恋愛の掟

恋愛の掟
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812452066

表題作恋愛の掟

関乙彦/エリートサラリーマン
戸田楠生/男娼

その他の収録作品

  • 硝子の果実
  • 恋愛の掟・番外編① サラリーマンHの憂鬱
  • 恋愛の掟・番外編② 接待の掟
  • アシスターズ劇場
  • 巻末スペシャル劇場~恋愛の掟ができるまで~

評価・レビューする

レビュー投稿数2

時代の色

BL、或いはそれ以前の耽美JUNEと言うよりは
時代ががったレディースコミックの様な感覚で
展開されるこの一冊。
その感覚の匙加減故描写についても時にやや過剰な
部分があるのは否定出来ません。
版元さんが雑誌の色合いを手探りで決めつつあった
時代の作品でもありますし。

男女を安易に男同士に入れ替えた作品ではありません。
少なくとも評者はそう認識出来ています。
しかし、全体に漂うレディースコミック寄りの空気が
この作品からBLとしての味わいを削ごうとしてしまっている。
今の感覚で味わうと少し惜しい作品になっているのが
評者個人としては残念です。

1

10年以上も前の作品になるのか・・・

 絵は綺麗だが、どことなく古さを感じさせる。実際、98年に刊行されたものだから古いには古いのだが。
 妻を亡くして、男娼と寝てしまったことからはじまるせつない純愛ストーリー。
 エリートリーマン×男娼で、生活環境が全く違う二人がすれ違いながらも惹かれあっていくところにキュン&キュン!!
 お互いのことをすごく思っているからこそのすれ違いだから、すんごいせつない。

 親友の本田もかっこよかった。というか、むしろ本田×乙彦でも良かったなー。
 同僚で親友(そしてリーマン同士)ってすんげ萌えんだな。例え報われなくてもさッ。

 楠生の保護者・トウヤが楠生に無理矢理したり、乙彦に暴力ふるったりするのですが、これは結構苦手だった。

  暴 力 反 対 ! 暴 力 反 対 !

 同録「ガラスの果実」にも陵辱があった。エロいのはいいんだけど、される方がかわいそうなのはちょっと苦手です。

  暴 力 反 対 ! 暴 力 反 対 ! (2回目) 

 自分気が小さいので、例え漫画の中の話とはいえ、すげー鬱になるのだ・・・っ。
 しかし、だからこそ結ばれたときの喜続きびもひとしおだったと言えるのでしょうか(笑

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ