間の楔 塩沢兼人MEMORIAL

間の楔 塩沢兼人MEMORIAL
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
マガジン・マガジン〈CD〉
収録時間
120 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

表題作 間の楔

イアソン・ミンク → 塩沢兼人

リキ → 関俊彦

その他キャラ
ラウール[池田秀一]

同時収録作 爪紅

浅葱 → 塩沢兼人

蘇芳 → 塩沢兼人

評価・レビューする

レビュー投稿数2

入手困難だけど・・・

カセット版の間の楔は私が初めて聞いたBLドラマだった。
当時まだ、中学生だった私がJUNE系の小説や同人誌やら「やおい」にハマり、
こういうドラマのカセットが発売されたと聞いてワクワクしながら購入。
そして、親の目を盗んでドキドキしながら
こっそり初めて聞いた時の衝撃は今だに忘れられない。

この頃はまだ、こういうドラマものはまだほとんど出ていなくて
もうほんとドキドキしながら聞いたものだった。
かなり昔の時代のものなので、エッチシーンは殆ど無くてドラマ重視。
主役の関さんと塩沢さんの演技に引き込まれる。

イアソンは本当に塩沢さんの当たり役で、これ以降私の中で
塩沢さんのイメージは彼だった位に凄い演技を魅せてくれた。
もう、亡くなって随分経つから今は彼を知らない人も居るんだろうなぁ。
そういう人にも一度聞いてみてほしい気がする。
彼の演技はホントに凄いから。

関さんもジリオンのJJとかそういう元気系専門なイメージの頃だったので、
このキャスティングは凄くイメージにあってると感じたものだったのを思い出す。

脚本もエロシーンは殆どないが、尻切れ続きトンボにならず、キチンと綺麗に終わってる。
原作がかなり中身が濃い本なのに、アレを良くこんなに上手に纏められたなと思う。
BGMや効果音は昔のものなので、今聞くと古く感じるかもしれないけれど、
でも、決してドラマに集中できなくなるような物ではないと思う。

色んなドラマCDやカセットを聞いたけれど、
これ以上のモノは出会えないんじゃないかと思うくらいに名作。
役者、原作、脚本が全て上手に混ざり合って、素晴らしい作品になっていた。

マジで神作品。
ここからすべてが始まったと言いたくなるような超名作。
聞ける機会があったら是非聞いて欲しい。

そして、このmemorialだと、そのカセット版を復刻させた
間の楔の他に朗読とかQ2のトークがついてる。
これも面白い。役者、塩沢兼人の素晴らしさがわかるものになっていると思う。

1

優しげなイアソン様・・・だと?!

伝説のカセット版を収録したCDです。聞きたくてずっと探していたのですが、某腐女子向け通販サイトで普通に買えました。灯台もと暗しってやつですね。
この音源は、『間の楔』がはじめてメディアミックスされたものだと思われます。塩沢イアソン伝説のはじまりですw

塩沢さんのイアソン様といえば、冷酷で淡々としたイメージですが、そのイメージが固まる前だったのでしょうか、かなり違った演技をされています。感情がかなり表に出るイアソン様で、優しげだったりいたずらっぽかったり淋しげだったり、それはそれで乙女心がグッとつかまれてしまいます。優しいイアソン様だなんて!!それまでの演技が穏やかなだけに、「リキはどこだ!」と激情をむき出しにするラストシーンとのギャップも最高です。お前めっちゃ動揺してるやんけ~笑 みたいな。

加えてこのCDの聞き所は、カッツェ役の大塚芳忠さんです。この声、『フルハウス』のダニーの吹き替えで子供の頃めちゃめちゃ聞いていたので、それもあいまってめっちゃお父さんなカッツェです。登場人物の中で一番まともで大人っぽいかも。でもカッツェって『間の楔』の中でもかなりの常識人(?)だと思続きうので、ある意味すごく合っています。

ガイやキリエなど、スラムの連中の演技がなんていうか若いため、『間の楔』の割に妙に爽やか青春グラフティ☆みたいな雰囲気が漂います。特にリキ・ガイ・キリエの掛け合いは、まるで『中学生日記』でも見ているような気分になります。
また、SEも古いので、謎の爆発音がしょっちゅう入ったり、殴る音がなんだか残念だったり、シリアス台無しの曲が挿入されたりして笑いを誘いますが、それはそれで時代がかっていて味があるといえます。

ストーリーは、よく1時間にまとめたな!と感心したくなるほど。かなりわかりやすくまとまっています。だがあのラストはない!!あの爆発音エンドはない!!笑

同じCDには、ダイヤルQ2(今もまだあるのでしょうか?)でこのドラマ版が流された際に前後に加えられた塩沢さんのトークも収録されています。DJが塩沢さんで、ゲストにイアソン様が来ているというもの。
視聴者のリクエストに答えた、「どうした?眠れないのか?」から始まるたまらなく素晴らしいおやすみボイスは絶対絶対聞いたほうがいいです!!!!思い出すだけで不整脈が出そう!!あんな色っぽいおやすみボイスを聞いたら眠れなくなってしまいます。

2枚目のCDは塩沢さんの全編朗読による「爪紅」という作品です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ