15歳

15歳
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344816947

あらすじ

兄の親友に淡い想いを抱いた15の夏、ほろ苦い恋の結末は…。表題作他作家×ホストの年齢差愛など描き下ろしもたっぷり収録!
出版社より

表題作15歳

兄の親友圭吾 、 他
5つ年下の夏実 、 他

その他の収録作品

  • COCOA
  • 夢で逢いましょう
  • 正しい恋の選び方
  • 賢い恋の育て方
  • 恋をふやそう
  • 素敵な愛の贈り方

評価・レビューする

レビュー投稿数2

描き下ろし分に違和感

帯『こんな日々がずっと続くと思ってた-』

これは萌か中立か悩みましたが、萌で。
石田さんは好き作家さんなので基本的に萌なんですが、この作品は描き下ろし部分に違和感がありました。
絵柄や雰囲気が変わったとかそういう訳ではなくて、キャラ的な意味でと年齢設定的な意味で、です。

表題作は兄の友人の圭吾に恋した夏実の15歳の夏の物語。
夏美→圭吾→兄の通じない想いが切なくも読後感はほんのりしています。
描き下ろしの「COCOA」はその数年後で専門学校を卒業後フリーターをしている夏美が友人と共に数年ぶりに圭吾に会いに行くのですが、夏美の性格がえらく子供っぽくなってます。
妻子持ち男との恋愛も経験してむしろ大人びていてもいいと思うのですが、そこに何か違和感、15歳の思春期故の頑なさがあったのか、それとも恋愛が彼を変えたのかなー。
そう読めば納得も行くのですが、個人的にはあれ?って感じでした。

ミステリー作家国士[攻]とホスト有喜[受]の描き下ろし「正しい恋の選び方」は話的には良いんですけど、年齢設定があれ?
「賢い恋の育て方」で国士29歳、有喜21歳、「正しい~」はそ続きの約2年前の話の筈なのに同じく29歳と21歳……あの年そのままなんですがーこれってサ○エさん方式??
少しずつ時間が過ぎてる2人の連作が全部29歳と21歳設定なのが何か気になっちゃって。
細かい事なんですけど長編なら多少の年齢ズレは気にならないんですが、これは短編集なのでそこはチェックして欲しかったなー、話的には面白かったです。

そのどちらも描き下ろし分だっただけに微妙な感じ。
自分の読み方が何か勘違いしてたらすいません~。

0

これからどうなる?

シリアスな表題作シリーズ2作と、アマアマな短編1作、コメディだと思う作家×ホストの年の差シリーズ(とあらすじに書いてある)を収録。

表題作シリーズは、5つ年上の兄・暁浪の親友に恋している弟・夏実と、兄に恋している親友・圭吾と、その周囲の人々を描いたお話。
暁浪には恋人がいて、圭吾の恋心も夏実の恋心も受け入れてもらえない方向を向いています。
若いだけに奔放な夏実のアピール、分別が付くばかりに諦めたり逃げたりしている圭吾たちの態度。
それぞれの複雑な思いが重なることのないまま離れ離れになってしまって・・・続編に続きます。
続編「COCOA」では夏実の友人・辻本くん(今のところあくまで友人)と圭吾の恋人・悠が登場。
夏実が圭吾を探し出して再会するのですが、それぞれの今にそれぞれが納得して終わるという、最近あまり見ない「これが普通の恋の行方」だよねと思うような、大きな波は無いけれどなんだか胸にストンと落ちるもののある終わり方でした。
実は、この辻本くんの過去とか、悠の背景が思わせぶりに描かれていて、大変気になるところでございます。
どこかで登場していらっしゃいましたでしょう続きか?どれともこれから活躍してくれるの?

作家×ホストは「正しい恋シリーズ」って書こうと思ったんですが、これは描き下ろしなんですね。
前後に描き下ろしをされたおかげでお話が大変わかりやすくなってよかったと思います。
簡単に言えば押しかけ女房(ホストの有喜)におたおたするヘタレの亭主(売れないミステリー作家・国士)といった感じ。
その有喜がホストなもんだから、結構惚れてはいるもののヘテロに手を出してはと自制心ばかりを働かせている国士。
押しかけてきた有喜のほうはそもそも小説の大ファンで、身体を捧げるのもやぶさかでない様子。
有喜のために専門外の人情話を書いてみたり、有喜のせいで転職を考えたり、いい年をして振り回されっぱなしの国士ですが、やっぱり“無邪気で失礼で、口元のホクロがせくしー”な有喜にベタ惚れなのでした。
で、最終的に有喜の方も転職を考えちゃったというオチつきで、めでたしめでたし。

表題作は裏を読むような幾分難しいお話でしたが、「正しい恋シリーズ」はわかりやすくて楽しかったです。私としては、わかりやすい方が好きですが、圭吾×悠のお話、夏実と辻本はどうなるのか、など大変気になるので続きをよろしく。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ