ラ・ヴィアン・ローズ

ラ・ヴィアン・ローズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
50
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
20%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
平詩野
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
72 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

一方的で強引な愛情を押しつけられながらも、関わり合う相手の心を狂おしくもてあそんでいる魔性の男、横田一眞。
彼は同じ母を持つ、しかし父親の違う弟達と関係してしまう。
そしてそれを知った父親達までもが…。

表題作 ラ・ヴィアン・ローズ

右月皓一(攻・その1) → 森川智之

横田一眞(総受け) → 三木眞一郎

その他キャラ
大鳥真澄[飛田展男]/ 右月征治[堀内賢雄]/ 大鳥登[塩沢兼人]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

言葉の魔力@陵辱のデパート

エロだらけについては賛否両論あるんでしょう。
が、コレについて特筆すべきは絡みどうこうではなくセリフの一つ一つの異常さです。
変態すぎて、ワタクシの語感ヒューズが飛んだ。
大鳥登・真澄親子が生ヌル~くやさしい言葉を吐きながら、ほとんどホラーじゃないかっていう変態っぷり。
また、歪みまくってはいるものの、動物的な本能として一眞が好きで好きでたまりません的な愛も感じるからなおさらコワイ。

ことにスゲー…と思うのが、故・塩澤兼人さん演じる大鳥登で、いかに一眞が魅力的かつ魔性かをネットリと語りまくります。
うーん。言葉の魔力だなー。
さすが山藍先生、言葉の怖さをよく知っていらっしゃる。それを再現された役者さんたちスゲェ。
喘ぎ声でどうにかなる世界じゃありませんでした。

0

CD付属小冊子、見つけました。

このレビューは小冊子に書くべきか悩んだのですが、本編サイドストーリーもなく、終始裏話的なことが書いてあり、こちらに書いた方がいいかなと勝手に判断し、上げさせていただきました。

当時、山藍作品にすごいはまり、苦手なドラマCDをも手を出していました。
苦手なはずのドラマCDのはずが、この作品苦手じゃないのです。
私の好きなオジサマが2人も出ていたからでしょうか。
山藍さん独特の言い回しのせいでしょうか。
言葉使い、言い回し、本当に綺麗で終始、濃密な空気をまとっています。

さてさて、CD付属小冊子ですが、当時CDを買ったらついていました。
内容は山藍さんの前書きから始まります。

次に、挿絵の本仁さんの【山藍紫姫子先生の謎】
本仁さんが挿絵を依頼され描くに至ったことの顛末が、面白く描かれています。
特に笑ってしまったのが、担当Mさんから電話で挿絵の依頼を受け、どんな小説ですか?と本仁さんが聞いたところ、Mさんが内容を上品な言葉で語ってくれたのだが、本仁さんには以下のように聞こえたという。
「男好きする エロっぺぇニーチャンが 異父兄弟2人に犯られまくりーの、そ続きのパパたちにもほられまくりーの くんずほぐれず近親相姦めくるめく愛欲の世界、無制限チンポ5本勝負な小説」
身も蓋もないですが、その通りすぎてその通りなんですよね、この話しって。

【CD版 大鳥パパ-愛の美声】
これも本仁さん。
ドラマCDの挿絵を描くにあたり、大鳥パパをどうするのか、という話し。
小説では大鳥パパは「デブで糖尿」という設定の声を塩沢兼人さんが担当するということで、小説では大鳥登はブスだから描かないでいいと編集さんが言っていたそうで、描かなかったそうだがここではそうもいかず、思い悩んでいる様子が面白おかしく綴られています。

【ホンネ対談】
山藍さん・三木さん・森川さん・飛田さん・堀内さん・塩沢さんがトークしています。
今やベテラン堀内さんが、「仕事を選り好みするには若すぎる、自分の演技のバリエーションを増やしたい」「こういった作品はこれから開拓していただければ」と営業かけたり、皆さん若いなあという内容いっぱいです。

薄いのにお腹いっぱいで、これを読み、CDを聞くとまた違う味わいがあります。

0

近親もろもろ注意

原作が今ひじょうに読みたくて仕方ないの!!
すごい作品でした(*´∀`)ノ゚.:。+゚
平凡に生きてきた横田。ユメは平凡な家庭を作ること。
しかし、男とのイザコザに巻き込まれた事件をきっかけに生活はめまぐるしく変わってしまう。過去未来含めて殺伐とした世界。恋愛モノとしてはいかがなものかと思いますが、このエロスと狂気はすばらしいと思うのです。
リアル弟2人(母親のみの血のつながり。父は各別)に犯され、愛人契約を結ばされる。変わるがわるに犯され、翻弄され続け。
挙句、弟二人の各父親たち。彼らなら何とかしてくれる・・と思えば、「愛人契約のお金はどこからきているとおもう?わたしたちが出してるんだ。ということは、契約自体は、僕たちのものだよね」な発言もろとも、犯されてしまいます。どんだけメチャクチャなんだよキミら(笑
喘ぎや濡れ場は絶品でした。繰り返される痴態に思わずよだれ。
まぁ、基本的にはレイプまがい~なので、本質的に求める~なものがなかったのが残念かな。エロさが変わりますの!そこでww
一番ツボだったのは、言葉の使いかた。
「肛門が開いているうちに」な「肛門」
BLっ続きてこんな単語聞かない気がする。でもある意味、こういう身もふたも無い言い方が一番萌える気もする。
綺麗に飾りすぎた世界だからここそwww
開いた穴を覗き込まれる瞬間なプレイがこれまたウマ。
もう一度聞き直したらもっとミラクルな気持ちになれるかも。と思わせてくれる作品でした。
まとめかたが「あ~」と納得させてくれるくくりなのも良かった。

3

うわははは、みきしんの総受けキター

ラストの三木さんの独白がとても良かったです。こういうセリフを三木さんの声で聴くと、凄みが増すっていうか、背筋がひんやりしてゾクゾクするっていうか。

四人の男にかわるがわる犯られちゃう三木さん。
でも三木さんの喘ぎはねぇ…、せっかくの総受けなんだけど、私は三木さんは、やっぱり攻めのほうがいいなァと思いました。
ビミョーに物足りない。

ただこれ、同じシナリオで、いろんな声優さんの声で聞きたいなと思いました。
神谷さんならどうだろう?緑川さんならどうだろう?宮田さんなら?平川さんなら?鈴木さんなら?遊佐さんなら?たっつんなら?千葉さんなら?etcetc…
うおー、聴きくらべたい~!!!!!!
受け声優の喘ぎコンテストを脳内開催して、妄想だけで盛り上がっておりました。うへへへへ。

0

(((( ;゚д゚))))ガクブルってこーいうこと

一眞(三木)の母親が3回結婚していて
再婚、再々婚の相手がいるんですよ。

父親が違うけど血のつながりのある弟ふたりに
犯され愛人にされる兄 一眞(三木)。

そして、その弟ふたりのそれぞれの父親も
また一眞(三木)を犯し愛人にするw

【商事会社社長令息暴君】 (右月皓一)森川智之×三木眞一郎(横田一眞)
【外科医ヤンデレ】 (大鳥真澄)飛田展男×三木眞一郎(横田一眞)
【皓一の父親】 (右月征治)堀内賢雄×三木眞一郎(横田一眞)
【真澄の父親】 (大鳥登)塩沢兼人×三木眞一郎 (横田一眞)

(((( ;゚д゚))))ガクブルってこーいうことw

結局のところ一眞(三木)の母親の蒔いた種なのだろうか・・・
この母親に、そっくりの一眞(三木)に
かつて愛した妻を・・・母を・・・重ねていく 病んだ父子二組。
お金も地位もあるのに満たされない。
愛し方がわからないんですよ。

そして・・・
どんだけ酷い扱いを受けても、やはり最後は感じてしまう一眞(三木)も
また、彼らを惹きつけてしまう淫乱という性なのかもしれない。

大病院経営の大鳥登続き(塩沢)は、イ●ポなんですが
久しぶりに滾るっ!シーンは、すごい迫力っ!!!
やべーっ!すごいなぁ塩沢兼人さま。

商事会社社長の右月征治(賢雄)のスパ●キングも、すごかったwww

結局のところ、弟チームVS義父チームが
一眞(三木)を奪い合ったりするんですがwww

これって究極の【家族愛】?

愛ってナニ?

山藍紫姫子さんの描く薔薇色の人生。
BL初心者には、香りが強すぎてむせかえります。

2

4対1は、なかなかないでしょう

異父弟二人と、その父達相手に総受けの三木眞って事で、どんなものやろって、聞いてみたら、、

いやぁ、、、、

ごっつ、陰惨やった、



ものごっつ、エロエロやった


これだけ救いのない話も珍しいって言うか
あの「ラブ・プリズム」が、可愛い純愛ものに思えるくらい。

男に刺されて入院したのをきっかけに、
弟その1、右月皓一(森川智之)はワガママなお子様
弟その2、大鳥真澄(飛田展男)は優しげな外見とは裏腹な変態
この二人に、無理矢理、愛人にさせられてしまい、
更に二人の父親(緒方さんと塩沢さん)達も虜にする
魔性の男、一真。
三木眞、ほとんど全編に渡って

ぃ、いやッ、

やめてッ

森川、緒方親子は、多少強引なだけって感じだけど
飛田、塩沢組のエロいのエロくないのって!
丁寧な言葉で、
優しく、
静かに
で、することは、変態

こういう救いのないまま終わるCDほど、オマケに、あっかるーくフリトとか付いてて欲しかったな。

ブクレ内はキャストインタビュー。

2

いろんな意味でスゴイ作品

いやぁ、なんと申し上げれば良いのやら…。
白状致しますと、まだスキルの低い私にはついてゆけない世界でした…orz

禁忌テンコ盛りの主人公総受というトンでもない代物。
とは言え、イマドキのものとは異なり絡みのシーンでのSEは無く、その分BGMで雰囲気を盛り上げるという手法で、生々しさは感じられず「ここから先はお見せ出来ません」とばかりにフェードアウト。むしろ、物足りないくらいに(笑)上品にまとまっています。
これぞ耽美(なのか?)。

三木さんの可憐な受、森川さんの荒削りな攻、そして飛田さんの鬼気迫る演技。そう、飛田さんといえば今度、あの木原音瀬原作「NOWHERE]で仁賀奈をお演りになるそうですが、この作品ではホントに怖かったです。
いえ、決して暴力的だとかそういう怖さではなくて、ヘンタイちっくと言うんでしょうか(^^;
堀内賢雄さん初攻ご出演作にして超豪華キャスト(原作者自らのご指名らしい)。
なにより、塩沢兼人さまの美声を聞くことが出来る一枚として貴重な作品ではないかと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ