舞え水仙花

mae suisenka

舞え水仙花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
藤山房伸
音楽
松岡裕紀
脚本
花枕桃次
原画・イラスト
橋本正枝
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サン出版〈CD〉
収録時間
60 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

バクハツ気質で札つきの暴れ者の少年神・〓@46D4〓@46AA。彼は、唯一の理解者最高級の霊力のしるしである眉間に第三の眼を持つ、天空の英雄・二郎神と結ばれ、人間界で修業をするはめになる。人間界にすまいを構えた二人。そんな彼等の前に、二郎神へのせつない想いに焦がれ死に、花精となった藍采和が現われた。

表題作 舞え水仙花

顕聖二郎真君 → 速水奨

那咤太子 → 山口勝平

その他キャラ
藍采和[三ツ矢雄二]/ 弥勒菩薩(マイトレーヤ)[飛田展男]/ 托塔天[藤本譲]/ 杏花(シンホア)[佐々木優子]/ 幽冥教主[納谷六朗]/ 巨霊神[鈴木勝美]/ 許真仙[千葉繁]/ 貞英[坂本千夏]/ 芙姐(フーチェ)[吉田理保子]/ ナレーター[堀勝之祐]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

評価困る!

評価に困りましたが、このクオリティの作品を評価しないのもオカシイだろうなと思ったので萌え評価です。
すごいよね、これが出たの1990年なんだね。BLの歴史を感じます。

和風ファンタジーです。中華風要素も混ざってるかな。ヤンチャな神様が主役で、恋人も神様。で、人間界やら冥界やらを冒険する。
ただ話が解りづらかった…!説明が不足してるような気がしました。不足してるだけじゃなく、モノローグが擬古文なんですよ。五七調を意識した流麗な文章は、「日本語って美しいなァ」と思わせてくれるから良いし好きなんですが、いかんせん音声だけだと意味が掴みづらい…!漢字で見ればもっとスルッと理解できるんだろうな~と半泣きになりました。私の国語力に問題があるだけかも知れませんが。
いずれにせよ声優さんたちにお疲れさまを言いたいです。
これは何度も聴いて少しずつ理解を深めていくのがいい作品かもですね。

あと山口さんの声が若い!山口さんて声が老けない声優さんだと思ってたんですが、こうやって聴くとやっぱり昔は若いですね~。とっても可愛かったです。
攻めの速水さんはイケメンボイスでした。
あと、濡れ場でがっつり攻め喘ぎ続きしないのは、昔のドラマCDによくあるなァとか思いながら聴きました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ