爪先にキス

tsumasaki ni kiss

将吻洒遍你的脚趾

爪先にキス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
49
評価数
14件
平均
3.5 / 5
神率
14.3%
著者
作品演出・監督
小川信寛/ 松下一美
音楽
作曲:三宅洋
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
不破慎理
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
【封入特典】不破慎理描き下ろしショートコミック付き豪華ブックレット
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

極道の跡取り・八曽部炎(やそべ・ほむら)の秘密の恋人――それは青年実業家の烏丸冬慈(からすま・とうじ)。仕事では手段を選ばない凄腕の男は、実は炎と島を争う敵企業の御曹司。もし周囲にバレたら、グループ同士の抗争にまで及んでしまう!!
人目を忍んで逢瀬を重ねる2人だけど!?跡取り同士の恋愛は命懸け――冬慈×炎のシークレット・アダルトラブ。

表題作 爪先にキス

烏丸冬慈 → 大川透

八曽部炎 → 遊佐浩二

倉元恭也 → 鈴木達央

八曽部炎 → 遊佐浩二

その他キャラ
賀々谷[乃村健次]/ 冬慈の秘書[青木誠]/ 丹野[長嶝高士]/ ホスト[間島淳司]/ ホスト[松岡大介]/ ホスト[藤原泰浩(現:ヤスヒロ)]/ 炎の父[大橋佳野人]/ 店員[松浦チエ]/ ホスト[赤石広樹]/ 冬慈の見合相手[小林美佐]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

さらっと最後まで聴ける1枚

達央さんの自己申告によると初攻め作品らしいです。
遊佐さんは女王様受け。

シークレットアダルトラブとのことだが、
ヤクザ跡目同士、カップルが出来上がっているところから始まり、
受けが自分がオーナーをしているホストクラブのNo.1と浮気。

達央さんは健気で一途な役。
こっちとくっつけばいいのに。

達央×遊佐シーンで、「女扱いするな!」からの平手打ち。
久々に聴いた。
ひと昔前のBLではよくありましたね。「女扱い~」という台詞。

しかしこの女王様受けの極道跡目の一人称が「僕」で、
オートロック物件らしいが相手を確認せずドアを開けすぎ。

わりと話はトンチキ。
お約束で攻めが狙撃されたりする。

だけど演技は安定だし、
絡みは短めだけど遊佐さんは色っぽいし、
さらっと最後まで聴ける1枚。

2

うまく纏まってると思います。

原作既読。
原作では2冊の内容がCD1枚に収録されています。
かなりコンパクトにギュッと内容が詰まった感がありますが、お話の大事な所はきっちり入っていて上手く纏まった作品なのではないかと思います。
原作では受け様の弟たちがちょこっと登場するのですが、ドラマCDでは弟たちの登場は一切削除されたようです。

偶然にも大川さんと遊佐さんが出演されているドラマCDの作品を続けて聞くことになったのですが、大川さんがこちらの作品の方がカッコよく聞こえました~(もちろん作品の雰囲気全然違うので比べるのはどうかとは思うのですが^^;)。
眼鏡美人女王様の遊佐さんととっても合っていたと思います。
そしてこのCDでは遊佐さんともうお一人の攻め様との絡みも聞けるんですね~^^
私はこの当て馬役の恭也も好きなキャラだったので、恭也x炎はなんだかちょっと切なかったです。
遊佐さんは二人の攻め様との絡み、それぞれ色っぽかったです。^^
少し物足りなかったのは、収録時間が長いせいか、ラストに声優さんたちのフリートークもコメントも入ってなかったこと。
特にラストのシーンがあっさり終わってしまった続きので、ちょっと寂しかったです。

2

萌えたww

まず「爪先にキス」っていうタイトルが萌えるww
そして、冬慈(大川さん)と炎(遊佐さん)が2人してかなり色っぽい*´д`*

すでにカップルが成立している状態から始まる話で、ここまで萌えたのは初めてかも…!
たまーに冬慈に甘える炎がめちゃくちゃ可愛い!!!

そして炎のことが大好きな恭也。この子もちょっとウザいけど健気でカワイイ!
最後は可哀想な気もしたけど…

冬慈と炎の愛の形は極道物ならではの特別なもので、それがキレイに描かれていて、ストーリー展開も私好みだったので、大満足でした!*´∀`*


しばらくはこのCD、リピートしまくるかも!

0

遊佐さんスキーの方には是非!!

アダルトLOVE!!!!

ジャケットのイケメン眼鏡スーツがゆっちの炎です。八曽部炎ってどっちかというと漢字は「焔」の方が好きなんだけど、炎ってなんか疾患みたいで…www。



この話しは主人公が彼氏の冬慈と、当て馬の恭也の間で思い悩む話しです。

大川さんの冬慈がかっこいい!!大川さんって物腰柔らかい感じの声が多い中、今回はヤ○ザさんです。
対立する組同士で関係を隠しながら4年も付き合ってきて、そんな中、自分が経営する店のホスト恭也に横入りを入れられ、濡れ場がそれぞれにあるという!!
受けが本当に浮気するなんて萎える…。ってレビューもある中

二度美味しいぜ!!!!

と思ってしまったwww



たっつんの攻め喘ぎはサイコーだ!!ゆっちの女王様受け喘ぎも色っぽくって相変わらずのネ申です


このCDのテイストは、どっちかって言うとシリアスの部類に入るのかな?好みとしては、バッチリな設定でした!

でも、たっつんファンの方には微妙かも…

0

これは萌える

原作未読。
大人ーな感じなのラブロマンス。昼ドラ1本見てるような気分になりました。

冬慈役の大川さんの声初めて聞きましたがいいー!大人の男!
相変わらず色気のある受け声の遊佐さんも素敵!
恋敵役の恭也も無邪気なアホホストでいい(笑)

エロありサスペンス?ありラブラブあり!3拍子揃ってるので神!
この続きがあるのならもっと聞きたいです。シリーズ化してほしい。

0

遊佐さんファンには垂涎の一枚だと思います

二人の男(大川さんとたっつん)とえっちしちゃう受けの遊佐さん。
性格は優柔不断で、ふらふらしちゃう男なんですが、えっちになると壮絶に色っぽい…!
濡れ場はたっぷり用意されてます。遊佐ファンには垂涎の一枚ではないでしょうか。

主役ふたりは敵対するヤクザとヤクザ。ロミジュリ設定ですね。五年間も付き合ってるんだけど、受け@遊佐さんにはなんの覚悟もできていない。ただ迷うだけの日々です。
そこに、年下ワンコ攻めなホストくん(たっつん)が絡んできます。真っ直ぐに遊佐さんを口説く。
えっちの場面は、この年下のホストくん(たっつん)とのえっちのほうが萌えました。
「大好きな人とはじめて肌を触れあわせることができて幸せー」って気持ちが伝わってきて、可愛くて、でも当て馬なのは分かりきってて。キューンと切なくなりながら聴きました。完全なる好き好きシチュエーション萌えってやつですw

1

メガネ、めがね、眼鏡、

ホストクラブオーナー八曽部炎(ゆっちー)が、恋人で敵対する組の組長の烏丸(大川透)と、八曽部の店のNO1ホストだった倉元(たっつん)の間でフラフラする話。

この、炎がずるい奴で、烏丸と倉元はちゃんと真っ直ぐ迫ってくるのに、覚悟を決められずずるずる逃げてて、「なんだかなぁ」だったけど、最後はびしっと決めて、ちゃんとハッピーエンドに。

それにしても、大川さん、いい声だなぁ
大川さんやたっつんが本格的に絡むCDは、このCDで初めて聞いたけど、いい感じで炎・ゆっちーを鳴かせまくってます。

ブックレットの4コママンガはかわいかったけど、キャストトークが入ってないのはちょっと寂しかった。
ドラマCDって映画やTVドラマのエンディングに相当する物がないから、簡単な挨拶程度でもいいから、キャストトークが入っていた方がいいなぁ

0

極道のロミオとジュリエット

これすごくおもしろかった!
大川さん×遊佐さんで、極道のロミオとジュリエットという設定。
両方とも切れ者のインテリヤクザだけど、大川さんのほうが組織的にデカイ組の跡目。
遊佐さんは、ホストクラブのオーナーもやってて、かなりの女王様っぷりw
そこに、No.1ホスト(年下わんこ系)の達央が絡んで・・・v

俺の好きなBLファンタジーだったー。
ロミオとジュリエット→内緒の恋→お仕事忙しくてすれ違い
→心の隙間に年下わんこ系が猛烈アタック
→受、浮気しちゃう→攻にバレるw→攻に縁談話浮上→受、超ショック!
→受、自分の気持ちにやっと素直になる→が、攻にアクシデント!
→受、いきなり漢にw→それを見て年下わんこ潔く身をひく
→大団円v
みたいな?もう、このベタ加減が非常に良かったよ。俺好み!!

大川さんって、やっぱかっこいいねぇ~v
んで遊佐さんは女王様受、似合うわ~v
達央がわんこっていうのも良かったわ~v

1

ウマw

これはなかなか美味しかったです。
対立する極道組みどうしのボンが二人こっそりと付き合っていた。
炎の運営するホストクラブのナンバーワンである、恭也の出現により二人の関係は波乱にまきこまれ・・・てきな感じかな。
とりあえず、冬慈が炎をすきなのが良くわかったwwwwwww
お互い、声が低めなのがグッドwww
最後のフリートークで、「遊びは一切許されなかった」といっていたのにも笑った。

極道もの~という設定と、ピストル。
ホストクラブの~などなど、設定的には、ぽい感じを演出されていましたが、そこまで濃くはない。
基本、なににかんしても、炎が好きで好きでたまらない冬慈が必見。
冬慈の結婚話でゆれる炎もなかなか乙でしたが。
おかげで、恭也との百合も見れて興奮した(*´艸`)vv
思わず、恭也とくっつくの!?とも重いましたが結局はもどったので、「お」という感じかな。
キャストに関しても、これはグッドです。
原作はしらないのであれですが。
大川さん。低音が素敵なのよ!!!!!!!
攻の低音っていうのは重要なポイントですが、これは合格。
いいよいいよ!!!
遊佐さ続きんも、時折みせる低音がw受けなのに低音っていうのはすばらしいと思う。
遊佐さんだとわかったら、もう一度喘ぎを拝見せねばと思ってみたり(笑
恭也演じる、鈴木さんとのエロシーン。
これは、まさに百合!!!!
だって、この恭也っていうのが、わりと元気なやんちゃ系。
それと、受である炎の・・・・wwwwww
だって、掘りながら喘いでる!!喘いでる!!!掘られて喘いでる!喘いでる!

いっそのこと3Pとかしちゃえばいいのにと思う。
おいといて。
冬慈の組の・・・あれなんて名前の人だっけ。
加賀屋!
加賀屋と誰かのカップリングっていうのも見てみたいな~と最後思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ