Short Pieces vol.3

Short Pieces vol.3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
Sin Cos〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN

表題作Short Pieces vol.3

遼一郎/深沢/クラウディオ/義康/威彦/高階
国貴/和貴/道貴/冬貴/怜史/実紀

その他の収録作品

  • 1st Piece(この罪深き夜に)
  • 2nd Piece(夜ごと蜜は滴りて)
  • 3rd Piece(せつなさは夜の媚薬)
  • 4th Piece(罪の褥も濡れる夜)
  • 5th Piece(リミットシリーズ)
  • 6th Piece(佳人は愛で綻びる)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

媚薬にまつわるエトセトラ。MAXぐずぐず和貴万歳!

今回は「この罪深き夜に」「夜ごと蜜は滴りて」「せつなさは夜の媚薬」「罪の褥も濡れる夜」、リミットシリーズ、「佳人は愛で綻びる」の6編です。

季節柄ということもあってリミット、「佳人~」はクリスマスネタです。
そして、清澗寺家は媚薬にまつわるエピソードが順に連なる感じで。
和泉さんも書いておられますが、時系列が一応あるので前から順に読むのがお薦め。

そんな中でもやはり毎度のことながら大半を占めるのが「夜ごと~」のお話。
今回は↑にも書きました媚薬のお話なのですが。
これが三日三晩元気になるというような強壮剤で。
和貴は深沢に気持ち良くなって欲しい一心で伏見に相談してこの薬を深沢に盛ることになるのですが。
和貴の不自然な動きに深沢は出された紅茶のカップをさりげなく入れ替えて…。
というわけで、和貴にその作用が出ることに。
その日は気持ちよくしてやろう精神で自ら深沢のベッドに忍び込んで待ってたりするんですが。
普段は深沢に焦らされて焦らされてようやくプライドをかなぐり捨ててグズグズになっていくって感じなんですが、すり替えられた薬のせいで最初っからMAXグズグズ。続き
しかも、その薬の効果が高いからいつまで経ってもグズグズが抜けない。
終わりがないというか。
深沢の方が和貴の躰を心配してなんとか宥めて宥めて寝かしつけてって感じで。
とにかく、グズグズの和貴がステキでした。
グズグズになると和貴ってば素直なので自分の心情とか結構言ってくれたりして。
そこがまた可愛いんですけども。
今回読んでて思ったのは、深沢が結構「可愛い」を連呼してるな、と。
セリフでもそうですし、モノローグとかでも何気に「可愛い」がさらりと出てくるんですよね。
ふふ、愛されてるわー。

そして、「罪の~」では義康に深沢から意趣返しです(笑)
40代になった義康ですが、冬貴のためにがんばれがんばれ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ