ラブプリズム

爱情三棱镜

ラブプリズム
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
30
評価数
9件
平均
3.4 / 5
神率
22.2%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
55 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 ラブプリズム

夏野 伝 → 成田剣

夏野啓 → 鳥海浩輔

評価・レビューする

レビュー投稿数5

鳥海さんの喘ぎ声を堪能する1枚

近親相姦に定評のある作者の兄弟嗜虐もの。

作者死去で続きが出ないのに途中まででもCD化した気概は?
鳥海さんが受けならエロカットせずにできただろ?
というレビューが気になって聴いた。

鳥海さんの喘ぎ声を堪能する1枚。
それだけで充分な価値。

しかし原作>CDだと思う。

1

原作が凄すぎたので

原作既読です。原作のほうがとにかくとってもエロいので、CDのほうはちょーっと物足りなく感じてしまいました。いくつか入ってないプレイ(失禁シーンとか)があったし、そもそも時間も短めだったし。まぁ、でも、絵で描かれていたものを完全にCD化するのは無理だと思うので仕方がないのかなぁという感じもします。

コミックス版だと、どうしても絵の凄さのほうに目がいってしまうので、ボーイズラブとしてみるならば、こちらのほうがじっくり聴けてストーリーを楽しめるかもしれません。

0

めっちゃ面白いよこれ!なのに…

原作未読です。
めっちゃ面白かったのですが、原作は未完のままで作者さんが亡くなられたらしいので、続きが聴ける可能性はないようなのが、本当に残念。
この先の展開、なんとなく読めるには読めるんですが、いいところで終わってるから、続きが聴きたかったな。

実の兄(成田さん)と背徳関係にある弟(鳥海さん)。
痛くて恥ずかしいプレイ満載でした。鳥海さんがフリートークで「あんなの作者が男だったら書けない」と言って笑ってましたw
成田さんは超アヤシイし、鳥海さんはがっつり喘いでるし、淫靡でウハウハの濡れ場でした。

主役はこの弟の友人(高橋さん)です。
偶然、この兄弟がセックスしてるシーンを目撃してしまい、以後、弟のことが気になって仕方なくなる。その感情は恋愛感情へと変わっていく。
で、友人として付き合いながらも、抑えがたい衝動に苦しむ。
最終的にはこの友人が弟を地獄から救いだすんだろうなと思いました。そのあたり聴きたかった(読みたかった)なァ。
彼の存在は、清涼剤のようでした。
変態キャラと背徳感いっぱいのストーリーのなかに、こういう「まともなキャラ」を重要人物として登場続きさせることによって、物語がより面白くなるんだよね。スパイスになるし、物差しにもなるし、読者が寄り添える場所にもなる。

あと、変態医者らしき杉田さんがハマってました。
杉田さん、巧すぎw
でもちょこっとしか出演シーンがなかったから残念です。
続編があったら、杉田さんの変態な大活躍が聴けただろうに…ほんと残念。

残念残念と残念だらけではあるのですが、それでも面白かったです。
原作も読んでみようかな。
でも未完か…むむむ…。

3

予想外の、青春切なラブストーリー

トラウマになるようなSM原作のCD化。
鬼畜な変態といえばこの人・成剣さんと,
いたぶられ鳥さん(それも高校生でっせ)
聞くのが、楽しみのような、怖いような、、、

で、おそるおそる、聞いてみたんすが

普通にOK!

なんで、逆にビックリ!!みたいな

ま、CD始まると、いきなり
「にゅちゃ」

「あっ あァ、、、」
だったりはするんだけど

コミックスだと縛ったり、お道具攻めだったり、それも尿道だったりと
鬼畜なお兄ちゃんとのSMプレイに目がいっちゃうけど
CDはストーリーの軸が、同じバスケ部の折田(高橋広樹)との、お互いに実らない思いの方にあるから、
けっこう普通に「切ない系ラブストーリー」として聞けた。

コミックスは(肉体が)痛い系ハードエロ,どんと来いドンッな方にしかお勧めできないけど、
このCDは、鬼畜な成り剣さん好きや、泣かされてる鳥さん好きには、お勧め☆

そして、野球部部員に中村悠一とかクレジットされてるけど、どこにいた?
ちょい役のクラスメートがゆうきゃんだったのかな?

ラストトラックにトーク8分
鳥さ続きん司会、のっけからハイテンション。
鳥海、高橋、成田、杉田の順で、テーマトーク

3

ラブプリズム

なんだろうね。コミックスから比べたらエロ薄Σ(@w@;ってのが第一印象。普通さ、コミックス⇒CDって感じで、エロこくなるもんじゃん。普通。これ逆!!
あれ?っと思うくらい期待はずれ。
まあね。うん。ストーリーを重視すれば仕方ないかな。という感想では有りますが。
エロシーンに関しても、ものゴッツイ短い
たしかにね、メインのカップルのHじゃないにしてもだよ。
兄ちゃんのゴーイン攻にしてもだよ。
もう少し見せてくれてもいいんじゃないの?って感じ。つまらん。
で、ストーリー的には、まあね。うん。最後まで兄ちゃん悪者で終わっちゃった
わりと、コミックスだと、確かにゆがんではいるが、妙に弟への愛を感じたりしていたわけですよ。それがな~~うん。上手く表現しきれてなかったかな~。
「オレはずっとこのままこうして夏野と居られたら~~~」
友情イベントで終了~
というわけでですね。まあ、買って損した!というのはないですが、思ってたよりかはナチュラルな作品だったかなと思います。
原作の濃さを知ってる人にとっては、サラリとしたもんよ。
サラリとした梅酒よりもさっぱりよ。多分・・。
続き原作が好きな方には物足りなさが残るかなと想われます

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ