カジノ・リリィ

カジノ・リリィ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
19
評価数
6件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
大知慶一郎
原画・イラスト
新田祐克
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

―欲しいのは金じゃない。「お前の心」なんだよ―SUPER BBCのあの人気作品が、ついにドラマCDに登場!ギャンブリング・愛LOVEバトル!―欲しいのは金じゃない。「お前の心」なんだよ―『カジノ・リリィ』の異名を持つ天才ギャンブラー由利真輝。ある「ジンクス」を克服するため、世界中のカジノを巡る修行の旅に出ていた真輝は、ラスベガスで若きホテルオーナー・カルロと運命の出会いを果たす。ラスベガスからモナコ、そしてマカオ…。『カジノ・リリィ』の魅力に惹かれて近づいてくる男たちとの出会いと別れを繰り返しながら、真輝の修行の旅は続く。東京で待つ一世一代の大勝負に勝つために…。

表題作 カジノ・リリィ

アントニー・モンテ・カルロ → 諏訪部順一

由利真輝 → 鈴村健一

その他キャラ
梶乃勝二[小西克幸]/ シュウ・ティファン[置鮎龍太郎]/ ディーラー[名村幸太朗]/ 商談相手[田島裕也]/ 従業員[三浦潤也]/ 部下[田辺篤志]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

鈴くん最高!!

カジノ。すっごいいい響きですね(笑)
えろカッコイイ諏訪部様とビチかわ鈴くんを、
たぁぁっぷり堪能できました♡
【本編】
スピンオフって、聴いた後分かりました!!(笑)
それくらいナチュラルに楽しめました~。
とにっかく鈴くん可愛くて…諏訪部様イケヴォで…。
それだけでももう萌以上です(笑)
ストーリーは、↑上のちるちるさんのあらすじを読めば
分かります!!完璧なあらすじ!!←
っていうか、ティファン(CV.おっきー)、
最初はすっごい悪い人だと思ってたけど、最終的には
すごいいい人で感激しました。
*私はCDを聴きすぎているせいか、
「お茶どうぞ」はフラグだと思ってまして…
絶対薬盛られるだろwとか思ってたら案の定……でしたね(笑)
思わず笑ってしまいました。笑
〈諏訪部×鈴村〉カプを期待して聴いてたんですが、
おっきーともちょっと絡んでいたので、
そこも「うほぉっ」ってなりました。素敵素敵。
あと、割と最初のほうの、真輝がやんじゃうとこ。
からの「かるろ…抱いて…」がたまんなかったぁぁぁぁぁぁぁ((
鈴くん好きな方にはぜひおすすめしたい!続き!全力で!!
話があっちいったりこっちいったりですみませぬ。
【フリト】
皆さんお疲れですね~。(汗)
こにたん筆頭にわちゃわちゃしてらっしゃいました。
お疲れ様です、と心から申し上げます。

0

ビッチを楽しめ!!

受けがとんでもないビッチ!!
うわ~~~~~い! ビッチは大好物よっ。
鈴村さん(受け) いいわねえ。
とにかく かわいい!
あえぎ声がめちゃめちゃ かわいい!
私も鈴村さんを犯してアンアン言わせたいわあ・・・。
『勃たぬなら 勃たせて見せよう ホトトギス』(俺の心の一句)
鈴村さんファンなら解ってくれると信じたい。
攻め(諏訪部さん)も素敵でした。
声が 色っぽいのです。
ほわ~~んと聴き惚れる事間違いなしです。
話は ギャンブルに絡んで進んでいきます。
が 古臭いカジノです・・・。
2005年なので 細かい事は気にしない!!
それ! ワカチコ ワカチコ!!
面白いです!

0

けして悪くないんですが、

春抱きシリーズのスピンオフですが、本編知らなくてもぜんぜん大丈夫な作品です。

悪くない。
けして悪くないんですが、音声で聴くと実際にギャンブルやってるときの描写があまりにあっさりしててつまんないなと思いました。漫画ではそれをあまり感じなかったのにな。
ギャンブルをテーマにすえたお話特有のスリルやワクテカがないんですよね。
ギャンブルやるのはキライだけど、ギャンブル系の小説や映画や漫画は大好きな私ですが、そういう意味でナニカ足りないと思いました。ざわ・・・ざわ・・・的な緊張感が欲しい。

ただ、カジノ・リリィと呼ばれる天才ギャンブラー(鈴村さん)と色んな男たちとのやり取りは楽しかったです。
小西さん、諏訪部さん、置鮎さんという大人の美声を持つ三人は非常に色っぽいし。なかでも諏訪部さんのエロさは異常。濡れ場じゃなくてもエロく感じるのは何故でしょうか。
むかえうつ鈴村さんは可愛いし。可愛くてビッチな誘い受け、大好物です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ