奉仕は初めてだ

お掃除します!~愛のレールはどこまでも~

osouji shimasu

お掃除します!~愛のレールはどこまでも~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576091235

あらすじ

「ニシムラ」は陽介が祖父から引き継いだ小さな清掃会社。彼女もなく、パートのおばちゃんたちに囲まれ、会社と裏手の自宅を往復するというちょっと物足りない毎日を送っていた陽平のもとに突如現れたのは、金髪ピアスに無愛想という今どきを絵に描いたような大学生・寛之。しかも美形で社長令息ゆえ男も女も入れ食い状態で金は使い放題という、庶民の陽平には不可解すぎる存在。しかし祖父の意向には逆らえず、寛之を家に住まわせ、仕事から生活全般までなにくれとなく面倒をみていたのだが…

表題作お掃除します!~愛のレールはどこまでも~

父の会社への就職が決まっている大学生・圓山寛之
祖父の起した掃除会社を引継した二代目社長・西村陽介

評価・レビューする

レビュー投稿数3

成長


ちょっとタイトルがバカっぽい(笑)ので心配してましたが…
すごく良かったですĂĂ

みろくことこ先生と言えばショタ専門だという先入観があったんですが、今回の主人公・陽介の好青年な雰囲気をまさに忠実に表現されてました.

ぶっきらぼうで斜に構えていてどこか諦めた感じのボンボン、寛之が今回の攻め

そんな男が陽介が社長を勤める小さな清掃会社で期間限定ではありますが働くことになります

寛之はお金はあるけど愛はない家庭で育ってて人を信用してないっていう典型的なアンドロイド人間なんですが

陽介の真っ直ぐで暖かい人柄に触れると同時に清掃スタッフとして働くことで徐々に人として大切なことを学んでいきます

その過程が意外にも長くて一筋縄ではいかなくて、でもリアルで、ヤキモキしましたがその分寛之が陽介におちた(笑)時はきゅんとしましたڂn[g

陽介はまさに好青年で、どこにでもいるような普通の人だから性的なことに臆病にもなるし羞恥もおぼえるんですが

そういう部分に寛之と共に私も萌えましたڂn[g

小さな会社とは言え社長という肩書きを持ってる続きし家事も完璧にこなすしっかり者の陽介なんですけど、なんか可愛い

寛之の凍っていた心を溶かすのもちゃんと納得できるし無理のない展開でした!

そしてこのお話、年下攻め…なんですよね

今まで特に気にしてなかったジャンルですが…よかったです!

しっかり社会人として生活してる陽介に対して人間関係から日常生活からままならない寛之

年下ならではの陽介に対して甘えるシーンも多くて、偉そうなはずの寛之が可愛く見えちゃいました

清掃スタッフのおばちゃん達もいい味を出してて、不本意ながら頭を撫でられて戸惑う寛之がまたかわいかったです(笑)

そして何より陽介の素晴らしい包容力には脱帽ですーڂn[g

ほのぼの幸せな、きちんとキャラクターの成長を描いた素敵なお話でした*

1

変わっていく価値観

 家の食器洗浄機が動かなくなり、業者さんを呼んだことがあるのですが
そのとき来た人が作業着なのに美形男子。(いや、作業着関係ありませんね)
よく見てみると、この方メイクしてるっぽい?
明るい色の髪にファンデを塗ったような白い肌に、あきらかに眉、描いてますよね?
物腰もやわらかくて、あら、この方、、、アーユーGAY?
と、勝手に萌えていました。
(きっと違うんだ、違うんだ。ごめんなさい)
そういうわけで作業服萌えという新たな新大陸を私は見つけてしまいました。(笑)

この本は、二人の視点で交互に書かれてあります。
なので、いまいち何考えているんだか分からない、
寛之の視点も分かるので面白かったです。
しかしおぼっちゃんの考えることもよくわからないものですね。
人の親切や感情をお金に換算しちゃっています・・・。
現実的といえばそうなんでしょうが・・・。

そんな寛之の価値観が、陽介によって代わっていくのも見所だとおもいます。

最初のほうを読んでみると、この二人がどうやってくっついていくのかな~
なんて検討もつかなかったのですが、
最終的にはハ続きッピーな感じでよかったです。

0

人との出会いの妙

今回は父の会社への就職が決まっている大学生と
祖父の起した掃除会社を引継した二代目社長のお話です。

人に無関心の攻様が受様と出会うことで
人に対する信頼と優しさと恋を手に入れるまで。

受様には祖父の病気をきっかけに
おばちゃんスタッフ中心で主婦の技術を生かす
小さな会社清掃会社を引継ぎます。

忙しいながらも精神的にはのんびりとした日々を
送ってきた受様ですが、
ある冬の日、
大企業の会長をしている祖父の友人の頼みで
彼の孫を預かってからはハラハラな日々を送る事に。

会長の孫は父の跡を継ぐべく就職するのですが
会長の目には人付き合いにが全くなっておらず、
孫と会社の未来が心配らしいのです。

やって来た孫は長身で金茶、
シルバーのリングピアスを連ねた
どことなく軽薄な気配のする青年でした。
彼が今回の攻様です♪

攻様の父は後継者としての攻様にしか興味がなく、
攻様自身、あんな大人になりたくないとは思っても
彼には他に選ぶ道は有りません。

攻様の唯一の救いは祖父だったので
言われるままに受様の会社にやってきますが
続きこで出会った受様は
攻様の周りにはいた金に群がるタイプではなくて
勝手が違いすぎる受様に途惑うばかり。

ゴミの分別も出来ず、
下着すらクリーニングに出そうとし、
物事や相手の気持ちを何でも金で済まそうとする攻様。

自分自身の行動に疑問を持たない姿に
彼の人としての問題点を知り、それを悲しいと思う受様。

あえて教えるモノでもなく、
教えても受け取らなければどうしようもないモノ。
全ては攻様次第です。

果たして人は短期間で変われるのでしょうか?
そして二人の間に生まれるモノとは?

人の成長を促すきっかけは色々有りますが、
本人が変わりたいと思わなければ難しいものです。

本作の攻様も受様の会社に来るまで
父の描いた未来を歩く事しか考えられませんでしたが、
受様と出会った事で他人を信頼する事を覚えます。

終盤近く、
攻様の父が受様の取引相手の会社から横槍を入れ
二人の道は草々に別れることになりますが、
攻様は受様のためばかりではなく
自分の為にも父の元に戻る事を選択します。

そして受様も攻様との出会いにより、
現状を維持するだけではなく
自分の力で新たなレールを延ばす事を誓います。

二人の未来にはまだまだ山有り、谷有りですが、
爽やかな読後感の有るお話でした。

最後に二人の後日談が有り、
「ただいま」「おかえり」と言い合える関係に落ち着けて
本当に良かったです♪

今回は本作同様
受様と接する事で変わっていく攻様のお話で
藤森ちひろさんの『欲しがりな唇』をオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ