闇に契りし者、汝の血を

闇に契りし者、汝の血を
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Prime Time
収録時間
170 分
枚数
3 枚
ふろく
コミコミスタジオorアニメイト特典 フリートークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

「肉体も魂も、差し出せる限りすべてを差し出せ」

吸血鬼が跋扈すると評判の19世紀ロンドン。
その下町で、月笙は人には知られてはならない秘密のため、身を隠すように暮らしていた。
そんなある夜、一人の男が現れる。
それは魔の領域に近づきすぎたため破門された司祭アレクシス・ダウディングだ。
彼こそが月笙が待ち続けていた男なのか?
自分を蔑み、力で隷属させようとするアレクシスに激しい嫌悪と憎悪を抱く一方で、月笙の躰はアレクシスの匂いに酔い、触られただけで痺れてしまい……。
(公式より転載)

表題作 闇に契りし者、汝の血を

アレクシス・ダウディング → 三宅健太

月笙 → 日野聡

その他キャラ
ユベール・ド・ヴィレール[三木眞一郎]/ ルキウス[成瀬誠]/ リチャーズ、悪魔の声、宿の主人、現ダウディング卿[倉富亮]/ インプ、アレクの養母、女性[タルタエリ]/ ロバート・ダウディング、係員、中年男[佐々木啓夫]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

3枚組ですよ。

3枚組ですよ、3枚組。
まずはこれだけで聞くのに気合いが必要だと思います。
お話にどんどん引き込まれていく…というものでもないので、場合によっては長く感じることもあるかもしれません。
大きな事件があるわけでもなく、メインの役者さんたちの声が落ち着いた感じでもあるので。
物語が吸血鬼とかを題材にしているせいもあるかもしれません。
カタカナがいっぱいで正直全部ちゃんと理解出来てるとは思えない(爆)
決して面白くないわけではないのですが、終わってみて「どんな話?」と内容を聞かれるとうまく答えられる自信がなかったり。
もうちょっとコンパクトにまとめてもよかったかな、と。
お話は簡単に言えばダムピール(吸血鬼と人間のハーフ)である月笙が今後どう生きていくか?ということになるんだと思うのですが。
人間サイドで生きるのか、吸血鬼サイドで生きるのか。
また、人間として生きていけるのか。
どこで生きるのか。
誰と生きるのか。
それを選び取る物語であったようにも感じられます。
そんな月笙の日野くん。
落ち着いた感じの優しい声。
お店ではお爺さんのぶりして商売してるんですが、続きその時のお爺さん声が見事すぎて一瞬気付かなかったよ(笑)
三宅さんのアレクシスも低いけどソフトめかな。
いつもの893のようなドスのきいた感じはありません。
三木さんのユベールもいつも通りに飄々とした感じがありつつ、ちょっとキレイめかな。
この3人の声がみんな落ち着いてるから注意なのだ(笑)
唯一、ちょっとキャンキャンしてたのが成瀬くんのルキウス。
でも、騒がしいほどでもないし出番もほかの3人に比べたらかなり少ないので…。
個人的には日野くんのえち声がかなり素敵でしたww
今まで私が聞いた日野くんの中では一番喘いでたし一番色っぽい。
自分から誘っちゃったりもあって非常に満足。
三宅さんの囁きもえろいし。
なかなか激しかったです。
ギシギシではなくバサバサいう音も。
何、あれは、シーツがバサバサ言ってんのか?
衣ズレがすごいぞ!
本編が終わった後に書き下ろしの後日談があるのですが、ここでの月笙が非常に甘い。
むしろ、月笙の方が積極的な勢いさえあったりで甘くて参った!
ちょっとアレクシスがかわいく見えたもんなぁ…。

フリトは日野くんと三宅さん。
行ってみたい国とかが自然方面に癒しを求めてしまう日野くん。
「俺、疲れてんのかなぁ」@日野くん。
寺社仏閣巡りをして建物の彫り物を見たり、狛犬を見比べたりする日野くん。
子供の社会見学とかで見るのと大人になって見るのとでは感性が違うので感じ方が違う。

0

長かったー

かにゃこさんも書かれているんですが、ホント長かったー!
普通3枚組だと、よーしガッツリ聞くぞおおおおおって気分になるんですが、これは聞いても聞いてもまだ終わらないよーー長いよーー長すぎるよーって気持ちになりました。
原作読んでないのにこれなので、原作既読の方はもっと長く感じたんじゃないかなあ。
4日かけてやっと全部聞き終えました。
普通ならガーッと一度に聞いちゃうんですけど、なんかこう間延びしてるんですよ。
つまらない訳じゃないんだけど、余計なシーンがだらだら続いてる感じで夜なんか聞いたらネムネムの妖怪が襲ってきちゃうですよ。
切るとこは切って短くするとこは短くして2枚にまとめた方が良かったんじゃないかなあ。
好き声優さんなんですけど、なんか凄く長かった、体感時間伸びてね?って気がする位。
聞き所は何カ所かあるにはあるし、演出も悪くないんですが話があんまピンと来なかったのと、話にぐいぐい引き込んで先へ先へと引っ張ってく何かが足りなかった印象。
このトラックを聞き返そうとか、ここから聞こうとかはあっても全編最初から最後まで続けて聞き返す気にはちょっとなれないです。
続きもつまらなくはないんですよ、パンチが足りない、何かが足りないんですな。
お値段的には2枚組価格だしこれで3枚聞けたんだからお得と思うべきなのかなあ。萌えにしとこうかとも思ったんですがやっぱり中立で。
うーん、つまらなくはないですよ、大事な事なので三回言いました。

0

( ´Д⊂長すぎるよ。

俺様“元”司祭×チャイナ服の東洋ダンピール

舞台は、19世紀ロンドン。

月笙(日野)は、自分が何者かわからずに身を隠し
下町で調剤を生業にしていきていた。

アレクシス(健太)は、元司祭。
エクソシストを生業にし魔物を狩る者。

アレクシス(健太)は、月笙(日野)が
ダンピール=半吸血鬼だということに気付き
自分の屋敷に連れ帰り隷属させる・・・
契約と称しつつも、半分趣味と実益もかねて
美しい月笙(日野)を無理矢理抱いちゃうアレクシス(健太)。
そんでちょいちょい“食事”と称して精気を与えるんですが
精気は、セックスで与えてくれますからwww
アレクシス(健太)は、・・・ただの変態なのか
そのあたりは微妙かもしれないw

まあまあ、アレクシス(健太)にも
人に言えないような過去があり、いろいろ背負ってます。

呪われた出生、孤独の異端児たちの愛の物語。

月笙(日野)を狙う大物吸血鬼ユベール(三木)
そして、アレクシス(健太)の使い魔ルキウス(成瀬)
脇役も小粋な感じでぴったりの配役ではあるけれど
なんつーか、ちょっともったい続きぶって長いねw
BLCDなので絡みもちゃんとある!
だけどもなんかこう自分的にガーっと盛り上がれなかったな。

日野さんの老人ボイスと青年ボイスの使い分けは、あっぱれ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ