世界一初恋 ~小野寺律の場合 2~

世界第一初恋 小野寺的场合

世界一初恋 ~小野寺律の場合 2~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神33
  • 萌×29
  • 萌29
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
28
得点
290
評価数
77件
平均
3.8 / 5
神率
42.9%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048543514

あらすじ

丸川書店の少女漫画編集部に配属された小野寺律。ところが編集長の高野が昔好きだった人だと分かり動揺。その上「もう一度好きだと言わせてやる」なんて挑発まがいに宣言されてしまい…?
出版社より

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合 2~

編集長・高野政宗
新米編集者・小野寺律

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数28

恋に落ちるまで…

やっぱ律ちゃん可愛いー!!!
高校生の時の素直そうな純粋律ちゃんも可愛いのだけれど個人的に今の律ちゃんが好きです。

ってか高野さんの指舐めながらの「抱くぞ」はもぉ…たまらんのですがっ!!!
なんですか、この男の色気の醸し出しっぷりは。
駄々漏れフェロモンすさまじい。

横澤との高野さんの関係って本当のところどうなんでしょ…。

過去に一体何があったのやら…。
お互いに両思いって分かるのに中々くっつかない。
早く誤解が解けないかな。

0

高野さんとのことは悪夢だったの?

 高校生の時の高野さんと、編集長として律の上司になった高野。どちらも同じ人なのに、なぜか律に対して、いつも怒っている、冷たい印象があって、律もよくめげないで頑張れるなと思うのです。
 だけど、ふとした瞬間の、高野さんの優しさが、高野さんはただの「俺様」じゃないと気づかせてくれるのです。大事なところではしっかり見ていてくれる上司というのは、できる上司そのものでした。そんな優しさを見せられたら、高野さんにたなびいてしまいそうです。

 私は、律の図書館でのことを夢に見て、現実に引き戻されるシーンに萌えました。気持ちを伝えるときも、高野さんは、高野さんらしいやり方ですね。

0

律ちゃん!!!!!!

セカコイ2巻ですー
当時セカコイは4巻あたりまで纏め買いした思い出
表紙から腹チラ律ちゃん拝みます
最新巻あたりではあまり見ない編集部が舞台多いですね~
1~4巻あたりは横澤さんが律ちゃんの恋敵ですね この頃全然素直じゃないんで

懐かしい最初の酔っ払い佐伯さんいいですね~セカコイ内に出てくる数少ない女キャラですね~
性格がサッパリした女の子が多いですよね春菊先生作品は
杏ちゃんなんだかんだ結構ハッキリモノを言いますしねw

本編感想
1巻と比べて全く進展しませんね、ツンツンしすぎなのと横澤さんがものごっつ入ってきますね
まあ最初は横澤さんウゼェだのなんだの思ってましたが今じゃ可愛いもんですよ ニャンニャン
読み直すと本当懐かしいです
当時この本にどれだけ萌えて腐りロード一直線だったか・・・
まあセカコイの好きになれないところは公共の場だろうが気にせず色々しでかすところですかね
隠して、ここじゃダメ!って言うのが可愛いんじゃないですか!!

4話である部決会議結結構好きですね~!
受注センターのお姉さん好みです。美しい
普段横澤さ続きんとは真面目な重い話しかしていないので、ああいう喧嘩ごしでがやがやしているの面白いです(^◇^)

0

高野が好きですわー。

『世界一初恋〜小野寺律の場合』の二巻です。

今回も当たり前ながら、受けは転職先の上司が過去の男だった律。
攻めは編集長で、律のヘソ曲がり原因を作った高野。

律は学生時代、かなり高野に心を寄せていたので、高野の一挙手一投足にグラグラさせられています。
高野ー!カッコ良い!
大人はプライド育っちゃっているからなかなか言葉で伝えられないのだけど、要所要所でズバッと伝えて悶えちゃいます。

そして高野の友人、横澤が嫌ーな感じに絡んできましたね。
思わせぶりというか、まだまだ彼の本心は図りきれないという感じでしょうか。
ただ、このふたりの場合はどっちが攻めなんだろう。

中村さんの作品はここもカップルになるのかしら?と思わせる登場人物が多いのですが、今回も編集部がイケメン揃いなのがちょっと都合良過ぎで、なんだかなーと思ってしまいます。
そういう冷めた目で見ちゃ、ダメなんでしょうがね。

2

懐かしい

と感じるほどなぜか中村春菊先生の本から遠ざかっていました。10年ほどまえに純情ロマンチカのコミックスを買っていたので。というか、10年以上もロマンチカ含めこのシリーズを描き続けている先生ってすごいなぁと改めて思いました。
たんたんと作品を描き続け巻を重ねていくのって大変だろうなぁと。
いいシーンだなぁと思ったところは、後半の、律が流されそうになったときに電話が入って抱かれるのを中断された後、黙ってたかのが頬にキスするところです。
ここはとても良かったです。^^

0

恋に堕ちるまであと270日

シリーズ第2巻!
前作で謎だった部分が少しずつですが明らかになってます。

まず、高野がショックを受けた事柄で…高野と律がお互いに振られたと誤解している原因と、
高野と横澤の親友以上の関係についてです。
しかも、全て横澤の口から律に伝えられます。
ますます真実が気になる展開になっていきます。
横澤から聞いたということが、余計に高野を意識させてしまうんです。

律が嫌だと言っても、どんどん心をかき乱す位のアプローチをしかけてくる高野。
でも、横澤がいう2人の関係が本当なら…自分は⁉︎
このままだと、本当に高野を意識していることを自覚してしまう!
と、考えたくないのに、仕事だけの関係にしたいのに、イライラ&ぐるぐる考えてしまう律。

高野に横澤との関係を聞いてしまいたいけど、聞けない律の焦ったさが、まさに乙女な気持で、せつなくもあり、楽しかったです(笑)

徐々に、高野へ気持ちが傾いている焦ったい時期であり、
実際は、もう恋に堕ちてますよね⁉︎…と突っ込みたくもなる2巻でした。
意地っ張りな律だから、まだまだ先は長そうです(笑)

そして、今回も高野続きの俺様な言動に萌でした♡
普段は無口なのに、律の事になると、特に強引で押せ押せ状態なのがいいんです。
普通だったらセクハラ&パワハラ気味な高野の動向。
よっぽど、過去の振られた方が傷になっているのか?…今度こそ離さないって、逃がさないって思いが、伝わってきてキュンキュンさせられます。
律がドキドキしてしまうのもわかります。
高野の俺様っぷりは、愛があるしギャップもあるから好きです。

今回は、純情シリーズでお馴染み、井坂さんも登場していて、律のつつき具合がサイコーに笑えました。
あと、恋愛に平行して、出版社の裏側もしっかり描かれていくのも、このシリーズの楽しい所です。

描き下ろしの、2人の中学編&カバー下の描き下ろしも面白かったです。
中学時代の律のピュアさは、本当に可愛いかったのになあとしみじみ思いました(笑)

高野と律の関係は…横澤の想いはどうなるか?
まだまだ解明されていない部分が多いので、続きが気になる感じです。

1

攻様の猛アタックに・・・

二巻でもまだくっつかないんですね~。
律ちゃんが素直じゃないのと、横澤が頑張っているせいかな?

横澤は、政宗が好きなんだろうけど、
律ちゃんへのあの態度は、年上のくせにどーかと思うな・・・。

どんなに拒まれても、攻める政宗がカッコ良いです。
やはり「抱くぞ」がすっごい素敵でした!

昔もそのくらい態度に出してくれてたら、
律ちゃんも誤解せずに済んだのにね。
巻末の高校時代の二人のストーリーも面白かったです。
昔の素直で一途な律ちゃんも可愛いけど、今の方が断然いい!

次巻あたり、さすがの律ちゃんも折れるかな?

2

高野さん報われない…

 二巻が終わりました。

 とりあえず今回の見どころは、高野さんの嫉妬と、律ちゃん間一髪……でしょうか(笑)

 にしても、本当、高野は報われないですよね。
 こんだけ、律ちゃんに対して「俺はお前のことが好きだ」って言ってるのに、ちっとも信じてもらえないなんて。

 そして、横沢さんが謎すぎる。
 横澤さんは本当に高野さんのことが今でも好きなのか……。

 律ちゃんには敵意バシバシなんですが、高野さんに対しては「ちょっと過保護なお兄ちゃん」くらいの感情しかなさそうに思えるんですが……
 でも、「付き合ってるのか?」って聞かれたら「付き合ってる」って答えるし……
 まぁ律ちゃんに対してだけですが……。

 これがなー、律ちゃんに対する牽制だけだったらいいのにねー。
 多分、一番本心が読めないのが横澤さんのような気がします。

 彼がいなければもう少し順調に物語が進むと思うし、高野さんももっと早く報われると思うんですが。
 横澤さんからしてみれば、あんなに高野さんのことを気づ付けておいて、またのうのうと恋人の座に律ちゃんが納まるのが気にくわないって気持ち続きはわからなくもないんだけど……。

 とまぁ、そんな感じでちょっともんもんとする二巻でした。
 でも確実に二人の接触具合は濃くなって行ってるし。
 恋に堕ちるまでの日数は減っているから、期待して待ってます。

1

あー高野やべぇ・・・

編集長・高野政宗×新米編集・小野寺律の第2巻目です。
いやー萌えた!!ほんとに萌えましたっ(*^_^*)ヤバいです。
中村春菊先生は本当に素晴らしい作品をお描きになりますねぇ。早く過去に一体何があったのか知りたいです!!
ていうか高野さん!!私は耳元で「大丈夫 ヘマしそーになったら俺がフォローしてやるから がんばれ」なんて言われたら、絶対に惚れます(断言できます)律ちゃん早く流れるなり、認めるなりしちゃえよっ!!本当はもうすきなんでしょ??
でも横澤が、かき回して、律ちゃんがグルグルしている様も見たいという・・・。
しかし「小野寺 抱くぞ」はヤバい!!でも武藤先生・・・邪魔すんじゃねぇ!!と思いました。もし電話がなかったらという妄想を何回したか・・・絶対に流されていたしっ!!あーほんと続きが早く読みたいです!!
そして小野寺出版の佐伯さん・・・彼女の「お前のせいで以下これだけの人が迷惑しているんだ!!」のリストをぜひとも私の職場の人間にも作って渡してやりたいと思いましたね・・・。

1

かっこよろしかったデスv

友達に借りて読んでるので1巻を読んだのがあまりに前すぎて若干どんな話だっけ?状態のまま読んでみました。

ふふふ。
メガネ男子は好きです。
こういう男好きですよ。
メガネかけてなくても好きですよ。
今回は「抱くぞ」がかっこよろしすぎてヤバかったです。

律も完全に気持ちがいってるように見えるのに何かと抵抗(気持ちの上では)してるあたりがかわいらしいというか。
邪魔さえ入らなければとっくに流されちゃってただろうにね。

そして、毎回毎回見事なほどのオチ?にさすが春菊さん☆と思わずにはいられない感じで。

あとは、井坂さんのお気楽な感じがすごく好きですv

1

じれったいけどそこがいい

一巻と比べてそれほど進展があったわけではないけど、それでもドキドキ感があって楽しい。
律があまりに高野に対して過剰反応して逃げてるのがじれったい感じもしましたが、いづれ律が再び恋に落ちた瞬間を考えただけで萌えます。

高野がクールであまり周りに頓着しない感じ人間だからこそよけい萌えるんでしょうね。
「抱くぞ」ってセリフすごくいいw

早く続きが読みたいです。

1

あと270日

今回も相変わらず律は高野さんに振り回されっぱなし。
はやく好きだって認めちゃえ!!
でも、悩んだり、焦ったり、誤魔化したり・・・
自分の気持ちを全否定しようとしている律が可愛くて好きです。
これから二人の距離が縮むのか、それとも相変わらずなのか。
まあ、恋に落ちるまであと270日と言うことなので
ゆっくり2人の関係を見守りましょう。

今回のカバー下は編集部の美濃さんが出てきます!
彼の本性が明らかに!?

2

初恋のくせにっ…いいことづくめ

丸川書店シリーズ第2巻です。
律ちゃん、あいかわらずグルグル・バタバタ…
悩んでます、働いてます。
(仕事に恋を、思いっきり持ち込んでますが…。)
高野さんに、あーんなことや、こーんなことされてます。
(上司と部下で…まじ、ヤバイでしょう…?)
にもかかわらず、まだ落ちてません。
(ここまでされて…落ちないなんて、もはや難攻不落の城!
 普通は落ちてますよ、普通は。)
ライバルらしき人もいますしねぇ。
(律ちゃんのストレスの引き金ですよ、横澤さん。)
このお話、まあ100歩譲って、大変なのは認めましょう。
でも私は…声を大にして言いたいですよっ。
「初恋のくせに生意気すぎる、こんな恋愛!」
(それも、グルグル悩んでるうちに、相手から告白されてるわ、この子。)
考えてみれば社内恋愛って、いいことづくめなんですよねぇ。
苦痛なはずの通勤も、根性でやれるようになるし、
(逃げるのは律ちゃんのプライドが許さないだろうね。)
仕事でイイとこ見せるべく頑張れます。
(高野さんを、その座から引き摺りおろす?のよね?)
おまけに、いつ何があるかわからない緊張感ま続きであります。
(ふいうちで、あーんなことされましたっけ…。)
ここまで揃ってて、イイ男に成長できないはずがない訳で…
だからこそ、社内恋愛は最高のシチュエーションです。
(女からみれば、羨ましすぎ。)
これは断じて恋じゃない! …なんて、いつまで言ってられるのか?
さあ、春菊様、どう決着をつけてくれますか!

2

続き!

ほぼ半分の内容はもうドラマされてしまった。続きが読みたい!
「恋に堕ちるまであと270日」
あと何年を経って二人は一緒になれるのかしら?…
つーか横澤さんジャマ!二人の恋を妨げないでほしいな~誰が、誰がこの人を連れて帰ってください!o(T▽To)
言い過ぎてすみませんでしたorz
律、早く高野さんと仲直りして……

1

乙女部スピンオフに期待!

中村春菊さんのコミックス読むといつも感じるのですが、ひとコマが大きいんですよねー。表情とかしっかり見れるからいいっちゃいいんですがなんか圧迫感が・・・笑しかもあっという間に読み終わっちゃって寂しい(ノд-。)クスン
でも高野さんの目元のアップは素敵・・・vvv(〃д〃)

今回のカバー下漫画は未だ謎の多い美濃さん話v
以前シエルで木佐さんのスピンオフを読みましたが、そちらも大変面白かったので、今後も丸川書店乙女部のみなさんのお話に期待してます.+゚(*´v`pq))

1

以下ネタバレ満載です;

いや~まだくっついてくれない。
あんなことやそんなこと(?)されてもまだ、律は堕ちないのかー!
というか、政宗さんのほうから告っちゃったじゃないですか!

横澤さんの存在がいまだ謎。
政宗のことが好きなのか・・・それとも友達?とはあまりおもえません(笑)
政宗が律のいないとき、そんなに荒れていたのか!
と吃驚しました。
というか律、、、許婚居たんですか!!!?
え、律が告白する前から政宗は律を知っていた?

ど、どうゆうことだ・・・
謎だらけの2巻です。

3巻が早く読みたいです^^

1

続きが気になって仕方ない

律、早く恋に落ちてくれー!
毎回お話の最後に「再び恋に落ちるまであと・・日」ていうのが気になって仕方有りません。
まだ200日以上ある><

今回も横澤さんが律に牽制するのがよかったです。
「政宗は俺のものだから」って律に言った後に「余計な事するんじゃねーよ」
この微妙な三角関係がたまりません!!
律は一人グルグルしてるし、なのに恋じゃないと振り切る。
高野は律が気になってるけど、まだどこか抑えてる感じもしますね。
押し倒した時、「俺はお前が好きだ」と直球で言うのがたまらんです。
何度も言ってるんですけどね、律、聞こえてるのかな?
かなり高野に恋してると思うのに、律はやっぱりやさぐれちゃったのかー。
認めないですね。
横澤さんは高野とどういう関係なのか?
今のところ大学の同級生しか分かりませんね><

それと高野がダメ人間になったキッカケ。
律の許婚、この後の話で出てくるかな?
あと文芸のあの方、さりげなく律をお食事に誘ってましたが、もしかして絡んでくる事がある?
もしそうなら高野の行動が気になるところ。
今回みたいに嫉妬してくれるならドンと来い続き
律が夢で見るあの高校の思い出が毎回楽しみのひとつです。
この二人がどうして別れたんでしょうね?
で、律が全部忘れてるのもまだよく分からない。
催眠術でもかけられてるんじゃ・・・??

10月に3巻が発売という事で!非常に楽しみです^^

3

お も し ろ い !

やはり中村春菊先生の漫画は面白いなーと、うん。
確かに『純情ロマンチカ』と似ていますが、たとえ似ていても読者を惹きつける要素が組み込まれているので先生さすがです!!
他のBL漫画や小説なんかでも似たような展開の話とかありますが、どこで読者を萌えらせるかがポイントなんだと思いますねー。いやーしかし今回も萌えさせていただきましたw

しかし、政宗と律にはお互いに誤解している部分が何なのかが気になります。お互い両思いなのに…一体過去になにがあったんだァァァァァ!!!って感じです。←

まあ、それが解決すれば一気にアレなんでしょうがね。(何あれってw)

この続きの3巻は10月に発売されるのでかなり楽しみです!(@'ω'@)
少しでも進展していると嬉しいなー…。そして「恋に堕ちるまで○○○日」が何日になっているかなw

2

初恋ってやつぁあ

1巻も面白かったですが、2巻はさらにウマ(ノ∀`*)ペチ
実は編集長が好きだった先輩だったということがわかり。
なぜか先輩にくどかれ。くどかれ。くどかれ。
やめたはずの初恋。傷ついて性格までゆがんでしまったというのに、なぜか先輩も傷ついている?
ということで、ハチャメチャ振りはあいかわらずなんですが、ラブメロぐあいがましております。
久しぶりの結合まであとちょっと!!←ぉぃ
ただ、作品作りはやっぱりこの先生うまいんですよね。
「好きになるな」「気づくな」と言い聞かせる気持ち。
それとは反面にドキドキして、どうしようもなくて。
抗えない気持ちもあって。
読んでいて思わずそのドキドキを自分とリンクさせてドキドキさせていただきました。なんか心臓の音が聞こえてきそうというかww

先輩の話。
告白する前から~な部分きになりますね。
なんだかすさんだ家庭環境だったようですが。
これから徐々に明かされていくんでしょうか。きになるところ。
気になるといえば、個人的には横澤さんが受なのか攻なのかが非常にきになっております。どうなのよ。どうなのよ。
ある意味先輩の方が続き受だったりすると、攻てるときに想像できてニヤニヤするんだけど・・・・

2

・・・・・。

中村春菊マジックにかかってる一人です(笑)

なんだろな~
特別な展開じゃないし~
なかなか話し進まなくってイライラしちゃうんだけれど
その反面
胸キューンしたりドキドキしながら読んじゃうんです&買っちゃうんです・・・。


チューしたりH?(未遂)したりを
繰り返してるのに まだ恋じゃない!!と律が叫ぶので
前回どこまでしたんだっけ?Hしたんだっけ?と
二人の進展状況がうまく把握できない(-"-)・・・のはあたしだけでしょうか?

1

相変わらずぐるぐるですw

2巻発売!待ってました>w<
展開が似てようがやっぱりこの主人公の流されっぷりとぐるぐる感がたまらないっ!くっつきそうでくっ付かない!早くくっつけ~!と思いながら読みました。残念ながら2巻目は危うく・・・までは行ったけど、くっ付くまでにはいかず・・・。やたらとでしゃばって来る横澤もうざく・・・(こういう人がいないと話が平坦になっちゃうだろうけどw)
恋に堕ちるまであと270日・・・。次の巻でくっつく気がしないorz すでに以前身体の関係があったせいか、ちゅーあり危うく?美味しくいただかれそうに(すでに半分食われてる気もしますがw)なったりでくっ付きはしないけど、おしい!感じがまた面白かったです。今回もカバー裏マンガ面白かったw

次巻は再来月発売なのはいいですね~。
とんでもないところで終わりませんように。次巻も楽しみです^^

2

面白いんですけど、時代物が読みたいんです

高野さん怖い、律くん必死。
高野さん怖い、律くん大変。

漫画編集で四苦八苦し、高野さん絡みで悶々とし、上手くいくかと思いきや、いちいち足踏み状態になって・・・

各話毎に「恋に堕ちるまで」のカウントダウンしているので、まだまだ先は長いんだとわかるのですが、それにしてももどかしい。
高野さんが「好き」って言ってるんだから、もういいじゃない!って思いますが、今度はなんですか?漫画編集極める宣言!どれだけ負けずぎらいなんだか。(後ろ向きスキーのくせに)

まぁ、いいです。律くんのグルグル加減もなかなか面白いので。
それにしても、まだ「あと270日」もあるよ・・・はぁ。

で、もうこうなると恒例です。中村てんてー、時代物描いてください!!!!!何度でも言っちゃう!

1

欲しい所にちゃんと萌えがある

正直な所、こちらでのレビューを見るまで
2巻の発売を知りませんでした^^;
てか、「The Ruby」掲載時に既に読んでいたので
コミックになってもわざわざ買わなくてもいいかな?って思ってたくらい…(ヒドッ!)

それでも、ロマンチカで春菊マジックにかかってしまっているため
新刊が出た、となれば
無条件で手に取りたくなってしまうんですよね^^;
で、1回読んだ内容だし。。。
ってことでかる~い気持ちで読み始めたんですが。。。

やっぱり(・∀・)イイ!!
小野寺くんは相変わらずグルグルしちゃってるし
高野編集長も相変わらず無愛想で、ますます律を不安にさせちゃってるし
営業の横澤もいらん事言って律の邪魔をするし
井坂専務はへらへらしてるし(←あんまり関係ないww)
いつもながらの春菊さんのシナリオ展開なんだけど。。。

こっちが「この辺で萌えが来るか??」ってところで
その期待を裏切ることなく
萌えゼリフや萌えシーンをドカーーーン!とかましてくれるので
まんまと春菊さんの策略にはまってキュンキュンさせられるわけですw
春菊さんの漫画はこうでな続きくっちゃ!!
(もとさんのタイトル、パクっちゃいました。スイマセン!)

だから、「ワンパターン」と言われようが「よく似た展開」と言われようが
それでいいんだと思うんですよ!
BL界の水戸●門、桃太●侍でいいんです!!
(すごい陳腐な表現でスイマセン^^;)

描き下ろしは、高校時代の律と(旧姓)嵯峨先輩のヒトコマ。
無自覚で萌えセリフ吐きまくりの律が可愛い!

でも、それ以上に良かったのは
春菊さんのコミックではお馴染のカバー裏(?)の4コマ。
エメラルド編集部の癒し系・美濃の実態が明らかに??w

なんか、結構酷い事書いた気がしますが
私的には文句なしの神評価です!

1

菊乃

>もとさん!
コメントありがとうございます^^
まさに春菊マジックなんでしょうね、これがw
今回も、見事なまでのお約束展開なのに
そこにちゃんと極上の萌えを用意してくれてて嬉しかったです!

そして、読者側も小冊子全プレとかお弁当箱とかに
喜んで釣られちゃうんですよね^^;
え?もちろん私も進んで釣られますよ!w

もと

何というかホントお約束なのに、毎回きっちり萌えどころは外さないってのがスバラスイですよね!w
みんな好き放題書きつつ「でも好きだ」というのがまた笑えるw
でもほんと、この調子で頑張ってほしいと心の底から思います。
王道中の王道、これでいいんですよね!(*´ω`*)

ステキ上司にご注目!!

出版社の少女漫画担当になった律と編集長の高野さんの物語の続編です。

待ってましたぁ~!!
中村春菊ワールド全開ですよ★
話のもってき方とか描き方、見せ方ホントに素晴らしいッ!!
「恋に落ちるまで○○日」
というカウントダウンが長~いと思いつつ..
高野さんのことでぐつぐつ煮えてる時点でもう恋落ちてるから!!
 
まぁ、認めたくないとあがいてる所も律のかわいいとこですが(m>ω
高野さんは強引に、でも優しく律に攻めてくので、もぉ~ホント萌える!!
傷の手当てから律を押し倒すときの高野さんの「抱くぞ」というセリフで、読んだ人の萌え度は急上昇するでしょう(笑)

10月に発売の3巻楽しみデスね★

2

これでいいのだ??

私の中ではもうすでにミラクルの域に達している中村作品。
毎回似た展開、しかもそれが強引だし、なのになぜか受けがほだされちゃってるし、ライバルっぽい相手にいらいらうだうだしちゃってるし、いきなりキスやらそれ以上に持ち込まれちゃうし、えー?なのに、毎回それなりに萌えてしまうし次巻も買ってしまう。
先日、1巻の再販がまるで新刊のように新刊コーナーに置かれててうっかり間違え買いをしてしまったのに!! こんなやり口に腹が立ってるのに!! 2巻買いました。私怨ですみません…表紙が毎回同じ感じすぎるっちゅーねん!
角川が押してきてるのはわかるし、売れてるのもわかるんだけど、なんか最近の売り方が本当に気に入りません。作品には関係ないんだけど、あこぎな感じがしてね…微妙に気分が萎えます。

さて、今回は進展したかというと…全然してなーい! 相変わらず高野は強引で俺様ででもちょっぴり優しくてゴーカンまがいのことをする。
律の方も色々仕事ではちゃんと出来始めてきたかな?と思いつつ、相変わらず文芸に行きたがってるし。まあ今回心境の変化があって、やっと少女マンガの編集で行こうと思えたようですが、進展といえばそれ続きだけですねー。
結局今回も二人の過去の記憶の食い違いのこととか、それに絡んでくる横澤のおかしな態度の謎はわからぬまま、エロシーンだけは少し進展してしまうというよくわからないことになってましたね…。
途中、横澤についての高野の言動が、なんとなく姑を「そんなに悪い母じゃないよ」と言ってる夫みたいに感じる一場面がありましたね。わかってねー!!みたいな。それにちょっと和みました。イラッともしたけど。

うーん、ストーリー展開の?なところや、デッサンが丸狂いな所が何か所もあってエロシーンは何やってるのか分からなかったり、キスシーンも変だったりするのになー、でもなんか好きと思わせるのはなぜなんだろう?
ホント中村マジックとしか…私の中では腑に落ちない。つか毎回中村作品ではこんなこと言ってますね、私。
本当になんでかわからないんで説明できないのがもどかしいんですよ。
だけどこれでいいのかな?と思ったりします。中村春菊さんの個性というかね。テンプレでもいい!というか中村テンプレなのがいいのかもしれません。その分安心して読めますし。
ま、そんなわけで3巻が出たらきっと買うんだろうと思います。でも今度はしっかり巻数確認します!

4

もと

◆ミドリさん
自分のレビュを書き終わってから人のをじっくり読むことにしてるんですけど、皆さんの内容が似たり寄ったりなのにちょっと笑ってしまいましたww

>私も中村先生はコレでいいんだと思います。
なぜかそう思ってしまうんですよね、不思議で仕方ない。他の作家さんがこうだったら多分こんなに寛容でいられないと思うのに、なぜ中村春菊さんだけはOKなのかは自分でわからないのが不思議ww
お約束の時代劇を毎週見てしまう気分に似てますww
そうやって新刊買い続けてしまうんです。

>正直純ロマもそろそろ終わったほうが・・・(略)
あーこれは私もそう思います! そろそろネタ出しがきつくなってきたような…。
美咲もそろそろ観念して収まるといいよ!と思います。
正直エゴイストやテロリストが時々はいるんで、前巻の展開を思い出せない時もありますしね(^^;

ミドリ

おはようございます、もとさん
ですよねーなんか、同じ展開ばっかり見てる気がするんですが、
私も中村先生はコレでいいんだと思います。
これがこの方の味なのかと。
そして釣られて買ってしまうんだし。
正直純ロマもそろそろ終わったほうが今後のグダグダ展開は回避できるんじゃ…
なんて思いますが、結局続き出たら嬉しいし買っちゃうし、
それでもコレでいいんしょうねぇ、きっと。

ウェイパーみたいなコミクス

私は「味覇(ウェイパー)」という中華スープの素を好んで使っているんですけれど、こちら、美味しいけれど、炒飯でも八宝菜でもラーメンでも同じ味にしてしまうという若干苦笑いな代物なんです。
そして…この喩えは一体なんだと自分でも思うんですけれど、中村先生はまさにそんな感じだと思うんです。
「純チカ」「世初~吉野千秋の場合~」(小説)と同時進行だからか、今まで発行されたお話と大体が同じあらすじだと思います。
攻(高野)が受(小野寺)に強いんだかユルいんだかのアタックを繰り返し、受はうやむやながらも結局は受け入れるという…。
せめてそれが逆ならばまだ新鮮味があるかなぁとも思いますが、全部同じ感じなので、それぞれがそれぞれのイミテーションに見えてしまうのが残念です。
それでも何故か一気に読んでしまうのは、もはや先生の魔法だと思うんですけれど(笑)
一番よかったのは…ラストのお話でしょうか。
片思いがつぶさに描かれているのは、掛け持ち連載の中でもこの作品だけだと思います。

あとなんとなく気になってしまったのですが、上記の通り、3つの連載モノを抱えていらっしゃるからか、ちょっと人物続きのデッサンが崩れてきてしまっているかなぁ…と思いました。
擬音や手書きの言葉がやたらと太字だったりするので、画面の密度が高すぎてちょっと暑苦しい…?
連載掛け持ちで展開的にかぶってしまうよりは、どんなに時間がかかっても良いので全くちがう味の作品が読みたいです…。

それにしても「恋に落ちるまであと○○○日」っていうラストの数字が、やっと200台です。
6巻ぐらいまで続くのでしょうか?何年越しの連載になるのでしょう…。

3

デジャヴ……?

「なんかどっかで読んだような内容………」
これが読み終わった後の最初の感想。


基本的な話の流れは『純情ロマンチカ』と同じです。
受の言葉なんか聞かずに余裕顔で押して押してのクール攻に、そんな攻に翻弄されては無限ループに陥りやすい受。
ちょっと前進したかな?と思えば、間男みたいな第三者が出てきて、受はグルグル悶々。
そして、恋愛要素以外では、俺様的な性格の攻に対してキレまくる受………。


同じ作家さんの作品とは言え、違うシリーズのモノを比べるのはどうかと思いましたが、
2巻目だというのにあまりにもキャラの性格や話の流れが同じで、新刊なのに新鮮味が無くて物凄く残念でした……。


2巻目だし、多少の進歩はあるかな?と思ってたんですけど、思いっきり『純情ロマンチカ』の二番煎じっぷりなので読み返しは無いと思います。

3

これは萌えるでしょう

流石の中村春菊先生。うまいです。
話はどれも似たようなかんじなんですけどねー(笑)
ていうか、純ロマシリーズにしても世界一初恋シリーズにしても、
カバー絵からして“受困惑、攻様余裕顔”で統一されてるし。
テロリストに関しては関係性的にそれが逆になってますけどね。
そして内容もそのまんま、受が攻に愛されまくって受は困惑しつつも攻に惹かれていく話がほとんど。
で、話の中心も主に受のグルグル葛藤。
…なんですが、なぜかこれが面白いんだから、やっぱり流石中村春菊というべきでしょう。

1巻で政宗にもう一度俺を好きにさせる宣言をされちゃった律。
困惑しつつも政宗にはどーしようもなく惹かれてしまう。
政宗の俺様なところとか、でも実は優しいところに思いっきり振り回されまくりの律。
そしてライバル出現!?
当の政宗は律にばんばんアタックしてくるし、律の頭の中はパニック状態。
そして結局律が引っかかっているのは過去の二人のことで…。

やっぱり律はグルグルしてます。明らかに政宗に惹かれているのに、それを認めない、認めたくない。
それでも政宗のほうは大胆に愛をぶつけてくる続きんですよね。
政宗…かっこいいです。
私ウサギさんはどーも好きではないんですが、同じ俺様キャラなのに政宗はすごく好きです。
ただただ律を甘やかすだけじゃなくて、仕事ではしっかりビシバシとしごいたり、律に対して優しいだけじゃないところが素敵。
…そのくせ肝心なところで優しい。
アレは惚れてしまうでしょう。…というか、やっぱりギャップ萌えなのか。
「抱くぞ」とか。アーーーー萌えたvvv
2巻では律もようやく自分の気持ちを認め…たのかな?
二人の距離はすごく近づいた気がします。
巻末の高校時代の二人は相変わらず濃いね。
高校時代でこれだから大人になったらどんなエッチしちゃうのかなっ
早く拝ませてくれ~~ハァハァ

3巻も10月には発売されるようで、早く読みたい~vv
純ロマも9月発売みたいだし♪
…でもできたら純情ミステイクがコミックスで是非是非読みたい!!

3

ミドリ

子助さん、こんばんはー
ミステイク、ぜひぜひ読んでいただきたいんですよー
DVD限定版についてくるやつだったんですけど、朝比奈×井坂ですよvv
本編でもどことなく匂わせてくれてましたが、がっつり彼らの物語でした。
コミックスとかなんかにこの二人の話が載ってくれたら嬉しいんだけどなー
純ロマも新キャラがいっぱい出てきてますし、世界一初恋も木佐翔太の場合が始まってるし、
今後が楽しみなシリーズですね♪♪

子助

完全に忘れていたぁ

ミドリさんのおかげで買いにこうと思いましたぁ

ミステイク 気になります。

発売全然しらなかったのでたすかりました。

3巻も12巻もたのしみですね

ミドリ

菊乃さん
そうなんですよー私も一週間前くらいに発売を知ったんです。
もっと大々的に告知してくれてもよかったのに!
久々に“中村春菊パニック!”フェアですよー笑
9月に純ロマ、10月に世界一初恋、11月に世界一初恋(吉野千秋)が発売されるようです!
私もミステイクのためにDVD買ってました♪
めっちゃ好きなカプなんです!!今の二人の話も読みたいんですけど!
CDにしてくれてもOKなのになー
置鮎さん×モリモリなんて、めちゃくちゃオイシイですよね?!

菊乃

ミドリさ~ん!ありがとうございます!
ミドリさんのレビューを見るまで
2巻の発売のことをすっかり忘れてましたよ!
しかも、3巻も発売決定&純ロマも9月って
久しぶりに春菊先生ラッシュになりますね!!

>純情ミステイク
これが読みたいが為だけにDVD買っちゃいましたw
ぜひすべての純ロマファンに読んで欲しいので
コミックスになってほしいです。
つか、ドラマCDも途中で止まってるので
そっちに入れてくれないですかねぇ。。。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ