サディスト大佐×犯された捕虜

虜囚麗人

ryoshuu reijin

虜囚麗人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
72
評価数
20件
平均
3.7 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904468173

あらすじ

敵の男に抱かれ溺れる禁断の情欲!!

大ヒット作『愛玩少年』に続く耽美凌辱コミックの傑作がついに登場!!

20××年、戦争に染まった世界で、ヤマト帝国軍の美しき中尉・ヤマモトは、連合国軍の捕虜となってしまう。敵将であるアービング大佐に凌辱という名の拷問を受けるうちに、心とはうらはらに体が甘く蕩かされてゆくが……!!

表題作の他、指揮官同士の濃厚ハード・エロv『ジェネラル・ダンディ』も収録!!

出版社より

表題作虜囚麗人

アービング,連合国軍大佐
ヤマモト,ヤマト帝国軍中尉

同時収録作品ジェネラル・ダンディ

ヨーゼフ・ヴォイツキー
フランツ・ヘルマン

同時収録作品白昼夢の面影

その他の収録作品

  • 夏日~親愛なる軍曹へ~

評価・レビューする

レビュー投稿数10

予想外の甘さに萌えました

表紙を見てかなりヘビーな凌辱モノと想像してたのですが、いい意味で裏切られて萌えました。
軍隊と架空の国(だけど古い時代の日本?みたいな)が舞台なので、軍服と和服が好きな方にはお薦めです。
主人公達は敵軍同士なので、もちろん凌辱シーンはあるのですが、攻め様が男前な所を見せてくれて、思っていたほど酷いものではありませんでした。
攻め様が徐々に受け様にのめり込んでいく様子や、のめり込んだ後も心を開かない受け様との関係が切ないですね。
俺様・鬼畜な攻め様が見せる受け様に対する執着や独占欲はいつ見ても萌えます(笑)。

同時収録にはこれも軍人モノの「ジェネラル・ダンディ」、表題作の番外編「夏日~親愛なる軍曹へ~」と単行本「愛玩少年」の番外編「白昼夢の面影」が収録されています。
「ジェネラル・ダンディ」も主人公達は敵同士、「白昼夢の面影」はちょっと切ないお話ですが、本編の「愛玩少年」を読んでないとちょっと分かりにくいかもしれません。

1

狂犬が実は…

​ 『愛玩少年』で水上軍服にハマった私には、どんぴしゃな耽美でシリアスな水上作品。登録情報をみると、どんな鬼畜な作品かと思うけれど、全体を通してみると「痛い」とか「せつない」よりも「あまあま」が印象に残るお話でした。

 ショタ受けが多い水上作品ですが、こちらの受けのヤマモト中尉は美しい大人の男で、敵将のアービング大佐と比べるとかなり小柄ながら、引き締まった体と精悍な顔、そしてアービングが惑わされることになる夜の闇のような瞳がとても魅力的です。
 大柄で片目に眼帯という強面な容姿のアービングが、ヤマモトに骨抜きにされて「おまえを国に連れて帰る」とまるでプロポーズみたいに大真面目に言ったり、ヤマモトを慕う部下のタカムラの前で彼を犯し「ヤマモトは私のものだ」と執着する様が、なんて言うか…わんこです!めっちゃ可愛いの。超大型の狂犬が実は可愛いわんこなんですよ!
 ヤマモトは最初は拷問としてアービングに凌辱されるわけですが、彼に想いを寄せたのは決して快楽からじゃないところも良い。気持ちの熱が体を通して伝わるんです。アービングがプレゼントした襦袢のヤマモトがとても色っぽいですが、私は仕事続き中のアービングの妄想の中のヤマモトの扇情的な姿が頭に焼き付いています。めちゃくちゃソソリマス(//∇//)
 戦時中の雰囲気たっぷりなのに物語は20XX年だったり、どう見ても昔なのにカードキーとか、つっこみどころも満載なので、シリアスなのにシリアスになりきっていないところが残念ではありますが、その分楽しく読める作品です。

・『ジェネラル・ダンディ』
 こちらも軍服モノです。捕虜を縛りつけて凌辱する敵国の参謀将校。男を知っている体に「恋人の名前を言え」と命じるが…。何のことはない参謀将校がその恋人です(笑)所謂、恋人同士の凌辱プレイです。どちらも屈強な男で、エッチが濃厚です。「次は俺が攻める番だから」とリバが示唆出来るので、いつか是非!!

・『白昼夢の面影』
『愛玩少年』に出てきた後藤中尉のお話です。戦後、かつて愛した少年兵の清瀬の実家を訪ねた後藤が、そこで出会った少年は…。
 タイトルのそのまま、夢のような幻のような出来事。後藤は私が知っている水上作品で一番切ないキャラです。

2

設定その他もろもろ好き要素たっぷりなのに萌えには至らず

水上シンさんを知ったきっかけの作品。
たぶん「緊縛」かなんかで作品検索して引っ掛かったんだと思うんだけど、残念ながら自分のツボには全然ヒットしなくて萌えれずじまい。
先日お気に入りだとレビューした「陸軍恋愛士官学校」より、自分の嗜好的には絶対こっちの方が好きなはずなんだけどな。

しかし画的には素晴らしくエロ美しいこのカップル!
軍服姿もその下の男らしい肉体美も攻め受けともに眼福です。
女物の襦袢を纏うヤマモト(受)の倒錯的な色っぽさも堪りません。

ストーリーも最初は陵辱から始まる関係ですが、最後はとびきり甘い結末を見せてくれます♪

んーなんで萌えれないんだろう…

1

禁断の恋

敵同士の軍人のお話です。水上さんの描かれる、鍛え上げられた肉体と軍服、それだけで萌えれます。

交戦中に捕虜となったヤマモト中尉。拷問という名の凌辱を受けます。それでも口を割らないヤマモトに、敵のアービング大佐は、だんだん惹かれていきます。ヤマモトを助けに来た部下にも、嫉妬するアービング。自分の部屋にヤマモトを囲って、誰にも触れさせないようにします。
でも、アービングの上層部に、ヤマモトの存在が耳に入ってしまいます。ヤマモトを差し出さなくてはいけなくなった時、アービングは自分の地位を捨ててでも、ヤマモトを助けることを決まるのです。

ヤマモトは、本当に綺麗で色っぽくて、襦袢が似合います。部下の前でのアービングとのエッチは、ゾクゾクしました。アービングがのめり込んで、ヤマモトがほだされていく様子に萌えました。再会後の、アービングから部下への手紙がおかしかったです。
最初の始まりからは、想像できないほど甘々になった二人でした。

3

このカプは萌える

軍人攻め×軍人受けという、水上シンの軍服ものの魅力を存分に満喫できる作品です。
攻めはアメリカ人風のアービング大佐。右眼を覆ったアイパッチが歴戦の猛将って感じで萌えます。受けのヤマモト中尉はスレンダーなアジアンビューティー。(表紙と本編とではちょっと雰囲気が違いますね…)
水上シン作品は受けが中性的というイメージがあるんですが、この作品は受けのヤマモトも男っぽくてセクシー。大人の歳の差カップルってところがかなり貴重です。

二人は敵対関係にある国(ファンタジーなので国名は架空。ただヤマモトは実質日本人)の軍人。交戦中に捕虜として捕えたヤマモトから情報を引き出そうと、サディスティックに責めまくるアービング…
ただ、拷問と言っても、アービングはヤマモトの美しさと武士道精神にあっという間に魅了されてしまうので、まあ愛と独占欲ゆえの大暴走と言ったほうがいいかも(笑)
壮年期の恋愛って、人を狂わせるんですねぇ。
そんなわけで、エロさはハンパない拷問シーンですが、安心して読めてしまいます。
後半はもう文字通りスーパー純愛展開、アービングは軍で築き上げた地位も全部捨てて命がけでヤマモ続きトへの愛を貫くという…
ここまでやっちまってくれると清々しいの一言! 表紙や帯からイメージするハードエロス作品というよりは、これぞ純愛ファンタジー!です。(もう、ファンタジーの中の愛じゃなくて愛そのものがファンタジーな域)

まあ戦場というスケールの大きい舞台ですので、はっきり言ってシチュエーションにはツッコミどころが満載です! でも、基本このステキなカプが世界一ステキな恋愛をするためにあるシチュエーションなので、そういう目で見れば全部許容範囲。これでいいんです。むしろ多少無茶ぶりしないとここまでの超純愛ストーリーはなかなか描けないと思うので…
個人的には、ただただこのセクシーすぎるカプが好きだったので神評価をつけました。

同時収録の「白昼夢の面影」は、「愛玩少年」後藤中尉の物語ですので、後藤さんファンの方は必見。8ページのショート作品です。

3

日本男児って…いいよね!

美麗な日本男児が敵軍(欧米系)の捕虜となってしまい、あれこれ辱めを受けてしまう話。捕虜となったヤマモト中尉が涙を浮かべている様子なんて見飽きることがありません!!目の保養に最適♪癒やされますねー(それもどうかと

水上シンさんの作品を読むのは『陸軍恋愛士官学校』に続いて2冊目です。
今回(前回もですが)思ったのが、細いペンタッチの絵がまるで光の中の情景のようで素敵。回想や再会、絶頂のイメージとしてよく使われています。映像で言うなら画面全体が明るい上にキラキラが飛んでてまぶしい感じの、お花畑とか天国チックなアレです。

で、その効果の部分なんですが前作よりも分量が増えているような。いや素敵でいいんですけども、部分的に一コマだけとかならまだしも連続してやられたりするともう…画面見るのがくすぐったいったらありゃしない!!でもってガッツリ濃厚なシーンだったりするのでダブルでドキドキです(笑) ←まあ見るんだけどね

こちらの予想を裏切らない展開で安心して楽しみながら読めます。ご都合主義とか言っちゃダメ!(笑)しかし主人公二人の部下ってばそれぞれどっちもいい人だなー。持つべきものは続き良い部下だ…。

軍人好きで絵柄が守備範囲で濃い目のエロOKな方はこういうガチな作品を手近に置いておくと何かと(?)便利かも。同時収録作も軍服でヨーロッパ系のお兄さん二人です。

そうそう、最後の話でちょっとだけ少年が出て来た瞬間「うわやっぱ水上さんの少年は可愛い!!!」となりましたwこの方の少年は本当にイイ…!
思わず少年を求めて他の水上作品を見返してしまったり。そういうエンドレスな楽しみ方も出来ますよw

3

濃い…!

先月のキャンペーンで幸運にもちるちるさんから頂いた図書カードを使い、かねてから気になっていたこちらの漫画を買って来ました。
この色遣い、彩色の仕方、人物のアクの濃さ、オマケに帯の「サディスト大佐 犯された捕虜」って文字……試されている。試されているよ、腐女子力を~~~!!と、心で悶えつつ、平静を装ってレジに持って行きました。

とりあえず、表紙を見てみて下さい…

っていうか、内容も突っ込みドコロ多過ぎです(^^);;
まず、20××年って設定なのに、まるっきり状況は昭和初期。
連合国軍とヤマト国軍の戦争描写から始まるのですが、軍服&サーベルで「全軍突撃ー!」ってヤマト軍に、零戦みたいな飛行機と戦車で迎え撃つ連合国軍…
せめて、年号をまるっきり変えたパラレルっぽい戦争ものにした方が違和感なかったんじゃないでしょうかね~。まぁ、そんな背景の違和感は、BL的萌えにはあまり影響しないのかっもしれませんが。
しかし、この時点ですでに半ばギャグとしてこの作品を捉えてしまった私です。

以降、捕虜相手に戦中なのに(戦地で)豪華な部屋や服を買い与えちゃう連合国軍幹部とか、捕虜を続き上官に取られるの嫌さに敵国捕虜を逃がしちゃう裏切り者の同幹部とか、だけど2年程度の牢獄入りで、戦後はその敵国にやってきちゃう同幹部とか、そういうアレレなところも「設定がすでにギャグ」という天の声で温かく見守ることが出来ました。

しかし、戦後のヤマト国。
子供達が思い切り昭和だよ…。着物だよ…。ちょっとギャグで乗り切るのが辛くなった瞬間でした。

萌え設定的には、衆人環視の中での緊縛、バイブ拷問、部下の命を盾に取られて部下の前でのH、敵国幹部達からの辱めなど、エロ度高めな内容となっています。ちなみに、捕虜になるのはヤマト国の中尉。次第に彼を愛するようになる攻めが、連合国軍大佐です。酷薄そうな面差しが、いかにもSっぽいです。(実は意外と甘い)

途中、一遍別のお話が入っています。別とは言っても、やはり軍服お仕置きプレイ(露×独風味)。趣味にブレがない(笑)。
そして、微妙なギャグ加減。
え、これってギャグですよね?
…そんな感じで、これも面白かったです。勿論お仕置き的エロです。ブレがない(笑)。

劇画タッチで濃い内容。
作者のこだわりに、尊敬の念さえ感じます。
さすがピアス。
このレーベルでなければこの味は出なかったでしょう…

2

ストイックな軍人の色香

軍人で凌辱拷問物で、鍛え上げた細身の筋肉が美しかったです。あんまりごつ過ぎると萌えないので、細マッチョな感じが丁度よかったです。
エロい事はエロいですが、きちんとストーリーのあるエロです。もっとハードな物と思っていただけに、意外なラブコメに驚きました。

アービング大佐(金髪の美丈夫で、隻眼)×ヤマモト中尉 黒短髪気丈受け
敵に囚われて、衆人公開の上で媚薬を塗られてバイブを入れられて、性器をベルトで拘束された上で放置プレイ。
裸にされても、軍人ブーツだけ履いたままなのが、実にエロい。
フィニッシュは勿論のことながら、アービング大佐の手で。
のっけから展開も早くて、エロエロです。
そんな感じなんですが、鬼畜なのはそこで終了という感じで、もっとハードな物を表紙から想像していただけに残念は残念なのですが、その分、使い捨てではないキャラへの愛が溢れていました。
攻め以外からは、残念?ですが、未遂までです。
緋色の襦袢を着せられたりと、ヤマモト中尉がストイックであればあるほど、色香が香ります。
ヤマモト中尉の誇りや気丈さに、アービング大佐が敬意を示して愛を感じ、身体だけじゃ続きなくて心を求めていく。
始終、ヤマモト中尉の気丈さが崩れずに男らしかったのも、ブレがなくてよかったです。
外国人で隻眼の軍人っていうのも、また新たな萌えの一種でした。
それにしても、上司達もヤマト帝国の美しいヤマモトに興味津津だったり、戦場にバイブがあったり、媚薬があったり、戦線は激しくないのだなと思わせます(笑)

「ジェネラル・ダンディ」
軍人の拷問かと思いきや、恋人達の拘束プレイで安心して楽しめました。
恋人同士なだけに、エッチも濃くてよかったです。

「夏日~親愛なる軍曹へ~」
恋人のいる日本に埋没して、尻に敷かれているというか、もうベタ惚れ状態のアービング大佐です。
最初の出会いからそんな風になるとは想像出来ないだけに、可愛かったです。

「白昼夢の面影 愛玩少年番外編」
殆ど会話はなく、愛玩少年を先に読んでいる方はわかる感じでした。
出てきた少年が可愛かったので、「愛玩少年」も買おうと決意しました。

1

麗しい!

軍隊ものを描かせたら、この方が一番ではないでしょうか。

しかしこの本をレジに持って行くには少しばかりの勇気が…
帯からして「サディスト大佐」「犯された捕虜」「ケダモノの接吻」ってデカデカと…


いやでも、ヤマモト中尉は麗しかった!大勢の前で開脚させられ、椅子に脚をかけられて拷問に耐える姿はもう…!
凌辱されても精神は屈しないヤマモトに、アービングがのめり込んでいくのもわかります。


ヤマモトの部下であるタカムラもポイント高かったです。
タカムラは部下でありながらヤマモトのことを想っていて、捕らわれたヤマモトを助けに来たのですがやはり捕まってしまいます。

二人の絆の深さに嫉妬したアービングは、タカムラの目の前でヤマモトを犯します。
そんなヤマモトの様子を見て勃起するタカムラが可哀想…アービングの鬼!
さらにヤマモトにくわえさせてやろうかなんて拷問だろ!
結局我慢できずにヤマモト中尉の顔にかけちゃったタカムラが気の毒…完全な当て馬…


捕虜のヤマモトを過分な待遇で、プライベートルームに隔離するアービングに軍のメスが!
赤襦袢を纏うヤマモトに続き将軍たちの魔の手が!どうなる!?

…というかんじです。面白かった[iLPj

この作者さん、なんだかだんだん身体の描き方が筋骨隆々ですごくなってきてる気が…

次回作にも大いに期待してます!

2

軍人たるもの

待ってました(,,・∀・,,)待望の新刊!!
今回もピアスシリーズ。軍人さんです。
捕らえられたヤマトの国のヤマモト中尉。
部下達も別室で捕らえられている。軍の事を話すようにと淫らな拷問をくりかえされ、敵国の大佐に犯されてしまう。
しかし、そこから少しつ何かが変化していることに気づき・・・!?

わりと、しょっぱなのイメージとしては怖い強いイメージだったんですが、敵国のアービング大佐。この人が案外可愛くて思わずトキメイテシマッタ。
水上先生らしいというかなんというか。犬www
そもそもの始まりは、ヤマトの国の美しいその姿に一目ぼれをし、
もちろん最初は情報を聞き出そうと思っていたのが、可愛くてしかたなくなり。
自分のほうを向いて欲しくなり。
自室に匿い高価なものも買い与えと至れり尽くせり。
自国の上官を殴り倒しヤマト兵を逃がしてやると、そこまでやってのけるこの人ってなんだかな~と。
ヤマモトさんがアービングを可愛く見てしまうのも解る気がします。
後半。いつか罪をゆるされたとき、会いに行く。
誓ったアービング大佐がやってくるところは良かったですね。
しょっ続きぱなの鬼畜なイメージは払拭。アホな外国人的な姿が良い。
健気にまっているヤマモトくんも良いですがww
かわりまして『ジェネラル・ダンディ』
拷問モノ・・・拷問モノと途中まではみてたんですが、
これ・・・恋人同士の拷問プレイ!!!
ちょっ(* >ω<)=3 プー!!

トータル。大満足であります。
でも久しぶりに、いつものホワワンとした作品も読みたいな~と思いつつ

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ