JUNGLE BOY 4

JUNGLE BOY 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ちょっとずつ萌えがちりばめられて・・・

基本的には高校生活(学校は共学)や男子寮での生活、友情、恋・・・がメインになっているお話ではあるのですが、サブキャラである湖西と滝本のお話も見逃せない作品なのです。・・・むしろ私の中ではこの2人がメインです!
湖西が滝本の事を心密かに想いつつも、この気持ちを滝本にぶつけるわけにはいかない・・・と切なそうにしている姿や、自分の気持ちを押し殺して滝本と友情を育んでいるかのようにみせているあたり、読んでいて非常にどきどきします。
しかも、そんなわけありなシーンがちょいちょい散りばめられていて・・・読み手にとってもまさに焦らしプレイ・・・
次巻からいよいよそんな2人メインのお話になっていきます。

0

NL・BL入り混じった稀有な作品

素直が帰国子女の女の子から嫌がらせを受ける、というお話。
一冊まるまるこのお話です。でも、この子も本当は寂しいということを感じている素直。

無垢な子どものようで、自分が育った国の治安の悪さや恵まれないで育った子供の話を聞かせる様子は誰よりも早熟な気もします。
世界中のどこでもさみしいと思ったことは無い。
本当に1人だと思ったのは人の多い東京に来てからだという素直。

一方で宇都宮と先輩・夏希の間に恋心が芽生えつつあったり、湖西と翠の間に進展があったりとBL・NL問わずに入っているという作品はとっても好き。
こういう漫画はなかなかなくて貴重だと思います。
それらすべてひっくるめて許せてしまうこの「変人の多い学園」はとても漫画の舞台として魅力的で、それを作り上げた作者さんがすごいなぁと感心します。

0

抑えられない気持ち

約5年間、滝本へ絶賛片想い中の湖西君が表紙です。
そうは見えないけど、彼は一応高校生です(笑)
3巻でも滝本へ隠れて情熱的な視線を送っていた彼ですが、4巻ではさらに踏み込んだ内容となっています。

湖西のような勉強でもスポーツでもなんでも人並み以上にさらりと出来てしまい「逆に面白くない」と思っている男前が、唯一心から大切にしているのが同性の滝本。
ずっと気持ちをひた隠し、脆さのある滝本を影から見守っているのが、たまんなくツボ。
そして封じてきた気持ちが溢れて出てしまう場面など、痛みが走るほどの強烈な切なさとストイックなエロさがあります。
この巻にも大好きなシーンがあるので、この評価は譲れません(笑)

しかし彼等の話が本格的に始まるのは次です。
今回は素直君にからむ美人帰国子女の留花ちゃんの話。
素直がいう言葉の数々がとても好きです。
そう「誰もが孤独」なんですよね。
彼のまっすぐさは時に人を傷つけるかもしれないけど、彼のピュアさは本物だから伝わるんです。
そして彼は大事な仲間を見つけられたから、前よりずっと強くなれてる。

孤独であったが為に幸せそうな続き素直が憎くて、素直を攻撃していた留花の心を溶かした、この話もとても好きなものてす。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ