かなりかわいそうな所が萌えます

二人のための大人のカンケイ

futari no tame no otona no kankei

二人のための大人のカンケイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662607

あらすじ

自分を凝視する視線の元には見たこともない少年がいた。少年の兄と自分がよく似ているらしい。援交相手にフラれたばかりの柴崎は、その少年・珪都とヒマつぶしで会うようになる。本気の恋などしてこなかった柴崎だが、珪都の明るさと純粋さに惹かれてゆき……。表題シリーズ、いよいよ単行本化。夏葉ヤシのBL初コミックス

表題作二人のための大人のカンケイ

ゲイのリーマン 柴崎将広
わんこ系高校生 西尾井珪都

同時収録作品スロートーク

禰宜島 高校生
剰水 高校生

その他の収録作品

  • 大人のためのかわいいオモチャ
  • 子供のためのやさしいレンアイ
  • 二人のための大人のカンケイ
  • 秘密の学園祭
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ショタチックですが萌えました

二組のカップルのお話が入っています。
一組目は高校の同級生のカップル。淋しさから好きでもない年上の男性と付き合う主人公と、何も知らずに主人公と仲よくしてくれる同級生。

何と言うかかわいらしい、淡い青春のようなお話でした。難を言うなら、友達としても成り立つストーリーなのにあえて恋愛関係に持ってくる説得力がもう少しあればよかったかも。

二組目は、最初のお話でフラれてしまった当て馬役のサラリーマン、柴崎と可愛い高校生・珪都のカップルです。
表紙に載っているのはこの二人。こちらのカップルのお話が殆どでこちらがメインの単行本です。
フラれてしまって落ち込む柴崎に、兄に似ているからという理由で近づいた珪都。

仲よくなるには歳が離れていると思うのでリアリティはないなあという感じですが、歳の差カップルが好きなかたにはオススメだと思います。
しかし、一組目も二組目も受けが非常にショタっぽいため、ショタでも大丈夫という方向けだと思います。

珪都の兄が非常にブラコンでして、かなり徹底して二人の邪魔をしてきます。あまりに、かわいらしく子供子供してるのでえろシーンはあまりえろく見続きえないのですが、絵柄は可愛くて好みでした。

0

柴崎ナイス!

この作品を一言で言い表すなら「あて馬役のその後」だと思います。あて馬・柴崎(攻)は結構私は好きでした。いい男だと思うけどなぁ。まぁある意味かわいそうなキャラでもあったけど(笑)

サラリーマン・柴崎が登場するのは表題作より前の作品「スロートーク」です。メインは高校カップルで祢宜島×朔也。そのあて馬が柴崎です。柴崎は朔也の援交相手です。

朔也は子供の頃のトラウマから遠慮と我慢をする子で、柴崎のことも好きかどうかわからないけど付き合ってセックスもしているという状態。そんな朔也に祢宜島は「イヤならイヤと言え」と怒ってくれました。

柴崎とのセックスの最中に祢宜島のことを思い出してしまった朔也は「嫌だ」と言ってしまいます。しかし柴崎はそれをプレイとしての「イヤ」だと思ってバックから攻めてノリノリ(?)です(笑)なんか柴崎かわいそう(笑)

結局柴崎はフラれちゃうんですけどね。でも柴崎は朔也に本気だったんですよ。だから余計かわいそう。柴崎がタバコ吸う時がカッコよくて好きでした。

で、表題作ではようやく柴崎にも春が!お相手はまたもや高校生。元気で明るい男の子・西尾井珪都です続き。柴崎は珪都のお兄ちゃんに似ているらしく、ファーストフード店で珪都にガン見されたのが出会いでした。

それから徐々に惹かれ合っていき、なんだかんだありつつ二人は両想いに。続編では恋人同士になった二人の前に珪都の兄が立ちはだかる!(笑)ここではまだHまでいってない二人です。

さらに続編では、いきなり珪都の兄に塩を撒かれる場面から始まります。冷静にカバンでガードする柴崎がなんかカッコイイ。いつの間にかヘタレじゃなくなってる?そして今回ようやく結ばれた二人でした。あ~よかった。初Hまで長かったな。

描き下ろしでは学園祭で珪都が女子高生のコスプレを☆見学に来た柴崎と更衣室でのコスプレH(?)がGood!ミニスカートの中に頭突っ込んでフェラっていいよね!ナイスエロ!

絵も可愛いし、ストーリーもあってよかったと思います。受は小さくて可愛いけど女の子には見えないし。ちゃんと男の子です。初心者でも読める作品ですね。

それにしても柴崎はカッコイイ大人の男だったのか、ヘタレキャラだったのか、乙女キャラだったのか、エリートサラリーマンだったのか…全部かな?

あと一つ言わせてもらうなら登場人物の名前が難しい!祢宜島に剰水朔也に西尾井珪都って…(-.-)普通なのは柴崎将広くらいじゃないか?まぁいいですけど(笑)

2

読み進めるにつれて印象が変わってくる作品

最初のページのフェラシーンで、
これはかなりエロエロな話だな~♪と思いましたが、
読み進めていくとそうでもなくて、
最初は鬼畜系に見えた攻めも実はちょっとかわいそうな人かもだし、エロ重視というわけでもないのか?と思いました。ただやっぱり攻めのセリフとか雰囲気はどうしてなかなかエッチくて◎でしたが。

というか、というか、
この本一冊通して、攻めは全部同じ人ですが、
一話目の『スロートーク』では受けの子が違うので、これと二話目からの印象がけっこう違います。

一話目『スロートーク』は、
柴崎将広(しばさきまさひろ)リーマン×剰水朔也(せせなぎさくや)高校生
のカップルでスタートします。
この受けはフェラ後、口内発射(ごっくんあり)させられたり、いつも本当はイヤなのに抱かれてるっぽくてかわいそうです。セックスの時も「早く終わらないかな」とか思っています。
でもこれってちょっと、お金もらってるわけでもないし特にセックスが好きなわけでもないのに、というかイヤイヤなのに! 抱かれ続けることって受けにとって何もメリット無いと思うので、変わった子だなと思いました。一応、親の続き離婚で傷ついて無感動になった的な独白シーンがありますけど、これはかなり心病んじゃってる子だと思いますよ。奇行とかそういうシーンはとくにあったわけではないけど、このまま大人になってしまわなくて良かったね。そんな感じを受けました。


この受けは最終的に、攻めと別れて同じ高校の友達と付き合いますが、そんな受けに対し、実は攻めは本気で惚れていたからかわいそうなんです。

二話目以降で、攻めも新しい恋をし、それが表題作の受け、本カプなわけなんですけど、新しい子に出会ってもまだ前の恋人を忘れていない辺り、ここで攻めのかわいそうさが一気に増している気がしました。最初のオラオラっぽさが全然ない。失恋に傷ついた男の人でした。全体的にはコミカルですけど、ちょっと哀愁が漂います。

ラストの『秘密の学園祭』では、エロいコミカルにもどりましたけどね♪


いつかもっとすっごい悲恋とか、すっごいエロとか描いてほしいと思いました。





1

短編集と思いきや

「スロー・トーク」
1コマ目から、いきなりフェ○!(ちょっとびっくり)
表紙はかわいい系だったので、そのギャップ?

言いたいことも言えず、自分を押し殺して人の言いなりにしている朔也。
付き合いたいと言われたからといって、なんとなくリーマン(柴崎)と付き合い、身体のカンケイに。本当はそんな生活に疑問を持っているけれど、変えられない。
それは、幼い頃のトラウマがあるからで…。
Hをした帰り、気分が悪くなった朔也を助けたのが同級生の祢宜島。
言いたいことも言えず、はっきりしない朔也をほっとけない祢宜島は、その日から、朔也に積極的に関わっていく。

祢宜島のおかげで、朔也は少しずつトラウマを克服して、自分の意志を伝えていこうとし、いろいろ一生懸命になって朔也のことを考えてくれる祢宜島に朔也は心を引かれていく。…トラウマ克服ものです。
受けの朔也がつかめなーい!祢宜島には好感もてるんですが、朔也はほんと、はっきりしろよ!しっかりしろよ!とイライラさせられます。(それが、お話のねらいだと思うんですが…)結局、援交を精算し、祢宜島とくっつくわけですが、援交相手の柴崎が不憫です続き…。

「大人のためのかわいいオモチャ」以下、
その、振られ柴崎のお話になります。あら!柴崎さん。主役、あなたなのね!
そして、ここからが表題作のシリーズです。
「スロー・トーク」では、高校生に振られた不憫な柴崎ですが、
いやぁ、ここでも引きずってますよ、かなり。
ファーストフード店で高校生(珪都)にガン見される柴崎。
ちょうど朔也と同じくらい。気になって声をかけます。珪都は朔也と違って可愛わんこ系です。柴崎を見ていたのも、お兄ちゃんとそっくりだったからだとか。やましい意味はないようです。(そのお兄ちゃんも、後々絡んでくるんですが、いい味出してますw)
前回振られたことがトラウマになっている柴崎の悶々としている様子が、萌えると言うより、ヘタレてて、ジリジリします(笑)ことあるごとに、朔也を思い出すところが、どんだけ、ヘタレなんだと。結局、珪都とラブラブになりますが。当人たちは真剣なので、笑ってはいけませんw

そんな二人だけの話より、お兄ちゃんが絡んできてからの方が萌えました。
お兄ちゃんが極度のブラコンで、何かと二人をじゃましたり、柴崎に塩まいたり(今時!)、柴崎とのやりとりが萌えました。(笑えました)しかも、お兄ちゃん、血がつながってないって!何それwおいしい設定!残念ながら、お兄ちゃんとのHはありません…(3P…私の勝手な期待でした)

書き下ろしの「秘密の学園祭」は、なぜか珪都の女装(女子高生)そして、H。
エロのために書かれたのかな?結ばれてからの柴崎、エロくなったなぁ。
朔也に振られて臆病になってたころの柴崎が懐かしい…

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ