伯爵様は秘密の果実がお好き 3

hakushaku wa himitsu no kajitu ga osuki

伯爵様は秘密の果実がお好き 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
11
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
音楽
華原大輔
脚本
紅郎
原画・イラスト
蔵王大志
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
モモアンドグレープスカンパニー(アブソードミュージックジャパン)
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
ドラマCD「伯爵様は邪魔者がおイヤ!」
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

吸血鬼エディの祖国イギリスへ、明は花嫁としてお披露目に行くことに。城では大勢の吸血鬼たちに「餌」よばわりされ、ライバルの美少女はエディとの仲を裂こうとし、祖父は明にキスを仕掛けてくるしで・・・・・・とにかくもう大変!さらには、吸血鬼だけが食すという秘密の果実を口にした明は、体が淫らに熱くなってしまって!?「俺のこと、好きなだけ噛んで」首筋を差し出す明に、エディは―?吸血鬼の館・シンクレア城で何かが起こる、吸血鬼コメディ第3弾!(レーベルより)

表題作 伯爵様は秘密の果実がお好き 3

クレイヴン伯エドワード(エディ) → 杉田智和

比之坂明 → 鳥海浩輔

その他キャラ
遠山聖涼[子安武人]/ ステファン・クレイヴン[中田譲治]/ アンガラド・モンマス[こおろぎさとみ]/ 使用人[鶴岡聡]/ 男吸血鬼[中村悠一]/ ギネヴィア・クリス・クレイヴン[松井菜桜子]/ マリーローズ・グラフィド・モンマス[藤原美央子]/ 女吸血鬼[織田芙実]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ラブコメのお手本のようなシリーズ

2の4ヶ月後に出た3。
伯爵様の故郷(イギリス)にハネムーン。

トラック1に濡れ場がある構成っていいですよね。
今回はバスルームH。
この鳥海さんは「可愛い淫乱ちゃん」と呼ばれているのも納得のラブリーキュート♡
「自分がしてほしいように舐めてみろ」はBLならでは。

新たな脇に中田譲二さんと中村悠一さん。
豪華なシリーズですね。

「首を咬まれて自分も吸血鬼になるか」と悩む回。
それで泣く鳥海さんが切ない。

果実を食べてヒート状態になり「このままだと自分の意思に関係なく、お前に首筋を咬んでくれと言ってしまう。気持ちよくなりたいから咬んでくれなんて…」と今でいうオメガバースのようなことになる。
即挿入なのが勿体無いなあ…。
しかしギャン喘ぎが聴けたのでもう何でもいいです。

巻末フリトは2分弱。
杉田さんがカッコイイ中村さんについて語るw

特典ミニドラマが19分。
バカップルが更にバカップル。

ラブコメのお手本のようなシリーズだわ…。
テンポ良し、演技良し、話良し。
絡みは長くはないけど、一気に艶っぽくなる鳥海さんに持っていかれ続きる。
BGMも合っていると思う。
とても聴きやすい。

0

譲治さんもコウモリに

ただでさえあまあまなカプなのに、
ムラムラしちゃう秘密の果物って‥。

今回の聴き所は
なんといってもコウモリに変身した時の声ですね。
杉田さん扮するエディがコウモリになると声のトーンが上がるんですよ。
素人でも小人やアリの役をやれとか言われたらトーンを上げますよね。
そんな感じです。雑な例えですみません。
なので、ステファン役の譲治さんも大変なことになっています。
初めて聞いた時はお茶を、吹きました。
初聴きの時は水分を取るタイミングに気を付けて(笑)

0

嫁、旦那の実家へ行く

周囲も思わず顔を赤らめるようなダーリン&ハニー、明とエディ。
今回は日本を出て、エディの実家へ行くことになりました。

エディの実家はイギリス。
しかも……着いてみたら「お屋敷」ではなく「城」だったという。俺様吸血鬼は、伯爵と言うだけあって超セレブでした。

ただでさえ明の周りは賑やかなのに、今度はエディの実家の身内や親戚(当然吸血鬼)が絡んできて、更にてんやわんやです。

エディの祖父であるステファンは、エディにそっくり。そんでもって、孫の嫁にちょっかい掛けまくり。
親戚のお嬢ちゃん・アンガラドは、「私が将来エディのお嫁さんになるの!」と明を勝手にライバル視してトラブルを引き起こす。
明のお伴として付いてきた聖涼さんは、順応性が高すぎる。
明は無事にエディの「ハニー」のまま、生きて日本に帰ってこれるのか?!


聞いているこっちがこっ恥ずかしくなる「ダーリン」「ハニー」の応酬も、ここまで来ると、最早作品の味になってくるという不思議。
コミカルで、賑やかで、てんやわんやなファンタジーです。

カラッとしていて、コミカル。だけど、エロさもちゃんとある。
続き
「伯爵様は邪魔者がおイヤ!」というミニドラマも付いていて、お得感もあったり……

クスッと笑えて、きゅんとする
そんなCDをお探しの方にオススメします。

0

シリーズ三作目

このシリーズ、面白いには面白いんだけど、面白いことは分かるんだけど、どうにも私の肌に合わない感じがしてて、この三作目にしてその感覚が顕著になりました。
ハニーやダーリンの連呼、ニヤニヤしどころのはずなんだけど、妙に頭が冷めちゃっててニヤニヤできない。
なにより受けの性格がどんどん男前じゃなくなってきたのが悲しい。「男前」というより「キャンキャン口うるさい嫁」あるいは「ありがちなツンデレキャラ」になっちゃった感じで。
あと作中にふんだんにあるギャグのセンスが私の趣味ではないこと。
あと全体的にとっちらかってる感じがすることも。

ただ、へんな果実を食べてエロエロのド淫乱になっちゃった鳥海さんの声は聴きごたえがありました。
淫乱は最高ですねw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ