俺はおまえと離れたくない おまえを一人にしたくない――――

ラブストーリー

love story

ラブストーリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
79
評価数
18件
平均
4.4 / 5
神率
61.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662591

あらすじ

巡礼の旅をするダニエルは騎士・レオナルドと出会う。身分や考え方の違いから、最初は反発する二人だったが、共に旅をするうち心が近づいていく。だがレオナルドには想い人がいて……。中世を舞台に描かれた愛の物語「ラブストーリー」。海外出張中に漂流した無人島で始まる上司と部下の禁断の恋「パラダイス・パラダイス」を同時収録。

表題作ラブストーリー

同時収録作品パラダイス・パラダイス

上司で次長 野沢
部下 柚木

評価・レビューする

レビュー投稿数11

ひとつのコマも見逃すな

一枚めくったらもう本の中にいました。
そしてなにがこんなにも心を揺さぶるのか。

すごいセリフとか説得力じゃない気がするのです。もちろん素敵なセリフもモノローグもしっかり目に入れていますが、絵だけで伝わるものがまずある、目と目の会話だけで伝わってくるものが、もっとベースにある...たぶんセリフがなくても涙が出てしまうだろうなぁと思います。ホント、何度無言で見つめ合ったらいいの。

やはり西田東作品(改名されましたので西田ヒガシ作品ですね)はストーリーが深く、また人間臭く男臭い主人公が魅力だと思います。ほぼ読んでいるつもりだったのですが、まだまだ未読作品があることに気づけてまた楽しみが増えました。改名された今後の作品、待ち遠しいですね!

3

想って、離れる

中世が舞台の長編と、南国にやってきたリーマン短編、2作品が収録されています。

「ラブストーリー」
貧乏騎士×修道士を目指す農奴。ダニエルはサンディエゴへの巡礼の道中に、武芸試合に出場するレオナルドに出会い…。
レオナルドもダニエルもそれぞれ男として魅力的であり、惹かれる過程が自然でした。道中で互いに惹かれるも、行うべきことがあるがゆえに別れます。ダニエルはレオナルドを想って別れるも、彼の窮地に自分を犠牲にしてもと願うのにじんと来ました。身体を重ねることはないのですが、心がつながっているのが感じられて良かったです。

「パラダイス・パラダイス」
南国に出張で来た柚木(受け)と野沢次長(攻め)。船が壊れてしまい、二人は小さな島に辿り着いて暮らすことになりますが…。
次長が男前な行動をとるので、柚木が惹かれるのが分かります。次長は妻子持ちなので、会社に戻ったら…と思っていたら、ちゃんとハッピーエンドでほっとしました。

1

巡礼者ダニエルと騎士レオナルド

表題作「ラブストーリー」と同時収録「パラダイス・パラダイス」の大きく分けて2作品収録です。

表題作「ラブストーリー」は、巡礼者ダニエルと騎士レオナルドの二人の、違う世界に生きる二人が出会って、そして一緒に旅をするうちに離れがたくなっていく、そんなさまを描いた作品でした。
作中で二人は一度も抱き合うことがありません。性的な描写はないのですが、二人の間には濃厚な空気感が感じられます。
それにしても中世っぽい雰囲気なのになぜタイトルが今っぽい「ラブストーリー」なのか。激しくバブル期のトレンディドラマを彷彿とさせるタイトルです。日本にバブルよ再び!

「パラダイス・パラダイス」は海外出張中に無人島で始まる上司と部下の禁断の恋物語でした。
うわー。展開がゲイものっぽい。だが好きだ。
またこの上司がとってもいい人でした。遭難した時こそ、その人の人格が現れますよね。
私も冷静でいられるだろうか。な~んてちょっぴり考えてしまいました。

1

出会えてよかった

  とてもテンポのうまい先生です。恋に落ちる二人、とくに目が見つめ合う時の雰囲気とか、沈黙の間とか、その雰囲気にどんどん引かれていく。恋愛って呼吸のような自然なものだなと毎回読むたび思わせた。

1

詩雪

kissweissさん

はじめまして、こんばんは♪
同感とのコメいただきましてうれしいです、ありがとうございます。私はこちらにコメントさせていただきますね。

西田東さんの作品ステキですよね。男の匂いがする~、と。こちらの作品は読んだことがないので、さっそくチェックリストに入れて、近いうち読むのを楽しみにしたいと思います。

詩雪

おまけマンガ期待してます

うわ、中世もの。好きだけど。寧ろ好きだけど。
でも待てよ。『ドント・クライ・マイ・ベイビー』に中世ものが収録されてたよなと思い出し、もしかしてその続編?と思うほど、お顔がそっくりな主人公ダニエル。
でもチガタ。前回はエリオ君でした。時代も微妙に違うっぽい。

西田東劇団とこっそり命名してるほど、いつも同じ役者さんを使っての作品のように、キャラが同じと思っておりまして、それは決して貶しているのではなくて、そこが私は大好きなのですよ。
あ、またこの人だ!と安心しちゃうというか・・・。
今回も、やはり劇団からの同じ役者さん。まあみんな、いい演技するんだこれがまた!
全員目だけで語る語る。セリフがないときにこそ、饒舌。
たまらんです。
もう1話収録されている、「パラダイス・パラダイス」のリーマン二人もまた然り。
どうしてくれようかこの劇団。好きすぎて日に何度も観ちゃうよ。
漫画でよかったです。破産するとこだ。
公演が年に1,2度ってとこもまた、物足りない具合がイケズです。
どの作品もハズレなし。
カバー下の前後2コマ、よりによってこのチョイス!と笑わせていただきまし続きたが、今回は酋長のおまけマンガが、ありませんでしたねぇ。
楽しみだったのにな・・・。

1

西田東さん最高です

『ラブストーリー』
中世のヨーロッパあたりが舞台になるのかな。
ふんだんにあるユーモアが煙幕のようになってるんだけど、ストーリーそのものはシリアスです。
西田東さんの作品のユーモアのさじ加減、毎度ながら大好きです。
他の漫画家さんならこのお話をどう書くだろうなぁなんて思いました。
書きようによっては、号泣必至のドシリアスストーリーにもできたと思うんだ。

男の二人旅に激しく萌えてしまう自分も発見しました。
電車や車で移動しつつホテルに泊まりつつの旅じゃダメなのだ。ダメじゃないかwそれも萌える。けど、
馬と徒歩で移動し、宿に泊まったり野宿したりっていう旅は、
萌ゆるー!!!

ラストは「ええっ!あとちょっと描いてくださいよぅ」って思う場所で終わってました。
西田さんのイケズ!と思いました。
こういうイケズなラスト、大好きです。

『パラダイス・パラダイス』
リーマンとリーマンの恋。
リーマンオヤジの登場に、西田さんの得意分野きたきた、くふふって思いました。
いけすかないメガネの上司と無人島に漂流してしまい、サバイバル生活を余儀なくされるゲイのリーマン。
いけすかない上司の天然の優しさが明続きらかになっていくたびに、どんどん彼に惹かれてゆくゲイの(ry
うまいなー、もう。
キュンキュンしました。
西田さんの描く人間は、常に根っこが可愛いです。

1

お前を一人にしたくない―

画的な意味で敬遠していた作家さんだったんですが、もともとの評価の高い作家さんということと、時代設定に興味惹かれて初読みです。
読後一番の感想としては、こんな風な表現もあるんだなというところ。
中世を舞台に描かれた、巡礼のたびをするダニエルと騎士レオナルド。
出会いはそんなにいいものじゃなかった。
その2人が・・・というのが話の流れ。
なんていうんだろうな。大事な気持ちを表現する部分であえて言葉を多様せず、雰囲気というか、表情というかで気持ちの動きを感じさせる描き口がすごくグッときました。
思わず上手いな~と唸ってしまうほど。
ぱらぱらと見てしまうとわからないのですが、表情というか、目の力にはおどろきます。読み返すほどに魅力がましている気がする。
夜「月が美しいな」といったところの2人のシーン。
俺は男だから女を愛せといったダニエル。
捕虜として連れて行かれるレオナルドにむかい涙を流すレオナルド。
そして、すがり泣く姿に思わず涙してしまいました。
いつも表情が少なく、感情の起伏もみえなかったダニエルのその部分だけでも萌える。
あまり画的に上手い人じゃないと思って続きいたんですが、読み込めば読み込むほど可愛いとおもってしまいます。ウマww
ほかの作品を読むのがまた楽しみになりました。

後半、サラリーマン2人の話。
これも面白かった。まとめ方が好きだな~と。
求め合うってこんな感じかな~なんて思わずグッ。
いい作品です。おすすめ

1

ダニエルの目が訴える

ダニエルの目力が効いて、おまけで神!

巡礼者ダニエルと騎士レオナルドのお話。

立場の違う二人が出会い、道中をともにすることによってお互いの境遇や価値観を知り、認め合っていくシリアスなお話なのですが、
西田作品なので、会話のテンポはいつものごとく、ああ言えばこう言うボケとツッコミ的なものです。

しかし、そのボケとツッコミがあるからこそ二人が親密になり、かけがえの無い存在になっていくのです。

レオナルドは明るく前向きでよくしゃべりますが、ダニエルは肝心な部分を言葉にしません。
全て目で訴えるのです。
ジッとレオナルドを見つめる目が、多くの言葉を語っていると思います。

身を挺して相手を救い、守り、相手の立場が良くなることを最優先に考える。
キスすらしませんが、究極のラブストーリーなのは間違いないし、ふたりとも男の中の男だと思いました。

・・・心温まり涙も誘われるいいお話なのに、うまい具合に感想が書けません。残念。

で、ファザー、グッジョブですよ、ありがとう。

同時収録のサラリーマンものは、眼鏡・スーツのカタブツ上司、南海の孤島、まさかの続きオヤジ攻め。
こっちのお話はよくあるタイプの展開なので、萌止まりだと思いますが、全体評価を下げるものではありません。

1

プラトニックだからこそ

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
まず一言。何だこの裏表紙。笑
会計の際に、半原人と化した次長が半裸が目に飛び込んできて、思わず静止してしまいました…。
まあそれはさておき、なんと中世を舞台にしたお話と、無人島へ流れ着いた異色のリーマンラブの2本立て。

「ラブストーリー」
巡礼の旅の途中の助修士・ダニエルと、想い人がいる貧乏騎士・レオナルドの、旅は道連れラブストーリー。
とはいっても世は中世でしかも助修士という設定なので、プラトニック。よって受け攻めは読者妄想で賄いましょう。
でも、このプラトニックさがこのお話には重要だったのだと思います。
目的も信仰心も自分自身さえも曖昧なダニエルと、例え現実的ではなくても自分の夢を明確に持つレオナルド。
そんな二人が共に旅をすることになるわけですが、ろくに恋愛を匂わせるシーンを描かずに、それでも絆を感じるほどの愛情が二人の向こう側にちゃんと見えるってのは流石の手腕だなあ…。
シリアス場面にすかさずギャグを入れるその感性がもう病み付き。
ダニエルの神に使える資格がない理由が切なかったですが、レオナルドのおおらかさがトーンを続き随分軽くしてくれています。

『おまえが救われるか堕落するかは神がご存じだろう――』
ラストでようやく、これは二人のラブストーリーだけではなく実はファザーからのラブストーリーでもあったんだなあと…サクサク読めるわりにしみじみくる感慨深いお話でした。

「パラダイス・パラダイス」
真面目でウザイと思っていた野沢次長×次長と一緒に無人島に流されたゲイの柚木、無人島リーマンラブです。なんだそりゃ。笑
設定にも表紙にも思わず笑ってしまいましたが、中身はいつもの西田兄貴節が効いていてキュンときました。
非日常下で眼中になかった相手との否応なしの二人っきりの生活。
ありえねーっとつい突っ込みたくなる設定も何故か自然に“有り”だな、と思ってしまうこの軽快さが素敵です。
次長がとにかく格好良かった!柚木じゃなくても惚れそうです。
サラリーマンと無人島の大自然、このギャップがたまらない恋物語。
パラダイスが見つかって良かったね、と言いたくなるキュンとくるお二人さんでした。
あと“こけちん”がかわいすぎた。

後書きをまっさきに確認して項垂れた読者は他にもいるハズ……!

1

ともふみ

>>こんばんはーむつこさん。
購入したらまずは裏表紙チェックしてくださいね。

>『願い叶えたまえ3』のドラマCDのレビュー
CD聞いてないくせにレビューはしっかりチェックしてニヤニヤしてましたYO!
これっっぽっちも関係ないのに、レビュー読みつつわたしも自分が褒められてる気になりましたもん。えっへん!て。笑
そして同業者(声優)さんから賞賛という、工藤の名台詞の熱演どんなんだろうって妄想逞しくしてました…はふぅっ(鼻息)

そうそう、あのテキトー・オブ・テキトーさ加減がたまらないですよね~
本編の感動の余韻を木っ端みじんにしてくれるところも。笑
エッセイ漫画本これで5部は確実に売れますよっ>出版社さん
(茶鬼さんとなまずさんも入れさせて頂きました。笑)


>>弥七さーん、しつこくいきます。
とりあえずこの新刊が山積みされていたらもうファン確定ですね!

麗人さんなんて帯にあとがき収録とか載せてるくらいですからね~わかっていらっしゃる。
エッセイ漫画出版が無理なら、もう小冊子でも!笑
前第未聞のエッセイ漫画小冊子…郵便局に走ります。
あ、そういえば(どのコミックかは今パッとでてこないんですが)3コマ漫画→2コマ漫画→1コマ漫画→28コマ漫画っていう感じのあとがき漫画が収録されていて、本気で頭が??でいっぱいになった記憶が…。
一度西田兄貴の頭の中をカチ割って見てみたい。笑

弥七

そうそう! 西田先生の本は、買いやすい表紙で助かります。近所の本屋では、何を間違ったのか、熱狂的なファンの店員がいるのか、「ドント・クライ・マイベイビー」を普通の漫画の新刊コーナーに山積みにしてました。全然BLが充実してない本屋だけにびっくりしましたよ~。

エッセイ漫画、あったら絶対買いますよ! あのキョーレツなキャラ! たまんないです! あぁ~~あとがきがないなんて、出版社の方はわかってないですよ~~~。

むつこ

横からスイマセン。
私まだこの本まだ買ってないんですよね。
はやく手に入れなきゃだわ☆

>>エッセイ的な漫画本
私もあったら絶対に買います!
西田東さんのあとがき、最高ですよねー。できたらあのあとがきそのままの、気合いの入ってない絵のままで、エッセイ漫画書いてほしいw

『願い叶えたまえ3』のドラマCDのレビューのなかでも書いたんですが、声優さんたちがフリートークで、西田東さんの漫画のあとがきに触れて、「面白い!」「あれ笑ったー」などなど口々に言ってくださってたことがありました。
もうねー、なぜか自分が誉められたかのように嬉しかったデスw

ともふみ

こんにちは~弥七さん。
どんな一般書店でも買える表紙がいつもありがたいですよね。

そうなんですよ、酋長の華麗なサンバ姿が拝めません~(泣)
プロフィール欄も愉しみの一つだったんですがそこも…ショボーンです。
エッセイ的なマンガ本とかでないですかね?
そしたら絶対絶対入手するのに、って方も多いハズ!

弥七

ああ~、買いに行かなきゃ~~~。雑誌で読みましたが。

あとがきないんですね……。めちゃくちゃ残念です!

ヘタウマ、素晴らしい!!

西田さんの絵、読めば読むほど色香が凄いです。
なんと言ってもあの目!!

シリアスに決めたかと思えば、突然のギャグ(顔)w

表題作の騎士が落ち込んでいる姿は、ダメなアンパン○ンにしか見えませんw
なのに!!なんだこの素敵関係は!!
キスすら、愛の言葉すら交わさない2人ですが、充分でした。

同時収録の話、西田さん特有の可愛い擬音にやられ、リピート中w
ゴツいオッサンがあの擬音を出していると思うと、より萌えますw
お堅い上司に、ちゃらんぽらん部下とは、西田さんの鉄板ネタですね。

本当に素晴らしいのですが、あとがきがありません!!
西田さんと言えば、あとがき!!本編の余韻をぶち壊す(誉めておりますw)パンチ力w
物足りない!!
なので萌えで失礼します。

1

やはり男の友情と愛情は表裏一体ですね

今回表題作にはHは全くありません。
でもストイックも含め深い意味での愛の物語なのだなと思います。

今回舞台は中世、いつもの肉感的表現の西田絵にしては修道士助手のダニエルは細身の感じです。
対する騎士のレオナルドは、騎士らしく陽気で前向きな男に描かれています。
ダニエルは己の性癖の迷いから逃げる為の巡礼中、レオナルドは姫にプロポーズするための武芸試合に挑む途中で出会います。
怪我をしたレオナルドを助けたダニエルがレオナルドの世話を何かと焼き、彼の手助けをするのですが、
聖職者に必要とされる精神世界より、より人間的なものを求めるダニエルには一人の相手に向かって必死に真剣でいるレオナルドが放っておけなかったのでしょう。
彼との触れ合いで自分が何者であるのかはっきり理解した彼は、敵国に身代わり人質になったダニエルを助ける為に涙を流して自分を育ててくれた司教に告解します。
彼の必死の訴えは聞き遂げられ、解放されたレオナルドはダニエルを探す旅に出ます。
こうした男同士の気持ちが通じる部分の作りが西田さんは優れているなと思いました。
余談ながら中世教会では「薔薇の名前」などで続きあるように聖職者と弟子の修道士の禁断愛が結構タブー的に存在していたのですが、騎士と修道士なんていう組み合わせも斬新でした。

表題作がエロなしだった分、サラリーマンを主人公にした「パラダイス・パラダイス」は西田節全開でした。
いつものごとく海外出張先でいい加減な現地の人が現れて、無人島に置き去りにされるゲイの男性と他部署上司の男性。
年下攻めです。
舞台が現代でサラリーマンが主人公だけあって、こちらのほうが馴染みがよかったかもしれません。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ