ツーリング・エクスプレス 2

ツーリング・エクスプレス 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592884385

あらすじ

銃創を癒すため、マルセイユで静養する刑事シャルル。そして彼を見守る殺し屋のディーン。だが、宿泊先の別荘がマフィアの大ボスの持ち物だったことから、二人は麻薬シンジケートの抗争に巻き込まれ、シャルルが誘拐されてしまった! 舞台はヨーロッパから香港へと飛び火し、ディーンの過去も交錯して、事件は意外な展開へ…!! 反目する立場にありながら魅かれ合うシャルルとディーンの運命は…!? 大好評シリーズ第2巻!!

表題作ツーリング・エクスプレス 2

超一流の殺し屋 ディーン・リーガル
ICPOの新米刑事 シャルル・オージェ

その他の収録作品

  • チャイナ・ロード・エクスプレス
  • 琥珀色のフラン
  • ロシアン・エクスプレス・1

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ファム・ファタルな美女あれこれ

欧州を駆け巡るシャルル&ディーンのお話・2冊目です。
マフィアの御曹司と間違えて、香港マフィアに誘拐されたシャルルと、
彼を助けるべく香港・九龍城に乗り込むディーンですが…
そこには殺し屋ディーン・リーガル誕生に関わる宿命の女・艾梵がいて…!
(殺し屋ディーンの過去が垣間見える、後々の因縁となるお話です。)
そしてパリでは夭逝した美貌の天才脚本家の、華やかな舞台が事件を呼びます。
(こちらはシャルルにとって永遠の、第二のママンのお話です。)
それから物語は旧ソビエトに移り…美女と殺し屋の危険な駆け引きへ…。
ああ、なんて忙しいの、この人たち!(←でもゴージャス☆)
さて、この巻では宝石のような宿命の美女(間違いなくクレオパトラ級)が3人、登場します。
1人はユダヤの血を引く、KGBの女スパイ・アリアズナ。
政府を憎みながら、政府のために働く因業なスラブ系美女で…いうなれば黄金のような女!
男を虜にして決して従わない、けれど男に頼ることは知っている…
目にも艶やかな美女には、やはりゴールドジュエリーが似合います。
2人目はシャルルの義母で、今は亡き脚本家のフラ続きンソワーズ。
芸術家達に女神のように讃えられた、キツくて綺麗な才媛で…プラチナのような女でした。
気取らず飾らず男に媚びず、それでも優しい美人は、まさに白銀のジュエリー。
そして3人目…殺し屋ディーンが唯一愛して、ついに殺してしまった女性・艾梵です。
九龍の龍王の異名をもつマフィアにも関わらず、たおやかな柳越の美女で…真珠のような女!
希有な外見に似ず平凡で、気品ある女性には…やはり真珠が相応しいのよねぇ☆
この3人中、誰が最も強敵かといえば…間違いなく艾梵で、
彼女の存在は…この後も、シャルル&ディーンの間に、最後の最後までずーっと後を引きます。
げに恐るべきは、真珠の女!
…それでも、女やってたら、1度はなってみたいものですねっ、ファム・ファタル!
ああ、今巻でも念のために言いますが…彼らはキス止まりです。道は長い!




0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ