ダブルミンツ

double mints

ダブルミンツ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神64
  • 萌×217
  • 萌34
  • 中立16
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
51
得点
506
評価数
143件
平均
3.7 / 5
神率
44.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784863490888

あらすじ

『女を殺した―』電話の向こうから聞こえてきた高飛車な声は、高校時代の同級生・市川光央だった。同じ名前を持つ男・壱河光夫の胸中に、かつての隠微な記憶が蘇る。忘れていた過去が、再び光夫を情熱の中に引き戻す。共犯者として再会した二人の主従関係は、少しずつ新しい形へと姿を変えてゆく・・・・・・。実力派作家が挑む、DEEP LOVE。
(カバーより転記)

表題作ダブルミンツ

壱河光夫(ミツオ・飼い犬)
市川光央(みつお・飼い主)

同時収録作品温室の果実

ノリの軽いデリヘルボーイ・ハスミ
政治家秘書・村上壱吾

その他の収録作品

  • 雨(ダブルミンツ後日譚 描き下し)

評価・レビューする

レビュー投稿数51

暴力と美

冒頭の、2人の”みつお”が出会う衝撃の瞬間。際立って美しい、黒髪の間から覗くみつおの目。
このとき、もう一人の主人公のミツオと一緒に、読者の私もあの目に”殺されて”しまいました。

高校で出会った、音だけ同姓同名のみつおとミツオは、すぐにいじめっ子といじめられっ子になります。
このときみつおへの服従を口にしたミツオは、社会人になってからも、久しく連絡のなかったみつおの呼び出しに応じますし、犯罪行為への加担も辞しません。
ミツオは、自分に理不尽な要求をし、暴力的にふるまうみつおに惹かれてやまず、執着します。



同姓同名、自分の半身、2人で1つの人間になる、というのがこのお話のテーマです。
お互いが一緒にいられること以外のメリットなんて何もないのに、2人して転がり落ちていくだけなのに、離れることができない半身たちの行く末を見守る作品です。
全体的にシリアスなトーンです。

エグイ描写のあるレイプシーンがあるので苦手な方は気を付けた方が良いと思います。
でも、私はレイプシーン(に限らず)の絵の綺麗さが気に入っています。
明日美子先生独特の曲線が、手荒く尻を鷲続き掴みにする手や、アレを口に突っ込まれたときのあごやのどのラインなどを、暴力的に綺麗に(耽美っていうのかな?)描いていて、凄惨さはさておいて私にとっては一見の価値ありでした。

2

THEお耽美レイプ

うん。こんな作品描きたい。
それがこの本を読んだ感想ですよね。

うまいんですよ。
とにかく物語のおさめ方も全てにおいて
技術的に凄い上手だなと思いました。

新しい作品から過去に下っていく形で
中村明日美子先生という方の作品を知っていったのですが
こんな世界観は憧れます。
レイプのシーンはチンコが勃つ位にエロいですね。

こんなにエロいのに、品があるんです。
悔しい位に綺麗なんですよね。


この一冊で納めてしまわれたのは残念ですが
満足できる一冊だと思います。

暴力的なシーンがあるので
苦手な方は、気を付けて下さい。


1

読み手を選ぶのだろうけど、素晴らしいものは素晴らしい。

新井煮干し子さんの「因果の魚」を読んだ際にこの作品のことが頭をよぎったので、改めて読み返してみました。
2冊を一緒に読んで頭の中を整理出来たせいか、こちらの作品もより解り易くなりました。
“運命の出会い”というのは、出会う前から決まっているのではなく、この出会いは必然だったと感じる人がいて初めて“運命の出会い”になり得るのですね。

「いちかわみつお」という同じ名前の2人が偶然出会ったことで、それが普通の出会いにはない特別感を2人の中に芽生えさせ、本来は偶然でしかなかった出会いがいつの間にか必然の出会いだったんじゃないかという思い込みにすり替わり、相手を自分と同一視していく…という、そんなお話。
ストーリーのベースに使われているのは、映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の中で歌われる「The Origin Of Love〜愛の起源〜」という曲なんですが、ギリシャ神話がモチーフになっていて、元々は一つだったのに神様によって二つに分けられてしまった自分のもう半分(=ベターハーフ)を探す行為が愛の起源だと歌っている曲です。

そもそも“片割れの存在を信じる”という思考が続きどうして生まれてくるのかと考えると、それってつまり自分には足りてない部分があって不完全だと感じるからだと思うのですよね。
その思いが特に強かったミツオはみつおに出会った瞬間からみつおとの出会いは必然だったと感じ、みつおに心酔していきます。
ミツオの心酔の仕方がかなり狂気じみているので病んでると言えば病んでるんだけど、人のサガに忠実で人間らしいと言えば人間らしい。

そしてこの作品の面白いところは、主従関係とSM関係で2人の立場が逆転する点。
主従の時はみつおの犬であるミツオがSMになるとS。
SMにおいてイニシアティブを握るのはM、SはMに受け入れてもらう側ですから、正しいと言えば正しいのですが、面白い。
ラストシーンでミツオが流す涙の意味は色々考えられるけど、一つはみつおにようやく受け入れてもらえたという実感がもたらした喜びの涙なんだろうな。

ストーリーだけを追ってサラッと読み終えても十分に読み応えのある面白い作品なのですが、一つ一つの要素を分解していくと、その掛け合わせ方の巧みさに唸らされる作品だと思います。
ボーイズラブにベターハーフを掛け合わせるのがそもそも私は大好きですし、主従やSMってのはそれこそ割れ鍋に綴じ蓋ですからベターハーフとの相性はバッチリですよね。
内容的に読み手を選んでしまうのでしょうけど、読み応えのある漫画を探されている方に向けて個人的には全力でオススメしたい明日美子作品です。
とても面白いです。

同時収録の『温室の果実』は、非常にエロティックな短編。
政治家先生(男としては既に枯れているおじいちゃん)に密かに恋心を寄せる青年秘書が、先生に請われて自分の性行為を見せるお話。
先生、秘書、お相手役のデリヘルボーイで倒錯的なトライアングルが出来上がり、官能的なエロスを見せてくれます。
オチも美しい。
明日美子作品を読むたび、様式美ってのはやっぱり大事だな〜と実感させられます。

これ電子書籍だと、表題作の描き下ろしと同時収録作がバッサリ抜かれてるんですよね…
なんでそんなことするんだろう。
茜新社謎過ぎ。
電子派の皆様お気をつけて。

3

甘いもの好きには、お勧めしません

怖すぎて無理でした。
倒錯的と言うのか、SMの世界観と言うのか、初心者には難しすぎて理解できません。
『同級生』が面白かったので読んでみたら、ガーン!と自分の甘さをハンマーでかち割られた気分でした。

1

二人の関係

二人のミツオの関係にグッときます。執着して愛して嫌がって泣いて、そこに裏側の世界ヤクザとか殺人とか後戻りできないところに来てるのに逃亡するにしろ二人でいればそれでいいという、こういったお話大好きです。らぶらぶイチャイチャしてるだけが幸せの形じゃないというか。

同作家さんの「同級生」が苦手なのでこういうダークサイドのドロッとした色気のあるお話がもっと増えてほしいですね。
幸せすぎるBLとか初々しいBLの間にスパイスとして読んでみるのも面白いと思います。

0

二人で堕ちていく・・・

ダブルミンツ・・・二人のミツオ、二人で一人
そんな意味合いのタイトルなのかなと思いました。

中村明日美子さんと言えば同級生シリーズで有名ですが、
こちらの作品はダークでシリアスでエロもあるし、
全体的に暗い作品なので全く雰囲気が違います。
むしろこういう作品も書けるのは凄いと思います。

この作品の二人は運命共同体で憎しみ合ったりしているのですが、
その先には怖いくらいの愛を感じます。
まさに共依存。
お互いがいなければ生きていけない、
そんな二人の生き様を描いた作品です。
所々流血シーンもあって、心が痛くなりますが、
深く考えさせられるものがあります。

1

嫌なのに読んでしまう。

ヤクザモノは苦手でしたが、好きな作家さんだったので挑戦してみました。

やっぱり苦手なタイプで嫌悪感を抱きましたし、ザラザラとした気持ち悪さが終始付きまとうのですが…読むのを辞められなかった。
ミツオが「俺はこの目に殺されたのだ」と言うように、読み始めたら最後、その目に惹かれて持って行かれる。
有無を言わさず読ませられる。
目は口ほどに物を言うって言葉がピッタリなくらい終始二人のみつおの目に翻弄されました。

描き下ろしの「雨」の件で重さが中和されて、気持ち悪さも晴れた。
最後のシーンがとても好きで、このシーンに辿り着きたいが為に鬱屈とした本編を再度読みたいと思えた。

必要以上に拒否反応を示したのは、中村先生の描く絵がストーリーに鳥肌が立つくらいマッチしていたからで…
気持ち悪いが褒め言葉になる不思議な作品です。

2

なにもいうことはありません

この話は”痛い”です
そして”美しい”ではなく”欝くしい”です
こんな魅せられる作品は久しぶりです

M×S
ミツオ×みつお
いじめられっ子×いじめっ子

女を殺したみつおはミツオを呼び出し、二人で埋めます
しかし罪悪感から警察に出頭して死体を埋めた場所に行くと、無いのです
女の死体が。

実は女の死体は生きてて、それを知っていたミツオが掘り出してかくまっていたのです
電話でそのことに気づいたみつおはミツオの家に行き、ミツオを血がでるまで殴る蹴る!

「なんでこんなことをした」とみつおが聞くとミツオは「あんたの弱みを握りたかった」と答える
そしてこのみつおの台詞「ちがうだろ そうじゃねえだろ 俺のこと怒らして 俺にひどいことしてもらいたかったんだろ この変態」と返されます

受けヤバイと想いますが攻めもやばいです
ミツオは自分の彼女をみつおに寝取られるのですが、そのみつおに抱かれた彼女をみつおだとおもって抱くんです



この二人がどうなるかは買って読んでみてください
人の感想を見て「こういう話かー満足ー」ってならずに読んでみてください
続き
悪い意味でも良い意味でも心に残る忘れられない話になりますよ


1

この二人はどこまでいくんだろう

腐海にお里帰りして初めて読んだBL作品です。

先入観ナシで読んだので色々辛い場面はありますが、サクサクと読めました。
女性キャラの扱いは「これぞBL!」と思うくらい(褒め言葉です)モブでしたw

いじめられて(粗末に扱われて)それが快感にまで昇華できるみつおはある意味凄い奴なんじゃないかと…ドMの鑑と言うか何と言うか。

逆に加害者側、しかも服従させていた筈のミツオはどこかでみつおを最後の拠り所にしていたような感じが。
最初の電話から無茶ブリを遺憾無く発揮していますが、どこかでこれ以上は…とストップをかけつつも結局(偉そうに)頼っています。
そこがミツオの可愛いところではないかと。

高校時代のみつおの彼女、本当テンプレート通りの馬鹿女でいっそ潔いとすら思えます。

893がお話に出てくる(おまけにモブレ有)のはイマイチ好みの展開ではないのですが、この物語には必要な場面でしょうから感想は割愛。

普通の生活を捨てて顔に傷までつけて国外へ逃亡する二人、いつ終わりがくるかこないかすらわからない生活でも二人で生きる事に意味があるのでしょう。
一緒に生きる時間続きの長さは関係ないように思えました。
ただ、ミツオが先に逝くような事になればみつおのヤンデレは再加速して最恐キャラになりそうな予感。

屋台のシーンでそう遠くない先を考えて泣くみつおとそれを笑うミツオは普通のカップルなんかよりずっと深い所で繋がってるんだなぁとしみじみしてしまいました。

最後に、この作者さんは食べ物の描写がとてもお上手な方で桃を剥いているシーンは「美味しそう!」と「…何か…エっロい!」が頭の中あっちこっちしていましたw

0

痛いのに。

中村先生のお名前はもちろん存じ上げておりましたが、絵柄がどうにも好みではなく(失礼!)ずっと二の足を踏んでいたのですが。

「PINK GOLD 2」で初めて中村作品を読ませていただいて、萌えに萌え、超人気作品の同級生シリーズでどっぷりはまりこちらも読んでみました。

レビューを拝見していたので痛い話だというのは知ってました。私は痛い話やしょっぱい気持ちになる話は読みません。でも表紙がね。ワタクシを誘うのですよ!なんとも色っぽい表紙ではありませんか。

内容は皆さま書いてくださっているので感想を。

初めに読み終わった時は何とも言い難い感想でした。いじめ、裏の世界、集団レイプ。これでもかというくらいの痛さでした。ぶっちゃけ飛ばし読みしてしまう部分もあったくらいです。

でも何度か読んでみて感じたのはみつおとミツオの間にあるお互いへの愛が半端ない、ということでした。「同級生」の二人がお互いを思いやり、与え合う愛情ならば、この二人の愛は相手を傷つけ、奪うことでしか表現できなかった、という気がします。

一見みつおの方が凶暴で主の立場という感じがしますが、読み込んでみ続きるとミツオの方が怖い。でもその狂気はみつおを愛すればこそ、であるがゆえに、私は救われました。
「同級生」の方が好きですが、中村先生の絵柄はこういうディープな話の方がしっくりくるな、と感じました。二人の絡みが半端なくエロい…!

みつおがしてしまった罪を考えれば、何もなかったように二人仲良く生きていく、というのは無理がある。でも描きおろしで、裏の世界で生きながらもお互いを大事に思っている事がうかがえて嬉しかったです。

痛い話は読まないワタクシですが、これは素晴らしい。神評価です。

1

ふたつがひとつ

個人的に薄暗い話が好きですので、この「ダブルミンツ」の流れも嗜好にあてはまります。
どろどろのべたべた、ぐるぐると渦巻くほどの暗さ。卒業以来離れていたふたりが、再会するきっかけになったことが「人を殺めた」というあたりも暗いです。
光央に自覚はなくとも、ふたりは共依存関係にあったんじゃないかと思うのです。
すくなくとも光夫は“みつおくん”に依存していますし、囚われていますね。あの目が、というのも分かるんです。中村先生の瞳の描き方もあって瞳孔にグンっと惹きつけられます。

果たして、光央は光夫に対してなにを感じていたんでしょう。
ただの同姓同名に対するいたずら心なんでしょうか。漢字は違えども同姓同名なのに光央は素行が悪く、光夫は中の上の下の平凡な生徒。その平凡さが気に食わなかったのか、弱そうな所に漬けこんで使ってやろうと思ったのか…。
光央には、光夫が【犬】になる確信があったのかもしれません。目が合ったあのときから、感じるものがあったのかもしれません。
時を経て大人になってもいまだ光夫は光央に従順で、首を横には振らないはずだったのに、でも大人になっているから【犬】は牙を剥き続きました。
光夫は光夫であるけれども、光央のことでなければ、光央に囚われているからこそ、今の光夫になっている。女性を埋めにいった帰りの車中でもそうですし、その女性と性行為に及んでいたこともそう。
この、女性に光央を重ねる、普段ならばあまり好まない描写なのですが、ダブルミンツには必要なシーンだと思いました。限りなく、光夫→→→→光央であるからです。
過去のシーンもまたそう。彼女であったりっちゃんの申し訳程度の抵抗を「黙って」と受け流すところにも【繋がっていた光央にしか興味がない】からりっちゃんの声を必要ないとするんだろうなと思いました。

物語が進むにつれ、光央が足を踏み入れている世界に光夫が入り込むのもまた【犬】であり光夫を欲しているからだと考えると、光夫の光央に対する依存性を強く感じます。
ひとつだったものがふたつになり、それがまたひとつになったらどうなるんだ、「どこに行くんだ、どこに行けるんだ」と憂いる光央はとっくに光夫を愛おしく思っているのでしょうね。そんな言葉、ひとつもなかったけれど。
光夫への怒りと自分の情けなさと恥ずかしさを押し込めるように自らを傷つけた光央も、そして光央が欲しくて欲しくてどこまでもついてゆこうとした末に自らの頬に傷をいれた光夫も、やはり元々ひとつの存在だったのかもしれないな、と思いました。
書き下ろしの彼らも、変わらず素敵でした。やはり光夫は光央に弱いですね。

同時収録作である「温室の果実」、こちらも好いエロス。誰かに見られながらいたす、この誰は想い人である。
別にこれが恋で愛だからどうの、よりも壱吾にとっては憧れなのでしょう。焦がれていた相手の死を受け止めて暮らす壱吾のことを、ある意味でよく知っているハスミならば幸せにできるはずです。

ほの暗くも、一筋差し込む光がある作品群でした。

1

ラストの会話に純愛が見える

最初、ダメだムリ、と思ったんです。
でもちゃんと向き合って読みたくなって
再読してみたら、
忘れられない作品になってしまった。


狂気と純愛。
多分、狂ってるのはミツオのほう。
イジメから始まり、
精神的な苦痛を与えられ、
痛みはスイッチとなり、
歪んで執着になる。
みつおの「あの目」との出逢いは、
ミツオにとってきっと、片割れとの邂逅。

みつおは作中頭では、
ぶっ飛んでるように見えて、
意外とマトモだ。
それがみつおに触れて変わってく。
いろんな思いがない交ぜになって、
ミツオへの執着になる。


私、SMモノは好きではないです。
ドS攻めとかMっ気強すぎるキャラも
好きではない。
でもこの話は、
暴力あり・流血あり・性的暴行あり…と
凄まじいのに明日美子さんの絵の力なのか、
アートと嫌悪ギリギリくらいのとこに立っていて、
美しくさえ見えてしまう。
透明感のある暴力。
矛盾してるけど。

ラストの2人の会話に救いがあって
私はとてもよかったと思った。
純愛だな、と。
正直、再読で泣いてしまった。
最初はそ続きうならなかったのに。
感情が大人になったのかしら(笑)。


当初は読み切りのつもりだったのですね。
だから刑事さんは後から絡んで来ないのか。
と、小さく納得。
でも、2人の行く末への入口までを
描き切ってくれてとてもよかった。
描きおろしにも2人なりの光が見えた。
そして、あとがきまでをじっくり堪能して欲しい。
明日美子さんのあとがきに、
この話の大元が詰まっていてぐっときた。


明日美子さんの「同級生」シリーズで
好きになった方は、
読むのに注意が必要です。
萌えはあんまり詰まっていません。
きっぱりといい話!とも言い切れません。
万人にオススメもしません。
でも、不思議な美しさがあるのです。
私、嶽○野ばらさんの「ツインズ」という
小説を思い出しました。
彼の世界が好きならハマるかもしれないな。

0

痛みを凌駕する想い

痛いのは生きてる証拠、なんて小学生の頃に言うやつがいたけど(笑)
あながち馬鹿にできない言葉だと思うことがあります。

攻めの光夫は受けの光央から与えられる痛みを自分に刻み込んで喜んでしまう人。
与えられる苦痛が全て愛しさにつながるこの狂気。

普通に考えたら受けの光央のほうが暴力的だし、人殺しだし、いわゆるロクデナシなんですが、
狂っているかどうかで言えば攻めの光夫のほうが狂っていると思います。
だって攻めの光夫は受けの光央にいじめられたことを恨みに思うどころかむしろ光央との思い出みたいになっているし。

色々な解釈ができそうなところもこの作品の面白いところだと思います。
半身同士だった光夫と光央が引き合うことによって一つになるとか、
SとMの関係だとか、光と影の関係だとか、主従関係だとか、愛と憎しみの変形したものだとか。

光央の目を見たらもうハマってしまったと光夫が感じる部分なんて、
もしかしてこの人たち前世で何か因縁があったとか?なんて妄想をしてしまいましたよ。

ここに出てくる人たちは皆アウトローな人たち。
どこかに狂気を孕んでいます。
続き強い痛みに慣れてしまって、命の重みが薄っぺらくなってしまった人たち。
そんな人たちが体現する愛って、こんな形で現れるのね、と。

狂愛系がお好きな人にはお勧めです。

1

何もかもぶっとびました。(←自分の概念が)

自分の中で苦手要素が多々あったはずなのに、ページを止めることなく夢中になって読み返しています。
--(以下ネタバレと感想を含みます)--

流血シーン、女性とのSEX、受けが集団で性的暴行を受けるシーンなど、普段なら読むのを諦めてしまいそうなのに、それを通してこそ攻めの気持ち、受けの気持ちがわかるようで、また中村明日美子先生の描かれる独特の雰囲気がダークであり、どこかじっとりとした美しさにクラクラしました。読む前は悩んだのですが、どきどきしましたが読むことが出来て良かったです。

お話の内容は、他の方が素敵にレビューをして下さっていますので、自分の感想だけ失礼します。
読み始めは、攻めのミツオは白色。受けのみつおは、黒色。二人が出会うことで白(ミツオ)に黒が混ざり、黒(みつお)に白が混ざった印象を受けました。最終的に二人は何色になったのか?限りなく黒に近い白なのか、白に近い黒なのか。はたまた全く別の色か。

改めて考えると攻めのミツオは元々白の顔をした狂気(黒)を持っており、逆に受けのミツオは中は白かった(とは言えませんが)のかなぁと。
お互いに欠けている部分を補う様続きに惹かれたという感じもあるので、影なしとその影だったのか。攻めのミツオが同僚に「何だか彼、影が濃くなったよね」と言われるシーンが何となく好きです。

あと序盤の受けのみつおが、殺してしまった女性に対して「俺は愛していた・・・」と聞いて、感情が爆発する攻めのミツオとのシーンがゾワっときました。攻めのミツオが受けが持ってた指輪を付けてたりするのも、どきどきしました。好きです!

攻めのミツオが「俺とみつおくんはひとつの身体だったんだ」というシーンがありますが、同じ存在でありながら、別々の個体で生まれたのは、寂しいと感じてるのでしょうか?
個人的には別々で良かったのではないかなぁと思います。二人は似てないようで、似たような行動、台詞を言いますが、同一の存在であるなら思考は完全に同じになるのでしょうか。例え、四本の手、足、2つの頭、性器があっても丸い形をした身体なら、握手は出来ても、抱きしめあうことも出来ない気がします。それは少し寂しい気もします。うーん・・・どうなんだろう?奥が深いので改めて考えてみようと思います~

帯にあったSとM。こちらもどちらがどっち?と思えたりもしました。
攻めのミツオは、好きで追いかけ続けたり(追い詰めるとも言う)、受けの暴行DVDを表情を変えずに見ているところ、常にどこか目が遠い場所を見ている気がします。そんな彼が最後に嬉し泣きをするシーンは、初めて感情が伝わって来た気がして、ブワっと気持ちが入ってきてもらい泣きしました。
「良かったね!よかったねぇ~~」って背中をバシバシ叩きたくなる気分(////)
佐伯さんが意外と良い人?かも格好良いとか・・・思ったりしちゃった・・・。悔しいです!(笑)

同時収録の秘書の話は、話の設定にびっくりしましたが、膝枕のシーンがすごく好きでした。
とてもエロティックで、暖かいようで、そして切ない。沢山の気持ちでいっぱいになりました。

表紙でミツオがみつおくんの足を抱きしめてるのが素敵でした。2人の身体で丸を表現しているのも読んだ話を連想させられます。あと体格差にモエましたー!!

2

形勢逆転

黒いけれど透き通るように空気が張り詰める読後感でした。

沢山の方に読まれ、素晴らしいレビューが並んでいるので内容は割愛します。
なので、レビューと言うより私の感想を。

ミツオはみつおより狂っている。
目がそう語っている。
濁りのない瞳はみつおの方。
いつしかその目に抗えない感覚を持ってしまっている気がします。
ミツオはみつおの犬、言いなり。
飼い主を愛で舐め噛む。正にミツオはみつおに対してそんな感じ。

先が見えない二人だけの世界は、不幸にも幸せな感覚なんじゃないかと。
いつかみつおが先に死ぬことがあってもきっと、ミツオが死ぬ事はないでしょうけど、もし逆なら?
ミツオが先に死ぬ事があったら?
みつおは迷う事無く追い掛ける気がしてならないのは何ででしょうね。


読み切り【温室の果実】も、1話しかないものの表題作に負けない位のインパクトでした。
政治家先生の言いなりで、自慰行為も男に抱かれる行為もすんなり行う彼は、先生以上に異常です。


黒いけれど澱まない空気は、さすが中村明日美子さんですね。
神以外の何者でもないです。あっぱれ。

1

くせになる

ハマりました。
「同級生」シリーズを読んだ後すぐに読み始めたため、その落差に衝撃を受けましたが・・・

ふたりは飼い主と飼い犬のような関係です。(←そんなイイものでもないかもしれませんが・・・)
光夫(飼い犬)は明らかに光央(飼い主)に執着していますが、光央の心情の分かりやすい描写はあまりありません。
しかし、光央も彼なりに光夫のことを想っていて、最後には彼なりのやり方で光夫を守ろうとします。

とてもシリアスで暴力的なお話です。
しかし、間違いなく純愛モノです。

好き嫌いはきれいに分かれそうですが、ハマる方にはドンピシャにハマることでしょう。私は「同級生」シリーズより好きです。

1

色気がハンパない。

今までレビューとか見てもなかなかこわくて読めなかったんですが、CDが気になったのでコレを機に読んでみることにしました。

明日美子さんの作品ではありますが「同級生」「卒業生」などのさわやかピュアピュア作品が好きな方には全くおすすめできません。
ああいう明日美子作品が好きな方は絶対読まない方がいいと思います。
簡単にいえば、そんなピュアピュア作品群とは180度違う内容というか。
とにかくダークで、人を選ぶ作品だと思うのです。

個人的な感想をいえば、今まで怖がって読んでなかったわけですが、思ってたよりも怖くなかったし、物語に引き込まれる部分も強くて、結果として読んでよかったという感じです。

みつおとミツオ。
まっとうな人間のように見えてかなり狂気的なミツオ。
支配者のようであり、そうでもないようにも見えるみつお。
それぞれに確実に歪んでいて。
それぞれにどう考えても全うではない。
けれど、これはこれでいいんじゃないかな、と思えるのは2人がどう見ても1対に見えるからなのかも。
というか、このお話の中での考え方でみれば1つのものが2つにわかれたと言った感じなの続きか。
お互いにどこか強く引き合うものがあって、惹かれ合うものがあって。
離れられないもの。

相手のことを思って離れようとしてはみても、相手にとってそれは受け入れがたいもので。
それは捨てられるも同然で。
死んだも同然で。
それならば…と取る方法もまた印象的でした。
「断髪式」のDVDを見た後のやりとりもそうでしたが、そういうやり方はやはり2人が同じ生き物であるように同じ行動に出てきてしまうのでしょうか。
「断髪式」の方はまだわかりやすかったんですが、後のシーンの方はその理由になるほどと思いながらもスゴイなぁと。

そういったシーンや暴力的なシーンもあるのに、明日美子さんの絵だから読めるっていう部分もあるんだろうな。
なんていうかグロい感じはそんなになくて、デザイン的というか絵画的というか。
同じ話でももしかしたら明日美子さんの絵じゃなかったら読めなかったかもしれないなと思う部分も。

ラストの描き下ろしは間に別の作品を挟んでいたこともあって、一瞬、別物かと思ってました。
それが読んでみると、その後の2人で。
世間的な「幸せ」からは遠い位置にいるのかもしれませんが、2人がなんだか「幸せ」の中にいるようにも見える。
互いが互いを思ってるのを感じられるからかな。
…余談ですが、迎えに行く時のみつおってノーパン?
いきなりパンツ(ズボン)履いてるシーンしかないんですが…。

「温室の果実」
コレだけ全く別物のお話ですね。
コレ、結構好きです。
よく考えたらなかなかヒドイ代議士先生なんですが、あの絵のポヤポヤしたじいさんぶりのせいでしょうか、なんだかほっこりしてしまうんですよね。
自分の秘書にヤッてるとこ見せろとか言うんですからヒドイです。
1人でヤってるのやら、男にヤられているところやら。
それをジーッと見てるわけですよ。
これは秘書萌えますよね。
視姦プレイですか。
デリヘルボーイにヤられながら先生を意識させるような言葉にいろいろ反応しちゃう秘書が非常にツボでした。
前髪がだんだん乱れて落ちてくるのもミソ。
どんどんかわいくなっていくんですよね。
そんな秘書が先生に膝枕してもらってるシーンは妙にほっこりする場面でもあり、秘書的にはドキドキポイントでもあったり。
「ダブルミンツ」が完全にダークな作品だけに、この作品、なんだか非常に癒される感じがするのでしたー。

3

あっ こっちですか

爽やかが代表作になってしまった中村先生。
あれはあれでいいんだけどちょっと物足りなさもあったから。
私は こういうドス黒いこっちが好きです。
同じ二人の名前。
ゾクゾクしますね~。
サスペンスが そもそも中村先生のお得意分野ですもん。
同じ名前でマグワルって!!
萌え萌え。
チンピラだから事件もドギツイし。
顔に自分でキズをつくるのですよ~。
覚悟を決めた男はいい!
血だらけで愛を確かめあうってドM?
二人の絆はこの先も離れる事は無いでしょう。


3

まさかまさかの

中村明日美子先生は
『同級生』シリーズを買っていて、その純粋さにすごく心惹かれて
同じ先生の作品ということもあり、表紙からちょっとシリアス感はただよっていた
ものの、そこまででもないだろうと思い、レビューなども見ることなく購入しました。

お話自体はすごく独特の世界観を持っていてかなり惹きつけられました。
が、しかし・・・・・・・断髪式が、私にはどうしても受け入れられませんでした。
まだ無理矢理ってだけならよかったかもしれません。
でも、あのボスっぽい人が好きだったので、その人のを咥えるところ(たぶんここって好きな人は
すごく好き)と麻薬を注射されるところが本当にダメでした。
正直この本を読んで、私には「地雷」というものができました・・・。

最後の中国のシーンだけが救いでした。
あれがなかったらもう何日も落ち込んでしまうところでした。

『同級生』シリーズが好きなだけの人は買わないほうがいいかも。

2

愛とは呼べない。

久し振りに痛い系を読みたくなり、引っ張り出しました。
何度読んでも飽きません。
内容は既に皆様詳しく書かれておられるので省きます。

―狂気―
チンピラみつおより、一見普通の人に見えるミツオの方が怖い。
この粘着質な執着心、いい感じに壊れてます。
―みつお断髪式DVD―

これで私のS心に火がつきました。
坊主の凌辱シーン、エロいです。
それを観るミツオの目が危ないなぁ。

―中国での二人―
これで救われた方が大多数だとおもいますが、Sの私としましては最後までミツオは犬であって欲しかった。
批判覚悟で書きますが、いっそ屍になったみつおを死姦する位のインパクトが欲しかったかも。それ位イッちゃったミツオが見てみたかった。
ここまで描いたらBLではなくなっちゃうんでしょうが…。
危ない思考の私を許して下さいませ。

2

墜ちる

破滅へ急降下していく二人にガツン、とヤラれました。

中国での二人がもう切なくて好き。ほんの少し報われた、って感じがして。
でも、この先の二人の運命を思うと背中がゾクゾクしますけどね。

BL読み始めて日が浅い上に元々絵が好みじゃなかったのでコレが中村明日美子先生の作品で初めて読んだ本になるのですが、最初は流し読みしてたのに話にどんどん引き込まれて読んだ後、ボーっと余韻に浸ること暫し。

私も墜ちましたw 
次は何を読もうかしら。。

0

暗い重い

まず一言いいたいのは、イチャラブやほのぼのが好きな方は回れ右してください。

暗いです、そして重いです。
読んだ後はズドーンと闇に放り込まれた様になってしまいます。
特に途中で主人公がDVDを見るシーンなどは本当に人を選ぶかと思います。
現に私は少しトラウマになりました。
夜寝る前に思い出しては暗い気持ちになります。
血や暴力や犯罪の描写もあります。
それでも読み返してしまう、そんな作品です。
この二人だからこそ愛し合えた、この二人でなければありえない、そんな歪んだ愛の形を描いています。
いびつだからこそ、歪んでいるからこそ、一度噛み合ったら二度と離れることはないのでしょう。
異常な愛情、執着心。
闇の様に真っ黒な愛で、見ていても幸せな気持ちになんてなれないのに、何故か2人の愛に魅了される、吸いこまれる。


買って損は無いと思います。


そして絵が本当に美しいです。
特筆すべきは目でしょうか、独特な瞳の描き方をされていると思います。
ゾッとするほど恐ろしい目なのに、本当に綺麗でドキッとさせられます。

また、一話表題作とは違うお話が収録さ続きれていますが、こちらはなかなか素敵なお話です。
クセはあるのですが、読んだ後は幸せな気持ちになりました。

1

表題は良かった。

中村明日美さんのお話を初めて読んだときは、
あまり、好印象ではなかったのですが。

このお話の表題は不思議と、引き込まれ、
あっという間に、読みきった感じです。

独特な世界観やキャラクターの色気に、
いつの間にか引き込まれていました。素晴らしい。
個人的に、読み手を引き込む、感じが……
少しだけ矢沢あいさんに似てる気がします。

ただ独特なだけに好みじゃないお話の場合は、
やはり今でも全くひっかからない。

表題だけなら萌えですが全体としては趣味じゃないです。

1

中村明日美子のもう一面

『同級生』でBLにハマったといっても過言ではなく、
勝手に中村明日美子の作風は全てこんな感じなんだろうと思ってました。
けどJの総てを読んであれれ??となり、前評判で何となく手を出せずいたこの作品。
相変わらずの美しい描線にうっとり、けどお話がめっちゃブラック~
やっぱり予想通りちょっと苦手・・・なのに読むの止められない!
この吸引力なんでしょう。
繊細な描線で描かれる美しい絵が、黒く狂気に満ちたストーリーと
絶妙に融合し全体にしっとりと湿気を帯びた色気を放っています。
しかし読んでて痛くて痛くて。
精神的にみたら主従は逆なんじゃなかろうかと思ってます。
描き下ろしでなんだかんだ仲良くやってる様なのでちょっと救われました。

秘書のお話はちょっとクスって笑えて良かった。
こっちの作風の方がやっぱり好きだなぁ。

1

静かな愛

いまさらですみません。
久々に読んだので、これはレビューしようかと思いました。
静かな愛がいいですよね。ちょっと激情になったり、静寂になったり。空間が居心地いい一作です。
いじめっ子といじめられっこ。一度も好きだとか言わない関係に、大人の恋愛を感じました。
線がほそいなー。うん。、相変わらず、すっごくほそい。繊細って言えば繊細なんだよな・・・・・・。うん。繊細。
私的には、後半のデリヘルボーイと政治家の秘書が好きです。
仕事外なのに、お風呂場で受けを誘う攻め。そこに萌ってしまいました。
不思議な後読感がして、何回も読み返しました。(この後半の話ですが)
麦藁帽子をかぶって草刈している元政治家秘書。(*´∀`*)ポワワ 
うーん。、奥がふかいです。そこが面白いって感じかな。
これってアンソロだったかな。分けて読むとまた違った感じなんだろうな。
ってなことで、萌はふたつだけです。神まではないかな。
これやばにあった物語の続きが、可愛かったのが印象的です

0

中毒になるほど好き

中村明日美子さん初読みでした。
多くの方がレビューを書かれているので内容については語りませんが、とにかく凄かった。
深い主従関係、きれることのない名前でつながれた縁。
これほど深いものは今まで読んだことがなかったので、衝撃と中毒のようにはまっていきました

中村さんは私的に薬のような中毒症状があらわれる
甘い果実です
絵が苦手な方が多い気がしますが、その絵すらストーリーにあっている。
これほど絵と話がマッチしているのは嬉しい!
それほどの魅力あふれる作品に出会えてよかったです

ドロドロした社会のハザマの中で
名前が同じ性別が同じ
ありうる縁が二人を結びつける。
人よりいっそう強い愛が辛く、心惹かれました。

1

三白眼の魅力

中村明日美子先生の作品を読むまでは、三白眼にはマイナスなイメージしか持っていなかったのですが、ダブルミンツを読んで初めてその魅力に気付かされました。

さ、三白眼、いいじゃない…!

勿論それが「同級生」の純愛ではその雰囲気は合わないのですが。
ダブルミンツの歪んだ愛情、黒い世界観だからこそ、似合う。
圧倒的に白目の範囲が広いその目は、みつおの美しく妖しい容姿にはあまりにも似合いすぎていて。
危険な橋を渡っている顔…と言いますか。
一度目を合わせただけで、心臓を鷲掴みにされる。

その目に惹きつけられたミツオ。
出会ったときから永遠に離れられない運命の二人。

同姓同名、半分に別れた自分の分身。
女越しに相手を思う乱れた性生活。

みつおが犯されている映像を見ながら、桃を食べるミツオの手があまりにもいやらしく、美しかった。溜息が出るほどでした。

こんな異常な依存愛、心地良いほど好き。
わたしが求めていたのはこんな黒さなんです…!
明日美子先生の作品の中でも一番好きかも。

涙で歪む二人のミツオの表情は、天下一品でした。

3

DEEP LOVE

題名にもある通り[深い]です。自分にはまだ難しかったかなと思いました。大人の方にお勧めです。同姓同名の壱河光夫→ミツオと市川光央→みつおの物語。高校時代ある事がきっかけでミツオはみつおの犬になります。そんなこんなで話が展開していくのですが、自分にはこの話を表現できるだけの能力が備わっていません。これは誰かの意見に惑わされないで自分の主観で純粋に読んで頂きたいです。ただ一つだけ…市川光央には独特の色気があります。それは読んでのお楽しみ(^^)

1

同じ作者さんでも違うもんなんですね~。

『同級生』『卒業生』を読んでとても良かったので購入してみましたが、こちらは私には合いませんでした(泣
『同級生』『卒業生』は嫌いな系統の絵だったけど、ストーリーがすごく良かったのでそれを凌駕してしまいましたが、こちらは絵も更に嫌い度が上がってましたし、ストーリーも痛すぎて合いませんでした。
良いお話だとは思うんです。
本当によく考えられていて胸にくるお話なんです!
けど私には合いませんでした。
あちらが白い中村さんなら、こちらは黒い中村さんでした。

3

黒い世界

明日美子さんの作品の好きな所が、ほどよい黒さなので
この作品は明日美子作品の中で私が一番好きな作品です。
言葉や台詞でで説明しないで、絵やキャラクターの感情や言動で
画面には描かれていないものを描写するという能力に
特化した作家だと思います

昔の少女マンガのように上質な、絵だけ、話だけでなく
両方を兼ね備えた現代でも貴重な作家さんだと思います!

1

不思議な空間の中に…。。。

同性同名の2人…。
それのせいなのか?
2人の間には不思議な繋がりがある。

それに惹かれてしまう中…
お互いがお互いの1つのモノとしている。
半身として繋がりを持っている…。

半身が離れていくことは出来ない
そんな深い絆があるかの様な物語。

「暗さ」もあるが…何か「不思議さ」を感じさせてくれる。
それでも「せつなさ」や「独特のエロさ」があり…
味わい深さを感じさせてくれます。

「同級生」シリーズとはまったく違う。
そのストーリーの違さにまたドキドキさせてくれる。
読み応えのある作品だと思います。

0

引き込まれる


こういう暗い感じのBL作品は初めて読みました。
最初は暗っ!!こわっ!!
暗いしか思わなかったのですが
後からじわじわきました。
なんか服従って感じが良いですね。
中村明日美子先生の絵はキスシーンに
惹かれます!
最後の終わり方がちょっと読解力がなくわかりずらかったかな。

同時収録の
デリヘルと秘書と政治家の話は
個人的には結構好きでした。
ダブルミンツを読んだ後には
すごくほんわかしてるお話で
いいなと思いました。

1

黒い、暗い、危険な恋。

 ダブルミンツ♪なんてかわいい題名ですが中身はめいっぱいダーク。
 高校時代に出会ったの黒髪のほうのみつおと優男のミツオ。同じ名前だとなぜかつながりを感じてしまうのが不思議。
 そんな二人が再開したとき。それは、みつおが殺してしまった女を埋める共犯にミツオを誘うものだった。そこからしてもう暗いよ。
 それにしても、みつおの体ってすごくエロいなぁ。大人なのに幼さも残している体ってすばらしいよね。
 話の中に、女を寝取るとか寝取らないとかいうのがあるけど、BLの中に女がからんでくると途端に現実味を帯びてくるような気がします。みつおはやることなすことすべてが激しくて、狂気が見え隠れしてます。
 二人の関係がどうなっていくのか、恐々だけど食い入るようにページを繰ってしまいました。書下ろしでは、その後が見れたので大満足。多分もう二人はお互いなしでは生きられないと思う。狂気をはらんだ危険な恋、いいですね。

2

隠微なダーク・パトス・エリクチュール

エロス前開!
エロもありましたが、中村先生のはエロスとお呼びしたくなります^^
小難しいことを言ってみたくなる、漫画でした。


裏社会のわがままな黒猫『市川光央(いちかわみつお)』。
と、みつおに飼われている犬『壱河光夫(イチカワミツオ)』。
同姓同名な2人の切っても切れない縁が、この漫画の底辺にある。

2人が同一であることの上に他の事象が成り立ち、底辺が崩れないのだから上は崩れっこない。
絶妙なバランスで、綱渡りをする道化のように、屋根から屋根へと飛び移る盗っ人のように2人は危険な裏社会へ首を突っ込んで、片道列車は加速する。

戻れない道だからお前は来るな、ミツオ。
いやだ、みつおくんが行くなら僕も一緒だ。


読み始めたら止まらなくて、2人の『イチカワミツオ』がどんなところに辿り着くのか気になって気になって、1回目はバカみたいにドドドッと読んでしまった。
ページをめくるごとに新しい感覚が芽生え、頭が痛くなるくらいに愛おしかった。

2回目はもう少し丁寧に読み進めて、感想を自分の言葉で紡ぐために頑張ってみましたが……あまりうまくいったようには続き思えません。
拙い感想文ですが、参考になりましたら幸いです^^;;;


ところで作中で、『―――昔 人間には三つの種類があって、男性と女性と球体をした両性がいたんだって。両性は力強く傲慢だったので神々の怒りを買い…その身体を二つに分けられてしまったんだって』という話がされていましたが、これを読んで楠本まき先生の『Kの葬列』を思い出しました。

アレは伏線がたくさんあって、Kを殺した犯人を探していく推理の面と、Kを愛する人々の醜い面が両立していて(いい意味で)不気味な作品でした。
心の底がザワッと騒ぐというか……。
『ダブルミンツ』もそういう意味で不気味な作品かな。

キレイじゃない歪んだ美しさです。
不純だ
そして美しい

8

黒い中村明日美子

ぐいぐい引き込まれました。作品を流れる空気感がたまらんかった。ゾクゾクしました。
ストーリーだけじゃなく、絵にもゾクゾク。目の表情が素晴らしい。
この空気が好きかどうかで、評価が180度変わってしまうんじゃないかなとも思った一冊でした。
ダークで退廃的な、黒い中村明日美子ワールドです。

私、昔、携帯からダウンロードして、前半部分は読んだことがあったんですよね(68ページまで)。これはこれで一応結論じみたものにはなってるから、配信された部分で終わりだと思ってました。
今回コミックを手にしたときも、半分は別のお話だと思い込んでたんですが、読んでビックリ、続きがあるじゃないか!!と。
読めて良かったです。二人のミツオの関係を、より深い部分まで味わうことができました。

『温室の果実』
この短編も素晴らしかったですねー。
ヒヒジジイの存在感ときたらw
あと、メガネもGJ。
中村明日美子さんの『同級生』で、メガネ萌えに開眼させられたむつこですが、メガネはエロいし可愛い。

4

話は面白いんだけど、キャラが掴めなさ過ぎて中立よりの萌えです

ウワサの中村明日美子新作。
絵はすごい個性的だけど、漫画はわりと読みやすくて、
独特の世界に浸りつつ、結構スラスラ進みました。
でも感情移入はできないなぁ、、、。

市川光央って、そもそもなんでチンピラになっちゃったの?
べつに、それは、ただなったからなったってことで深く考えるところではないのかもだけど…。

壱河光夫の方はSEになって真面目に社会生活を送っているのに、光央の方はダメ人間になってて、社会から逸脱しまくりの生活を送ってることが、なんだか解せない。しかも、不良界のトップに登りつめるでもなく小悪党としてショボイ悪事に手を染めていることが一層謎。

そもそも出会いに遡れば、光夫と光央の二人は同じ高校に通ってたわけだから、学力にそこまで差はないはずだし、高校時代の光央はそこまでバカやる人間に見えないので、何が彼をそうさせたんだ???って思いました。

結構高校時代の様子とか見ると不良のリーダー格ではあるけど、そこまで異常行動するような人物には見えなかったんですよ。SEの光夫を呼び付けて居酒屋で飲んでるのとか見ても、ま~どこにでもいるちょっと悪いヤツってとこ続きかなぁぐらいで普通の範疇だと思えたんです。

不良のリーダー格だから、まだヤクザの大物とかになってるなら分るんだけど……。プライド高そうなくせして、自分で自分をダメにするようなしょうもないことばっかやってるし……。

光夫にしてもなんでそこまで光央に執着するの?
名前が一緒ってのは分るけど、どうしてそんなに激しい結びつきの人間関係になったのかが分らない。

私にとってはこの作品は読んで面白いものではあったけど、全体的に、登場人物の行動と行動が結びつかなくて人物像を作れなかったため、感情移入しませんでした。

1

本当にディープラブ。

帯びに惹かれ、あらすじを読んで購入を決定しました。
買ってよかったと思った作品でした。

イチカワミツオという同姓同名の2人が織りなす物語です。
出会いからぶっ飛んでます。
内容も濃いです。
異様というか、異常なほどまでの想いというか。
でも、それが大好き!
お互いにはお互いしかいなくて、どちらかが欠ければどうなるかわかないような、そんな絆です。
一生とか、命を本当に掛けてるんですよね。

あと、何といっても市川のほうのミツオがめちゃくちゃ色っぽい!
泣きぼくろでしょう?
口を少し開けた寝顔でしょ?
それに、まさか萌えるとは思っていなかった坊主姿!
明日美子さんすごい!

同時収録されていた「温室の果実」
これもいいです。

今までは中村明日美子作品を理解できる精神的な年齢にいっていなかったので、明日美子作品の良さがわかりませんでしたが、同級生あたりから自分が成長し、この作品で何かの窓が開きました。
明日美子さん、すごい!

昔友達に借りた明日美子さんの漫画を読んだらまた違った感想が出てくるんだろうなー。
あの頃の自分は、明日美子さんの作続き品を読むには若すぎたもん…!

3

痛々しいが、救いがある

ここ2年ほどの中村氏のコミックスは、BLの『同級生』しかり、非BLの『片恋の日記少女』『曲がり角の僕ら』しかり、さっぱりさわやか系(表紙も白っぽい)が続いていたので、久々のダーク系(表紙も黒っぽい)である。

本作は高校で同級生となった同音異字名のふたり・壱河光夫(ミツオ)と市川光央(みつお)にまつわる物語である。
ふたりは全く違う個性を持ちながら、同じ音の名前を持つために互いに必要以上に意識しあっている。
みつおは自らが主人、ミツオが犬という主従関係を成立させて差別化を図る一方で、ミツオの彼女であるリツコがみつおとミツオを同一視し、ミツオより先にみつおと関係を持つように仕向ける。
ミツオはミツオで、そんなリツコに別れる前に一度だけ関係したいと持ちかけておきながら、心ではリツコではなくみつおを抱き、みつおを取り込んだ気持ちになる。
高校卒業後は会うことのなかったふたりが再会したのは、ある事件を起こしたみつおが数年ぶりにミツオを呼び出し、その後始末を手伝わせるためであった。
SEとして堅実に生きていたミツオと、チンピラに成り下がったみつお。
現実にはミツオの方がはるかにま続きともで「上」の立場になり得る要素に満ちているにも関わらず、再会後のふたりはやはり、高校時代と同じ主従関係に立ち戻ってしまう。
しかしミツオにはかつてみつおを不純にまなざした記憶があって、みつおの知人のヤクザ・佐伯に「おつかいのご褒美」としてもらったDVDをきっかけに、2人の関係性は急変する…。

中村氏は本書のあとがきで『だいくとおにろく』という物語における名前の重要性を挙げ、「名前というのはそのものの正体、もっと言えばそのひとそのもの」「名前が同じであるということは正体が同じであるということ、つまり同じ人間であるということ」と述べている。
そういう思想で描かれたこの物語においては、対照的な容貌や性格で対照的な人生を歩んでいたかに見えたミツオとみつおの本質は同一なのであり、物語の表面上は明確でなくとも、互いを求め合ったあとは終末まで共に歩むことが約束されていると言えそうである。
痛々しい場面の多い物語であり、彼らの先行きも決して明るいとは思えないのだが、共にあるだけできっと彼らの心は満たされるのだろうと思えば、救いも感じられるというものである。

同時収録の『温室の果実』は、ニッチながらもある種の萌えを見出せるタイプの作品。
呆けた老齢の政治家に仕える秘書は、セクハラめいた政治家の要求に応えながらも、その政治家を密かに想っている…、などと書くとおそろしくどろどろした内容に思えるのだが、政治家の呆け具合と、秘書の相手となるデリヘルボーイの突き抜けた明るさによって、意外なほどキュートに仕上がっている。

4

このデカダンはクセになる

久しぶりに、ガッツリと明日美子さんの世界を堪能した気がします。
とは言っても、ダークサイドの方ですけれど。

表題作は、みつお(市川光央)とミツオ(壱河光夫)という同姓同名の二人の男達が主人公。
かなり痛い描写も出てくるので、「同級生」テイストの作品がお好きな方にはおススメできません。

ある日突然、ミツオのもとに一本の電話が掛かってくる。
「すぐこっちに来い。女を殺してしまった」
電話の主は、高校を卒業して以来会うこともなかったみつおだった。

名前が同じでも、中身はまるで正反対のような二人。
しかも高校時代、ミツオはみつおの「犬」だったのです。
予期せぬ再会は過ぎ去ったはずの二人の時間を引き戻し、『共犯者』という新たな関係を築きます。
そして、忘れてしまったはずの、タチの悪い熱情がまた頸をもたげる。

表面上は「みつおの方がSでミツオはM」のようですが、精神的にはむしろ逆かもしれない。
作中、ミツオの台詞でふたりは「一つだったものが二つに分かれてしまった」という場面があります。
半身というか、片割れですね。
過去の経緯や、再会のきっかけからして、続きふたりの間には明るい展望がありません。
非常に刹那的で、そこには明日美子さん独特の退廃的な薫りさえ充満して、とても濃密です。
(実は、拙はこの独特な雰囲気がけっこう好きなのですが、合う合わないはあるかも)
けれど、このふたりには全く救いがないわけではありません。

思いがけないみつおの言葉に泣いちゃうミツオの表情が、なんかとっても愛おしい。
書き下ろしの後日談にもホッとさせられました。

同時収録の「温室の果実」は、ある政治家とその秘書とデリヘル・ボーイのおはなし。
こちらもわりとヘヴィな内容なんですが、コミカルであまり重さは感じさせません。

それにしても、明日美子さんの絵って、不思議です。
淡々とした描写なのにすごくエロティック。
能面のような貌なのに眼がハンパなく色っぽい。
かと思えば、泣き顔さえイキイキとして可愛らしかったり。
はじめは抵抗あったのが、まるで嘘のようです。

3

理由なんていらない

普段私は好きになった理由を結構重視します。
そこが書かれていないとあんまり萌えられないのですが、このお話に関してはそんなのどうでもよかった・・・
「自分の半身を追い求める」という神話(?)が度々出てきますがそのちょっと不気味ともとれるような話がすごくいいキーポイントになっていて、
読者に二人の関係性を自然に納得させています。

一番切なく、かつ萌えたポイントはみつおに抱かれた女をミツオが「残り香が消えない内に」と抱くシーン。
かなりセクシーvでもちょっと切なかった。。。
ちょっともやもやする人もいるかもしれませんが、繰り返し読めば読むほど味わい深い作品なので是非多くの人に読んでもらいたいです。

2

服従ですね!

同じ名前を持つミツオとみつお。同姓同名の二人の関係は元同級生。
みつおからの電話でミツオの人生は変わっていきます。
彼女を殺してしまったというみつお。その証拠隠滅を手助けするミツオ。
俺の犬になれ、という命令をずっと守っているのか。
ミツオはみつおの言いなりです。
殺人という恐怖からかおかしくなったのは、みつおでした。
自首するというみつおに、ミツオがとった行動は新たな証拠隠滅。

主従でSMです。
重い話というか暗い話というか。
でも、どこか良かったねー!と最後思ってしまった私(汗
同じ名前を持つ二人の人間が最後どうなっていくのか、最初からドキドキでした。
二人が出会った学生の頃のみつお、エロいですね。
でも髪短い方がエロい気もする。
みつおはいつからミツオが好きだったのかな?

中村明日美子さんのお話はブレないですねー。

2

重い…

友人に「多分ともじは好きじゃないと思うけど」と言われた作品です。
中村明日美子さんの絵があまり得意じゃない上に、ビジュアル的に受の髪型がダメだからです。(前髪が眉上の受には萌えないの法則)20年来の腐友だけに私の好みをよく把握しています。
しかーし!
このお話は、高校時代の2人から始まっていたのです。ほんのちょっとだけど。で、高校時代のミツオ(受)は黒髪で前髪ふさふさで超可愛いの・・・これで、引き込まれてしまいました。この奇妙な物語に…

この作家さんが、こういう世界を描くとホントきっついなぁ・・・というのが読後の正直な感想。"BL"ではあまり見ないリアルに奈落に堕ちて行く感じや閉塞感が辛いです。耽美といえる程まで芸術的じゃないところが絶妙。

私が一番痛いなーって感じたのは、やはりミツオの「断髪式」ですねー。あれが無ければ、もう少し後味悪くなかったんですが。このせいで、男同士の執着とか愛情とか友情とか、本来楽しむべきそういうのが全部どっか行っちゃった…。BLでは、よく強姦ネタがありますが、そういうのは平気(というかむしろ好き…すみません)なのに、これはまるで男性用エロ本続きに描かれるレイプ物を読んだ時のような、胃の底が冷えるような気持ちになりました。
とりあえず、ハッピーエンドなので良かったとは思うけど、ラブラブでは無いですよね…
幸せなのに、最後までどこか不吉な匂いが漂う描き下ろしも、寂しい気分になりました。

他に1本短編がありますが、こちらもまた奇妙な作品。
年老いた政治家を密かに恋い慕う秘書と、政治家の命令で秘書を抱くデリヘル男との三角関係…なのかな、これは。男に犯られる姿を見たいと言われて、政治家の目の前で男に抱かれる秘書は健気ですが、最高潮のその時に「ぐー」って寝ちゃってるおじいさんって…(絶句)。
私は「リストランテ・パラディーゾ」のクラウディオみたいな老紳士には萌えますが、この政治家のおじいさんを慕う秘書の気持ちは理解出来ず、微妙に萌えきれませんでした。

…なんて、結構マイナスな評価っぽいレビューになっているような。
でもねー、不思議と途中で止める気がしなかったんですよね、この作品。それはやはり、そもそもの物語の軸がしっかりしているとか、そういうことなんでしょうか。さすが中村明日美子さんです。私の萌え的には趣味じゃないんですが、そのインパクトとドラマに感動を覚えました。

2

痛い痛い!

なんだか痛いシーンが多かったですねー。基本あまりに痛いのと、アウトローが出てくるのとかは好きではないんですが、これは別物でしたね。
高校の卒業以来音信不通だったのに、ミツオにいきなり連絡してきたみつお。二人は漢字が違うけれど同姓同名で、高校時代ミツオはみつおに何かと目をつけられていじめられていて、その時みつおの犬になると約束させられてた仲でもありました。
みつおは勢いでなんとなく付き合ってた女を殺してしまい、その始末をミツオに頼もうとしていたのです。
そんなきっかけでまたつながりができてしまった二人。
ミツオは高校時代、みつおに寝取られた女とその日のうちにセックスしてみつおを感じようとするほどちょっと変態入ったみつお好きなのです。
その事を知らずにいいようにミツオを犬扱いするみつお。
二人の関係は多少の狂気をはらんでいて、愛と憎がなんだか常に絡み合った状態で進展していきます。その発露はラグビーボールの弾道みたいに予想不能です。展開に毎回びっくりしました。
そして、高校の時はあまり対格差のなかった二人が再会した時犬のミツオの方が大きく、みつおは変わらず少年のような体形だった続きのにも激しく萌えました!
個人的にデカワンコが萌えなのです!!

この二人の、二人以外では成し得ない関係がたまらなく萌えました!
それは同姓同名だから…なのでしょうか? そうでありながらあまりに違う人生を歩んでしまった二人が交わった時の不都合やその他を、ミツオはその痛みすら心地よいものとしてみつお全てを甘受していきます。ミツオはMですから!
現在の二人にも影響する、過去の二人の関係も色々オカシイです。ほとんどがいじめなのか、二人の秘密の儀式なのかわからないような内容で、関係がいつも主従なんですよね。多分に嫉妬も絡んでいたりする。
その変質的な愛もいい。何年もみつおなしで生きてきたはずなのに、出会って触れ合ってしまった時からミツオはもうみつおなしの人生が考えられなくなるのです。
ところで、みつおが下っ端として所属する組の幹部・佐伯がたまらなく魅力的です。
みつおはもしかして佐伯が好きだったかもしれない。とにかく裏の世界で生きてるヤバさと幹部らしき貫禄、ウザがりながら可愛がってたみつおの幸せの後押しがカッコよすぎる! やる事はなかなかにエゲツナイんですけど。
この人のせいで二人の人生は大きく変わるけど、この人に救われるという何ともおかしな事になります。
私は佐伯にヤられるみつおのDVDを食い入るように見るミツオに非常に萌えました。
二人は二人でいれば幸せなんだろうなと思わさされる書き下ろしもあって、満足できる一冊でした。
短編で入ってた読み切りもほのぼのと良作でした。とにかくリピ決定の一冊です。何度も読み返してます。

3

二人のみつお

前評判の高い作家さんですが、今回は特に凄かった。
作品にグイグイ引き込まれました。
出会いは高校。同姓同名のみつおとミツオ。
接点のなかった2人の関係はあからさまに変化する。
犬と主人。SとM。
対局に有るような2人は気づかないように重なり合う。
有る意味不思議空間。だが不快ではない。
この空間が好き。
過程として、殺人・ヤクザ・女。もろもろ有りますが、それでいて最後のまとまりは、心すっきりハッピー(?)エンド。
こんな恋愛も悪くないかなと思いました。
ミツオが佐伯に犯されるシーン。
ここの見開き2ページはかなりストップして見てました(´∀`)
エロ沼すぎてww
みつおの方に感情移入して読むと凄くこころに染みる。
泣きそうというよりあらぬ興奮状態。
こぉ、しょっぱな。
犬のみつおがミツオの目にやられる~の下りがあったためにからの設定や場面が良い。
生かせるって素晴らしいことですね。

他短編いくつか
主人であるじいさんのために~な真面目っぽい受は可愛かったです。名前も可愛かったですが。
ツボの多い1冊。
改めて読み返したくなりました

1

運命の半身

どちらが支配し、支配されるのか。
逆転に次ぐ逆転、ミツオとみつおの駆け引きやせめぎ合いが
スリリングで、息をつく暇もありませんでした……!

相手への強すぎる執着は狂気と毒を持ち、痛々しいのですが。
愛憎の行きつく先に、美しい二人だけの世界を手に入れた
ラストが清々しくて。読後感は非常に爽やかでした。

同時収録作品の『温室の果実』は、先生がラブリーで(笑)
先生のひざ枕にドキドキの壱吾が可愛くて切なかった…
先生は壱吾の気持ちを知っていたのでしょうか?
ほのぼのだけど切なくて、ちょっと泣きそうになりました。

1

SM好きなのに・・・

痛かったです。
帯に“SとM”という表記があったがために読むことにしたのですが、大変痛いSとMでした。そこに愛はあるのか?と問いたくなるくらい。

ピカレスクと言ってもいいのでしょうか?
小悪党・光央と彼にベタ惚れの光夫の高校時代から国外逃亡するまでのお話です。
同姓同名だから惹かれあっただけではないのでしょうが、光央の魅力的なところだけでなくダメなところまで全て受け入れてしまう光夫は相当のMだと思いました。
ここまで来ると同情とかいう問題ではなく、もう、好きにやって頂戴の域に達しています。
そこにはきっと愛があるんだろうなと思いたいです。

小説で読む暴力シーンは想像力にフィルターをかけられるので、感じる痛みもセーブできますが、ヴィジュアルで入ってくる暴力シーンはやっぱり痛いや。
読み終えるのに努力が要りました。

お話としては段々盛り上がってくるのでそれなりに面白いのですが、何度も言いますが痛かった。

あ、それと、可愛い顔できつい性格、その上丸坊主っていうのもなかなか貴重ですね。

同時収録はフケ専のお話でいいのでしょうか?
それとも、ただ単に先続き生(政治家)が大好きな秘書なのでしょうか?
まぁ、どっちでもいいんですが、なかなか変わったシチュエーションではあるものの、こちらの方が安心して読めました。
私、漫画だとほのぼの系のほうが好きなのかなぁ。

4

「二人一緒じゃなきゃ、生きていけない、お前は俺の半身。」

↑というあらすじの通り、みつおとミツオ=ダブルミンツのお話。
萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近し)
ベターハーフという言葉よりも、どこまでも一蓮托生な運命共同体という言葉が似合う彼らの狂気じみた愛が、壮絶な色香を放ちながら展開しています。

面白いのは、半身といいつつ片やタチの悪いチンピラのみつお、
片や出会わなければ平穏な人生だっただろう平凡なミツオ
という実に対照的な人間像に仕立て上げている点。
二人にあるのは(多分お互いに)一目惚れという恋愛物には珍しくない現象で、そこにたまたま同姓同名という符号が一致してしまった。
その偶然に必然性を見い出してしまったような危うさを感じました。
特にミツオ。
運命の相手というより、運命の相手なんだと信じのめり込む盲目さ。
暗部を共有することで相手を繋ごうとする、二人の共犯的なシーソーゲームがそう思わせるのかもしれません。

それでも、この出会いを運命にしてしまった、という爽快さが読後に残り、重い内容のわりには気持ちよく本を閉じられました。
二人一緒にいることが、堕ちているようで堕ちていない安心感からでしょうか?
チン続きピラみつおの平凡ミツオに対する酷い仕打ちも、ミツオの何をするか分からないみつおへの執着ぶりも、嫌がるどころか互いに望んでいるからかな。
(それにしてもややこいよ!名前)

モノローグを必要最低限に抑え、目で心情を表現しきっているところは本当にスゴイです。
文字では決して表わせないこういう読者の感性に訴えかける感情表現は、マンガならではの醍醐味だと思います。
「同級生」が弾ける炭酸水なら「ダブルミンツ」はヘロド…というと言い過ぎだな、うんまあそんな感じ。(投げた)
読了後にカバーをめくってうっとりしました♪
で、アニメイト版はカラーらしいですよ…ぬ・は~ッ知らなかったよそんなこと!!

「温室の果実」
耄碌政治家じいちゃんの命令で、目の前でデリヘルボーイに抱かれる健気秘書のお話です。
こんな設定ですが、不思議なことにほんのり心温まりました。
始まり方と終わり方が優しくていい。

~独り言~
糸目のオッサンと耄碌じいちゃんに萌えちゃった……
(↑認めたくない)…くっ、この、脇役作り上手め!

3

服従と被服従の危ういバランス


チンピラとその犬の話です。
服従と被服従、
支配と被支配、
どちらがより狂っているのか、
どちらがより欲しているのか。
それらがめまぐるしく入れ替わり、
読みながら何度も二人の力関係の訂正を余儀なくされる、
とてもスリリングな読書体験でした。

また、中村先生の絵がたまらなく美しいので、こちらも注視してしまいました。
何気ないコマのさりげない視線の動き、
それだけでもドキッとするほどの色艶を含んでいます。
特に私のお気に入りは断髪式DVDのシーンです。
坊主頭をあんなに淫靡に描けるのは中村先生しかいないと思います!!

1

ヘドウィグ、大好きです

表題作、作中で繰り返し使われていた「ヘドゥイグ&アングリーインチ」のメインテーマ「The Origin Of Love」
この曲大好き!
っていうか、ヘドウィグの映画版が好きで何度も見に行った。
山本耕二のステージ版も1度見た。

という話は、置いといて


表題作、なかなかグロい、ダークな話ではあるけれど、
「半身に出会ってしまった」
のが全てで、これ以上にない「ハッピーエンド」

後は、、、
やっぱり、「犬の方がでかい」は、はずせないポイントだよね。

0

狂気の愛憎劇

…狂ってますねー(笑)これこそ、愛憎劇というやつ??
高校時代から続く、飼い主・みつおと飼い犬・ミツオ、と称した主従関係。
みつおの“犬”となった時、ミツオは一度彼に殺された。
この日から、彼はみつおを健気に、また恐ろしいほどに愛し続ける。
一方みつおはミツオの想いを知りつつも酷い扱いをする、これも彼への愛ゆえか。

物語は二人で女の死体を埋めるところから始まり、ヤクザの裏のお仕事にまで至る。
ほんとにダークで痛いお話。
そんな中での二人の歪んだ愛。
中村明日美子さんの独特の絵が、色気も狂気も両方いい具合に表現されています。
むちゃくちゃばっかりやっているのはみつおのほうだけど、
絶対本当に怖いのはミツオのほう。
ミツオはみつおのためなら何でもやっちゃうからね。
みつおのためなら火の中水の中、一人でヤクザのところへ飛び込んだり、運び屋やったり、死体を埋めたり、自分を傷つけてまで縋ったり。
そんなみつおを見て、ミツオも心動かされ、ついには足を洗うことを決めるのですが…。

愛って一歩間違えると狂気ですね。
でも狂っていても、やはり美しい。相手を思うその気続き持ち。
狂気の中にある美しさを感じました。
でも人を傷つけるのだけはやめてほしいな…

中村明日美子と聞いて『同級生』のイメージしかない人は読んじゃダメだと思います。
かなり衝撃受けるんじゃないかと。
でも、さわやか系より、こういうダークで歪んでる系のほうが、明日美子さんには合うのではないでしょうか。
ほんと、凄まじい色気と狂気を放っています。
学生時代の二人はめちゃくちゃ可愛いです!すでに狂ってますが。

「俺と死ねるか」はプロポーズですよね?
あそこはついついジーンとしてしまいました。
「一緒に生きるか」より「一緒に死ねるか」のほうが二人らしい。
本当にお互いのためなら、死さえも簡単に選んでしまいそうな二人です。

同時収録『温室の果実』はお爺さん(政界のドン)の前で公開セックスする秘書とデリヘル。
ある意味とっても興奮するシチュですね。
きっとこの歳になって本能で性を感じとっているんでしょう、おじいさん。
そして実は爺さんに胸を焦がしていた秘書。
とっても切ない。切ないけど、なぜか温かい。
あの膝枕シーンは不思議と涙が出てきそうになります。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ