世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~

sekaiichi hatsukoi

世界第一初恋 小野寺的场合

世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神35
  • 萌×215
  • 萌35
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
31
得点
341
評価数
87件
平均
3.9 / 5
神率
40.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048543712

あらすじ

恋も仕事も「ダメだし」ばっかり。--ホント、むかつく!!

出版社・丸川書店の少女漫画編集部に勤務する小野寺律の天敵は、「初恋の人」でもある俺様編集長・高野政宗。悩みつつも「ちゃんとした漫画編集者になりたい」と目標を持ち始めた律だけど、初めて自分が担当したコミックスの売れ行きが気になって立ち寄った書店で、偶然営業部の横澤に出くわしてしまう。
おまけに、高野と付き合っていたことを横澤に聞かされて…!?
ヤリ手編集長×新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆
王子様書店員×メンクイ編集者の「木佐翔太の場合」も収録!

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~

エメラルド編集部長・高野政宗
エメラルド編集部新人・小野寺律

同時収録作品世界一初恋~木佐翔太の場合~

雪名皇 書店バイトの美大生
木佐翔太 少女マンガ編集部員(30歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数31

木佐編素敵すぎ

今回は後半が木佐さんでした。
しかしあの書店宣伝のための作品作り……凄すぎる。
木佐さんへの愛でいっぱいいっぱいですねwww
ってか30歳だったなんて…童顔すぎるだろ。
個人的にこの2人の話、好きです。
木佐さん可愛い!
そして雪名の王子っぷり!!!
もう完璧です(*´艸`*)
テンションぐわっと上がりました。

横澤さんは相も変わらず律ちゃんに対してにキツイですねぇ。。。

お酒の席では高野さんドンマイーな状態でしたwww

0

木佐がよい!!

かなり以前に他の作品を読んで以来、久々に中村作品を読んでみました。
しかし1、2巻はどーも盛り上がりきれず…。
お仕事ネタが沢山あるのはよいのですが、カリスマ編集長とがんばる御曹司(他社ですが)という自分から遠い存在であるせいもあるのか、今一つ彼らに共感しきれなかった模様。
中村作品特有ですが画面が煩めでドタバタ過ぎるのも(ファンの皆さまごめんなさい…)、私としてはついていくのに大変な感じがしてしまうーw

そうこう思いつついたのですが、3巻で俄然盛り上がりました!
木佐編、いいですよ!!
彼は等身大の30代、そのままじゃないですかっ
あの編集部にいるだけ凄いことではあるのですが、
どんなに仕事に打ち込んでいても自分の限界が見えてきてしまう。
さらに仕事中心できてしまったからちゃんと恋愛に向き合えなくて、プライベートも寂しい。
しかし経験だけはあるから、自分の性癖も恋愛傾向も知ってる。
知ってるからこそ、いざとなると飛び込めない。
そんな他人事とは思えない木佐が、とてもいとおしいです。

そんな自分から身動きとれない木佐に対し、ぐいぐい押せ押せな雪名が実に続き格好いい。
あと1話あって雪名の気持ちを描いてくれたら、文句なしであと星1つあげてたところでした♪

ちなみに律っちゃん編は、次からが面白いと思いました!

0

泥酔萌え

『世界一初恋〜小野寺律の場合』の三巻です。
BLコミックにしては、前巻と間をおかず発売でした。
今回も当たり前ながら、受けは転職先の上司が学生時代の想い人だった律で、攻めは編集長で律のヘソ曲がり原因を作った高野です。

この巻は、律の同僚である木佐(受)と本屋のキラキラお兄さん・雪名(攻)の『木佐翔太の場合』が収録されています。
いやー、しかし木佐があまりに年齢と外見の違いが!
中身は年相応なんだけど。
でも、小柄なアラサー(見た目は子供ですけどね)の恋愛は、本編より気になってしまう…

二種類のお話が一冊の半々くらいの分量になっていますので、本編ファンには残念かなと思います。
そして相変わらず恋に堕ちるまでの日数があまり減っておりませんし、話もあまり進んでおりません。
しかし、今巻の萌えポイントは、やはり泥酔えっちですよね。
絵柄のせいか、中村さんのえっちはあまりエロエロちっくではないのが、せっかく「きゃー!」って感じのシュチュエーションなのにちょっともったいないです。

1

木佐翔太の場合

3巻には律のお話が一作と、木佐翔太のお話が2編の割合で収録されています。
律が酔ってしまい、いろいろ本音を語っていると高野に襲われ、抱かれてしまいます。
しかし、酔っていたため全く覚えていなく、高野可哀そう…という。
中村春菊先生は脇役のカップリングも面白く、確か純情ロマンチカでもそういうのあったなーと思い出しました。
ロマンチカのほうは途中で読まなくなってしまい、何巻から読んだらいいのかわからなくなってしまったので、この世界一初恋が気に入ったことによってロマンチカのほうもまた集めて読んでみたいと思いました。

0

恋に堕ちるまであと251日!


第3巻!
今回は新たにスピンオフ作品として、『木佐翔太の場合』が収録されています。

ここにきて、乙女部美濃さん以外はホモ発覚(笑)
まだ、美濃さんの私生活はベールに包まれたままなので、実際のところはわかりませんけど、それにしても、順調にホモ率向上しているな〜とある意味関心です!

高野と律の関係は相変わらずで、2人の再会するまでの過去や、すれ違った原因は解明されないままです。
ただ、2人の関係は一応進展しています。
まあ酔った勢いではあるんですけどね(笑)
ここでも、再び律の記憶喪失事件勃発で笑わされます。
酔っててもふつう分かるでしょう⁉︎…と失笑ものでした(笑)
律に婚約者がいたことも発覚して、今後も益々気になる感じです。

今回も高野の俺様的な部分に萌でした。
しかも、律を思いやる優しい部分のギャップがいいんです。
律って名前呼びもカッコ良くて、ドキドキでした。
あと、律がエロくて可愛い♡
涙目で「先輩」ってセリフにはシチュエーションさながらキュンとしました。

『木佐翔太の場合』
王子様書店員の雪名 × 乙女部メンクイ編集者の木続き佐の年下攻めもの。

年下の雪名がかっこいいんですけど、今までになくキラッキラしたキャラの登場に驚きでした。
これが、性格もいい若者君だからポイント大。
木佐も乙女部では飄々としているキャラかと思っていたんですけど、仕事面ではそれなりの葛藤も抱えていて、年下君の雪名の影響で自信をつけていく様子が微笑ましかったです。
そして、恋愛面では遊んでいるようで、初恋もしたことがなかった、30歳の初心さに心を掴まれてしまいました。
ラストの2人の会話は萌シーンです。
2人のお話は、まだまだ続いていきます。

0

木佐くんに救われる☆

ファンの方々には大変申し訳ないのですが、
「小野寺律の場合」を1巻から通しで読み続けてきて、
律くんのぐるぐる&自己完結&取りあえず後回し・・・に、
あまりにイライラしてしまっておりました。。。

多分、自分が白黒ハッキリつけたいタイプだからなんですが、
ちゃんと時間をとって正直に高野と話せばいいじゃん!!それだけじゃん!!
と、身も蓋もないことしか考えられなくなってきておりまして・・・
(それじゃ話がすぐ終わってしまう!これは漫画なの!という事は、頭では分かっている)
もう、高野の最後の台詞「ムカツク」にすごく同感している自分・・・
このままいくと一番好きな(というか応援したい)キャラは、横澤さん!になる日も近い。
う~~主人公に共感できないのはツライヨーーー(´;ω;`)

って思っていたら、木佐くん登場☆
ああ~~~~やっと視界が広がった・・・

同じぐるぐるタイプでもなんと可愛いことか!
凡人なホモの小さいおっさんが、キラキラの男子大学生に惚れる。
しかも何が好きって、「顔」が好き、一目惚れ。
だってメンクイだから・・・・・・って、すっごく続きスッキリしてていいよ~!!
面倒なグダグダはもう嫌だったわたしには、木佐くんは救世主のようだ・・・

やばい・・・そろそろ読み続けるの限界かも・・・
だったわたしを救ってくれて、感謝感謝!
せっかく7巻まで手元にあるのだから、この上向いた気持ちでこのまま一気に行きたい☆

1

再読してテンション上がったぁぁぁ!

素直になれない律っちゃんに萌えすぎてヤバい。
純ロマの美咲もそうだけど、好きだけど悔しいし認めたくないっていう葛藤が可愛い可愛い(*´∇`*)

酔った勢いでのアレなシーンで、律っちゃんが「先輩」って呼んだところ泣きそうになりました(>_<)

そしてそしてそして!
これだよ!
木佐さんだよ!
可愛すぎるだろ!!!
『木佐翔太の場合』はアニメ→漫画の入りだったので、読む度ノブぼいすが耳をかすめます。
悶え殺す気か。

久しぶりにじっくり見たら雪名まじ男前。
まつげ………!
基本受けキャラを愛する私ですが木佐さんと同じぐらい雪名も好きだわ~(^q^)

アニメでは描かれなかった2人のえちシーンの木佐さんの積極的なところとかあぁもう!!(≧▽≦)
臆病で控えめなくせにそこはグイグイいくのかよ!
やっぱノンケ×ゲイって最高っすなぁ…

1

眩しい王子様

あぁ・・・ついに・・・。
と思ったら、覚えてないとかいうオチ。
さすがに政宗が可哀想すぎました。
でも律ちゃんの「先輩」がすっごい可愛かった~
覚えてないにしろ、身体も再び繋がったし、
そろそろ律ちゃんも降参するのかな?
しかし、横澤が邪魔すぎる。。。

後半は同僚の木佐のお話。
セフレだけの軽い付き合いしかしてこなかった木佐が
王子様のような雪名に一目惚れして初恋におちるお話。

てか、雪名カッコ良すぎでしょ。
こんな人絶対いない・・・顔も性格も完璧とか。
木佐だけでなく、眩しさに目がやられる位キラキラしてる・・・
木佐はネガティブというか、人生に疲れてるから、
雪名のような明るくて前向きな子と恋愛して
もう少しポジティブになってくれれば嬉しい。
この話も、また邪魔が入ったりするのかな?

2

もう一人増えて……?

 さてさて。
 恋に堕ちるまでのカウントダウンよりも早く事態が進んでいるような気がする物語ですが。

 今回は、律ちゃんの話と、同じく乙女部の木佐の話が入ってました。

 律の話は相変わらず、高野さんが押して押して押しまくるのに、律にはちっとも真っ直ぐ届いてなくて。
 それでも、本当は律だってとっくの昔に恋に堕ちてるから、ボロボロボロボロ隙間からそういう気持ちがこぼれ落ちて。
 ついうっかり一線を超えてしまったのが今回のお話。

 ここまで来たらもうそれで諦めればいいのに……と、僕なんかは思ってしまうんだが、律にとってはそういう問題ではないようで、相変わらず相変わらずで、なかったことにしようとする……(苦笑)

 ものすごくじれったい……素晴らしいじれったさ!
 でも、それが面白いんですよね。


 一方の木佐の話は。
 メンクイの木佐が書店員に一目ぼれして、通いつめてしまうプチストーカー状態から始まるお話。
 一目ぼれした書店員はかなりきらきらな王子様で……と。

 個人的には後半の話はあまりにもベタベタな上に、普通にラブラブになってしまったイマ続きイチだったような気がします。
 これなら、律の話をもう少しのせてくれた方が……と思ってしまいました。
 早く二人がくっつけばいいのに! と思ってしまうから、余計かもしれません。

2

あの編集者も!? ってカンジです

木佐さんストーリーが収録!?されています。
少女漫画編集部最強ですね!!!!!
雪名(攻)の方との年の差も「純情ロマンチカ」の『宮城×忍』の17歳差に比べると何ともないですよね。
そう考えると『高野×律』ペアは年の差としては、マシなほうなんですね。
1っの漫画が終わる度に「恋に堕ちるまで あと……」というのがありますが、長いようで短いような気がします。
もしかすると、律君が「恋に堕ちるまで あと……」というカウンターがなくなちゃうと世界一初恋は終わっちゃうかもしれないんですよ(汗)

2

あいやー高野ヤバい。個人的に惚れるww

世界一初恋3巻目です。新カップルも登場です。
[小野寺律の場合]
今回は律ちゃん編は少なかったんですが・・・。もっ・・・早くくっついちまえよ!!でも萌えたー萌え萌えですww
ていうか「・・・・・・・・・・先輩・・・・・・・・・・・・・・」「・・・・・・律 好きだ・・・・」の所なんか、悶え死ぬかと思いましたよ。律ちゃんが覚えてないのが、めっちゃんこ残念でしょうがないんですが、あと251日もあるので、我慢です。ぶっちゃけ「神」評価してもいいくらいですが、続きものなので、「神」よりの「萌」ということで。
しかし律ちゃんの横で居眠りしているのは「純情ロマンチカ」の美咲ちゃんでは?終電なのにウサギさんは怒らないのか?って思っちゃいました(^^;)
[木佐翔太の場合]
とりあえず、一言。展開早っっっΣ(゚д゚;)
でもこの話も好きですね。この話もドラマCDになったら、迷わず購入します。最近、絶賛売り出し中の岡本信彦くんが、素敵に演じてくれるので。雪名の声は誰だろーとか一人で妄想していたりしますww
しかしエメラルド編集部は周りホモだらけですね(笑)
高野と羽鳥は攻めで律ちゃんと木続き佐は受け。では美濃さんは?個人的には攻めがいいなぁドS攻め希望ですねww
ぜひとも美濃さんの話も書いてほしいです(*^_^*)

1

ちょっと哀れ?

3巻です。
横澤に引っかき回されてる感がないでもないですが、徐々に近付きつつあるのか。
とは言うものの、酔っ払いの所業で。
本人がすっかり覚えてないとか言われたら政宗がなんだか可哀想にさえ思えてきました…。
可哀想というか哀れ?
恥ずかしくてそう装ってるとかなら全然アリだと思うのに、そうじゃないからね。
いつになったら想いが通じるんだろうってのは、やっぱラストページのカウントダウンを指針とすべきでしょうか。
でも、251日ってまだ結構あるよね?
ドンマイ、政宗!

後半は木佐くんの物語。
もう、それ恋でしょう!
としか言い様がないのに、初めてだからそれに気付けなかったのかしら、木佐くん。
なんだかかわいらしい。
というか30歳にはびっくりしましたが、いくらチャラいとはいえ雪名の21歳の方がびっくりだったかも。

1

じれったい

気持ちのすれ違いが…!
早くくっついて欲しい!
あの、階段でコケたシーンは何回見ても萌えます。
続きが気になります。

2

早く!早くくっついて!

本当にじれったくて、可愛くて、切ない2人の恋はどうなるの!?
早く続きが見たい!!
読み終わって最初の感想がこれです(笑)


横澤に、高野と付き合っていると聞かされ、2人の関係を一人悶々と考えてしまう律。
好きじゃない。
好きじゃないけど…気になる。


そんな中、律が初めて担当した漫画の発行記念に、高野とお祝いすることに。
気まずさに耐え切れず、お酒を飲み過ぎた律は、泥酔してしまう。


その後2人は――




はい、早くも3巻目ということで、段々と2人の距離も縮まってきてる……かな?という感じで。


相変わらず律は可愛いです!
あまりの可愛さに、高野に限らず読者の理性も切れてしまうのではないでしょうか(笑)

ちなみに私は切れっ切れです(笑)



番外編、
本屋のイケメン店員×メンクイ童顔30歳編集のお話も、本編に劣らずキュンキュンです!!

喫茶店でのハプニングも、直球(すぎる?)告白も、萌えない訳がないでしょう!!(笑)


買ってない方は、ダッシュでお近くの角川書店へ(・ω・)b

2

ん~じれったい!だがそこがいい

2巻に引き続き、高野を意識してるけど、それを認めたくない律ってなかんじで。

高野は相変わらずオラオラなんだけども、律に対する思いはすごく真っすぐで、そういうとこにキュンとさせられちゃいますね。

高野の理性ブチ切れちゃいまして。再び体を繋げたわけですが…なんたるオチ

でもそこがいい。気長についていきます。

今回は半分くらい木佐翔太編です。
木佐は30歳、童顔、ゲイという。まさか30とは思わなんだ…
そんな彼は本屋でめちゃくちゃタイプの顔をした雪名に出会い、そして彼目当てでひそかに本屋に通う日々。

雪名くんは21と若いし、少女漫画の王子様的な雰囲気ですね。

ん~なんかこちらは個人的にあまり萌えませんでしたね。
え…何故!?とか、そんな偶然ないよ…とか、自分の中で冷めてしまうポイントがありましてね。
でも純ロマでもテロカプは最初あまり好きではなかったけど今は大好きなので、こちらのカプも(進行するかは謎ですが)好きになってくかもしれないです。

2

律くんかわいい


新人漫画編集者、小野寺律
出来る編集社の上司、高野政宗

この二人が繰り出す律が高野に恋を律が自覚するまでのお話。

今回は第三巻ということで徐々に二人の距離が縮まってきた・・・
というか高校の頃に戻り始めているという感じですかね。
今更ですが高校の時の二人はギクシャクな感じの二人だったけれど、今は
ものすごい捻くれてしまった律は素直に高野に惚れていることを認められないのですね(・ω・`)
(ひねくれてしまった理由は前の巻で)

そんな律くんがかなり可愛かったです//

が、しかし高野に想いを馳せている横澤隆史が律にとって悩みの元凶で
横澤は「政宗は俺のものだから手を出すな」と宣戦布告。

そして高野が、律の初めて担当の漫画発行のお祝いということで
酒を呑もうと律を自分の自宅へ誘い込む。
が、沈黙に耐え切れなかったため律は酒をたくさんのんで酔っ払ってしまった。

それからもう律くんは爆発www

高野さんは仕事中ずっと理性を抑えていたんですね、好きな人が(律のこと)そばにいるけれど仕事中なため。
高野さんも理性の方が爆発してしまい・・・続きww


翌日、律は覚えていませんでした(お約束

・・・というかんじで世界一初恋~小野寺律の場合~は終わりました。

そして3巻には新連載?っていうか新しいシリーズの
世界一初恋~木佐翔太の場合~も収録されています!
木佐くんは高野、小野寺と一緒の少女漫画編集社に勤めている30才男性なんです。

木佐くんは本屋の店員雪名くんに一目惚れしてしまうわけです。
けれど雪名くんは21才ww

しかし、年の差なんて関係ない!といわんばかりで雪名くんとラブラブになれるんですね

これは新しい中村春菊さんのお話で面白かったですよw

新しい話も見れることができるし
とてもオススメの一冊だと思います^^

4

のーまーく

律ちゃんめあてに買ったら
ちょっと出番少なくて残念。

でもやっとゴー トゥ ベット
するのでちょっとヤバです。
っていっても次の日には覚えてなかったのでまだまだ続くようですが。
(いやーアルコールパワーは凄いですねー)
…てなかんじで律ちゃんはまだまだ問題いっぱいです。

さてさて残りの方は佐木さんのお話ですねー。ちょっと失礼ですが、律ちゃんしか意識していないのかちょっとのーまーくだったので1巻から読み直しました。
律ちゃんの先輩かぁ…てか30歳でいらっしゃる!!しかもあれ??なんかヒトデナシオーラが…。あ、でも漸くマジメに恋していく話なんですけども…。30にしての初恋話です。

恋に落ちるまであと251日…
次巻も楽しみです。

2

匿名さん

>>さてさて残りの方は佐木さんのお話ですねー。ちょっと失礼ですが、律ちゃんしか意識していないのかちょっとのーまーくだったので1巻から読み直しました。

賛成です!
失礼かもしれませんが、私は声優さんでこの作品に惹かれたんです。
律の話が気になって仕方がないです。
にひきかえ、木佐の声優さんは苦手ですのでそのキャラの話はどうでもいいって感じです。
で、三冊目は木佐メインとは、すごくがっかりしました。
やっぱりそれぞれのカップルで本を一冊ずつ作られてほしいです。
作者ファンもしくは原作ファンには本当に申し訳ございません!

小野寺律の場合+木佐翔太の場合 でしたね♪

律が気になって仕方ないのですが、今回は律が少なめでしたね。
ちょっと残念でした。
律ちゃんの方は相変わらず、熊との攻防戦(?)があるのでドキュンドキュンしながら読んでます。
今回はついに!律ちゃんと高野さんがベッドインしたー!!と興奮していたのもつかの間、律ちゃんは朝起きたら覚えてないとか。
お酒の力っていろんな意味ですごいね☆
まだまだ恋には落ちません、あと251日!
まだ200日切らない(涙
私から見ると充分恋に落ちてるようにも見えるんですが・・・(汗

さて、木佐翔太の場合!
これもまたドキュンドキュンなお話でした。
まず木佐さんが30歳だった事に驚き!そして乙女部代表みたいな性格に胸キュンでした。
最後雪名が木佐の気持ちを知ろうと粘るところが好きです、よかったです。
木佐さんの初恋もとっても素敵なお話でした。
ぜひこちらも続きが読みたい。

5

超・童顔!遅咲きの恋愛体質に…希望を見た…

丸川書店シリーズ第3巻です。
さあ、新カップルの登場です。
律ちゃんの先輩・木佐さんと、ブックスまりものカリスマ店員・雪名君のお話。
木佐さん、実はタチの悪い恋愛体質で…超面食い!
顔で恋して、体で関係して、その場でおしまいという…
…刹那的な恋だけで、30歳を迎えてます(しかも超・童顔のゲイ!)。
次のお相手・雪名君とも、いつものパターンになだれこみたいのですが…
今回ばかりは、どうにもこうにも…うまくいきません。
相手のレベルがあまりにも高いと(もはや男同志云々どころじゃなくって)、
思わず自分の姿を顧みてしまうのでした。
もう、いたたまれなさすぎる恋で…雪名君が1歩近づいたら、1歩引いてしまい…。
そう、これが初恋であることに、やっと気付いたのですから。
ああ、やっぱりね…恋愛体質の人って、こうなんですねぇ。
恋人がいたらいたで次の恋になだれ込み、
片思いすればしたで、日々が明け暮れる…。
もういい加減、学習しろよと思いつつ、このループから抜け出せません。
なのに仕事は、そこそこはデキてしまうから、よけいに抜け出せません、このループ。
けれど仕事続きのデキは、あくまでもそこそこです、あくまでも!
だって彼らは恋愛体質だから…!!!
普通の人が仕事に全力投球しているときに、仕事8割くらいにとどめて…
いつも恋ばっかりしていましたから。
いつか後悔するときがきますよ…いや、木佐さん、今まとめて後悔してますね?
それでいいんですよ、恋愛体質は本命をゲットしてからが本番ですから。
だからかどうか判らないけれど、彼らはとても遅咲きです。
そして異様に若い!
木佐さんの30歳童顔のルーツは、このあたりにあると見ました。
さあ、木佐さん、君は世の遅咲きさんの希望です。幸せになろうね☆

3

何をとって初恋と言うか?

進行係を任された律。
高野との関係で気をもみ、仕事でもイラつき、果ては営業の横澤に逆撫でされて・・・
高野の前で泥酔してくだをまき、押し倒されたことすら覚えていないなんて、あなたちょっと・・・
高野さんが好きだって言ってるんだから自分の気持ちも素直に認めちゃえばいいのに、いまだにツンツンしている律でした。
恋に堕ちるまでまだ251日もあるらしいです。
やれやれ。

もう一つはホモでメンクイでちいさいオッサンを自覚している木佐くんのお話。
30歳だったんですねぇ。
自分より年下の編集長(高野)にコンプレックスを抱き、考えがネガティブになりやすい木佐と前向きな書店員・雪名くん。
心臓がいくつあっても足りないくらいドキドキする恋、いいですね。

ここで恒例の、中村てんてー、時代物描いてくださいよ~~~

2

「木佐翔太の場合」に萌えました

メインである「小野寺律の場合」が、
どうにもこうにも萌えることが出来ませんでした。
自分の気持ちを恋と認めない律に対してじれったいときめきよりも、
鬱陶しさと面倒臭さを感じてしまいます…。
少しストーリーを引き延ばし過ぎた感じを受けました。

しかし同時収録されていた「木佐翔太の場合」。
これがとても面白かった!!
ホモで超メンクイでちっさいおっさん(笑)の木佐と、
押せ押せの年下王子様の恋に萌えまくりました。
「小野寺編」だけなら「中立」評価にしたと思いますが、
この「木佐編」がとてもラブリーだったので「萌」にしました。

「小野寺編」については、かなり辛口な感想となりましたが。
それは1巻がすごく面白くて大好きで。
続きをワクワクしながら待っていたのです!!
そういうシリーズだったので、作品に対する期待が
私の中でかなり大きかったせいで、あまり萌えなかった現実に
ガックリしてしまったせいだと思います。

1

はい、サイドストーリー入りました~(;´Д`)

まあね、サイドも面白かったからいいんです。いいんですけど、中村先生はもうこういうスタイルで行くって事なんですかね? 
何となくなんですけど面白くない。凄い堰き止められた感を感じるんですよね、毎回。あ、ロマンチカの方でもね。勢いを削ぐのが目的なんですかね?

さて今回、律はとうとう酔ってたとは言え久々に繋がってしまいましたね!
まあそろそろかと思っていましたけど、ええ、強引グマイウェイな編集長が機会を逃すはずがありませんからね!
今回も素敵に強引でした。
そうなってくるのは本気で謎な横澤さんの存在。まあ何もないだろうとは思うんですが。だって見た目攻×攻だもん、こいつら。

サイドストーリの木佐さんのお話。
これまた都合のいい展開であれよあれよと言う間に両思い&エチー突入でしたね。
いいんです。王道なんです。障害?そんなのはあるように見えて全くないんです。
でもなんでだか面白いんだよ、どーしてなんだろう?(もう必ず毎回言っちゃうけど)
今回も木佐のぐるぐるとか、雪名の不思議なほどの頑張りとか、そういう全てがなんかこう「ツボ」にちゃんとくる。
そこは絶対はずさないん続きですよねー。ツボだらけでおかしいだろ!と思うのに、きっちり萌えさせていただきました。

さて次の巻はどっちのカップルがどの程度進展するのか非常に楽しみです。
…もう早速サイドストーリーも楽しみになっちゃてるよ!! なんで!?
しかしこれが中村マジックなんです! 今度も早く出てくれないかなー♪

2

酔うと記憶がなくなるんだぜ☆

今回もいい萌えで!でも進展のほうは、ううーん…。まあ1話しか入っていないのでしょうがないのかもw(苦笑)しかし、今回も高野がかっこよくて、かっこよくて。

律は無自覚に嫉妬しているので、早く自分の気持ちに気づけよ!とか思っちゃったりしないでもないw
今回のお話は、律が横澤と高野が仲がいいのかと疑ったり、高野が律を前回と同様ストーリーは進んではいません…いや、体のほうは進展したか!( ゚∀゚)アハッ
律は酔っぱらった状態で高野とセックスをしたんですが、酔いが覚めたらその記憶がないとか。高野かわいそすw
恋に墜ちるまであと251日とか、まだまだだなー。まあ、早く終わってしまうよりはいいけど。


---木佐翔太の場合---
年下攻めですた…ああーやっぱり年下攻めはいいのー。今回の攻めはちょっとチャラ系で、しかも大学生!いい!いい!
ストーリーもよくて、なにより攻め受けのために守るというシーンはやはり好きすぎる!
年の差9歳差なんて関係なしに彼らは、これからもいい関係をしていきそうな感じだあああ。

全体的に『小野寺律の場合』もよかったんですが、『木佐翔太の場合』の続きほうが萌えたかな。いや、ストーリーはどちらも面白いんですけどね!

2

たぶん きっと これは 初恋なのだ

ヤッホイヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ w
2巻がついこのあいだだったきがしますが第3巻。
今回ついにヤっちゃいましたね!!
しかし、いくら酔っていて記憶がないといっても穴は何らかの違和感を訴えてくるものだと思うのですがいかがなものでしょう。
相変わらずの2人の進展という進展もあまり進まずでしたね。
だが!なんというか、律くんの心的動揺はあきらかに増しているようでうれしくもアリ。なんでこれでまとまらないの・・・と思うけどまとまらないから面白いんだろうなと思う。
■木佐翔太の場合■
個人的にはこちらの方が好みでした。
30歳にしてゲイ。編集もとくに飛びぬけた才能もなく。
好きになるのは相手の顔だけ。寝てもあとくされの無い1度きり。
そんな木佐さんと、年下のイケメンくんのお話。
顔が好き。顔だけが好き。・・・の・・はずなのに・・・。
イケメンで、女の子にもモテまくってて、ちゃらい。なのにオトメンっていうのも今時~な気がしました(世間的に)。
面白かったです。
あんなに童顔で可愛い木佐ちゃんが、男同士にこなれているっていうのも心をざわつかせてくれる要因だったようなき続きもしなくもなく

2

木佐翔太の場合☆

木佐さん…あんた三十路だったんすか…(´Д`)顔若っ!童顔過ぎるっ!でも可愛い。好きです木佐さん。

いや~まさか小野寺律こと、律っちゃんの仕事場の先輩・木佐さんの話まであるとは思ってませんでした。そっかぁ。律っちゃんより少し年上くらいかなぁと思っていたら30でしたか…。いや結構ですよ。可愛いですよ。そしてそろそろ仕事でも結果を出したいと思ってる年齢です。

さてそんな木佐さんのお相手は書店員のお兄さん・雪名でした。明るくてカッコよくて女の子に優しくて、ホント王子様みたい(笑)
しかしちょっと天然入ってる…?っていうか21才って…なかなかの年の差ですね。

木佐さんはメンクイなので今までの恋愛は顔重視でした。それで何回も失敗している木佐さん。本気で人を好きになることがわからないって…(T_T)今回もそうなってしまうのでしょうか。

木佐さんはなかなか遊んでるなぁという印象(笑)元カレ(?)に追いかけられて放った台詞が

「一回ヤった位で彼氏ヅラしてんじゃねーよ。とっとと失せろ」

ええ~?(´Д`)木佐さんそういうキャラなんですか!?中村春菊作品でこんなはすっ続きぱな台詞がでてくるとは思わなかった…

絡まれた木佐さんを助けてくれたのは雪名でした。王子様だ…(笑)その後偶然行きつけの喫茶店が一緒だったり、二人の距離は縮まります。自分が担当した漫画が好きだと言ってくれる雪名にハマっていく木佐。
雪名を物欲しそうな表情でみてたのかなぁ(笑)なんといきなりキスをされてしまいました。どういうつもりだ雪名!

それから雪名を避けていた木佐ですが、一度は雪名に追い払われた元セフレが、再び木佐さんのもとに現れます。今回も雪名が助けてくれたのですが、木佐はそこで自分がゲイだということを知られてしまいました。

一旦家に上がった二人はそこで話し合いを(笑)雪名は木佐のことを想っているらしく、お付き合いが始まるのかと思ったら本気の恋愛に臆病な木佐が往生際悪く渋ります。なんでだよチャンスだろ!
っていうか雪名のあけすけな台詞がよかった。「ぶっちゃけ俺、木佐さんで抜けたんです」って、男前だな雪名(笑)

で、なんとか木佐を口説き落とした雪名。あ~よかった。そこからは大人の時間で、木佐さんがエロテクを駆使しております。木佐さん意外とエロかった…(笑)


4巻もこの調子で早めに出るといいですね~(´Д`)

1

~木佐翔太の場合~

まず、表題作の小野寺律の話が1本。
話はやっぱり大して進まず。
相変わらず、『律が勝手に勘違いして、ちょっかい出してくる高野に困惑しては悲劇ぶる』という手に負えない展開のエンドレス・ループ。
もう、そのネタはお腹いっぱいですよ。
どんなに良いものでも食べ過ぎると胃もたれ・胸焼け・腹痛にもなります。
そんな胃もたれ・胸焼け・腹痛になっても高野の「あとどれだけ~」の台詞には思わず「おぉっ!!!」と感嘆してしまいました。
中村春菊さんは使い回しの設定がウンザリしますが、いざっていう時の台詞回しと心情表現はピカイチだと思います。

で、本命の木佐翔太。
2本入ってる時点でこっちがメインではないのか?と思いつつ、小野寺律以外が読みたかったので購入。
こっちのカップル、読む前は「エゴイストの二番煎じなんだろうな…」と思っていたんですが、雪名は100%別物だし、木佐も悩みつつも自分を理解した上でのウジウジなのでイラッとくるモノが少なく、凄く後味サッパリ爽快!に読めました。
レモンシャーベットみたいな爽やかなストーリー。
「中村春菊さんの作品で似たようなのを前にも読んだことがある…」という感じはしなか続きったです。
ただ、ラストが「これからっていう時に!」って感じの終わり方なので、続編が出るならば小野寺律よりもこちらが気になります。

4

律はずっと酔っ払ってるといいよw

2巻発売から2ヶ月での3巻発売、ってことで
あまりヤキモキさせられずに新刊を手にしたけど。。。
中身はやっぱりヤキモキさせられたままつづく。。。でしたね^^;

それでも、今回はとうとうヤッちゃいましたね!w
でも、記憶飛ばしちゃってちゃ意味ねーーーー!
つか、そろそろ自分の気持ちを認めろ!って思ってたので
酒の力を借りて、自分の気持ちに素直になれたのは良かったかな~。
あんなかわいい事言われちゃ、そりゃ襲いたくもなるよね、高野もw

高野もたいがい不器用と言うか素直じゃないって言うか
もっと律に笑顔を見せてあげればいいのに、と感じたり。。。
あと251日後にはちゃんと上手く行くんだろうか?

で、今回の思わぬヒットは
エメラルド編集部の童顔、でも30歳の木佐と
まりも書店のバイトで美大生の雪名とのお話!
年下ワンコ攻めキタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!
「俺木佐さんと超ラブラブなんスよ」とかって言う
雪名のイマドキの若者(言い方が古いw)ぽい言葉遣いがさらに萌え~。

中身がかなり乙女なクセに、ちゃんと恋愛したことのなかった木佐に
続きこれ以上ないぴったりの相手が見つかってよかったよかった!

余談ですが
この「世界一初恋」シリーズは、ドラマCDにもなってるんですが
当然、3巻から登場した雪名はキャストは決まってないんですよ。
でも、もう私の中では羽多野渉くん以外の声が当てはまりませんw
音声化の際は是非わちゃでお願いしたい!w

あと、お約束のカバー下漫画には、井坂専務が登場してましたw
あいかわらずの井坂専務に会えて満足満足w

3

菊乃

>ミドリさ~ん!

ミステイク!!そうだ、そっちこそ是非!!
漫画も特典って形だったので、全部の人が読めたわけじゃないし
せめて音声化して欲しいですよね~。
絶対人気あるはずなんだ、あの二人はw

つか、ロマンチカ自体音声化が止まってて寂しい~!
なんとかどっちも実現して欲しいですね!

ミドリ

ホントに!!
ホモの巣窟で思い出したけど、
ミステイクの続きも絶対やってほしい~!!
こんなに楽しみにしてるのに…なぜやってくれないのか不思議でたまりませんww
世間的にもミステイクは需要高いと思うんだけど…

菊乃

>ミドリさ~~ん

>私も雪名にはわちゃって思ってた…!!
でしょでしょ?ぴったりですよね!!
他の丸川書店がらみの作品の登場人物とかぶってないしw

春菊作品は、くっついてからがまたひと悶着あって面白いので
ぜひ雪名と木佐のその後のお話も期待したいですよね~。

>そしてそろそろ美濃さんのターンじゃないですか??笑
そうそう!ミドリさんのレビューにもコメつけようと思ってたんですが
エメ編どころか、丸川書店自体ホモの巣窟なので(専務からそうだしw)
美濃も誰かに一目惚れとかして恋に落ちるといいよw
美濃は緑川さんだし、絶対になんとかして欲しいですよね!

ミドリ

菊乃さん、こんばんはー
私も雪名にはわちゃって思ってた…!!
これは楽しみですねvv
純情乙女な木佐さんの話はこれで終わりなんでしょうか?まだまだ続きが読みたい~!
そしてそろそろ美濃さんのターンじゃないですか??笑
誰か美濃さんに可愛い相手見つけてきてーww

もどかしい!

乙女ツンデレ律ちゃんと俺様・高野。進展はあるのか!?と思い、ワクワクしながら読みました!
今回も律ちゃん可愛かったです。仕事への一生懸命さ、横澤への嫉妬…もう何をとってもキュンキュンです!

そして!今回は律ちゃんが酔っていたとはいえ、高野さんと繋がってしまいましたよ!←
「先輩…」「律…」のところはもう萌え死にそうでした!
やっぱり律にとって「先輩」は忘れられない大切な思い出なんですね~。
ここで律ちゃんも自分の気持ちに気付き、ようやく円満か!?と思いきや、まさかの律ちゃん記憶ナシ。残念な気はしますが、ここでくっついてもらっても面白みが無いですもんね;
これからどんな風に2人がくっついていくのか楽しみです^^

今回は「木佐翔太の場合」も同時収録でした。
あのお気楽そうな木佐クンが、ホモでメンクイで、しかも30歳だったとは…なんとも意外です。「童顔にも程があるでしょう!」その通りですね(笑)
木佐クンが襲い受けかと思っていましたが、イケメン書店員・雪名(攻め)がちゃんと自分のペースに木佐クンを巻き込んでいました。中村先生独特の"ドタバタ感"がなんとも面白いです続き

しかし木佐クン、「好き」っていう感情がわからないなんて…可愛すぎます!←

今回は律ちゃんと木佐クンの両受けを拝めて満足満足でした^^
次回の展開も楽しみです!

2

酔った律っちゃんに萌え!

新刊がいつもより早い発売でうれしく思っておりますー!
今回はまた別パターンでにやにやな3巻でした(笑)
特に酒癖の悪い(?)律・・・・・・・乙っ!!!
うっかり言ってしまったあの「先輩・・・」
可愛すぎました。^^
それとやはり気になるのは、「律の婚約者」の存在です。
高野さんと横澤さんの関係も気になりますが・・・。
早くくっついてくれないかなあ~~と思うばかりです。

中村さんの描く受けはツンツン、ツンデレなどが多いなぁと思うのですが、
律もその一人だと思っております。
そんな受けがデレッと出るのもまた可愛いですし、
なにより「攻めに堕ちるまでの期間とその瞬間!」が絶品なのだと思います。
なので、ゆっくりと二人の恋事情を見守りたいです~

木佐翔太の場合。
彼もまた良いキャラしていますよね。個性豊かでエメラルド編集部はパラダイス(ホモ密集)です。(笑)
個人的に雪名が好み^^
ちゃらんぽらんはあまり好きじゃないの私ですが、雪名はかっこいいですね!
個人的に・・・片耳にピアスいっぱいあけている人とかかっこいいと・・・←
木佐くんは・・・30歳で続きあの童顔は本当に凄いですよね。たしかに才能です。
今後の二人がどんな展開になってくのか楽しみです!

また11月1日には小説「世界一初恋~吉野千秋の場合~」が発売しますね。
そちらも楽しみにしたいと思います!

2

相変わらずのゆっくり展開ですヨ!

前回の引きからどんな展開になるのかドキドキしながら購入。たった2ヵ月で新刊発売!素敵☆待ってました~♪

さてさて、今回(も)ですが、受けは相変わらずぐるぐるしてますw そして、前回は半分食われてましたが、今回は・・・っ!!!(*ノノ)キャ- おおお!キター!これで(?)一気に展開が進みそうだ!!なんて思っていたら、表題の小野寺君のお話は1話分しか入っていませんでした。なにこの肩透かし・・・orz まだ251日もあるよ・・・。くぅ(゚ーÅ) ホロリ

1話しか入っていなかった事に、正直かなりガックリ来たのですが、残りのページを埋めている別の人が主人公の話が中々(・∀・)イイ!! なんといっても、攻めがイイ感じにかっこいい~(*ノノ)キャ-♪ なにそのフェロモン!っていう感じで、キラキラしてるっ!(笑) こっちの話の主人公は、小野寺君と同じエメラルド編集部の木佐さんなんだけど、結構遊んでるのに恋愛に不器用。クールな見た目なのに実はネガティブで、攻めの華麗な攻撃をがんがん食らってヨロヨロな感じが可愛い!照れてる姿も可愛いっ!!小野寺クン編でなんだよ~!って思ったいらっと感が、この話続きでなくなりましたw この二人のラブラブな続きも見てみたいな~。

おかげで続刊、楽しみに待てそうです♪^^

1

30歳純情乙女に萌え萌え!!

今回『小野寺律の場合』は進展したようなしなかったような…うう~ん。
身体は進展したけど心は進展してない、みたいなかんじ??笑
でも高野と横澤に対し、明らかに嫉妬しまくりの律。
早く自分の気持ちに気づけよバカー!

それにしても今回グっときたのは「先輩…」のところ。
あそこで「先輩」は反則だと思う…!
そのあとの高野の表情もよかった。
律の中であのころの“先輩”は憎いけど、やっぱり大好きでしようがなかった存在で、
高野がその“先輩”であることを、認めたくないけど現実の高野にも惹かれていたり、それでもやっぱり憎い気持ちもあったり、
律にとってもなんとも複雑な人物なんだと思います。
結局はこの問題を(律の中で)解決させないと、前に進めないと思うんですよねー
あと251日でどうなって進展できるのか!楽しみにしています。


で、今回は、『木佐翔太の場合』にたいそう萌えさせていただきました。
まさか木佐さん、30歳だったなんて…!
そしてゲイだったなんて…!!
大きな驚きの中、木佐の相手が登場。
21歳美大生・雪名。カリスマ(笑)書店員。
二人は営業の横澤続きを通して知り合い、雪名が木佐の担当する作品のファンであることもあり、徐々に距離を縮めていきます。
もともと雪名の顔がどストライクな木佐は、自分の作品を褒められて、どんどん惹かれていってしまいます。
木佐はメンクイだけど男の見る目はまるでなくって、そのために恋に対しても慎重になっていました。
なので、いつも後腐れない相手を選んでその場限りの関係を築いています。
恋などしたことありません、30歳なのにww
この“遊んでるくせに実は純情”ってところが可愛くて仕方ないんです♪
可愛い容姿とは裏腹に、自分より年下なのに上司である高野と自分を比べてみたり、
自分を“30歳のオッサン”と称したり、
実は劣等感まみれな木佐さん。
そこに現れたのが21歳というピチピチ(死)イケメン美大生。
そりゃぁそんな相手に本気になるのは怖いですよねー、自分は30歳の才能のないオッサン(自称)、相手は前途明るい若者。
でもどんどんどんどん惹かれていく気持ちを抑えきれないんです!!
もう、木佐さんどんだけ乙女なの~!
そこにガっと雪名は入り込んでくるんですよーーー!!
雪名もなかなか腹黒で、これくらいじゃないと木佐を強引に引っ張っていけないよな~と思いました。
ネガティブな木佐さんに、さりげなく愛を囁ける男・雪名。
いいカップルだと思いますよ♪
ラストの「初恋なのだ」にドカーンとやられました。
木佐・可愛い!!ラブ!!
今回は30歳純情乙女・木佐翔太にやられてしまいました・・・
次は美濃さんあたりどうですか?!
もう全員ホモなエメ編でいいんじゃないですか!?笑

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ