有罪

yuuzai

有罪
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
43
評価数
11件
平均
3.9 / 5
神率
36.4%
著者
イラスト
作品演出・監督
関根奈美
音楽
ゼロデシベル
脚本
平詩野
原画・イラスト
高永ひなこ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
書き下ろし小説・アフレコレポート
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

桜井透也は出版社の編集5年目にして、念願の売れっ子ミステリー作家・穂高櫂の担当に抜擢される。しかし穂高は原稿との交換条件に肉体を要求してくる。仕事のための恥ずべき行為だったはずが、躰が感じてくるにつれ、透也の心は次第に戸惑いと苦しさを感じはじめて――…? CDの最後には声優さんのお楽しみトーク、ブックレットには和泉先生の書き下ろし小説やアフレコレポートなどの魅惑の企画に高永先生の描き下ろしアフレコレポートなど読み応え充分の内容だ!

表題作 有罪

穂高櫂 → 小杉十郎太

桜井透也 → 緑川光

その他キャラ
槇原[井上和彦]/ 藤原佳美[長沢美樹]/ 岡村美和[深見梨加]/ 吉川・運転手[平川大輔]/ 男[永野善一]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

これ以上はなかろうかと…

すさまじい、イヤラシさ…と言って良いのか名作と豪語する勇気を持てば済むのかもはや分からない位の凄さ。

シリーズ全て揃えましたが、あまりの内容のすごさに原作を手に取ることが出来ません(根性なし)

ちなみに、あまりの内容の(以下略)に、唯一の腐友にも勧めていない、勧められずにいるシリーズ。
さすがこの先生の作品です。

でもBLCD の良さは、やはり声優さん、そして音のもたらすムードも大きいと私は思うのですが、特にこの「罪」シリーズの一貫したジャズスタイルのムーディーな音楽は、

何度も言いますがいやらしいことこの上ないCDです!!!

このCDは、とにかく一貫した音楽が使われ、あーこれからそういうシーンいくのね!みたいなバロメーターになってくれてます。

物語には敢えて触れません。

もうなんだか、ここに書こうと浮かぶ言葉は何故か物語よりも演出の、他とはひと味もふた味も違うインパクトの大きさ。

小杉さんと緑川さんのセリフも、どちらもかなりのレベルで、初心者さんには敷居が高いかもですが、こう10年以上腐女子としてCD聞いてる者的には、久々に初心な照れ続き方が出来てしまった作品でした。


ジプシーしてると、こういう掘り出し物あるんだなぁ。

何度聴いてもなかなかそういうシーンには慣れないので、リビングなど人前でのヘッドホン聴きは激しくオススメしません(笑)

ぜひ、自室か余裕のある夜の静かな、一人だけの空間でどうぞ(*^^*)

3

ああ、小杉十郎太ボイスは腰に来る

小杉さんの攻めっぷりのセリフにメロメロでした(ウフ
緑川さんの喘ぎは女性より色っぽい気がする…のは私だけかな^^;
原作を読む前に聞いちゃったけどw
なにせ小杉さんが出てるので無条件で買いなのです(笑)
キスシーンやら何やらの効果音を、緑川さんは自分の手の甲にキスして出すそうでそんなレポート場面の漫画が載っていました。
そうなんだろうな…とは思ってたけど、あんなリアルな音が出せるなんてやっぱりプロです。どこかで練習でもするのだろうか…?
まさか養成所で教えてもらうわけでもなかろう(笑)
特に今回の濡れ場シーンは長いしセリフも多かったかな。小杉さんがかなりしゃべっていた気がする…。
原作を目で追いながら聞いていたのですが、臨調感がたまりませんでした!

1

イヤホン必須です!!,

ミドリンの受け声の高評価を耳にしまして。。。購入しました!

音楽もjazz調で大人な雰囲気で、そこへダンディ小杉さんですョ・・・悩殺されます。。

全体的にHシーン多め、だんだん男の味を知って堕ちていく透也と、容姿端麗で言うことなしだけど、うまく自分を表現できない穂高さんとのやりとりは見ものです。



ただ。。残念なのが、、ミドリンの激しい喘ぎなのに音割れしてる箇所がある・・・せっかくのかわいいAV並みの喘ぎが・・orz

ちなみに最後の方に出てくるタクシーの運ちゃんの声は平川さんです!はじめ気づかなかったケド・・・

1

こんなにエロかったっけ?!   たっぷり十郎太様

このCD、実は2度買ってしまって……
以前に聞いた時も、十郎太様のあまりのエロ攻め声と、かわいく盛大に喘ぎまくるひかるん、って印象しかなくて…

それで、続編「原罪」が出てるの、まだ聞いていないなあって、うっすら覚えていて、つい、間違えて、「有罪」の方をまた買ってしまった、、、、

聞き始めてしばらくしてから、ようやく、これ前に聞いたって思い出した。

「男の味を教えてやろう」

って、これかーーー!!って感じ

久々に聞いたけど、何か、すっごいエロエロ十郎太様が、いっぱいエロい声で

「男の味を教えてやろう」

って!!

そんなにエロい声で言わないでーーーっ!!
きゃーーーっ!!

って、

エロ声十郎太様だけは、間違いなくたっぷり堪能。
内容?
そんなの、まあ、王道BLだから、、、


それにしても、ひかちゃん、喘ぎすぎ

ちょっと、退く、、

1

緑川さんの声がやばいです

緑川さんの攻めの声はとてもとてもすきなのですが
やはり受けを演じることが多いのもあり、いい受け声でした(笑)
透也の声 とても素敵です。
形容するならば'可愛らしい'に当てはまるかなぁ
と私は思いました。
やはりそう感じるのも穂高役の小杉さんの低いトーンの声あってこそかな、と。
その他、井上和彦さんなども出演されていてとても豪華キャストだったと思います。

CDジャケットには、
普段あまり知ることのできないドラマCD収録現場の状況が描かれていました。
緑川さんのテクなども書いてありましたよww
緑川さんファンならばとても楽しめるCDだと思います!!

見所はやっぱり穂高と透也の絡みでしょうか。かなり濃厚です。
かなりシーンが長いですし、たくさんあります。
凄く疲れるみたいで、声優さんはやはりすごいなぁ・・・と。
フリートークで緑川さんがあまり喋ってらっしゃらなかったのは
喉がお疲れだったのかなぁ、と勝手に解釈を・・・。

まだシリーズ1作目の内容なので、二人の仲は始まったばかりといったところです。
原作→CDと聞くと、ストーリーの深みがわか続きり、楽しめると思います。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ