ビューティー&ゴースト

beauty & ghost

ビューティー&ゴースト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
38
評価数
11件
平均
3.5 / 5
神率
18.2%
著者
イラスト
作品演出・監督
演出:阿部信行
脚本
いさか十五郎
原画・イラスト
いさか十五郎
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ascolto
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
書き下ろしSS
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

怪談を聞かせることがストレス発散の清司は、できすぎな会社の新人・坂木が大嫌い。しかし、彼の唯一の弱点がおばけだと知って…?(メーカーより)

表題作 ビューティー&ゴースト

坂木康太 → 近藤隆

佐藤清司 → 遊佐浩二

その他キャラ
柿本[飛田展男]/ 購買部主任[松田健一郎]/ 子供[東條加那子]/ 子供[永田依子]/ 子供[西墻由香]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

キス音のエロさがピカイチかもしれない!

なんすかこれ!!
原作既読で、前半わりと退屈気味かな…?と思ってしまいました。
が!!

Track7のラブホシーン、キタぁぁぁぁぁ!!
遊佐さんの喘ぎと近藤さんのちょっと余裕のない感じがたまらない!!
「んふ」って近藤さん、えーーーろーーーいーーーー!!!
これ、『くちびるに銀の弾丸』よりもエロいかも!
同じカップリングでも、役柄が違うと別モノですね!(当たり前か)

先輩としてのプライドがありながら
弱点のないような坂木の怖がる姿を面白がって怪談話を繰り広げたり
清司が怪談に例えて、不器用ながら自らの話をするところ、良かったです!
近藤さんの攻め、私は二回目ですが、年下攻めいいなぁ!!
ワンコだし!

上司役の飛田さん、リアルでいそうな感じでした。
まさに「我関せず」みたいでw

フリートークでは
漢字の書き順に「あれ、必要なの?」と言い出す遊佐さん!
全然ゴースト話じゃないんですが同感です!!
「落ちねぇ…」と囁く近藤さん(たぶん)がまた可愛らしい…。
深夜の会話、楽しいです。

全体的には軽く聴けるのですが、Track7は濃いめ続きですし
キャスト買いしても損はしないと思います!

なんと言っても演出は阿部信行さんですから
安心のクオリティですよ♪

1

このCPやっぱりいい!!

唇に銀の弾丸以来、近藤さん×ゆっちーCPにハマってしまった!ほんとこのお二人相性いいんだわぁ

怪談話しを聞かせてビビる姿を見るのが大好きな眼鏡上司佐藤とそんな怪談話しに耐えながらも佐藤に好意を寄せるビビリ屋坂木のお話。

エロ度は薄めかな

でもね!!キス音エロかた…



チュッチュってよりもレロレロって感じでwww
舌が絡み合ってる感じがすごいした!!

でも…
「挿れるよ?」とか「中が熱いよ」とか「うッ! 締まる」とかそういうのがなかったから、イマイチ濡れ場の状況が妄想できなかったのが残念


でもでも、キャストのみなさんが頑張ってくれたおかげで、楽しめましたよ。

ゆっちーの掠れ喘ぎはサイコーだぁぁぁ!!
この、ビューティー&ゴーストでは、残念ながらさほど近藤さんの攻め喘ぎは聴けませんでしたが…。
ビビリ声の中にも、濡れ場ではドキッとするような色っぽい声にノックアウトされましたwww


この話で、一番好きなシーンは怪談話に自分を置き換えて
「俺の中にお前に惚れてる女の霊がいる…」って言って告白するとこと、また怪談話しに置き換続きえて有能な会社員が死んだ話しと、その有能な会社員の後輩の話しの件が好きだったかな。

1

しっかりがっつりお仕事感じました

原作が大好きだった作品のCDです。
小説自体厚みが薄いので、このドラマCDも短い!
しかし、坂木の怖がりぶりや、清司のヘタレツンデレぶり、そして何より仕事をしているという、現場感がリアルに再現されていて、臨床感を与えてくれました。

何と言っても、仕事でトラブルが発生した時、そして清司が坂木にアドバイスをするとき。
専門というか、仕事らしい言葉遣いに用語、行動の指示とか活字だけでも結構お仕事がっつりよね♪と喜んでいたのが、音声になることで声優さん達がモノホンのリーマンに聞こえてくるから、何だかそう言う部分に更に萌えを頂きましたww

作りとしては、全体的に効果音も少なく、BGMも少なめで、どちらかというと清司@遊佐さん のモノローグが中心で、そこに坂木@近藤さん 柿本部長@飛田さん が絡んでくるといった、遊佐さんでずっぱりの御苦労さま、な構成でした。
シンプルだった分、仕事ももちろんですが、主人公二人の絡みのシーンがやけに生々しくリアルに感じられたのはきのせいでしょうか?
遊佐さんが上手いから?ww
清司が坂木に、霊に憑依されたとウソをついて思わず告白するシーンから続き、坂木が清司を口説くシーン、あの近藤さんの鼻にかかった声が、思わず聞き手である自分が耳元で口説かれているような錯覚に!?www

こじんまりとして、派手さはない作品ですが、原作がいい(と自分は思っている)ので、とても愉快に聞くことができました☆☆
清司の怪談噺にビビる坂木というのも実に聞くことで楽しめます♪

また、トークが盛り上がっていて楽しかったですヨv
柿本部長@飛田さんを、みんなでいじってましたしw
怪談から、皆が不思議なエピソードを披露すると、遊佐さんは漢字の書き順が不思議なんだよと・・・!?
アットホームで声優さん達も楽しんでお仕事されたのかな?とちょっと嬉しくなるトークでした。

1

面白かったー

リーマン同士の恋の話。
部下攻めです。
しっかりお仕事してるリーマンたちで、ストーリー性があり、脇役ふくめてキャラの魅力もたっぷりで、ユーモアもあって、非常にデキのいい作品でした。
主人公の悩みとか意地悪さとかの小市民的な部分が非常に身近というかなんというか、ニヤッとさせられてしまう場面がたくさんありました。
タイトルで誤解されるかもですが、「受けは怪談話をしてまわりを怖がらせるのが好き」という設定なだけで、実際のお化けとかは登場しません。

近藤さんの怖がりかたが上手かったなー。とっても可愛いので、彼をイジメたくなる気持ちがよく分かりましたw 普段は非の打ち所がないぐらいしっかりしてるんだけど、ヘタレな部分もある年下の部下です。
遊佐さんはツンデレ上司。部下に対してコンプレックスを持ちながらも、仕事はしっかり教える。意地悪な部分はあるけど卑怯さはない。甘えたりはするけど、わがままではない。バランスのいいツンデレっぷりでした。
キーワードとなる「怪談」が、作中でしっかりと生きてる作品でした。

0

怪談話をギミックにv

坂木康太(近藤隆)
ジャケ絵のリーマン。抱きついてるほうが新入社員で年下攻め。
愛想も良くて仕事もできるけど、実生活に支障がでるほどの
超怖がりという性格。

佐藤清司(遊佐)
いっぽう抱きつかれてる眼鏡のほうが教育係の先輩リーマン。
怪談を聞かせてあげるのが趣味というwww

なんかちょっと設定も、おもしろいでしょう?
会社の先輩後輩という間柄。
先輩である清司(遊佐)は
新入社員のくせになんでもそつなくこなす坂木(近藤)が
ちょっと苦手だったんだけど
そんな坂木(近藤)が実は大の怖がりという弱点を見つけて
ほっとするんですよねー。ちょっと先輩風ふいちゃったりしてw
そんな折に、仕事で大失態!絶対絶命のピンチを切り抜けてくれたのは
坂木(近藤)・・・せっかくいい先輩でいられそうだと思った矢先に
くしゃくしゃに萎れてしまうんですよー。

とっておきの怪談話として自分の本音を吐露する場面が
すごく良かった。怪談という設定をこう使うのかーっ!と。

名作!超おすすめ!とかじゃなく、じんわり秀作じゃないでしょうか?
遊佐さんのリーマンは鉄板。
続き
キリっと出来るリーマンだけど、弱さを垣間見せる。
抱きたいっと思わせる色香は強烈に伝わる。
近藤さんの包容力があるけど、どこかかわいい年下攻め・・・は
はっきりいって自分の好みのストライクでしたv
くそっ近藤隆にときめかされたっw

絡みは、ねっとりと生々しく
ナニをどうしてるのかっていう説明を
受けも攻めのしてくれないんだけどもw
楽しめましたよぅ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ