コイ茶のお作法 2

koicha no osahou

コイ茶のお作法 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
高桑一・松下一美
音楽
山根理恵
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
桜城やや
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレット、ポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

『コイ茶のお作法』のドラマCD第2巻。ようやくカップルらしくなってきた徳丸と蓮根。だけど二人の前に、徳丸の仲良しの先輩・豪が現れ、蓮根は気が気でない。しかも、茶道家元になるしかない自分の将来にも疑問を抱き始める。一方徳丸は、妹・和に蓮根との関係がばれてしまう。

表題作 コイ茶のお作法 2

蓮根一真 → 成田剣

徳丸円 → 高橋広樹

志村啓吾 → 津久井教生

常磐水晶 → 森川智之

その他キャラ
徳丸和[倉田雅世]/ 舟渡豪[志村知幸]/ 清水直比左[堀内賢雄]/ 蓮根の父[奥田啓人]/ 蓮根の母[多緒都]/ 男子生徒[河本邦弘]/ 男子生徒[野島裕史]/ 女子生徒[細野雅世]/ 教師[寺田はるひ]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

『コイ茶のお作法』ドラマCD版第2巻

桜城ややのコミックス『コイ茶のお作法』第2巻のドラマCD版。前作に引き続き主役カップルの蓮根×徳丸と脇役カップルの志村×常磐のストーリーは音声化されたが、番外編「不幸の遺伝子2」は全面カットされている。

メインキャストは続投。新キャラクターである舟渡豪、清水直比左は特筆するような問題はなかった。個人的な感想だが、第1巻・第2巻ともに原作のイメージを損なわないキャスト陣だと思う。
徳丸が学校に持ってきたエロ本で男子生徒たちが興奮する場面は必聴。徳丸、舟渡、モブの声優陣の熱演が良い。

ただしドラマCD第1巻では登場した蓮根一真の妹・琴子と、原作コミックスでは登場する大山春平は本CDには出てこない点は少々気になる。二人の台詞は他の登場人物が代わりに喋ったり(原作の琴子の台詞はCDでは蓮根の母の台詞)、登場シーンが丸ごと無くなったりしていた。

また原作に忠実だったドラマCD第1巻に比べて、第2巻である本CDは脚色や台詞の削除・改変が見受けられた。原作の一場面(麻雀、雑誌の取材を受ける場面)をまるまる削除したかと思えば、原作にはない台詞が付け加えられている。CDの尺の都合もあ続きるし、漫画とCDではストーリーのテンポが違うので、CDに適したテンポにするためでもあるだろう。テーマやストーリーの根幹を蔑ろにするような改変ではなかったので、これはこれで悪くはない。

なぜか濡れ場シーンが原作より長いのはBLCDならではか。主演キャストのファンには堪らないところだろう。

オマケ音声は『コイ茶のお作法』CM。徳丸と蓮根が本CDを宣伝する。動揺してボケる蓮根とまともなツッコミを入れる徳丸、という普段とは真逆な二人の漫才が楽しめる。

1

う~ん^^;

原作既読です。
原作漫画の第5席~9席と番外編の「おいしい生活」の内容が収録されていますが、原作と違うのは、時系列順にお話が並べ替えられていたので、ドラマCDのみを聞かれる方にも分かりやすくなっていると思います。

メインカプのお2人は前作からイメージ変わらなかったのですが、ん?と思ったのは水晶役の森川さん。
前作より覇気がないというか、ちょっと浮世離れしている感じ(?)になってました。前作ではもっと普通に話してらしたと思うんですが。
でも2巻の漫画を読みながら聞いていると、水晶の表情がそんな感じなんですよね。なので、こちらの解釈の方が原作には近いのかな?と思いました。
途中、少しテンポが早くて間がもう少し欲しいなと思った展開もあって、ちょっと萌を感じるにはあと一歩という感じでした。

あと、知らずに聞いていたのですが、野島裕史さんが端役で出演されています。^^

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ