愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾

愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

102

レビュー数
6
得点
88
評価数
21件
平均
4.2 / 5
神率
47.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
音響監督:林希実子
音楽
浅野彰
脚本
堀井明子
原画・イラスト
樹要
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
通信販売特典座談会CD(緑川・平川・川原・谷山)約13分
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

蜻蛉と綺蝶は、男だけの遊郭「花降楼」で、双璧と謳われている傾城だった。
犬猿の仲と言われている二人だったが、昔の二人は、夜具部屋を隠れ家にして、毎日一緒に過ごす程、仲が良かった。ふたりの関係は・・・。大人気「花丸文庫」の“花降楼”シリーズ第二弾、蜻蛉と綺蝶の物語が、遂にドラマCDに!(レーベルより)

表題作 愛で痴れる夜の純情

綺蝶 → 平川大輔

蜻蛉 → 緑川光

その他キャラ
楼主[成田剣]/ 玉芙蓉[遊佐浩二]/ 東院[川原慶久]/ 岩崎[谷山紀章]/ 新造A[山中真尋]/ 新造B[太田哲治]/ 番頭[千々和竜策]/ 男[河野裕]/ 禿A[茂木滋]/ 新造A[山中真尋]/ 新造B[太田哲治]/ 番頭[千々和竜策]/ 男[河野裕]/ 禿A[茂木滋]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

シリーズ中一番好きなカップル!!!

CDを聴いたのは随分前になります。その時はレンタルでした。
原作を先に読んでいて、それでCDも出ている事が分かり借りたのでした。

飄々としたキャラの綺蝶がイメージ通り、いいえ、イメージ以上に魅力的に演じられていて、原作を読んだ時にはそこまではまらなかった綺蝶に、このCDきっかけで凄くはまって聴いていたのに、何故か当時は声優さんへの認識も低く、声優さんのお名前をチェックすることもなく過ぎてしまい・・・

その後BLにどっぷりはまった時に、そういえば・・・と思いだし、声優さんのお名前を見て納得。平川大輔さんでした。

綺蝶も蜻蛉も、私の中では原作のイメージに合っていて、原作既読でも違和感なく、そしてとっても楽しめた一枚でした。
私の中では、攻めの平川さんの中でベスト3に入る作品です。

1

せつなくて好き。

娼妓同士の恋。
蜻蛉がなんだかせつないです。
綺蝶はある程度わかった上で動いてるようなところがあって。
けれど、その理由を蜻蛉は知らないから単純に距離を置かれているような印象を抱きがちで。
最初の頃に仲良くしてくれたのを思えば思うほど、距離が空いていくことは淋しいし突き放されると心は痛む。
その辺りのせつない感じがさすがの蜻蛉・緑川さん。
禿時代とかかわいい声も素敵だし、水揚げされてからの「高嶺の花」といった感じのツンとしたお姫様な感じも素敵。
綺蝶の水揚げに涙してしまうシーンも素敵でしたv
ラストの「愛してる」にやられた。
一方の綺蝶・平川さん。
親しみやすい感じで、蜻蛉を揶揄ったりしながらも可愛がりたいのが感じられる声。
切羽詰まって蜻蛉を抱いてしまうシーンとかさすが。
色っぽさもあるのに、どこか男っぽさも感じられる綺蝶でした。
それから、玉芙蓉・ゆっちー(遊佐さん)。
ちょっとしか出てないのに存在感は見事!
意地悪というか我儘な感じというか。
これ聞いたら、また玉芙蓉の話聞きたくなりました。

1

綺蝶×蜻蛉大好き!!

原作は未読、ドラマCDのみ。
花降楼シリーズがとても好きなんですが、特にこのシリーズに1作目から登場する綺蝶(CV平川大輔さん)×蜻蛉(CV緑川光さん)が、萌えすぎる。

幼少の頃から花降楼で育ち、すっごく仲が良かった2人が"傾城"になり、花降楼の2大稼ぎ頭になるけど、性格が全く違うため犬猿の仲となるんです。
だけど、心の中ではお互い想い合っていて・・・。
なかなか素直になれない2人の恋の行方は・・・って感じですが、最後は駆け落ちまでしてしまうシーン号泣。

また、攻め平川さんと受け緑川さんのCPが安定感もあり、すごく良いです♪
受け役の緑川さんがとても可愛くて、でも意地っ張りでって所も萌えポイント大!!
この2作品目の絡みシーンは、わりとアッサリ目ですが、ストーリーすごく良くてお気に入り作品です☆
綺蝶×蜻蛉のその後を描いた物語は、このシリーズ9作品目「愛しき爪の綾なす濡れごと」、合わせて聞くときっとこの2人が大好きになると思います。

2

ツンツン姫がかわいい

このシリーズは全てドラマCDのみで、原作未読でございます。
面白いので、はまってます。第二弾もとても楽しめました。

幼少期は毎日一緒に過ごす程、仲がよかったのに、
犬猿の仲と言われているこの二人ですが、
綺蝶(攻:平川大輔さん)の 蜻蛉(受:緑川光さん)に
対する、深くて暖かい愛情は聴いていると
ものすごく伝わってきますね。

ツンツン姫が可愛くて仕方ないってかんじで。
傍からみていたら一目瞭然です。
しかし、レビューの順番バラバラだな、私。w

1

シリーズ中、一番好きです

長いシリーズだから尻込みされてる方もいるかとは思いますが、そういう方にオススメしたいのがこの作品です。
これだけでも聴いてみて!と。一作目を聴いて(読んで)なくても全然問題ないです。

遊郭「花降楼」で、犬猿の仲といわれているツートップのふたり。
売られてきたころは仲良しで、いつも一緒にいたのに、なぜいま犬猿の仲になってしまっているのか。
カムロ時代のふたりのじゃれあいが本当に可愛かった。
先に水揚げされることになった綺蝶(平川大輔さん)を思って泣きじゃくる蜻蛉(緑川光さん)が可哀想で、もらい泣きしました。

ぶっちゃけると、絡みのシーンは、もっといろいろ欲しかったなぁとは思います。せっかくだから、平川さんの水揚げとか、緑川さんの水揚げとか、いろいろさあ…ww
まあでもこれがないおかげで、美しいお話に仕上がったんだとも思います。わかってるんだけどさ!w

先にレビューした久江羽さんもおっしゃってますが、平川さんと緑川さんのコンビといえば、「黒い愛情」が浮かびます。
こっちでは攻めと受けが逆転しちゃってるわけですが、両方を続けてきくと、お二人とも芸達者だなぁと感心続きをこえて感動しますです。本当にすごいよ。 

2

可憐な緑川蜻蛉、飄々としてしたたかな平川綺蝶

花降楼シリーズ第2弾、蜻蛉と綺蝶が主人公のお話です。
小説は未読ですが、コミックスは読みました。

蜻蛉が売られてきてから、二人で廓を出るまでのお話です。
禿の頃の子猫がじゃれあっているような喧嘩から、現在のお職を張るライバルとしてのやり取りと、蜻蛉がツンツンしている場面が多いのですが、辛いときには綺蝶のところに転がり込んで話を聞いてもらったりしてもいるのです。それくらいシビアな世界である廓の事情。

綺蝶はこの仕事が好きだと言い切っていて、辛さを微塵も見せないのですが、それもきっと蜻蛉という支えがあるからなんだろうなと思いたくなります。

それぞれの水揚げや身請け、綺蝶の正体の判明などで二転三転するのですが、最終的にうまくまとまってよかったよかったです。
コミックスを読んでしばらくたっているので、ストーリーがどれくらい沿っているのか検証できませんが、CDのほうが内容が濃いような気がします。

聴き所は、少しずつ成長していく二人でしょうか。
じゃれてツインテールに髪を結われた蜻蛉とか、夜具部屋での密会とか、綺蝶の水揚げに心を痛める蜻蛉とか、その強さはどこから来る続きのと言いたくなるくらい芯が強く、飄々としてしたたかな綺蝶とか・・・
それから、かんざしの件や足抜け、折檻、廓ならではの背景も面白いところです。

「黒い愛情」で緑川×平川は聴いていましたが、逆は初めてで、「黒い~」のイメージが先行しちゃったら嫌だなと思っていたのですが、全く杞憂でございました。
こちらの平川くんはかっこよく、緑川さんは可憐でございました。

ところで、「髪を結ってあげる」の“ゆってあげる”はどう発音しますか?
私の地方では「ゆ↓って↑あげる」と言いますが、ここでは「ゆ↑って↓あげる」と言っています。
どうにも違和感を感じて仕方が無いんですが、私の地方の言い方が訛っているのでしょうか?

2

乱菊

>京都弁でと指定されているとかえって困る
ああっ、私も確かにそんな発言聞いた気がします・・・どこでだっただろう・・・。
前後がどんな文脈だったかも忘れちゃってるんですが(;´∀`)

でも京都弁も大阪弁も、他地区の方にはあまり違いが分かんないと思うので、特に指定するのもちょっとマニアックかなとは思いますけどもねー。ハハハ

久江羽

>乱菊様

さっそくありがとうございます。
私は関東で、平川くんも新潟ですからそうは変わらないと思うのですが・・・
標準的な発音は誰が決めるのでしょうね?

ちなみに、遊佐さんの微妙な京訛りはセクシーですよね。
脚本上に京都弁でと指定されているとかえって困るとどこかでおっしゃっていましたが・・・

乱菊

関西は「ゆ↓って↓あ↑げ↑る↑」ですか・・・ね。
思ったんですけども、標準語圏以外の出身の声優さんって、そこを正しく強制するだけでも大変ですよね~。
遊佐さんとか普段のトークを聴いてると忘れそうですけども、バリバリ京都弁の人ですしねえ。
でもある意味、方言使えるっていうのも持ち味のひとつだから、表現者としてはプラスなのかな。

スミマセン、脱線しました!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ