ロストメモリーズ

lost memories

ロストメモリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
18
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537109962

あらすじ

情熱的な恋愛で「家族」になった恋人との、10年ぶりの再会ーーー。父親の突然の訃報で実家に戻った正司は、泣きじゃくる光に再会する。あれほど愛し合いながら、しだいに煩わしくなっていった日常。疑わしかった父親と光との関係ーーさまざまな事を誤解したまま家を飛び出した正司だったが、思ってもみない形での再会に複雑な思いは否めなかった。過去をきれいに精算しようと思っていたが、今初めて明かされた父の愛情と、光の想いに、正司は…。不器用で切ない男たちの恋の行方を優しい目線で追う、ちょっと不思議でホロリもあるよ★な千代古レイトの珠玉ラブストーリー4編を収録。
出版社より

表題作ロストメモリーズ

父親を亡くした会社員:正司
かつての恋人:光

その他の収録作品

  • 愛人譲渡 前編
  • 愛人譲渡 後編
  • 拒否エントリー 前編
  • 拒否エントリー 後編
  • イン クローゼット

評価・レビューする

レビュー投稿数3

クセになる不思議な浮遊感とストーリー展開

ストーリー展開がすごく独特です。まったくもって読めないというか。それがおもしろくて不思議にはまります。
セオリーに全くとらわれずに書いているのかなぁと思いました。

前作同様、独り言のように突拍子もない展開が語られていきます。シリアスだけでもなく、ギャグでもなく。だけど誇張なく自然体で、だからこそもしかしたら広い世間のどこかでこんなことが起こっているのかもしれないなぁと思わせる妙な現実感がありました。
なのに不思議な浮遊感もあって、独自の世界でした。

クセになるような面白さなんですが、あまり作品数は多くないみたいです。たぶん、雑誌掲載の読み切りだと「???」で終わってしまうんじゃないかと思うので、評価されにくい作家さんなんじゃないかと非常に気がかりです。。。つまらない消費のされ方をして良さが消されてしまいませんように、とつい願ってしまいました。

0

表紙と中身のギャップが凄かった……

表紙の雰囲気とタイトルが好みだったので、
初めて読む作家さんですが、本を購入しました。
しかし表紙絵と実際の漫画絵が違うというか、何と言うか。
一瞬、購入したことを後悔してしまいました………

それでもストーリーが面白くて、
読んでいるうちに絵柄については気にならなくなりました。
短編集でどの作品もイマドキなBL風なお洒落感もなく、
どことな~くレトロな感じで。それがまた、味があって良いのです。
この作家さんの長編作品も読んでみたいと思いました。

0

表紙にだまされてみるのもいいかも

表紙買い。中を開けたらちょっと冷や汗が・・・
好みの絵じゃなかったんです。ところが、お話は結構読ませてくれました。

表題作はちょっと複雑な兄弟のお話。
(お話の長さとしたら、表題作が一番短いです。)
親って自分の子供のことを結構考えているよね。
失ってわかる親の有り難味。孝行をしたいときには親はなし。
お父さんに謝んないとね。

主人公の「本来ならばカッコイイ攻」であるはずのポジションにいる正司が、今までの人生においていかに周囲に面倒をかけてきたかがわかるお話で、妻に離婚された彼と再び暮らすようになった光(正司の義弟)はなんと懐の深い・・・
光が正司の義弟になったいきさつについては実際に読んで理解してください。

【愛人譲渡】はゲイ友達の愛人を譲り受けたことからはじまる、攻の懊悩が描かれています。人の裏表・・・上手くやる人は上手くやるんですよね。

【着拒エントリー】は一緒に会社を立ち上げて、それぞれの特色を生かした会社運営をしてきた二人に訪れる別れ・・・(ハッピーエンドですが。)
社長の東郷は八方美人で周囲受けがよく、エッチにも積極的だけれど、女性にも続きめちゃくちゃモテる受。
副社長の山本はキッチリしている技術系、なんでも自分でやらなくては気が済まないものだから、悩みも自分の中でグルグルしちゃって・・・
この好かれているのに自信が無い、後ろ向きな攻・山本くんがなぜか好きです。

そういえば、表題作と「着拒~」は、女性が重要なポジションにいますねぇ。
女性の存在が意味あるお話って、現実味があって好きです。

【インクローゼット】はあとがきの設定を読むと、もっと凄いお話になりそうな感じです。小さい頃のトラウマ?って怖いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ