きみが恋に堕ちる

kimi ga koi ni ochiru

与你堕入情网

きみが恋に堕ちる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
28
評価数
9件
平均
3.3 / 5
神率
22.2%
著者
作品演出・監督
高桑一・松下一美
音楽
三宅洋
脚本
前川陽子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
62 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

望月春が臨時教師として赴任したのは、かつて好きだった主藤礼一郎の弟・司が在籍する高校だった。兄と同じ弓道を嗜み、春に想いを寄せる司。その司のインハイ試合会場で春は礼一郎と4年ぶりの再会を果たす。「ずっと春さんのことが、好きだった」と告白した司のまっすぐな想いに次第に惹かれていく春。そんな中、礼一郎までもが「お前にとっての一番は俺だと思っていた…」と本心を告げ…!?複雑にからまった三人の恋の糸は解けるのか?(帯より転記)

表題作 きみが恋に堕ちる

首藤司 → 神谷浩史

望月春 → 千葉進歩

その他キャラ
主藤礼一郎[遊佐浩二]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

原作も大好き

原作既読です。
多少カットされているシーンはあるものの、原作漫画の本編ほぼそのままでした。
キャストのイメージも皆さんびったりだったと思います。
高校生の司役の神谷浩史さんは一途で真っ直ぐ、そして強引な年下攻め様を落ち着いた男らしいお声で好演されてましたし、千葉さんは結構乙女で少し頼りない所がある新任教師の春を少し頼りなげな雰囲気で演じられてました。
原作では表情が変わらない礼一郎なんですが、遊佐さんが怪しげ(?)というか皮肉っぽい演技は出さずに、落ち着いた高校生と言う感じで演じられてたのも、礼一郎のキャラには合ってると思いました。
この作品では礼一郎のキャラは全貌が明らかにはなってないんですが、実はキャストを見て一番気になってたのが遊佐さんが礼一郎を演じられている事でした(笑)。

このドラマCD、あまり評価が高くないようなんですが、私は原作が大好きなので、このドラマCDにも感情移入出来てよかったです。
弓道のインターハイのシーンも緊張感が感じられて良かったです。^^

1

昔の少女マンガみたい

いやー…、なんかもう、かゆくてかゆくて辛かったです。
好きか好きじゃないかだけをひたすらこねくり回してるストーリーについてゆけず。
乙女すぎる思考の登場人物についてゆけず。
BLでは私は、男同士の話が聴きたい(読みたい)んだぞ、とずっと思ってました。

四年前の失恋を引きずってる受け。
告白すらしないで自ら離れて。
正直いってそんなの大した失恋じゃないと思うんだけど、ひたすらイジイジウジウジしてる受けのお尻を、「タマついてんのか。もっとしっかりしやがれ、ボケナス」と蹴飛ばしたくなりました。
でもそんなイジイジしてる受けは、ひたすらイジイジしてるだけで、モテモテ状態です。
あり得ない。
昔の少女マンガやん、と思いました。

神谷さん千葉さん遊佐さんの、美声トリオはとても良かったんですが…。

あと、この作品のスピンオフとして『きみが恋に溺れる』があるんですが、こっちは面白かったです。ほんとに!めちゃくちゃ!面白かった!
なので、この作品が趣味じゃなかった方でも、『きみが恋に溺れる』は試してみて欲しいです。

1

美人ボイス攻め受けv

礼一郎(遊佐)へ片思いする春(進歩)
そんな春(進歩)に片思いしてたのは
礼一郎(遊佐)の弟・司(神谷)

と、いう図式。

礼一郎(遊佐)への気持ちは邪まだとかネガティブにとらえ
姿を消してしまった春(進歩)
そんな春(進歩)に、人を好きになる強さを説く年下・司(神谷)v

まっすぐ!実に、まっすぐなお話でした。
神谷ボイスも、進歩ボイスも美人できれいな作品でした。

絡みへのつなぎ・・・もう少し丁寧だといいなぁw
告白→フィニッシュ手前と急すぎないか?
朝練さぼってベッドインするお二人でしたが
事後、弓道しにいっちゃうんですよね。元気ぃーwww

短かったけど!
神谷さんの攻め喘ぎも色っぽく満足でしたv

礼一郎(遊佐)のキャラが、この1枚では
まったくベールに包まれているのが残念。
もう少し礼一郎(遊佐)の魅力も語られているとよかったのになw

0

BLである意味

私、何でこのCD持っていなかったのか、聞いてみて思い出した。

原作が***だったんだ…。

私の地雷は、人の話を聞かない強引なオレ様男だけかと思ったら、
この春みたいなのも、、、、

関東人の私が聞いても、この春の、言葉遣いは、、、

東京とか、神奈川だと、男の人も、
「~しちゃう」とか「~しちゃって」って普通に使う。
でも、他の地域の、特に関西圏の人が聞くと「オカマっぽい」らしい。
で、何でこんな話を持ち出したかというと、、、

その前に、何で私が、男女間の恋愛物じゃなくて、わざわざBLを読んでいるか、という所に行きついて、、、

このシリーズ、兄・怜一郎の「~溺れる」の方がおもしろい。
「墜ちる」だけを聞いた限りじゃ、何でココで怜一郎に遊佐浩二??だけど、
「溺れる」の、「何でもできる、完璧男と思いきや、実は生活能力の全くない天然ちゃんな怜一郎」で、この配役が、俄然意味を持って生きてくる。

司のヒロC、再生前ヒロCは、こういう攻め高校生役って結構あったみたいで、この生硬な感じのヒロCも好き。


で、

要するに、



続き
ごめん、

春のキャラそのものが

しゅみじゃなかった


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ