YEBISUセレブリティーズ3

YEBISUセレブリティーズ3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
34
評価数
7件
平均
4.9 / 5
神率
85.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
小川信寛
音楽
三宅洋
脚本
堀井明子
原画・イラスト
不破慎理
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
142 分
枚数
2 枚
ふろく
リブレ通販予約特典小冊子・描き下ろしノベ
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

『Yebisu Graphics』の下にあるカフェ『LOTUS』のギャルソン・東城を口説きつづける、世界的インテリアブランド『LABO』日本支社長のアルベルト。情熱的でラテン系なアプローチに、アイス・ドールの異名を持つ東城もいつしか心を開いていく。しかし、アルベルトがついに想いを遂げた朝、東城はいつになく冷たい態度で…。切ない想いは叶うのか!?

恒例・岩本薫先生書き下ろしシナリオの内容はなんと「聖エビリティ女学院」。エビリティたちが女子高の生徒だったら…!? 抱腹絶倒のパロディです。危険なくらいおかしい!(メーカーより)

表題作 YEBISUセレブリティーズ3

アルベルト → 一条和矢

東城雪嗣 → 平川大輔

その他キャラ
大城崇[小杉十郎太]/ 陣内高史[大川透]/ 綿貫凌[成田剣]/ 久家有志[神奈延年]/ 益永和実[千葉進歩]/ ダオ[重松朋]/ 雪嗣の母[亀井芳子]/ チンピラA[河本邦弘]/ スアン[戸川絵美]/ シャオピン[河相智哉]/ 隣人(女性)[松浦チエ]/ チンピラB[北沢力]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

今までのシリアスを覆す書き下ろしの破壊力

いやあ、聞き応えがありました。
2枚組みですから。
ノベルス2・3巻の、アルベルト×東城編です。
恋の追跡行でベトナムのハノイまで。
二人のそれぞれの過去を打ち明け、心が通い合うまでの道程が長いし、紆余曲折あったんですねえ。

で、ラストに「聖エビリティ女学院~百花繚乱の章~」が書き下ろしで入っております。
これが、「今までのシリアスで重厚なドラマはなんだったの?」というばかりの爆笑企画なんです。
本編ではあくまでも二枚目のエビリティたちが、乙女の園の女学生を演じておられます。
当然、皆さん、オネェ言葉。
まあ、女性が描くパロディで、シチュエーションで性転換させちゃったり、女装させたりというのは、よくあるパターンなんで、マンガなどではよく見たことがありますが、声優さんたちでは初めて聞きました。
皆さん、ノリノリでございます。
特に、アルベルト役の一条和矢さんが、それまでの主人公だった二枚目のイタリア人セレブ役から、なにか憑き物でも落ちたように、一番はっちゃけてらっしゃいました。
そして、内容は百合物
いやあ、笑った笑った(^o^)丿

2

一番好きなBLCD ネタバレ注意!

多分お話自体は皆さん結構知っていると思うのでスキップしますが、
(ブログのほうによってくださればお話全部乗ってます)

まあ個人的な意見(ブログから)

****************

ドラマCDですが、ピアノBGMが多いい上に、すごくシーンとあっていて面白いです

あと一条さんも平川さんもすごくうまくって、よかったです

とくに平川さんは難しいキャラクター設定のユキをうまく演じてもらえたと思います
私の平川さんファンの原点ですねww


あとやっぱりHシーンあれがとてもうまいと思います
とくに平川さんの喘ぎ!一条さんもすばらしいです!

やっぱりあのシーンが下手だといっきに気持ちがなえるのでこの作品は本当に良かったです


しいて言えばHシーンが合計で四回のところなんかフルで聞けたのが二回というのが

あとは金額ww
まあ話し自体が長いのもありますが、やっぱり二枚だと高いですね(汗)
でもYEBISUシリーズのなかでもやっぱりこのカプのドラマCDが一番買ってよかったな~って思いました

あとはトークがないのがとてつもなく残念!続き
だって平川さん聞きたかったんだもん!!

でもその代わりで入っている

聖エビリティ女学院

もう大爆笑!

だって

久家(神奈)、藤波(鈴木達央)、ボス(小杉)、綿貫(成田)、陣内(大川)、アルベルト(一条)、ユキ(平川)、益永(千葉進歩)

というこのそうそうたるメンツがみんな


~ですわ~

とかww

シリアスなアルベルトとユキの話のあとに大打撃を受けました
夜ベッドで聞いていてもう布団がぷるぷるぷるぷる

まあとにかく高いけど(お値段)とても良いです!!(笑)

3

このイタリア人設定また濃いわ~wアルベルト(一条)の「愛してる」の 「あ」の音が絶妙にくどいんですw

アルベルト(一条)
世界的インテリアブランド『LABO』日本支社長で、イタリア人w

雪(平川)
暗い過去を持つアイス・ドールと呼ばれる美人ギャルソン

「YEBISUセレブリティーズ」シリーズは、
Yebisu Graphicsというセレブな男たちが集まる凄腕デザイナー集団を
中心に繰り広げられるセレブなビジネスストーリーなのですが
今回は、Yebisu Graphicsの仕事上の関係者とYebisu Graphicsの下にある
カフェのギャルソンというカップリング。
Yebisu Graphicsの面々も、ちょこちょこ出てきて
小杉十郎太、大川透、成田剣、千葉進歩、神奈延年と
脇というには豪華な面々が舞台を盛り上げます。

攻が日本語ぺらぺらのイタリア人!
「僕とメイクラブするのは・・・イヤ?」とか
このイタリア人設定また濃いわ~w
「素敵だったよv・・・愛してる」は岩本薫先生の
イタリア人設定では定番文句なんでしょうか?
しかもちょっとイタリア人ぽくくどいセリフ回しなんで
アルベルト(一条)「愛してる」の
「あ」の音が絶妙にくどいんです続き
一条さんくどいくどいくどいwきちんとラテンぽさがでていて楽しめました。
平川さんにいたっては、いつもどーり申し分なく聞惚れましたv

最後のトラックは、「聖エビリティ女学院」
キャスト全員がもしも女生徒だったら?設定のパロディw
大爆笑!
みなさんベテラン声優そろいだから、もぉーおっかしいったらありゃしなかったわ。

2

涙なしには

これはイチオシのCDです。

『雪の女王(アイスドール)』と呼ばれ、人を寄せ付けないユキ@平川さんを、情熱的に、何度も何度も挫けることなく口説き続けるアルベルト@一条さん。
この2人の関係を頭に思い浮かべるだけで、どんぶり飯が何杯もいけそうな勢いです。


平川さんはいつもの美人キャラ。
素っ気ない態度も、ちょっとだけアルベルトに心を許したようなところも。でも、その後の態度の急変も!
この切り替えが上手い。
一度はアルベルトに身をまかせながらも、こっぴどく振っちゃうんですよね、自分の過去に囚われて。
その過去を涙で告白するシーンは、思わずもらい泣き。
この多彩な演技は、いったいなんなんでしょう。

一条さんは、イタリア人役だしどれほどねちっこい演技を? と想像していたら、全くあっさり目。情熱的ではありますが。
かと言って物足りなくはなく、すごく良さ気でカッコイイ男を演じておられます。
過去に囚われるユキを、これでもかっというほどに甘えさせてくれてます。
いい男だ。

最後の番外編、これはこれでめっちゃ面白いんです。
声優さんも弾けてすごいことになっ続きているし。
ですが、感動的なお話の直後に聴くのはちょっと、な気もしました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ