愛くらいちゃんと

愛くらいちゃんと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
109
評価数
26件
平均
4.2 / 5
神率
53.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832286214

あらすじ

非常勤として教師を続けることにした神主の息子・石倉先生は、昴が高校を卒業するまでは手を出さないと決意した。でも昴の方が積極的になってきて、先生のユルイ理性は崩壊寸前!! 「サービスしてやるから」なんて言われたら…我慢できないだろ!? 教師と小悪魔高校生の恋を描いた、石倉先生×昴シリーズがついに完結!描き下ろしつき
出版社より

表題作愛くらいちゃんと

元遊び人非常勤講師・石倉。神主の息子
高校生・昴

その他の収録作品

  • 愛は曲がって登って降りて

評価・レビューする

レビュー投稿数13

やっとBLらしくなった

『愛の深さは膝くらい』の続編です。
前巻に比べ随分恋愛部分が出てきました。
最も昴がHの事ばかり考えていて、グイグイ押してる状態ですが(笑)。
一旦教師を辞めて昴と自由に恋愛を!と思った石倉ですが、前巻のラストで昴に教師を辞めないでと泣かれ、結局は教師を続けることにしたので、生徒とは関係を持たないと決心。
そのせいで昴が不安になるのですが、色々と先生を自分一人に引き留めようと健気なことをするのは可愛いです。
描き下ろし作品は、昴が大学生になって一人暮らしをし始めたようなのですが、そこに石倉が車で3時間かけて昴を迎えに来て、甘い一夜を過ごすお話。
昴がちょっと大人になってました。

1

小悪魔度がパワーアップしてます

『愛の深さは膝くらい』の続編です。前作よりも、二人の気持ちがはっきりしていて、本作品の方が面白いです。

特に、昴の小悪魔度がアップしていて、先生を振り回すのが萌えます。
おまけに、ちょっと成長して男らしくなってるのも良かったです。
意外と女子から人気があるのに、好きな人がいるとハッキリ断ったり、先生にキッパリ告白したり。カッコ可愛い面を見る度にキュンキュンします。

そして、先生の方も、昴に本気になっていて。来る者拒まずな先生が、昴と知り合ってからずっと禁欲していたのに萌えます。
卒業まで待つといいながら、手を出しちゃったのも好きです(笑)

最後に、昴が大学生になっても仲が良くて、大人の付き合いをしている二人が見れて良かったです。

3

「すばる」が大きくなりました!

まさしく 成長期!!
これは 将来的には『リバ』でしょう。
大学生のすばるは男ですよ。
すばるのほうがでかくなる可能性あります。
(先生ピンチかも)
大人の階段を一歩一歩上って行く姿には
ぜんぜん関係のない一読者のオバハンも 涙です。
先生も感無量な事と思います。(いっぱいSEXできるし)
わがままでかわいいおこちゃまだったあの子が・・・。
スプレープレイで 熱心に勉強していたあの子が・・・。
思い出はつきません。
いつまでも仲良くしてね。



1

続編

前作同様まるごと一冊ひとつのストーリーで続編です。

先生と生徒という関係だから、禁断ですね。
なので、先生は手を出したくても出せない状態。
ガマンしているのに昴くんが誘惑してきますwww

ちょっとずつ進歩していく2人の様子オモシロイです。
掛け合いしているあいだに、
昴くんがウブな事もどんどん判明し。
そりゃぁ、こんな純粋一途な子が目の前にいたら
ヤリたい放題チャラ男だった先生にはたまらないんだろうねぇw

2人の掛け合いだけでなくて、ちょっかいかけてくる人達や
誤解するような出来事があったりで、スパイスが色々効いています^^

高校を卒業したあとの2人のお話も入っていて
とても楽しめました!!

1

萌えた~~~

実は、これの前の「愛の深さは~」はあまり萌えられなかったんです。
でもこっちは…萌えました!
どうしてこんなに萌度が違うの?と思った結果、たぶん、攻がおろおろしていることと、昴が恋愛感情を自覚して、ぐるぐるしているのが可愛いから、かな?と思いました。

でもよーく考えたらやっぱりちょっとエグいシーンとかあるんですが、依田さんが描くとエグくない不思議…。
でもやっぱりエグい……。(あのハンカチのシーンとか)

昴はめちゃめちゃ可愛いです。
おろおろしている攻ざまぁでした。

2

年の差はいい

ラストについている後日談で、成長後の姿も見られます。よいオマケでした。とにかく年の差ものの醍醐味を満喫! ちょっと背徳感ありの初Hも、かわいかったです。満足!

2

ああ成長してる!

つか性長? あの昴が! 好きって事も認めたくなかった昴が! 先生をあの手この手で誘惑してますよ!?
しかしそのどれもこれもがオコチャマ。いい意味でも悪い意味でもオコチャマ。
先生に通じたのもあれば、まったく意味不明な行動としか映らないものもあったのが静かな笑いを誘いました。
そんな昴のガンバリ振りを見てたら、そりゃもうかわいくてかわいくて先生もメロメロになっちゃいますよね。

相変わらず余裕たっぷりで昴の周辺で起こる色恋沙汰を俯瞰してみてた感のある先生でしたけど、ラスト辺り、昴が巫女装束で代役して…のくだりからですっかり立場が逆転してるのがおかしかった。
ちょっと先生の余裕ぶりはムカツクところがあったんで昴にすがるような雰囲気になった時はニヤニヤいたしました。
昴みたいに一途で本気で好いてくれる子なんてそうそう現れないっていうのだけはさすがに先生にも分ったんだなとほっとしました。
今まで先生に翻弄されて、イライラもやもやしてただけの昴も、先生の悪いところをズバっと指摘してカッコよかった!
あの昴の突き放しから二人の関係は色々変わったんでしょうね。
ラスト辺りは非常に続き色々楽しかった! トキを慰めて抱き合う二人にいらっとする先生とかホント胸がすかっとしたし!
それにしてもなんでいきなり大学生の昴の姿がラストに半端に入ったんでしょうね?
まあ、この二人がどうなるのかとか、成長した姿が見られたのは単純に嬉しかったんですけど、入れ方の中途半端さがちょっとバランス悪く感じました。
入れるならもうちょっとじっくり丁寧に二人のことを書いて欲しかった。もっと見たかったから残念でもやっとするんでしょうね。
大学生昴が、昔先生が言ってた事と同じこと言ってるのには笑った。
大学生編になってくると高校生の頃ほどネタはないでしょうけど、あと数話くらいは見てみたいなーという欲がありますね。
ぜひ読み切りか何かで書いて欲しいなー!

あ、そうそう、エロシーンが結構ちゃんと描かれてて驚きました! 今まであんなに描いてあるの見た事がなかったもんで。(すべての作品を見てる訳ではないんだけど)
そこはすごい意欲作!って思ったんだけど…うーん、何というか色気とか汁気が足りないんだよね、この人のエロシーン…。
今回もちゃんと描いてある割には微妙に残念でした…。

5

素晴らしい(≧▽≦)ギャオー!!

ひとつ前にレビューを書いたもこさんに便乗させてもらいましたw
ああもうああもうああもう大好きこの二人、大好きこのシリーズ、大好きだー(≧▽≦)ギャオー!!

大ヒット作の『愛の深さは膝くらい』の続編です。
前作ではオコチャマだった昴くんが、あの昴くんが、成長してます。
昴くんは小悪魔じゃないんだよね、ただのオコチャマなんだよ。そのオコチャマさ加減が、先生にとって「結果的に」小悪魔になっちゃう、という。
で、頭がオコチャマといってもやっぱり高校生なわけで、カラダはちゃんと成長してて、先生の手を妄想してオナニストになっちゃうほどで。
全編にわたっての萌えシーンに、脳天がビョーキになったかと思うほどの悶絶を味わいました。
舐めるように貪るように読みました。

昴かわいいよ昴。
三角の口に、私もなにか突っ込みたくなっちゃったよw
先生!よくぞあの瞬間まで耐えましたね!
結局待てなかったけど許されるさ、昴が可愛すぎるのがいけないのさ。

これで終わりかと思うと、本当に寂しいなァ…。
もっともっとこの二人の話が読みたかった。

依田沙江美さんの作品、本当に大好き。

ここで、いきなりですが、依田作続き品マイベストを発表します!
ドンドンドンパフパフ

1、『真夜中を駆け抜ける』『千の花』
3、『愛の深さは膝くらい』『愛くらいちゃんと』
4、『ブリリアント・blue全二巻』
5、『かみなりソーダ』
6、『チョコレート・キス』(とくに一巻)

次回作も楽しみにしてます。

2

大人になっちゃったんだぜ

素晴らしい(≧▽≦)ギャォー!!
膝くらい~の続編。
カップルになった二人からのお話。
どっちかっていうとこっちの方が好きです。
攻守どちらももどかしい過ぎてウズウズする。

両想い確認したらソッコーやっちゃうカップルばかり見てきたせいもあり、結合までのプロセスをここまで可愛く良心的に描いていただくと凄く嬉しくなる。
初体験、初挿入の感動が増す気がします。

好き好きをあのツンデレが全面押ししてる姿も萌ww
「俺、大人になっちゃったんだぜ」
この帯に、お!?
と思ったのに真実ただのスマタとか(笑)
デオドラント缶の使い道とか(´∀`)

大学生になったツンデレ様。
大人な雰囲気も素敵です。ぜひ濡れのエロい顔も拝見したいものです。

4

スプレー缶・・・

前作「愛の深さは膝くらい」では寸止めでお預けを食わされちゃっていたので、今回どう進めてくださるのかが大変楽しみでした。OKOKでございました。

まず、昴の高校生らしく幼くて、我慢がきかなくて、嫉妬深くて、奔放で、やけに可愛く突っ走る思い(性欲含む)と、
石倉先生の今までの奔放さはどこへ隠れてしまったの?と言いたくなるくらい、教師として、モラルのある大人として自分を制し悩む姿が、
三歩進んで二歩下がるくらいのストーリー展開の中、少しずつ腑に落ちてくる感が心地よかったです。

中でも、制しながらもつい手を出してしまい後悔する先生と、寸止めに悶々とする昴はいい対称で、なんだかかわいそうに思いながらも面白かったのです。

最後の、ちょっと大人になり、将来のことをしっかり考えながら、やっぱりツンデレな昴が可愛くて、先生はこの先も尻に敷かれてるんだろうなと・・・

ところで、スプレー缶ってエロイですね。

3

依田さんにしては意外

「エロ方面はぬるい」印象が定着している依田さんの作品で
登場キャラが、高校生と教師(臨時講師とはいえ)
なのに、ここで、こんなに、ガッツリくるとは…
可愛い昴のおねだりに、随分耐えたとは思うけど、
ここまで一気に「えいやっ」といっちゃうとは思ってなかったので、ちょっとびっくり。
っていうか、終わりの方、随分急いでまとめちゃったような気が、、、

まあ、何にせよ、一生添い遂げる気でいるようだし、めでたしめでたし。

欲を言えば、初デート写真を見て、懐かしんでいるシーンに、二人の「今」の体格差がはっきりわかるような、引きのツーショット絵が見たかったなぁ。

3

ツンツンデレデレ!!

愛の深さは膝くらい の続編です!そう!待ちに待った続編!!!
あの神主教師とツンツンデレデレな生徒の結末編ですよ!!

今回の見所
・最終回!
・昴と先輩の決着
・女装!
・艶かしいシーンはあるのかないのか!?
 (生徒と教師の一線は平行線!?もしくはいつ打ち砕かれるのか!!)
・成長した昴・・・!!!!! ←感無量

で、お送りいたします。という感じです。
もう・・・もう・・・すばる!!涙

ツンデレっていいよね、堪らんよね、をたくさん含むため、好物なかたは興奮しすぎにご注意ください・・・。←しすぎ

作家さん的にシリアスで緊迫するシーンもしっかりあるのにほんわかした空気も同時に存在できる矛盾がまた心地いいです。
あああああ~~~~どうなるんだろう!
じゃなくて
あっ、あっ、どどどどうなるんだろう! 
みうたいな(えらく抽象的)
昴に焦らされてるのか先生に焦らされてるのか、いやいや2人とも内心焦れてるそんなもどかしさが甘酸っぱくうずうずします。
早くくっついてしまえばいいのに!!
でもくっつかない展開でも十二分にキュンキュンさせてくれる作続き品です。
結末は皆様の目でお確かめください。

個人的な見所は上に挙げたとおりです。
未読の方は折角なのでこの機会(結末が出た)に、「愛の深さは膝くらい」と同時購入をオススメします。←
あのもどかしい一巻を越えて最後に出会う方が断然良いと思うので!
(勿論こっちだけ読んでもキュンとするけども、今なら同時に一気に読める至福!)
気になる続編モノが一つ減って残念な反面、読めてよかったです!

2

好きな作品だけに、もうちょっと丁寧に描いてほしかった

『愛の深さは膝くらい』の続編。
大好きなシリーズだったんで花音本誌でも読んでたのですが…
どうも急ぎすぎた(焦りすぎた?)かんじなんですよね。

前作で恋人同士になった石倉先生と昴だけど、まだまだキスどまり。
遊び人で軽~い先生も、昴には卒業するまで手を出すまいと誓っていました。
でも、そんな先生に我慢できなくなったのは昴のほうで!?

先生は昴がまだ高校生であることを踏まえ、「何事も経験」と女子と付き合ってもいいと言うし、
彼がほかの誰かを好きになったときには身を引こうと思っていました。
昴は先生が自分のことをちゃんと好きなのか悩みます。
部活の先輩に告白されるわ、先生を繋ぎ止めておくのに必死だわでグルグルになっちゃった昴は
ついつい先生に「サービスしてやる」なんて言ってしまって、
逆に煽られた先生にスマタをされて…!!!
清い関係だった二人が、いきなりアダルティな関係になってしまいます。
昴のお尻を伝う精液が生々しくってエロい!
「俺大人になっちゃったんだぜ 余裕だぜ」とか言いながらフラフラな昴が可愛いww
そして石倉に見立てて清汗スプレーを挟んだ続きり!?
す、昴…!!!
昴も健全な男子高校生で性欲には抗えないんだなぁということがよーくわかりました。
結局最後までイタしてしまうのですが、このときの昴もまたまた可愛くてエロくて…。
昴の巫女姿も見られるし、(これがまた先生の言う通り倒錯的でとっても色っぽい)昴ファンには嬉しい一冊。

初Hまでは本当にいい流れだったんですよね。
でも、初H以降はなんかグダグダです。
トキが彼女にフラれ、慰める昴に先生は嫉妬…
そして何故かいきなり数年後の話に。(昴は大学生)
ほんとーに唐突すぎて「?」ってなりました。
これはこれで萌えるのですが、本当にいきなりすぎ!
初Hのところで終わらせたらよかったのに。
あるいはHしなくてもいいくらいなんですけどね、この二人は。まぁしたらしたで萌えるんですが。
大学生になった昴は背も伸びて、ずいぶん大人っぽくなっているのですが、
何よりも萌えるのが、石倉との関係が逆転してる!?
っていうか、石倉が昴大好き!!なのが見てて可笑しい。
昴はもともとクールなうえに大人っぽくなっちゃって、ますますツレなかんじに。
でも二人の関係は続いているようでよかったよかったvv

描き下ろしは二人の初デートを振り返る未来の二人。
ベッドの上で昴の肩に顔を押しつけてハートマーク飛ばしてる先生が可愛すぎ!
昴のこと好きすぎるだろ!
後日の二人は何度見てもニヤニヤが止まらない!

この話、1冊分にまとめるのは無理があった気がします。
好きな話だっただけに、残念。
後半のほうをもうちょっと掘り下げて描いてほしかったですね。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ