凍る灼熱II

凍る灼熱II
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 凍る灼熱II

御室由孝 → 堀内賢雄

広瀬克実 → 千葉進歩

その他キャラ
若林正宏[大川透]/ シェリク・アスマ[森川智之]/ 高嶋茂樹[平川大輔]/ 御室英児[藤田圭宣]/ エレナ[武田華]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ちょっと珍しいんじゃない?

続編ですね。
「凍る灼熱」を聞いて、すぐにこのCDを手に取った方には先に「番外編・紳士協定」を聞く事を強くお勧めします。
そうしないと、ちょっと「アレ?」って思っちゃうようなところもあるので。
前作で由孝のモノとなった克実。
けれど、それは双方向の対等な感情ではなくて。
由孝は支配者然としたところがあって。
それでも、それも含めて受け入れていたつもりだった克実ですが、いざ自分には見せないような甘い顔で語る由孝の姿を目にすると沸き起こる感情があって。
フツーのBLだとこういう雰囲気の後のえちシーンて、由孝が強引に進める感じで終わってしまうのが多いと思うのですが、この克実は違うんですよね。
必ず自分のモノにしてやる!!って自ら貪るような真似してみせるんですから。
負けん気が強いというかなんというか…。
それでも、このあたりまではまだまだ由孝に自覚症状がなくて。
シェリクに克実が見染められる段になってようやく「アレ、なんだ、この感情は…」ってまるで初恋かのように自分の中に不可思議な衝動を想い始めるんですよね。
もう、遅いよー!(笑)
そして、このお話のもう1つフツー続きのBLではあまり見られない光景。
克実が見染められてたはずなのに、由孝にも手を出してくるシェリク!(笑)
賢雄さん(堀内さん)襲われてます。
これは珍しい。
あまり攻が襲われることってないですよね?
更にシェリクはその後、克実もちゃんと?襲ってますから。
やるな、シェリク。
ま、どちらも当然未遂ですが。
最後には遂に由孝が自分の感情を自覚した上で克実と結ばれてめでたしめでたし。
えちシーンはわりと激しめかな。

フリトは2組に分かれて。
まずは、平川さん、大川さん、森川さんの3川トリオ。
前作もイイ人だった若林は今作は更にイイ人な感じで。
若林と高嶋の関係性については「紳士協定」を聞いて下さいとCMする平川さん。
それから、賢雄さん、千葉さん、藤田さん。
こちらは3川トリオに対抗して誠実トリオと名乗ってましたよ。
「凍る灼熱」って冷たいんだが熱いんだか。
拘束王子、拘束社長。

1

前作で出来上がったはうなのに

あ~も~、前作で出来上がったはずの由孝@堀内さん×克実@千葉さんなのに、ラブラブじゃなく、嫉妬が高じて強引に抱いちゃうなんてねぇ。
おまけにアラブの王子様・シェリク@森川さんまで出てきちゃって、そりゃ大変!
束縛・執着愛が、アラブの鉄板・拉致監禁にシフトしちゃってます!
2時間サスペンスのように、崖が登場します。

シェリクが、無邪気に悪魔です。
王子様らしく、何でも自分の言うとおりにコトが運ぶと思ってます。
克実を食っちゃうんだと思いこんでたら、ありゃ由孝が拘束されて大変なことになってます。
賢雄さんが男らしく低めで喘いでます!
ラストのお風呂エッチは、エロいです。

由孝と克実が監禁されて自力で逃げ出しますが、そこへ助けに颯爽と現れるのが、若林@大川さん。
ライバルをわざわざ助け出しに行っちゃうって、いい人過ぎます。
気の毒です。

ですが、ちゃんと恋人が登場。
由孝がパトロンとなっていたピアニストの成樹@平川さん。
本編では「いつの間に?」で、エピソードが一切語られていませんが、かんべさんのサークルで『紳士協定』というCDが出ているので、こちらを続きどうぞ。
(これはフリートークで、平川さんも仰ってます)

全体を通して、かなり都合よく話が進んじゃってるなぁ~とは思いますが、そこさえ気にならなければ、楽しく聴けるCDだと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ