咎狗の血 vol.1 シキ編

咎狗の血 vol.1 シキ編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
40
評価数
10件
平均
4.1 / 5
神率
50%
作品演出・監督
かばやつよし
脚本
門原緑
原画・イラスト
たたなかな
オリジナル媒体
ゲーム
CD発売会社
HOBiRECORDS
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレット
フリートーク
なし
発売日

表題作 咎狗の血 シキ編

シキ → 緑川光

アキラ → 先割れスプーン

その他キャラ
リン[鬼龍院隼人]/ n[Prof.紫龍]/ アルビトロ[菱勝]/ グンジ[杉崎和哉]/ キリヲ[富士爆発]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ん~。

ゲームをプレイして、ちゃんとキャラクター及び話に
萌えている時期に聞けばよかったな・・な雑感。
ゲームでは、主人公であるアキラ目線で話が進んでいきますが
今回は、シキの目線で話が進んでいきます。
なんだかんだ云いながらも執着をみせるシキ
二人の間に恋愛感情が通っているのか否か。
「イメージCD」と銘打っているのには、ほんとうにしっくり来るのですが
ガッツリ聴きたいと思って聞くのにはすこし
最後の顛末が物足りないかな・・と思いました。

ゲームをちょうどプレイしたあとに聞くとちょうどいいのかもと
思ったりもするのですが、いかんせん間が空きすぎた。。。
久しぶりにひっぱりだしてこようかしら

1

ラスト五分が最高

PC版咎狗の血のイメージドラマCD。シキ視点で話が進みます。

これはイメージドラマCDと銘打ってるだけあって、ゲームプレイ必須のCDです。シーンが飛び飛びなので未プレイの人には状況がよくわからないと思います。

本編はアキラ視点で進みますし、シキは口数が少ないので何を考えているのかよくわからなかったのですが、このCDで少し垣間見えた気がします。
シキ視点のわりにモノローグが少ないのですが、それがシキらしいと言えばらしいかな。

既出ですが、確かにエッチシーンはCDだけではどういう状況か分かりづらいです。あと外伝小説のシーンですが、あれは移植版(PS2とPHP)にあるので、PC版とどちらかをプレイしていればわかるはずです。

地下道でのシーンが入っていなかったのは残念ですが、シキがアキラにキスしようとしたりアキラの頬チューや名前を訊ねるシーンなどは入っていたので概ね満足です。

そして特出すべきはラスト!アキラがnに挑発されたシキを止めようとしたシーンからラストにかけての流れは神としか!シキ×アキラファンにとっては嬉しいかぎり。

切なく終わってしまったED1に希望を持たせてくれて本当続きにありがとうございました。ラストは本当に泣いてしまった・・・。本心を晒さないシキだけど、彼なりに本当にアキラを愛してたんだと伺い知れて嬉しかった。

二人には幸せになってほしい。

1

声優買い

アキラが色っぽすぎます!

普段の低めのお声も素敵ですが
濡場の色気のある声に悩殺されました

ゲームも原作も知りませんが
シキとアキラ役の声優さんお2人が
大好きなので購入して良かったです

1

シキの頭の中をもう少し見せてほしい

原作ゲームプレイ済み。小説等も目を通している。
これはCD単品としては楽しめないかも。
シキ編ということで、シキ視点から描いた「咎狗の血」。シキ視点と言ってもモノローグはあまり多くなく、アキラのいない場所でのシキの行動を主に描いている。
本編中、外伝本の「渇いた水」を音声化したシーンがあって、そこは外伝を読まないと全く状況が分からない。
ゲームではシキの心中は全く読めなくて、行動も若干突拍子がなかったり、何を考えているのか混乱する部分も多かったけど、これを聞くとシキがアキラをどう捉えていたのかが薄っすらと見えてくる。
ゲームのED後のシキが一瞬だけ出てきて、希望を与えるような台詞を残していくので、色々妄想を掻き立てられた。
あとはもっと、本編にはなかったシキ本人に絡めたストーリーが聞けたらよかったと思う。

これを聞いて改めてゲームをプレイすると、今まで見えてこなかったものが見えてくるかも。
外伝本を読まなくても分かるように作ってくくればよかったかな。
そこに少し不親切な作りにはなっているけど、ゲーム本編の別視点をしっかり描いているし、絡みも抑えているので、咎狗が好続ききなら楽しめる。

1

もう少し・・・

ほぼゲーム本編通りの内容です、違うのはシキ目線からのモノローグがある事

「おお・・こんな風に思っていたのか!」とゲームプレイ中にはわからなかったシキの胸のうちがわかります。

音楽もゲームと同様最後に流れる「STILL」は絶妙です、その後にあるシキのセリフにも泣けてしまうのですがっ。。。

ん~~だた、Hシーンは「一体今何をしているの??!!」って妄想掻き立てられるくらいよくわからないところがありました。

このドラマCDゲーム未プレイの方にはなんじゃこりゃ!!??って意味不明な節が多いと思います、できればゲームプレイ後、シキXアキが好きになった方におススメ!

私的にもう少し、本編では語られなかったシキの過去や生い立ちなどが明るみになればよかったかなぁ・・・っと思いました。

1

シキが好きすぎて、日常生活に支障がでています。

内容は、PC原作、シキルートED1とほぼ同じです。(カットされている部分もありました)
各シーンごとにシキの回想なんかが入っている感じです。
私としては、シキがもう、超好きなので、嬉しい1枚となっております。
ですが、原作とほぼ同じというところがちょっと残念。だけどシキが好きだから神評価(笑)
原作をプレイした方なら、ほぼ音声だけで分かると思うのですが、
CDがはじめて、というのは避けたほうがよさそうです。

原作に加えCool-Bに掲載された小説もドラマCD化しています!
こちらは「咎狗の血ー外伝ー」に収録されている小説です。
是非こちらもあわせて読むことをオススメしたいです。

原作では、BADEDも含めほぼすべてのEDで泣く、という快挙(?)を成し遂げました。
最後の「STILL」は本当に泣かせようとしているとしか思えません!!CDでも泣けるので是非きいてください。
ニトキラのゲームは私の涙ツボを完全にキャッチしております...。

このCDはシキが好き!緑川さんが好き!といった方にオススメだと思います。

2

運命の1枚。

個人的に、BLCDにハマるきっかけとなった特別な1枚です。
が、万人受けしそうも無いのがちょっと残念。でもレビューしちゃうのです!なぜなら好きだから~v

これは、ニトロ+キラルから出ている「咎狗の血」というBLゲームのイメージドラマCD第一弾です。数人いる攻キャラのうち、俺様系美形攻担当「シキ」視点のお話となっています。

ゲーム中では、わりと無口でクールなキャラなので、初めて聴いたときにはちょっと違和感を感じてしまった程、シキがいっぱい喋っています。
シキというのは、スラム化した街”トシマ”で行われている殺し合いゲーム「イグラ」で最強と恐れられるカリスマ的存在。長身に黒いコートを翻し、手にした日本刀で出会う者を片端から斬り殺して行く恐ろしい男なのです。
そんなシキの声をあてるのは緑川さん。クールでSチックなのにどこか甘さが漂う攻ボイスが素敵です♪

実は、このCDは巷では賛否両論あって、確かに色々読んだりやったりしてから聞かないと、何がなんだか分からない場面が多いのです。
まずこのゲームをやって、とりあえずシキルートED1を見て、外伝として出版されたSS集に掲載続きの「渇いた水」という小話を読んでから聴かないと「イイところv」の内容がピンと来ないという残念なことになってしまうのです。でも!!それをクリアしてしまえば、ゲームには無かった美味しいシーンがたっぷり聴けますし、アキラのゲームとはまた違う可愛い喘ぎ声も聴けますし、超お勧めなのです!!

そう、何よりもこのアキラのツンデレぶりが堪らない!
アキラというのはこのゲームの主人公で、ほぼ総受な子なんですが、綺麗な外見に反して普段はすごく無愛想。人とコミュニケーションを取るのが苦手で、先割れさんの声も、低めでぶっきらぼうな感じです。フフ…でも、そんな子であればある程、ギャップが楽しめるというのがBLのお約束!濡れ場は本当にあっという間なんですが、アキラの「あ、あ、あ…」という「あ」だけの喘ぎに耳を澄ますと、今どうなっているのか分かるほど、感情豊かな喘ぎが堪能出来るのですよ!ゲームで「いい所に当たった」云々という説明の瞬間の「あ」が、明らかに表されているのです(興奮)!すごいよ先割れスプーン!!
私はこの喘ぎで「子宮にクる」声というのを知りました~。

私のiTuneでは、明らかに喘ぎトラックのみリピート率が異常なんですが、他のどんなに長いHシーンのBLCDも上回って、アキラの素敵な喘ぎは私の心のオアシスです。シンプルなのが逆にいいのかしら~。

えー、最後は明らかにエロ視点なレビューになってしまいましたが、そこが一番重要なので(←私には)しょうがない…
もし興味を持たれた方がいたら、是非お友達になってください(笑)!

2

匿名さん

わたしも濡れ場のリピ率ハンパないです笑

緑川さんの貴重な攻めに加えて、先割れスプーンさんの喘ぎがまた腰にくる!!

あれはたまりませんわ~。犯罪級ですな~。

私もいろんなひ人に知ってもらいたいです!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ