耳をすませばかすかな海

耳をすませばかすかな海
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×27
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

268

レビュー数
8
得点
109
評価数
26件
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
イラスト
作品演出・監督
菊田浩巳
音楽
Root Three
脚本
大西千尋
原画・イラスト
おおや和美
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
133 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

全てにおいて秀でていること自体がコンプレックスの大学生・宮上和輝。なにもかもに鬱屈していた高校三年生の夏、勢いにまかせて、不思議な魅力を持つ男・笙惟と一晩だけ肌を重ね、そして一年後、偶然再会する。和輝の矜持や兄・瀬里への執着を、子供の甘えだと鼻先で笑う彼の、甘い毒のような色香に翻弄されるのは、いっそ心地よかったが、だからこそ真面目に向き合おうとする和輝に、彼は底の見えない瞳で笑うばかりで――。(公式HPより転載)

表題作 耳をすませばかすかな海

宮上和輝 → 鳥海浩輔

大澤笙惟 → 神谷浩史

その他キャラ
宮上瀬里[野島健児]/ 中河原大智[小西克幸]/ 藤木聖司[鈴木千尋]/ 林田真雪[松岡由貴]/ 遠藤[古宮吾一]/ 和輝の母[森夏姫]/ 和輝の父[最上嗣生]/ クラブの店員[松林大樹]/ カフェの店員[高橋研二]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

鳥海フィーバー炸裂❤︎

鳥海さんて、こんなに可愛かったのか⁉︎
と、鳥海さんラブが爆発し
愛しはじめてしまった一枚です。

神谷さんがこういう、カッコいい系のすかした時のお芝居はあまり好きじゃないけど、
もっと、声から細やかな感情が読み取れたらなぁと、
思いながら俺に聞く力がないのかもしれません。


とにかく鳥海さんが、やんちゃ面倒くさいやつで、
手のかかる構ってちゃん。
負けず嫌いの性格で
この手の男はこうやって落とすのかと、
思いながら聞き入ってしまう一枚ですね。


いじけたり、嫉妬したり、怒ったり、おねだりしたり、
鳥海フィーバー炸裂です。


シリーズの一番最初から続きで全部聞いて欲しいです!

0

シリーズ三作目は「誘い受け」の「年下攻め」

ブルーサウンド・シリーズ三作目。
湘南に店をかまえるカフェ「ブルー・サウンド」を舞台に繰り広げられるさまざまな愛のカタチ、っていうのがこのシリーズなんですが、
1では店長と、思いを残したまま別れた恋人との再会モノ、
2では風来坊のようなシェフと超コンプのウェイター
3でなにが来るかと思ったら…コンプレックスの塊モジモジ君の弟かーーーっ!!!

いやーーーーいいお店ですねぇーーーーー(棒読み)
まず、モジモジ君の瀬里とその弟・和輝がいつの間にやら和解モードなのにビックリ。
しっかし、兄弟でホモ恋人相談て、なんか女子高生ちっくでどっかチクチク痒いなw

さて、弟の気になる人は、一晩限りのお相手だと思っていたDJ、大澤笙惟。
絶世の美形ながら、コメカミにうすく残る傷がある男。
傷の残る男、っていうところがすでに思わせぶりですねー。
さて、この大澤がとんでもない誘い受けで、18歳の弟はあっさりその魅力にとりつかれてしまう。
1作目、2作目では、トラウマや過去というのがキーワードになっていたかと思いますが、3作目はさしずめ、相手の過去とこれからどうしたいのかの「未来」続きを問う設定になっております。
それにしても、神谷浩史さん演じる大澤、非常にスレて冷めたふりをしている受け。
一見すると、純愛とは対極にあるようですが、やはり1、2同様、愛に飢え怯えている身です。

これ、ぜひシリーズ通して聞いていただきたい。
時間軸がカブっているところがあって、いろいろな視点からドラマが楽しめます。

それにしても、「ブルー・サウンド」の面々、なんだか下町人情物語ちっくで面白い。

2

やっぱりこの二人が好き

原作もレビューしましたがこちらも。

原作のレビューで、私は笙惟を強いと書いたような気がしますが、CD聴いて少し考えを改めました。

彼は強がりなんですね。和輝を遠ざけたのは自分が本格的にハマる前に距離を置こうとしたから。和輝が「瀬里のほうが強い」と言った理由がわかった気がします。

しかし和輝の強引な押しにより結局折れて、人を呼ぶつもりのない自分の部屋に連れて来たり、携帯電話を所持するようになったり、だんだん吹っ切れてきてるのがわかってよかったです。

一番笑ったのはフリトです。本編の余韻を吹き飛ばすフリーダムなトーク(笑)。神谷さんも鳥海さんも大好きです!

1

神谷さんの喘ぎ声に死ぬ

ひー。
神谷さんヤバイヤバイヤバイ。
崎谷はるひさん作品と神谷さん受けの相性の良さを再認識いたしました。
神谷さんが「ひっ」とか「あっ」とか言うたびに、心臓がドキドキして鳥肌が立っちゃってたんですけど!
神谷さん喘ぎは寿命が縮む。心臓弱い人なら死ぬかもしれん。麻薬のような声。でもこの声のせいで寿命が縮むなら本望ってもんだ。ばっちこーい!

シリーズ三作目です。
相変わらず、優しくてあたたかいストーリーでした。
大きなドラマは起きないけど、登場人物の心理をゆっくりゆっくり追っていくのが心地いい。
東大生の攻め(鳥海さん)とDJの年上受けのコンビです。
基本的に崎谷はるひさんの書く物語は私には合わないもんで、細かい部分で色々と気になる箇所はあったんですが、全体的には良かったです。

あと、大爆笑したのが、鳥海さんと神谷さんのフリト。息ぴったりのDJトークでした。
神谷さんが笑うたびに、私も一緒にケタケタ声出して笑ってしまいました。幸せ。
ああもう、神谷さん大好きだー!!

2

満足です!!女王様!!

ヘタレ攻め鳥さんに女王誘い受けピロシさんの絶妙なキャスティング!萌えました^^

2枚組みでボリューム満点だし、神谷さんの耳に心地よいセクシーなお声が何より飽きませんでしたね、

誘い受けなんで、ヘタレな鳥さんを甘ぁ~~く誘うんですけど。。萌えセルフが多すぎて!!これは聞いてからのお楽しみにしておいたほうがいいですね^^

音楽もなかなかよかったです!よく絡みシーンで音楽がかぶったりキャラのモノローグがかぶったりとかありますが、このドラマCDに限ってはなかったですね。

このCDは攻めの鳥さん目線でモノローグがあります、これもこのCDの特徴でしょう、攻め目線って珍しいから^^

Hシーンはもう少し長くてもよかったかな・・なんかあっという間に終わってるっっ!って感じで・・

でもこのCD始まって3秒くらいでいきなり「ハァ・・・ハァ・・」って濡れ場からだから(笑)引き込まれること間違いなしです!

1

本編のお2人さんのセクシーボイスにやられ、フリトのDJごっこの美声にやられ1粒で2度オイシイCDでしたvv

和輝は前作の頃より大分丸くなってて。
兄の瀬里との関係性が変わってきたことも関係してるんだろうけども。
なんか好きなタイプの子です(笑)

昔から頭が良くて親にも期待されてて。
でも、だからこそ、出来て当たり前みたいなとこがあって。
そういう目で周りに見られることにコンプレックスを抱いてて。
クラブイベントで笙惟と出会って。
初めてその瞬間だけでも全てを委ねられるような存在に出会って和輝は変わっていく。
今まではなんでも出来る子だったのに、笙惟に再会するために必死になって。
一方で笙惟は再会してからも和輝に身体をあっさり許し関係を持つ。
けれど、それだけ。
和輝がそれ以上に踏み込んで来ようとすると茶化したりして自分の中に入れない。
一番近い場所にいるはずなのに、一番遠い存在。
和輝は自分の執着が何から来る感情なのかもわからないまま、笙惟との関係を深めたがり…。

笙惟が遂に過去を話すシーンがあるんだけども、この時の和輝がかっこよくて。
ヒドイ目にあって傷ついた笙惟に「その時、そばにいたかった」みたいなことを言ってて。
フツーに慰めたりそういうことなの続きかなって思ったら、「俺だったら八つ当たりとかしてもいいし」ってストレス発散的な目的で言ってて。
ああ、この子イイ子だなーってスゴク思いました。
そんな子だから笙惟も惹かれる部分があったんだろうなぁ。
笙惟は実は和輝よりも10歳年上なんだが。
基本的に表面的には常に和輝を翻弄して振り回してる感じで。
言動もそんな感じで、ベッドでも誘うし、物言いはわりとツンなとこがあるのね。

しかーし。
最後の最後のシーンですっげー可愛いとこがあって。
もう、これ萌え以外のなんでもないよね?みたいな。
そら、そんなこと言われたら和輝もそんななりますよね。
笙惟さん「なんだよソレ!なんだよソレ!」じゃないわよー!!みたいな(笑)
あれは絶対グッとくるって、男だったら。
そんな大人の男を演じてた神谷くん…さすがっ☆
DJ役ってせいもあるのかもしれないけど、まあフツーにイイ声ですわよ。
で、物言いが色気があって大人の余裕みたいなのが滲んでて。
語尾に何かと「んふっ」みたいな感じが…(どんなだ)
いや、素晴らしかったってことですよ。
鳥ちゃんもそれに振り回されて一生懸命悪戦苦闘してるところが可愛かったりして。

そしてもう1つ今回オイシかったことと言えば…。
キャストトークが最高に爆笑でした。
神谷くんと鳥ちゃんだけだったんだけどのね。
神谷くんがDJ役ってことで、自分がDJするならどんな番組を?みたいなお題があって。
で、神谷くんがDJシーンで実はこんなのやりたかったんだよねーってとこから2人で自分たちが想像するよくドラマとかでありそうなDJごっこが始まってさー。
無駄にイイ声でサラッとお手紙に対する感想?を流して曲に行っちゃうDJみたいなのを何回もやってて。
もうそれがすっげー面白かったです。
私お布団の中で聞いてたんですが深夜4時に笑いを堪えるの必至でした!
でも、ホント、さっすが声優さんて感じで2人ともイイ声でDJするんだもんー。

2

女王様に、ひたすら平伏すCDでした。

ヘッドホンつけたらいきなり「はぁはぁ」言ってるから!
たまげました……濡れ場から始まるこのCD。
笙惟(神谷浩史)の『~しろよ』『~してやる』等々、
年上女王様(受)の上から目線な発言がたまりません。
また神谷さんの女王様演技が絶品で……!

麗しき女王様に翻弄されるのは、へたれ声が可愛い鳥海さん演じる和輝。
肌を重ねれば重ねるほど笙惟に執着して行く和輝に対し、
いま一歩、自分の内に入れようとはしない笙惟。
肝心なことは笑ってはぐらかす笙惟に、
焦れまくる和輝がとても良い年下攻でツボでした。

「DISC.2」後半での年下くんの大逆襲。
盛大にデレた女王様に、にやにやが止まらない。
ツンツン女王様と本気の恋に震える乙女を、
た~ぷり楽しんで、お腹がいっぱいです!!

1

誘い受の申し子・・・神谷浩史

とにかく神谷浩史の自前SEは天下一品。

色っぽい年上の誘い受、下手をすれば下品な印象を与えかねない役を
品良くぎりぎりのラインで、スレた感じを演じているのはさすが!
とにかく神谷さんの演技力は1枚2枚といろんなCDを聴くたびに
さすがアジアNo.1だなと、おもわず唸ってしまいます。
受けの色っぽさを表現する上で、どうしても女性らしくなってしまいがちなんだけど
BLCDですからね、これがあまりにも女声だと萎えるし、太すぎるなんてもってのほか!←いや、これもこれで好きだけどw
このあたりのボイスの具合が、寸分たがわずちょうど良いのが神谷浩史受けの特徴である。

そんで原作は、崎谷はるひ先生ですからね!
崎谷はるひ+神谷浩史=激エロ!
これ、みんなノートにメモるようにw

高校三年生の夏、勢いにまかせて年上の笙惟(神谷)と肌を重ねた和輝(鳥海)
翌朝、姿を消してしまった笙惟(神谷)が忘れられず1年後。
偶然笙惟(神谷)と再会し、以後毎週木曜の夜に体を繋ぐ・・・そんな関係を続けている。

と、いうお話なんだけどね。

全裸で歩く笙惟(神谷)の後姿をみな続きがら
いろんな“感情”が湧いてくる年下攻めの和輝(鳥海)
いろんな“感情”が渦巻いているけれど若さゆえに
抱いた“感情”を言葉にできないまま
欲望だけが先走ってしまう。
身体ばかり満たされ心がどこか飢えてしまう
「セフレかよ・・・結局」と、言葉にしては
自己嫌悪してイライラするわけですよ
恋というにはあまりにも程遠いふたりの関係。

どんどん執着するも、どうしたら笙惟(神谷)の心が手に入るのかわからない・・・

この焦れ焦れ感。なかなかにツボで良かった!
崎谷はるひ先生のこのあたりの心情描写が素晴らしくグっとくる。

「全部預けてとろんってなっちゃって?できるだけやさしくするから・・・」の
鳥海ウィスパーボイス死ぬかと思った!!

これシリーズモノの第3弾にあたるんですよね。
第1弾は、「目を閉じればいつかの海」黒田崇矢×鈴木千尋
第2弾は、「手を伸ばせばはるかな海」小西克幸×野島健児
どれも良作。最高に楽しめるシリーズです。

原作は第5弾まででてるのでCD化を本当に切望しています!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ