是 -ZE-

ze

是 -ZE-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

83

レビュー数
5
得点
91
評価数
22件
平均
4.1 / 5
神率
45.5%
著者
作画
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
渡辺いさき
脚本
佐々美沙
原画・イラスト
志水ゆき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
124 分
枚数
2 枚
ふろく
プチコミックス「君の笑顔が見れるなら」
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

雷蔵と紺の初恋カップルのなれそめから初エッチまでと、彰伊と阿沙利の大人カップルの激愛を2枚組で完全ドラマ化!!〈帯より転記〉

表題作 是 -ZE-

七川雷蔵 → 鳥海浩輔

紺 → 福山潤

三刀彰伊 → 森川智之

阿沙利 → 千葉進歩

近衛 → 中井和哉

三刀琴葉 → 緑川光

三刀櫻花 → 神谷浩史

紅緒 → 吉住梢

その他キャラ
吉原和記[一条和矢]/ 雷蔵の祖母[鈴木れい子]/ 吟香[天野由梨]/ 吟香の紙様[早水リサ]/ 三刀彰伊(少年期)[古島清孝]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

始まりから豪華な面々

原作既読です。
こちら「1」、メインは雷蔵×紺カップル。
原作で言うところの、1・2巻に該当するストーリーが収録されています。

唯一の肉親であった祖母が亡くなり、三刀家へ住み込みで働く事になったハーフの雷蔵。
やって来ると、そこにはたくさんの人間が住んでいて、その上どこか何かがおかしくて――と進んでいきます。

流石シリーズ1作目、登場人物が多く、キャスティングも豪華すぎます!
鳥海浩輔さん演じる雷蔵は、ハーフで金髪で目が青くて超イケメンの筈なのに、素直でワンコ過ぎてイケメンさが微塵も感じられないイジられ役(笑)
ワンコ攻めを演じさせたら鳥海さんの右に出る者はいないのでしょうか♪
そして、福山潤さん演じる紺。
はじめは、雷蔵に仕事を奪われ、自分が出来ること・紙として役立つことを必死で探して、とにかく自分が生きる為の理由や決定打を探していた。
けれど、純朴で真っ直ぐな雷蔵と一緒に居る内に、大切に思う気持ちや恋が芽生えてきて……という、気持ちの機微の変化を福山さんが丁寧に優しく演じてくれています。

この紺の性格が本当に可愛くて、福山さんのお声も可愛い!
続き蔵はもう、鳥海さん位のヘタレ風じゃないと無理です〃

兎に角雷蔵はひたむきで一生懸命で、紺を好きだと自覚したら一直線。
その真っ直ぐさが鳥海さんの爽やかな演技で際立っています。
又、はじめは雷蔵に対して心を開かなかった紺。
一緒に居る時間が増えて、そして自分が拉致されて、そんな時に思い出したのが雷蔵で。
最初は少し冷たかった福山さんの演技がやわらかくなる事で、紺の自覚した恋心がとても分かり易くキュンキュンしました。


他にも、和記・阿沙利・近衛・櫻花等々主要メンバーが出て来ます。
一条和矢さん演じる和記。
これがもう怖い位妖艶なんです。
飄々とした感じ、笑いながら話す感じ、つかめない感じ。
原作そのもの過ぎて、ここまで雰囲気を壊さず出来るのかと思う程。

今回のこのドラマCDでの私的一番の聴きどころは。
神谷浩史さん演じる櫻花の、雷蔵を調教するシーン。
「ヘタレワンコがっ!!」
は、神谷さんにとっても名台詞だと思うのです(笑)

はじめ、正直、緑川さん(=琴葉)と千葉さん(=阿沙利)に少々の違和感は有りましたが、聴き進めるとそんな違和感もどこかに飛んでいきました!

シリーズ1作目。
ここまで豪華だと流石に心が鷲掴みにされます♪

2

2枚組がきになりませんでした

2枚組なので長いことは長いのですが、キャストも流れもいい感じだったので聴いていて長さに辛さは感じませんでしたが、ただ情景が分かりにくい。
これはドラマCDとしてネックかと思います。
どこでだれが何をしているかが、正直なところ分からないところがありました。
これ、何している音?というのがちらほらと…

登場人物や説明事項が多い作品なので仕方ないと思うところはありつつも、
原作が手元にあったほうがより楽しめると思います
(聴いていてたまに確認がしたくなりましたよ…)。

とてもよかったのは雷蔵と祖母との回想シーン。素晴らしかった。
回想シーンを経る度に雷蔵の想いが紺くんへじょじょに浸透していく…という、
ドラマの核となる部分が、全体的に大切に表現されていて、
えみうとしてはとても満足しています。ちょっとうるっときた。
雷蔵役の鳥海さんはとってもお上手です。さすがだなーと。

さらに満足を満たしてくれたのが、
すでに何年も関係を築いている彰伊・阿沙利のやりとり。
言霊様と紙様の間柄を補強してくれる内容は、悲しいところも多くありますが、
雷蔵と紺くんの初々し続きさをさらに補強してくれていると思います。
(ふたりはどうなるの!?という次回の購買にも繋がってますね。うまい)

あと、ツボだったのが櫻花さま。
原作を読んだ時はさほど気にしなかった櫻花・紅緒組ですが、
ドラマCDになったらキテレツっぷりが楽しかった。

全体的には定価が惜しくない、2枚組が納得の作品でした。

2

ばあちゃんっ!ばあちゃんっ!

是シリーズ。実は原作未読<''`∀´''>

主人公・雷蔵(鳥海)の祖母役を演じられている
鈴木れい子さんに泣かされた。゚( ゚´д`゚ )゚。
すごくあたたかいおばあちゃんボイス。
あたたかくてまっすぐな雷蔵(鳥海)のルーツがここにあるのだなと。


祖母を失って天涯孤独になった雷蔵(鳥海)がやってきたのは
イイ声ばかりの大所帯のお屋敷。

言霊使い×紙様というCP

言霊使いは、言葉で相手を攻撃できるけど
相手を傷つけた代償に自分も傷つく。
その傷を代わりに受けたり、治癒したりする役割の“紙様”という存在。
シキガミみたいなもんなんでしょうかね?

治癒する方法が粘膜でっつーのがまたこれBLファンタジーw

主のいない紙様・紺(潤)の主になる雷蔵(鳥海)の初々しいお話と
年季のはいった紙様・阿沙利(進歩)と言霊師の血筋の彰伊(森川)という
アダルティックなお話が2本入ってました。

2本っていうほどきっちり話が分かれてるわけじゃないシナリオ展開も
よかったなぁと思います。
2枚組でじっくり世界観にひたれるし意外と泣きツボがありまし続きた。

子供の記憶を言霊で消してしまうというお話と
さっきも書いたけども雷蔵(鳥海)の祖母のお話が
すごくツボりました。

大人組って表現してもいいのかな?
森川さんは言霊師としてバリバリのエリート感があった。
こんなイイ声だもん、なんかほんとに言霊使えそうだよ!まじでまじで。
進歩さんの受け、年増な感じがエロエロでよかった。
この大人CPは、ほんとにこなれてて素晴らしかった。

対する子供組
鳥海さんのへタレワンコ攻めは、もう鉄板。
福山さんは、人ならざるモノなので、甘すぎずよかったなぁ。
好きになってキスしてエッチしての順序をきちんと踏んでくれるのは
それはそれで萌えますな。うんうん。

脇の一条、中井、緑川、神谷も絶妙な感じで素晴らしかった。
一条さんこの役、すごく合う感じかします。
実は一条さんが苦手な私が、ちょっとうっこりときめきそうになりましたw

3

キャスティングが神がかってる!

すごかった。
キャスティングが神がかってました。

鳥海さんのヘタレワンコが最高に上手い!
このCDを聞くまでは、平川さんのヘタレワンコ演技が私のなかで燦然と光り輝く一つ星になってたんですが、いまや鳥海さんと平川さんですよ!お二人が、私のなかで輝くヘタレワンコの二つ星となりました。そう、双子座のカストルとポルックス!あるいはゲッターロボ!(こんなネタ分かりませんよねwすいませんすいません)
ヘタレワンコはいいなぁ。早漏萌え。コントロールできちゃう遅漏なんていらないよねー、可愛くないやねー。
世界はもはや早漏の時代。世の男性には認識を改めてもらいたい。「早漏→恥ずかしがる」という演技を身に付ければ、加藤鷹も真っ青な最強のテクニシャンになれる!

すいません脱線しました。

原作ファンの期待を裏切らないホントにステキなCDでした。
ただ、一つだけ注意が必要だなと思いました。
この作品に関しては、原作は絶対に先に読んでおいたほうがいいということです。
登場人物が多いことと、絵がないと状況が分かりにくかったりもすること、この二つが理由です。
読みながら聴くのが一番いいかな。

琴葉@緑川さんが続き喋るたびに笑っちゃいました。
原作でも可愛かったけど、CDになっても可愛い~。緑川さん40代なのにーw
セリフは少ないのに、美味しいとこ全部もっていっちゃう琴葉が大好きです。

あと櫻花@神谷さんも良かったー。
据え膳を前に逃亡した雷蔵@鳥海さんを叱りつける神谷さんの女王様っぷりにシビレました。

もちろん福山さんも森川さんも千葉さんも…とにかくみんなみんな良かったんですよ!
つーか書きながら改めて思ったんですが、なにこの豪華声優陣。

4

ヘタレワンコっぷりが見事に再現(笑)

是 -ZE-のドラマCD1枚目。2枚組。キャストが豪華
ストーリーは原作1~2巻の雷蔵×紺編。
雷蔵のヘタレワンコっぷりが見事に再現されてます!(笑)
私の中で、鳥海さんの印象って特に無かったのだけど、
これを聞いて、初めてすごいお上手だと思いました。
福山さんの紺も可愛いー!!福山さんはハズレが無いなぁ。すごい!
私的には、和記がちょっとイメージ違うかなぁ…。
一番好きなキャラなのでちょっと残念…。

2枚組で、ボリューミー。聞き応えあります
メインは雷蔵×紺だけど、他のキャラもしっかり出張ってる!
琴葉は元々無口なのであんまりですが。
彰伊=森川さんは低めの声を使ってて、言霊は迫力あります。流石!
言霊の台詞は、音声が加工してあって、ちゃんと「言霊」っぽい!

雷蔵のヘタレっぷりが可愛い~。ワンコキャラとか特に好きではないんだけど、
このこはなんだか愛しいです
だけど「好きな人を守る」気持ちは一貫してて、素晴らしい。
紺くんのツンっぷりもお見事~ でもHシーンの可愛さといったら!
「とける…」とか、かわいいかわいいかわいい!
琴葉ほどじゃない続きにしても、ストレートな物言いもよいです。
雷蔵じゃなくても直撃ですv

それにしても、雷蔵、早過ぎ(笑) いくら若いとはいえ…。
精進しろよ、ヘタレワンコ!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ