嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~

嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
8件
平均
2.4 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784592875994

あらすじ

ヤクザの水上亮治は、自分を罠に嵌めた組長を襲撃するが逆に撃たれてしまう。瀕死の亮治を助けたのは、リュシアンと名乗る長髪の青年。彼は吸血鬼で、助けた礼に亮治の体を要求してきたが……!?
出版社より

表題作嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~

ヴァンパイア リュシアン
出所したての古風なやくざ 亮治

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ヤクザに吸血鬼

刑務所からでてきた亮治は、弟の殺害に組長が関与していると亮治を慕う翔によりささやかれ騙され、殺されそうになる。
金髪のシュシアンに助けられるが、正体がわからない。
助けられたが、命を粗末にする亮治をシュシアンは止める。
弟が天国にいると教えられ、シュシアンが吸血鬼と知るが気にしない。何故、どうしてとなるがら時間が過ぎるていくうちになにもかんがえなくなる。
シュシアンは亮治の身体の刺青に興味を持つ。
見事に彫られた刺青をみながらのセックスは天に昇る龍のよう。
敵討ちをやめて、吸血鬼と過ごすことを選ぶけど…長生きすることが本当に幸せかは私にはわからない。

0

今ひとつ感情移入できない

弟の仇を討って服役して出所後、舎弟兼恋人の手を借りて本当の仇相手(組長)を討つっていう話ですが、恋人だった弟分が出てきた時点で、もうこいつが怪しいって分ってしまって興ざめでした。

亮治は直情型の単純なタイプで、リュシアンに助けられたあとも飲み込みが悪くてその辺までで半分過ぎてしまってもやもやしました。

懲りずにまた乗り込んでいく亮治を見守るリュシアンも本心が見え隠れする程度で、一番正直なのがリュシアンと供に過ごしているルネ。
彼の言動でどうにか回っている感じです。

その後供に生きる道を選ぶ亮治ですが、このへんも曖昧…。
続編が出たらすっきりするのかも知れませんが、この一冊だと精神的に欲求不満です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ