真夜中の学生寮で

mayonaka no gakuseiryou de

真夜中の学生寮で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
33
評価数
13件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784199005299

あらすじ

暗闇が苦手で、夜一人で眠れない──高校で寮生活を送る永実(ひさみ)あの“怖がり”は、寮生たちのお遊びの種。唯一からかわないのが、同室の先輩で寮長の嵯峨(さが)だ。「おまえはまだ子供なんだから甘えてろ」そう言って、同じベッドで隣に寝てくれる。誰より甘えさせてくれる嵯峨の傍にずっといられたら…。けれど嵯峨の大学受験は刻々と近づいて!? 四季鮮やかな寮で仲間たちと過ごす青春スクールデイズ
出版社より

表題作真夜中の学生寮で

頼れる寮長 嵯峨
超怖がりの 永実

その他の収録作品

  • 真夜中は大嫌い

評価・レビューする

レビュー投稿数5

先輩×後輩の醍醐味 

高校の寮が舞台で先輩、後輩の恋愛ものとしてはわりとベター…なのですが、可愛くてよかったです。
組み合わせとシチュエーションだけでいうとかなり好みでした。

主人公の永実は怖がりで電気を消して眠れないことを周りからからかわれてる、いくらなんでも高校生にしては可愛すぎる設定ですが、そのからかわれているのもいじめられているというより可愛がられてるんだなあという感じです。

嵯峨は先輩で寮長で、怖がりな永実をからかわない唯一の寮生で、一人じゃ怖いだろうと同室を申し出てくれます。
クールで硬派に見えて甘くてカッコイイ。
でもさすがに高校生男子に「怖いなら一緒に寝るか」と布団に招き入れてくれるのは、大分子供か、女の子にでもするような扱いでちょっとリアリティがないかもしれません。可愛くはあるんだけど。

お話は、嵯峨になついていて一緒にいたいと思う気持ちと、受験生の嵯峨の迷惑になってるから独り立ちしないとと思う気持ちで永実が揺れる内容です。

でも、嵯峨のために独り立ちを決意した永実の言い訳がちょっと無理矢理ぽいなあと感じました。
わざと「監視されているようで迷惑だ」なんて正続き反対の事を言うのはベタベタ。こういうの、好きではあるんですが、永実がやはり高校生にしては可愛すぎることもあって、もう少し永実が男らしい展開でもよかったなぁと思いました。

最後の肝試しの山場も、も少しこっていてもよかったかも。
すれ違いがけっこうあったので、ラストの肝試しがもっとドラマティックな展開だったら尚よかったと思いました。

先輩×後輩であっても、これは寮っていう、限られた空間のお話だからいいんだなあと思います。
卒業して、もしこの先アパートなどで同棲してもやっぱり寮とは違いますよね。この「寮」という場所の雰囲気は、独特の萌えシチュエーションだなぁと改めて感じられるお話でした。

1

寮ものはやはり良い

桜木さんの作品を読むのは二冊目でした。
まだ二冊目ではありますが、桜木さんの書かれる攻めって王道で素敵…
これであとは、もう少しえっちがサラッとしていなければ(苦笑


受けは暗闇恐怖症(?)の永実。
寮生活を送りますが、とにかく寝るのが苦痛です。

攻めは先輩で、寮長の嵯峨。
よけいな話はしないけど、永実をつねに気にかけてくれる頼もしい存在。


この嵯峨がね!
もう、カッコマンなんですよ!
『暗いの、こ〜わ〜い〜(デフォルメ)』な永実と同じベッドで寝てくれるんですよ!
もう、わたしこの段階で悶えてしまいました。
もともと寮ものが大好きなので、先輩キャラは『ありえん!』というくらい大人でも、「まあセオリーですね」と目隠し出来てしまうからかもしれません。

反面、永実が好きなタイプでなかったので、嵯峨効果で読了した感じでした。
「だって普通の高校生は、好きじゃなきゃ後輩と一緒に寝たりしないよ!臭いしね!」と、説教かましたくなってしまうんですよね。

ストーリー的には、暗闇恐怖症という新鮮味があっても、狭い世界の話ですから読めちゃうんですね、先が続き
でも、これもまた寮もののお約束な部分かと思いますから…わたくし二回目の目隠しです。
ただ、出来ればもう少し盛り上がり部分があればなあと。

イラストの高星さんの描かれる嵯峨…素敵すぎでした。
やっぱり黒髪男子は高星さん、最高です。
永実はちょっと自分の思ったイメージとは違いましたので、勝手に脳内変換してしまいましたが(汗

1

好きだなぁ、寮モノ★

寮の中で繰り広げられる男同士の恋愛なんて、それこそファンタジー
だとわかっているんですが、BLらしいって言うか、耽美って言うか...
まぁ、若い男の子達がキャッキャ騒いでるのが好きなんですよね~
オバハンか!?

高校生にもなってこんな怖がりな男の子が周りにいたら、正直うっとうしい
だけの気がするなぁ~まぁ、ビジュアルにもよるかも...
でも、そこはBL&高星さんのキュートなイラストのおかげで
都合良く目をつむってしまえるんですよね。

嵯峨にホントに大事にされてるのに、イジイジした性格の永実は自分に
自信がなくて、嵯峨のことまで疑ってしまうようなタイプ。
ちょっと読んでてイライラすることもありましたが、
高校生ぐらいの時ってこんな感じだったかも...
そんな小さなことで不安になって落ち込む永実を、藤枝がいつも
助けてくれるんですよね。
藤枝自身が報われない恋をしているからこそ、永実と嵯峨には
うまくいって欲しいと思ってるのかな~?

タイムリーなことに、小説キャラ本誌で藤枝と小見山のスピンオフ作品が
掲載されてるみたいです。
こっちの2人の関続き係もめっちゃ気になります!
嵯峨と永実の前では大人な藤枝が小見山の前では甘えた態度をとるのか?
って考えたらワクワクします★

永実の兄である友章と対峙する嵯峨の態度が年のわりに大人過ぎるだろ!?
ってビミョ~だなぁと思いつつ、同居話は現実的ではないとキッパリ諭す
話の流れは好きです。
確かに親のスネ齧ってる年代の2人ですからね~
でも、高校生と大学生では生活パターンが違うからという理由に
納得しつつも、いつかこの2人が一緒に暮らせる日が早く来ますように...
と思える微笑ましく、かわいらしいカップルでした。

でも、最後のエチシーンではちょっと笑いました!
「抱かれろ」って言われた永実が「おれがそっち、なんですか?」って
言い返すんです!誰がどう見たってそうだろ!?
個人的にはかわいい系攻が見てみたいんですけどね~
しかし、今時鍵がかからない寮ってあるんだ??
エッチするたびに藤枝に寮生を足止めしてもらわないとダメなんて
つらすぎる~!!

0

可もなく不可もなく

高星麻子さんのイラストが好きなのと学生寮という表題にそそられて殆どジャケ買いだったのですが…
読み終えた感想は無難…といったところでしょうか。それなりに楽しめたのですが、若干盛り上がりに欠けるというか何となく先が読める感じで私はあまり萌えれませんでした(苦笑
…ゴメンナサイ…>_<

私は受けが可哀想な立場にあればあるほど萌える質なのでキーワードである「怖がり」も、もっと強烈な裏設定があった方が良かったんじゃないのかなぁと思います。怖がりを全面に出してる割りにはそうなった理由というのがインパクト弱すぎだったかも?折角の美味しいシチュエーションなんだからそこんとこをもっと突き詰めて欲しかった。惜しい…


それと永実(受)が嵯峨(攻)を好きだと自覚するきっかけを作る原因にもなった凪子の立場も位置的に中途半端。どうせ出すならもっと2人の間を引っ掻き回す位の勢いが欲しかったというのが素直な感想です。三角関係大好物なので(^_^;


私は少し物足りない感が拭えなかったですが、BL初心者や正統派を好む方にはお勧めの一冊かもしれませんね^^


2

サブキャラが気になって・・・

桜木さんは作家買いの作者さんです。
中立評価はちょっと厳しいかと思ったのですが、学生もので、わたしの好みからはずれているのがマズかったです。
永実の怖がり設定にもちょっとばかり無理がある感じだったのでね。
また、嵯峨はカッコイイし、永実は可愛いので、そこはまぁいいんですが、お話の世界観とイラストの雰囲気が私の頭の中でどうにも一致しないし・・・絵を隠しながら読むことになっちゃったし。
空手部主将で全国まで行っちゃうような人は、もうちょっとゴツイ感じでいいと思うんですよね。イラストオンリーで考えるなら決して嫌いな絵ではないんですが、ごめんなさい。

家庭の事情で寮住まいになった“可愛い顔して威勢がいいのに超怖がり”の永実は、寮長・嵯峨の厚意で彼と同室になってもらい・・・
お話は結構先が読めて、そのとおりに進んで行ってくれたがために、始終何かもう一つ欲しいと思いながら終わってしまいました。

前半の「真夜中は大嫌い」では、永実が自立しようとして挫折して、最終的にまとまったお話。(キス止まり)
後半の「真夜中の学生寮で」はまとまった二人が将来のことを考えながら、自制が効かな続きくなっていくお話となっていますが、
主人公二人は寡黙×遠慮がちなので背中を押してやる役が必要で、その役を嵯峨の友人・藤枝くんが担っています。
彼の言動にはいちいち説得力があるのです。
経験豊富だからなのか、自身も辛い恋をしているからなのか・・・
その藤枝くんの背景が一番気になっちゃったという・・・
何かしらフォローが入るのかと思っていたのですが、そこで終わりですかー?って状態で、次回作に期待せねばなりません。
私としては、高校生同士より大人がらみのお話の方が好きなので、是非藤枝くんのお話を読ませて欲しいと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ