攣哀感情 二重螺旋3

二重螺旋

攣哀感情 二重螺旋3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
63
評価数
14件
平均
4.6 / 5
神率
78.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
ハマノカズゾウ・松下一美
音楽
イマジン
脚本
吉原理恵子
原画・イラスト
円陣闇丸
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
140 分
枚数
2 枚
ふろく
なし(ブックレットに書き下ろしSS有り)
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

兄・雅紀に告白されて以来、より甘く淫らになった悦楽の時間――。連続暴行事件のトラウマを抱えつつ、そんな雅紀の愛に支えられ、復学した尚人。だが、同じ事件の被害者である一年生・野上が急接近してきて!! いまだ心の傷が癒えない野上は、尚人にだけなつくのだが、雅紀は野上に嫉妬と危惧を覚え…!? 

表題作 攣哀感情 二重螺旋3

篠宮雅紀 → 三木眞一郎

篠宮尚人 → 緑川光

その他キャラ
篠宮裕太[阪口大助]/ 桜坂一志[遊佐浩二]/ 加々美蓮司[浜田賢二]/ 野上光矢[武内健]/ 山下広夢[大畑伸太郎]/ 中野大輝[近藤隆]/ 立花[佐藤晴男]/ 林田[蓮岳大]/ アキラ[疋田高志]/ 男子生徒[茂木滋]/ 篠宮沙也加[柚木涼香]/ 光矢の母親[古谷あゆみ]/ 真崎亮二[石上裕一]/ 女子生徒[河原木志穂]/ 女子生徒[石松千恵美]/ 女子生徒[田代有紀]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

相変わらず印象的なBGMは

自宅のに入る時の音、セキュリティどんだけすごいのよっ(笑)
本当絡みさえ、なければイイ兄なんだよなー。 (ノ><)ノ

帰宅の遅い尚人が心配で、文句をブツブツ言いながらも
米を炊いた祐太がめちゃくちゃ可愛い。
弟の成長に驚きと喜びをかみ締める尚人。えかったねーなおちん。
久々に兄弟でご飯で食べてるところは嬉しかった。

もう、雅紀帰ってこなければいいのにな(。-`ω-)
とか考えちゃう。けど尚人も感覚が麻痺してきている発言が多いし
この先どうなるのか、気になる。

0

閑話休題的、かな?

ホントに、凄く好きなんですよ、この二重螺旋シリーズ。
原作も好きなんだけど、出来としてはぶっちゃけCDの方がいいと思う。
ご本人が脚本書かれてるだけあって、吉原節はしっかり残しつつも原作を上手くまとめて音声化にあたっての良さを最大限出してます。

話的には尚人〔受〕の学園の生徒同士の話で、シリーズ的にはちょっと閑話休題的なエピソードかな?
雅紀〔攻〕と尚人との思いが通じ合った事もあってエロは背徳感に加えて甘さが入って来てます。
それを演じる三木さんと緑川さんがまたもう凄くいいんですよねー。
何度も書くけど、このキャスティングした人偉いよー。
三木さんの囁きボイスは何度聞いてもうっとりします。

0

近親相姦モノ、甘ーくなってきました

改めて聴くと、このシリーズは音楽もいいし脚本もいい。
三木さんと緑川さんのお二人はハマり役で、シリーズの1と2はかなり萌えてゾクゾクしながら聴いたのですが、3になってからはそんなにゾクゾクすることができませんでした。
これは原作のほうも同じなので、ストーリー的な部分でテンションが下がっちゃったんだよね。
兄弟間どころか、家族まるごとの愛憎劇、ジェットコースターのような早いストーリー展開とその背徳感にゾクゾクしてたんだけど、ストーリー展開がゆっくりになり、兄弟で仲良しラブラブになってきて背徳感が薄れて、読む(聴く)私の側のテンションも下降してしまいました。
暴行事件の事後処理ネタも引っ張りすぎじゃないかなー、と。
などなど不満書いてますが、これは前作までとの比較級での話であって、この作品単体でいうなら十二分に面白いです。

濡れ場はあまあまです。
シリーズの一作目を思い返すと、信じられないぐらい幸せそうで甘い。
艱難辛苦乗り越えたあとのスウィートなエッチが好きなひとにはタマランと思います。
三木さんと緑川さんの息もぴったり。

ユウタが早く成長して欲しいなー。
このシリーズの今後に私が期続き待してるのは、ユウタ×ナオなんだよねw
背徳の三兄弟三角関係にもつれこんじゃえ!って、無責任なことをノンキに思ってる私は鬼畜でしょうか。

0

雅紀@三木&尚人@緑川の愛が押し出されて、フェロモン増しになってます。

"2”で尚人が襲われ怪我を追い、父親が盗みに入り弟に怪我をさせられた事件でより絆を深めた篠宮の兄弟達。

どんなに厳しい立場に立たされても、兄や弟、そして学友のサポートによって、いつまでも綺麗で無垢な姿のままでいる尚人@緑川さんがが光ります。
そして、激しい執着にも変わりないものの、そこに優しい愛を見せるようになった雅紀@三木さんが、前作2本と違った顔をのぞかせ、ますます楽しめます。
桜坂@遊佐さんは、相変わらずぶっきらぼうでおっさん臭い高校生ですが、緑川さんとの掛け合い部分が三木さんとの掛け合いとまた違った雰囲気を醸し出して、すっかり定着しましたね。
祐太@坂口さんも、ストレートな感情表現が伝わってきて、本当に弟役がよく合うな・・・しかし、これがひきこもりだなんてもったいない。と思わせるキャラですよ。

話は、襲撃事件でPTSDに陥り登校できない一年の野上の母親が、どうして尚人が学校で出てこれるのかと、過干渉することで引き起こした、野上の尚人への執着が柱の事件となります。
そこへ、周りの思惑が絡み、桜坂が野上に刺されるという事態に。

尚人の周囲が尚人を守ろうと動続きくのと同時に、雅紀は雅紀なりに、愛で包もうとし、それを尚人が受け入れていく。
それはエチシーンに如実に表現されていて、以前のシーンより甘さが増して緑川フェロモンに三木フェロモンが垂れ流し状態です!
もう、これは聞くしかないでしょう。

相変わらず、吉原さんの見事な脚本とBGMが物語を盛り上げていますので、小説読むよりこのCD聴いた方が内容がよくわかるほどの出来あがりです。
しかし原作を読んでいれば、尚一層世界が広がること間違いありませんが。
次は2010年くらいに出てくれないかな~と期待しております。

0

早く続きを!

第3弾は尚人の思いや行動を通じて、兄弟が絆を深めて行くのがいい。
兄弟相姦の背徳性は、前作で尚人が雅紀の心を知ったことで一気に薄れています。
そこがお好きだった方にはちょっと物足りないかも。
わたしは尚人の幸せ第一なのでこのくらいの糖度は嬉しいです♪
それに、前2作の辛い道のりがあってこそのラブへの激しい萌えなので。

雅紀@三木くんと、裕太@阪口さんの声はだいぶ変化しています。
2人とも少しずつ穏やかになっているのが心地好い♪
ただ、冷静にマジ切れ状態な三木様声に鳥肌が立つほど畏怖感を煽られるのは相変わらず。
尚人@緑川さんは、前2作に比べて更に落ち着いた雰囲気です。でも可愛い!
桜坂@遊佐さんと話していると最高に萌えてしまいます(ぇ)。

今回は野上@武内さんが新キャラ。
先の暴行事件でトラウマを抱え、不登校になっている高校生。お声はナチュラルヴォイス若干低め。
武内さんのうじうじキャラ、も~っ、マジでイラつきました! ←誉めてます(笑)
被害者であった彼が加害者になって行くと云う、ボタンを掛け違えたような狂気めいた芝居が凄い。
そして浜田さんがナチ続きュラルに加々美蓮司過ぎ(*´Д`*)
声も芝居も大らかで、ほんとに“王者”の貫禄!

聴きどころは沢山ありますが、裕太の成長が一番嬉しい変化でした。
尚人の帰宅が遅いことに苛々するのも、怒りながらも尚人を心から心配しているのも愛しい。
尚人も雅紀が触れると照れるものの、怖がらなくなったことが嬉しい…!


そして今回の萌え台詞。

(俺は茶漬けよりもナオ、お前が喰いたい……)

お前が喰いたい喰いたい喰いたい喰いたい喰いたい(エコー…/…)

三「――ナオ、こっち…来て」
光(びくっ)

この声色の違いですよ…流石三木様!
光ちゃんが目に見えてびくってするのも頷けます。(視えないから)

「ナぁオ?」

ああああっ、その必殺技使っちゃだめ…っ(´∀`*)
その後、痛いって泣く光ちゃんが今回もヤバ過ぎて聴いていられません…っ!(巻き戻し連打/…)
完全に雅紀にシンクロして光ちゃんを愛でるためのトラックでした。
このトラックだけでも買った甲斐があります><//
別シーンで光ちゃんがすっごい夢中でおしゃぶり(…)している凶悪エロスも必聴。


ラストのモノローグも、三木ヴォイスの苦しいくらいの愛情と切なさにほろり。
今回はBGMに突き落とされることもなく、切ないながらも安心出来るラストです。
ただ、気になるのは尚人の本心。雅紀にどんな感情を抱いているの? って云う。
それこそ、雅紀に「セックスするの、やめたい」って伝えた時と根本的に気持ちの変化ってあったのかな。
その辺りの続きを本とCDで希望します!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ