骨董通りの恋人

骨董通りの恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012030

あらすじ

大学生の磯崎桂一は、ある日の午後、骨董品店「大正浪漫堂」にふらりと立ち寄り、そこで店の看板娘に一目惚れをしてしまう。
なんとか話しかけようとする桂一だが、彼女からはそっけなくあしらわれてしまう。
彼女のことが知りたい!そう思った桂一は大学の友人たちに尋ね、驚くべき事実を知る。
「彼女」と思っていた相手は「彼」で、羽鳥ちなつという名前の同じ大学の学生だというのだ!
ちなつに会うため大正浪漫堂に向かった桂一は、そこで見覚えのある雛人形を見つけて!?
お雛様が結ぶピュア・ラブストーリー誕生!!
出版社より

表題作骨董通りの恋人

磯崎桂一・大学2年生・23歳
羽鳥ちなつ・大学2年生、骨董屋看板娘・20歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ファンタジーだなぁ

大学生同士の恋ですが、シチュエーションがなかなか奇抜です。
かたや、高卒後海外を渡り歩き、帰国してから大学に入った桂一。
かたや、骨董屋「大正浪漫堂」で昔の女学生のコスプレをしながら店番のアルバイトをしているちなつ。
桂一がたまたま入ったお店の看板娘に一目惚れしてしまったことからお話が始まります。

意外とさばけている桂一は、ちなつが男だとわかっても全く動じないでアタックしてきます。
何拍子も揃っているいい男桂一に、ちなつの方も心惹かれているわけですが、直情型の性格なため何かにつけ突っぱねて帰ってきてしまうという繰り返しをすることに・・・

ちなつの生い立ちと店主・辻本との関係。
とんでもない金持ちのおぼっちゃんの桂一だからこそできた展開。
丁度その間にある男雛と女雛のエピソード。
BLはファンタジーとはいえ偶然が多すぎる気もしますが、今のちなつも桂一もとにかくいい子達で、もう、幸せになっていただくしかないでしょうって感じ。
しかし、将来はどうしたいんでしょうか?

それから、ちなつがコスプレをまんざらでもないと思っているらしいところに驚かされました。

続き

1

遠野さんの作品にしては

イラストも可愛らしいけれど、それと相まってお話も可愛かったです。
大学生が一所懸命恋愛してるっ!って感じで。
ほのぼのとしてて、遠野さんもこんなお話を書かれるんだなぁ。
どちらかというと、リーマンだとかオトナな男たちのお話が多いように思っていましたので、ちょっと意外でした。

桂一が大学近くの骨董店へふらりと立ち寄り、店番をしていた大正時代の女学生の格好をしたちなつに一目惚れします。
女学生の格好で店番をしていたちなつですが、実は店長の辻本に頼まれ、袴に編み上げブーツという格好でバイトをしている男子大学生で、桂一と同じ大学の同級生でした。
ちなつが店掃除をしているときに桂一が店を訪れ、ちなつが手にしている男雛を見つけたときからちょ~っと風向きが変わっていくのでした。
辻本が女雛を探していて、その女雛をのみの市で買って来ていたのが桂一だったんです。
それを知った桂一は、禁じ手を発動。
「女雛が欲しかったら付き合ってくれ」

あ~、よくあるパターンとはいえ、これはやっちゃいかんだろと。苦笑
脅すようにして付き合いを始めようと考えるだなんて、男としてどうよって話です続きよ。
まぁ、付き合いのきっかけにはなるんだろうけどねぇ。そこに愛はあるのか? なわけで。
ちなつだってそう簡単に桂一のものにはなりません。
好きなのは間違いないんだけど、性格的にすぐには人に懐けない。他人を簡単に懐に入れないというか。
辻本のように、信用してしまったらめちゃくちゃ懐いちゃうけど、そうじゃなきゃ、爪を立てる仔猫のようになるんです。
「そばに寄るな~、ひっかくぞ~」みたいな。警戒心ありありなんです。

悪かったってわかっていても、なかなか自分から折れることが出来ない人間も多いのに、桂一はちゃんと謝れる好青年なんです。
桂一の不器用な言葉の中に、自分に対する真摯な気持ちを感じることが出来たんでしょうね。いつの間にか、ちなつの気持ちの中に入り込んでたわけで。
ちなつの身も心も手に入れた桂一は、女雛をちなつに譲り、女雛を手に入れたちなつは、恩人の辻本に結婚祝いとして女雛を贈り、どこもハッピーエンドでございます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ