自分的にはこの話は駄目でした。
ホント、日高さーー、気付けよ!君は!!
あまりの鈍さに君はひょっとしてアホなのかと突っ込みたくなりました、っていうかツッコみまくって聞いてました。

0

小西さん目当てで・・・(ネタバレ注意!)

原作未読。

切なくてなんだかキュンとするようなお話でした。

華族などがあったころの身分違いのお話ですが、鈴木千尋さんの奈津がもう、かわいくてでもかわいそうで・・・。
なんだかとってもきゅんきゅんしてしまいました。

CDの帯にもある「あなたを、好きでいても、いいですか・・・?」もうこの台詞にやられました。

でもな、個人的に目が見えなかった分耳が研ぎ澄まされて声だけははっきり覚えていたみたいな感じで、日高も実は恋焦がれていた・・・みたいなほうがよかったかもです。
声でわかるだろ。。。ってほんとつっこみたくなったので・・・・。
他にもつっこみどころはあります。
なんだかケータイもでてきちゃいそうな雰囲気のお話です。

ラストが個人的にうーんでした。。。

でも大好きな小西さんですし、全体的に切なくきゅんとなるのでよかったと思います!

0

身分違いの

ちょっとおまけの神w
あすま理彩さんの描かれる話って、どれもまーるくハッピーエンドで丸め方が好きです。面白かった。
何よりも、受の鈴木千尋さんの声の濡れ具合がハンパじゃない(´▽`)ノ
これぞBL!これぞCDの醍醐味w
そうだよ、これが濡れ声wうほ☆なぶんの神です。
お話は、まだまだ身分制度が色濃い時代。華族の家に愛人の子として生まれた受と、庶民の攻。
華族さま様な時代なわけですが、愛人の子供として生まれた受はシタ働きのようにこき使われていた。攻は受の家には邪魔なほどの力をもつ会社な~。
受はひそかに攻に想いを秘めていたのだが・・・・!?
強姦、脅迫もろもろ~ありますが、なにぶん愛が生まれていく様子がわかりやすくてイイ。
可愛くないと思い、思い知らせてやろうとばかりに強引につなげた身体だったのにもかかわらず、独占したくなり、また触れたくなり。
守ってやりたいと思うようになる。あんなに憎くおもっていた相手なのに・・・な心境変化がウマでした(*゚▽゚*)
原作未読ですが、これは読んでみたくなりました。
やっぱり小説はよまにゃいかんのだよ。うん。

0

人魚姫の童話、BLバージョン…かな

原作未読。
いやー、これ、健気受け好きには、たまらないお話じゃないかなと思いました。
途中で「人魚姫かい!」と思わずツッコミ入れました。
私は健気受けはそんなに好きじゃないんですが、それでも面白かったです。
鈴木千尋さんの声にやられましたねー。不幸の坩堝にいるかのような受けの凛とした姿を、見事に演じておられました。
結末の分かってる朗読劇を聴いてるような気分で、聴いてました。
不幸アイテムも、誤解や勘違いも、ライバルの存在も、ハッピーエンドも、すべてが過不足なく揃っていて、安心した気分で聴くことができます。

ぶっちゃけストーリーのなかに、ツッコミどころはたくさんあります。「声で分かれよ」とか「調べたんなら、もっと早く分かるだろ」とか。
こういう部分はねー、気にしちゃダメ!ダメっていうか、気にしちゃ負け!w

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ