千夜一夜 ―しとねのひめごと

千夜一夜 ―しとねのひめごと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神20
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
115
評価数
25件
平均
4.6 / 5
神率
80%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862636447

あらすじ

偶然見てしまった激しいSEX──穏やかな笑顔で人気のバーテンダー・葵の気が向いた時だけ、彼を抱くことを許された翔太。濃厚な愛撫で激しく誘うくせに、自分がキモチよくなろうとはしないのはなぜなのか。謎の多い葵に翻弄され続けるが…。カラダだけでなく、ココロの奥まで結ばれる愛をあんたにあげたい。大量描き下ろしアリ!
出版社より

表題作千夜一夜 ―しとねのひめごと

バーの用心棒・翔太
人気のバーテンダー・葵

その他の収録作品

  • Scheherazade
  • Acid
  • おはよう、おやすみ
  • assala:m alaikum

評価・レビューする

レビュー投稿数12

ストーリーもカラダも骨太な名作です

あー、いい話だなぁ。

というのが読み終えて最初に思ったことです。
ドキドキとかきゅんきゅんとか感じて
日常の疲れを癒すためにBLを読んでいますが、
こちらはそういう部分とはかけ離れた作品でした。
確かにエロいしガチムチにも程があるしって感じなのですが、
そこじゃない!!

過去のとある事件から強いトラウマを持つにいたった葵と、
彼に恋してしまった翔太のお話で、
これにアラビアンナイト風の昔話を織り交ぜて進んでいきます。
最初はこれがよく読み取れなかったのですが、
進むにつれて琴線にじわじわと効いてきます。非常に巧みです(何様)

それに加えて、受けである葵の心情の変化に関する表現が圧巻。
セリフやモノローグで「説明」するのではなく、
表情で、行動で、周囲の登場人物達とのやり取りで、
葵の気持ちがストーーーーーンと胸に落ちてきます。
葵が一度は決別した父親と電話で話すあたりから(翔太〜〜〜)
うるうるきだしてラストでは滂沱。ホントよかったねぇ…。

『千』の評判がよかったので、『ライアテア』を手始めに
いくつか岡田屋さんの作品を読みあさった続きのですが、
一読の価値ありだと思います。深い。

お話のレビューとは関係ないので申し訳ないのですが、
こちらのような過去の名作をどんどん電子化していただきたいものです。

0

エロいがストーリーも良い

『千』シリーズがとても良かったので作家買いしてみました。『千』シリーズよりも絵柄が若い。構図もちょっとぶれているところがあったり、ガチムチなキャラが出てくるので苦手な方はいらっしゃるかも。しかし、ストーリーはさすがの一言で、グッと引き込まれてしまいました。

美人で、危うい魅力を持ったバーテンダーの葵。
そんな葵に惚れちゃって、彼に良いように使われている用心棒の翔太。

葵の抱えているものは何なのか、鬼灯からちらりと垣間見れる葵の過去は何なのか、この二人がどうなってしまうのかページを捲る手が止められませんでした。

そして翔太が漢なんです。
どんな酷いことをされても、葵を支え、立ち直らせようとする彼の男気にほれぼれ。『人を愛する』というのはこういうことなんだなあ、と。

葵が、セックスをすることで現実逃避していたことから、確かに性描写はかなりある。が、前半のただ行為の没頭していた時の葵と、葵の昔の恋人や気持ちが通じた後の翔太とするセックスの時の表情なんかがまるっきり違っていて、その表現力の高さにびっくりしました。
激しい描写は描かれてはいますが、根底にあるのはまさ続きに『魂の救済』で、非常に奥深いお話でした。

ところどころで出てくる千夜一夜物語もいい。
読み始めた時は「?」と思いましたが、ああ、なるほどと思えるナイスな演出でした。

0

閉ざされた心を解放するには

萌えっていう意味ではBL的に辛いかもしれないです。
ガチムチっていうより完全にボディービルダーの域。
しかも途中で二人とも五分刈りになってしまいます。
(そしてスポーツ刈りくらいまで伸びる。)

しかし、ストーリーの骨太さが素晴らしい。
心に傷を追った人を愛するということ。
そして再生させるということ。救済されること。
肉体の力。日常の力。意志の力。
恋人の、親子の愛の力に感動させられました。
これでもかとガッツリ泣かせに来てます。

あとがき、この方がシルバーラブ(SL?)を書いたらどうなるんでしょう…
やはり想像を超える素晴らしい作品を出してくるんでしょうね。
他の物語でもいいのでぜひ読んでみたいものです。

途中で挿入される千夜一夜物語を
最後にもういちど読み返すとなるほどなぁと思いました!

2

感動です!

『千』で虜になってしまった作家さんです。こちらはエロエロの評価が出ていたので、ストーリー性に余り期待してなったのですが・・・・・
もう、ズッキュンと胸を撃ち抜かれたように感動に出会えました。

できれば、シルバーラブも読んでみたいものです。

0

心に残るお話でした

これ程心を打つ作品を久しぶりに読んだ気がします。
この作家さんのお名前は以前から知っていたのですが、1つの作品を最初から最後まで読んだのは初めてでした。もっと早くに読んでおけばよかったと思いました。
「いいお話を読ませてもらいました」というのが読後直後の感想です。
私はこういう、お伽噺とか民話が下敷きになっているお話がとても好きなのですが、その語り方がお見事でした。
アラブと日本という、全く違う舞台にも関わらず、アラブの華麗な衣装も、日本のしっとりとした着物もストーリーに溶け込んで美しかったです。
題材はお伽噺なんですが、リアルでドラマがありました。
重いお話なんですが、一筋の光があって、決して絶望ではない。
年下の一途で懐が深い翔太の愛の深さが素晴らしかったです。
とても切なくて、でもとても暖かい愛を感じる作品です。

3

ガチムチ

しょっぱなから3P。
いいよ!いいよ!
こういう絵を私は待っていた。
エロエロです。
大好きです。大きな男が3人。
しゃぶっているのと入れられているのがたまりません。
有料なので味わい尽くさないともったいないもんね。
お金かかってます。
そこまでしないと身体がとまらない・・・。
前の男はよっぽど満足させてくれたのだな。
悲しい思い出と共に。
物語が本当に素晴らしいです。
攻めが一生懸命受けの為に身体張っています。
最後は幸せで何よりです。

0

コントラスト

口説くって、こうだよなって思うような、真剣なお話に感じた。
千夜一夜を説く描写と本編の描写のコントラストがステキです。
お話としては、小粋なbarの照明のような薄暗い陰から、少しの照明の明るみのその先へ導かれるような印象を受けた。
その先の途中、「おはよう、おやすみ」のやさしい感じもたまらんです。
ちょいちょいのとことか、おはようって擦り寄るとことか、愛の深さや満たされている感じを受けた。
この小話に限らず、全体を通して愛情の深さにほろっとする。

表紙と最後のカットの対比、たまらない構成です。
その指の絡まりも、たまりません。

あとがきまで必見です!
是非、そのあとがきの内容を読みたい!!

5

筋肉好きで、漢好きになっちゃう一冊。MLのバイブル!

表紙買いした一冊です。
ただ、表紙の絵でのみ中身の感じを決めてしまうと、
読み始めたときに抵抗感を感じることもあるかもしれません。
筋肉描写が激しい感じのお話ですので、それさえクリアできる方にはとってもオススメです!

設定は、「年下の元ボクサーで便利屋×年上バーテンダー」で一冊が完結しています。
好みのはっきり分かれる絵だとは思いますが、
ストーリーと絵がとってもマッチしていて、読みやすいです。

さて、以下、評価と感想です。

■一言で言うと・・・
『表紙も物語の一部な作品』

■絵:★★★★★
一度好きになるとやみつきになる絵です。
とっても筋肉です。
そして、結構、露骨です。
しかし、何となく筋肉系が苦手程度の方は、この一冊を読めば、きっと筋肉好きになるはず(笑)
■ストーリー:★★★★★
悲しみと喜びが良いバランスで入っている作品だと思います。
読んでいる最中の先が予想できない感じがたまりません。
そして、最後にはきちんと読み手の感情移入を救いとってくれる展開なので、
たった一冊なのに大きな満足感が得られます。
メインの作品に「続きアラビアンナイト」を意識した導入的な描写が入るのですが、
これがまた良い味を出しています。
読後感がとにかく最高。
男でと男ではなく、漢と漢。
「10年後のシルバーラブ」、ぜひ読んでみたい作品です。

■読者として向いていると思われる方
筋肉好きで、漢好きな方、もしくは、そういう系に抵抗を感じない方。
抽象的ですが、どっしりとしたお話が好きな方。
ML好きな方。
■読者として向いていないと思われる方
骨太で、露骨な絵が苦手な方。
ストーリーより絵重視で、かつ可愛い系のまさにBLを好む方。

3

無性に切ねぇ

冒頭からやらかしてくれたますよ。
耐性ないとキツイ方もおられるんじゃないかと。……3P。ドロドロ、ムキムキ、エロエロみたいな。
でも、とっても自虐的で、読み返しての1ページからだと切なくてね。
 
闇を抱えた美人バーテンダー葵に惹かれている翔太。
この翔太がデカイで男で良かった(涙)
器がデカ過ぎるよ。翔太に乾杯!
 
葵は昔の男のせいで人生狂わされて、自暴自棄。
戸籍まで変えて、やっと普通の生活を送れるようになったものの、自虐的なまでに男とのSEXに溺れてる。
そんな葵を大きな愛で翔太が救うって話。
 
かなり重い話です。
切なくて涙でます。
 
その事件が起こる前の葵は真面目で控えめでおっとりしてる性格……だったのかなっと、絵から推測できます。(←私はね)
そんな葵が現在に至っている状況を思うと、心が痛くなりますね。
無意識なDVとか、SEXに依存してるところとか、そんな変化からも壮絶な人生送ってきたんだな、とか思っちゃいます。
 
それにしても、そんな葵を翔太が「そうじゃないよ」と諭すシーンがあるんですが……素晴らしいですね。
でも、翔太的続きには切ないですね。
 
ああああああ、読んでない人にはわからないレビューになっちまった。

書き下ろしはラブラブなお二人が描かれており、1冊通して最高です。
連載分だけじゃ、私の心が収まりきらなかったことでしょう。

4

愛に傷つき、愛に立ち直る

「タンゴの男」で見事な筋肉美を描写しつつ
しっかりしたストーリーで引きこまれてしまった岡田屋さん。
BBCでもしっかり骨太のストーリーで人生を表現してくれました。

男は嫌いだが、掘られるのは好き。
と有料チンコにあえぐバーテン葵にひかれ関係を持つ翔太。
目の前で愛する男を殺され
「こいつにとっては、お前もただのオナホール」という犯人の言葉にとらわれ、堕ちてしまう葵。
なんとかオーナーがそれを救い出したものの、仕事をしていない時の葵は抜け殻のよう。
その彼のトラウマを翔太が必死に解こうと、葵の心を前へ向かせようと
する姿は、愛の力の何ものでもない。
亡くなった彼にも、本当に愛されていたと気付かされ
愛する相手として翔太と抱き合う葵は、本当に可愛い男の顔でした。
千夜一夜物語を題材に愛を信じられなくなった王と愛を説くシェヘラザードを、男同志に結び付ける、粋な設定が素敵です。
表題作のほか
お誕生日話の「acid」坊主には坊主で償う男気が!
早起きの理由「おはよう、おやすみ」恋する男の不安。
「アッサラーム・アレイクム」では葵が絶縁の父親と和解を。
そし続きて、10年後の葵と翔太も登場します。
少し40台の割に葵さん老けすぎなんですが・・・
葵の表情が変わっていくのがよくわかり、この一冊の中に人生がぎっしり詰まっているストーリーです。
画的にマッチョはちょっと~とためらう方にも
愛の話としてお勧めしたい一冊です。

2

ドラマがある

年下の元ボクサー・翔太×ワケありのバーテンダー・葵のお話。
エロてんこ盛りですが、お話は深いものがあると思います。

男は好きじゃないけど掘られるのは好きと言う葵に、惚れちゃっている翔太は、有料チンコ(葵の買っていた男娼)の代わりのように度々葵を抱くようになります。

葵がバーで見せる営業用の穏やかな顔と、店とは関係ないところで見せるワイルドで投げやりで蓮っ葉な横顔、さらに翔太にすら明かそうとしない寂しげな第三の顔。
そこには過去の恋愛絡みの辛い経験が関係していて・・・

千夜一夜の物語と絡めるようにお話が進行していきます。
裏切りや誤解、嫉妬に暴力、否定と抱擁、結局のところアラビアの王も葵も運命のいたずらに翻弄されちゃったけど、大きな懐で受け止めてくれる人が現れたおかげで、過去の誤解もとけハッピーエンドになりました。

続編「Acid」はただのバカップルになっていますが、描き下ろしの「おはよう、おやすみ」と「assala:m alaikum」が描かれたことにより、本編が完結したなと思います。お父さんとのやり取りははっきり言って泣けました。

翔太は、好きだと続きいう気持ちだけで葵の全てを受け入れてしまっているので、ただ葵に引きずられているように見えていましたが、葵の裏側に気付いた後はきりりとカッコよくなってきます。
何より葵の人生が大変ドラマチックなので、そちらにグイグイと引っ張られます。
エロとサスペンス、過去のトラウマの克服など、いろいろな方面から楽しめるお話です。

こうなるとオッサンになった二人の、ただのバカップルじゃないシルバーラブも読みたいです。

2

愛し方がわからなければ、まずは抱きしめてみる。

どんなもんかと思って購入した作品でしたが、これがクリティカル!!
絵柄もあわせてクセになる作家さんでした(ノ)ェ(ヾ)ムニュ
お話。
人気バーテンダーの葵。名前も本名ではないらしく不明な点が多い。
そんな葵が男と激しいセックスをしているのを翔太は目撃してしまう。
葵に淡い恋心を抱いていた翔太。誘われるままに葵と身体の関係を持ってしまう。
男とのセックスは好きだがホモは嫌いだという葵。
この葵の過去のトラウマ含め二人の関係を描いた感動作。

葵サンっていうのが、普段温厚爽やかに見えますが、外にでると性格一変。
狂暴な一面も併せ持つ。また、男の下半身が好きで気に入ったちんぽを見ると・・・。
それでもホモは嫌い。
この葵サンがなぜ男を求めるのか。なぜホモが嫌いなのか。
家に飾られた鬼灯の意味とは。というのがお話の流れになっております。
すべては、葵サンの過去。好きだった相手。その相手の死からの狂った人生にあるわけですが、作り方が絶妙なんですよね。
「昭和ロマンポルノに憧れます」との作者コメントの通り、全体的に昭和~な雰囲気あふれます。
狂暴で切なく狂うような描続き写がすごく魅力的。
かつ、両想いになって以降の、妙に甘い雰囲気もすごく良いのです。
翔太の誕生日に「髪そろえるくらい俺でもできるぞ」と言って任せてみれば丸刈りにされたりとか(翔太)。
誕生日「好きと言って欲しい」という翔太に「そんくらい」といいながらいえない葵サンとか。
「好き」を伝える言葉の変わりに、葵サン自分も丸刈りにしてきたりとか。
言葉にしない部分の描写もすごくウマ。
両想いももちろんそうですが、最後の両親とのまとめかたがすごく感動しました。読める作品。また読みたい作品になりました。
個人的にはすごくお勧めな一冊です

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ