この世異聞

konoyo ibun

この世異聞
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
24
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
12.5%
著者
作品演出・監督
阿部信行
脚本
中野睦
原画・イラスト
鈴木ツタ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
ポストカード
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

山根昭雄の家系は代々呪われていると親戚から忌み嫌われていた。
両親も祖父も他界した今、昭雄も不治の病にかかってしまう。
ひとりぼっちで病に苦しむ昭雄の前に、代々山根家を守っているセツが仏壇の香炉の中にあった牙から突然現れ、昭雄の願いを叶えてくれると言う。
昭雄は迷うことなく『病を治してほしい』と頼む。
セツはその願いを叶えようと、昭雄の身体に触れていく。
魔性のセツと嫌々ながらセツを無視できない昭雄の、奇妙な同棲生活の顛末は…?!(出版社より)

表題作 この世異聞

セツ → 井上和彦

山根昭雄 → 岸尾大輔

その他キャラ
鳩木哲市[遊佐浩二]/ 南浦啓一郎[飛田展男]/ 山根昭造[松岡文雄]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

井上さんも良いけど遊佐さんが素敵なCD

井上和彦さん目当てで購入しました。
……ですが!幼馴染役の遊佐さんのお声に心臓を射抜かれてしまいました。
もちろん井上さん攻めは最高にかっこよかったのですが、個人的にてっちゃん×アキを想像してしまって、それはそれで美味しかったです(想像だけですが)。

また、お話ももちろん好きなのですが、まずこのCDのBGMが素敵です^^
曲名を探したいくらいでしたが、どうやって検索すれば良いかわかりません…。
SEも自然だし、このCD自体の雰囲気がとても好きです。
最後まで安心して聞くことができました。

0

セツが、、、

セツが、井上和彦さんで、私のイメージとはちょっと違った、、、。
井上和彦さんは大好きな声優さんなんですが、、、。
岸尾さんの昭雄は違和感なかったです。
まあ、私の好みから言うと、喘ぎ声がちょっとね、
て感じですが それはと好みの問題ということで。

セツが病魔を食べる、あのずるんっていう感じが
生生しかった、、、。おげー。
千と千尋に、なんかああいうのいましたよね(笑)

あと飛田さんと、遊佐さんのお二人方も違和感なくて
キャラのぼんやり具合が良く出ていて、可愛かったです。
笑ったのが、フリートークでも言ってましたが哲市が、
セツが休みたがっているところに、ガンガン 質問するところ!
あれは、、、哲市、、、お前って思いました(笑)

セツと昭雄の展開がこれからっていうところで
終わっているのが残念~!!
「俺のものだと思っていいか」の件まで入れてほしかったです。

あと、私は声優さん好きなのでかまわないのですが
フリートークが長い!!(笑)

別の話になっちゃいますが
BL好きな人が声優好きとは限らないし、コミックの あとがきの
続き
ような感じで、必要ないと思う人もいるんじゃないかと、、、。
世界観壊すってゆう気持ちもわかるきがするし。
なのでフリートークは別のディスクで付属したら
いいじゃないかな、て思ったり。したりしなかったり。

0

館長

原作未読なんですけど、聴いてみました。

山根昭雄(受:岸尾大輔さん)の家系は、
代々呪われているらしく、たった一人の家族であった祖父も他界。
しばらくして昭雄も不治の病にかかってしまう。
ひとり病に苦しむ昭雄。ある時、壇の香炉の中にあった牙を
手にする。すると牙から突然、魔者?が現れ
願いを叶えてくれると言い出すのであった――。
という感じで始まるお話。

現れた→セツ(攻:井上和彦さん)

エロさやキュンは、全く感じませんでした。
私には、音がリアルすぎたかもしれません。

終盤にやや退屈を感じましたが
キャラクターのやりとりは、
好きな感じでした。

昭雄の職場の館長(飛田展男さん)。
おもしろかった。

0

井上和彦さんが素晴らしかった

この作品、原作を読んだときはピンとこなかったんだけど、このCDを聴いて「うおー、おもしれー」と思って原作コミックを読み直したら、原作コミックのほうも大好きになってしまった、そういう作品です。

攻めの井上和彦さんが凄い、素晴らしい。
狼男?なんですが、ワイルドでめちゃくちゃカッコいいのだ。
受け(岸尾さん)の体内から魔物をすすり出すときの音がまた凄い。
井上さんの出される咀嚼音と、後から入れられたSEとが重なって、魔物の質感がダイレクトに感じられるのだ。ずるずるぬめぬめした気味の悪い物体の存在が分かる。鳥肌モノでした。

こういうファンタジー系の作品って、ドラマCDにしたときに、原作とCDとで良い影響を与えあって、互いを高めるものが多いなァとよく思うんですが、この作品はその最たるものじゃないかなと思ったりもしました。
原作ともどもオススメです。
読んで聴いてまた読む、それで、より世界観がリアルになるんじゃないかなと思います。

続編出ないかなー。

1

セクシーボイス満載!

主人公・山根昭雄の家系は代々早死にの呪われた家系。かくいう昭雄も発病してしまい、祖父からきかされていた守り神を召還します。
そしたら耳と尻尾の生えた男・セツが現れたのです。昭雄は望みをセツに伝えるが・・・。というふうに始まります。

昭雄の望みが病気を治して欲しい、だったのでセツは昭雄の病魔を体から引きずり出して食べちゃうんですよ。
そのシーンの音が、んもうやらしいの!
しかもセツも悪戯しちゃうから余計に耳に恥ずかしい仕上がりになっております。ある意味とてもサービス精神豊かな仕上がりではあると思います。(笑)
私は見事に想像力をとてもかき立ててられてぎゃーぎゃー叫んでおりました。私的にはその音の表現がこのCDの最大の押しどころかなと思います。

声優さんはキャラクターに合っていて良かったと思います。
特に岸尾さん!普段の声とあの時の声のギャップが物凄いですね。とてもとてもモエモエしてしまいました。素敵~~~。んもう、鼻血出るかと思いましたよ。
普段の声はどちらかというと勝気な感じなのに、シーンによって同じキャラ??って言うくらい艶っぽい声を出すもんだからニヤケっぱ続きなしでしたよ。

井上さんもこうなんというか男前なボイスで腰砕けでした。低いんだけど甘い。なんかダンディな感じ?うん、色男な声でした!
普段のかったるそうな声とあの時の艶やかな声のギャップが叫びたくなるくらいセクシーでした。

遊佐さんは相変わらず私の好みでメロメロでした。もっと聞きたかった~。もっといっぱいしゃべってくれたらイイのに!!(笑)
館長さんとのこともがんばって♪♪

私はCDを先に聴いて原作を読みました。個人的にはCDの方がスムーズな展開だな、と思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ