許可証をください!

kyokahou wo kudasai

許可証をください!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
大知慶一郎
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

――これから一緒に働いていく俺とお前が、
なんで寝ちゃいけないんだ!?――

中小化学薬品製造業・喜美津化学初の四大理系卒として、期待を一身に集める阿久津弘、25歳。
会社を一流企業に育てようと品証部でバリバリ働く彼であったが、必要に迫られて取得することになったフォークリフト免許の実技講習で、散々な結果を残してしまう。
そんな弘のフォークリフト指導係は、同い年で製造部の若頭的存在の前原健一郎。
ある出来事のせいで、弘は前原に苦手意識を持っていたのだが、どうやら前原の方は、違う感情を持っているようで……。
そんなある日、会社に激震が走る大事件が発生し、弘と前原は協力し合うことに…。
果たして二人は会社のピンチを救えるのか?!(メーカーより)

表題作 許可証をください!

前原健一郎 → 中井和哉

亜久津弘 → 檜山修之

その他キャラ
矢野和彦[井上倫宏]/ 片山泰夫[内田直哉]/ 竹中[緒方賢一]/ ジロウさん[たてかべ和也]/ 木崎[青山穣]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

もったいないなァ…

原作クラッシュ!なCDでした。もったいないなァ。脚本がもったいない。原作を半端なくはしょってきてるので、主役二人の真の魅力が表現しきれてない気がしました。
CDだけを聴かれた方には原作を強くオススメします。これぞお仕事BL、仕事する男に萌えるならこれ!みたいな原作なので。

まあでも中井さんと檜山さんという主役二人のキャスティングがぴったりだし、クラッシュされてるとはいえもともとの原作が面白く、その面白さがそれなりには入ってるし、脇役に元ジャイアンがいるなどなど、楽しみどころは満載なので、これ一枚だけを聴いてもぜんぜん面白く聴けるとは思います。
濡れ場も良かった。ただCDだけだとかなりの唐突感を感じますけどね~。ああやっぱもったいないや。
あとフリトで大御所声優さんを相手にアタフタしてる檜山さんと中井さん、なかなか見れないものを見れるのも楽しかったです。

0

原作を読む度に脳内変換されそうです

「許可証を下さい!」のドラマCDの存在を知って早数ヶ月、漸く手に入れることができました☆

前原のCVをされている中井さんといえば、自分としては“戦国BASARA”の伊達正宗のイメージが強かったのですが、あのやんちゃっぷりが大人な感じに昇華されていたように思いました。

2人を取り巻くオジ様連中もベテランの方ばかりで、聴き応えがありました^^

ブックレットに烏城先生描き下ろしのSS「品証の新人(前原目線で弘が入社してきたばかりの頃の話)」が載っています。

0

ジャイアン!

原作未読です><
原作が非常に読みたくなったー。

中小化学薬品製造業の工場を舞台にした
お仕事系ボーイズラブ。
異例の四大理系卒の亜久津(檜山)と
同い年だがすでに若手リーダー格の前原(中井)のお話。

シナリオは、シリアスに工場ラインのお話を説明してくれます
正直、この業界のことはちんぷんかんぷんですが
なんとなくわかった気にさせてくれますw

原作で続きがでているので、わかってはいましたが
CDで前原(中井)と亜久津(檜山)の関係が完結してはいません。
この先への余韻を残したまま終了。
あー、続きが気になる><

中井さんの威圧感のある低音vこの人ナニ演らせてもうまいです。
中井さんのキス音、好きなんですよねぇ~えへへv
檜山さんはかなりかわいく作ってたように思いましたw

キャスティングで注目したいのは
フォークリフトの教官通称ジロウさん役の
たてかべ和也さん!
ジャ、ジャイアンですよw

他、井上倫宏、内田直哉、緒方賢一 、青山穣
と、どちらかとゆうと外画の吹き替え声優のお仕事で
お耳にかかるようなメンツ揃いでした。渋い続きです。

フリト 約8分
檜山さん司会
なんだこの和やかな雰囲気w
どこかの町内会の集会所みたいなwww
「ずっと小学生演ってたからw」というたてかべさん。
「こんな緊張するフリートークははじめて」の中井さんw
たしかにメイン以外のメンツがすごいメンツ!
「フリートーク必聴ですよ!」檜山さんの意見に同意です。
なかなかBLCDでは聴けない味のある脇役メンツのフリトは
終始和やかでお人柄がにじみでるような感じでしたよ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ