少年よ耽美を描け ~BOYS BE TAMBITIOUS~

少年よ耽美を描け ~BOYS BE TAMBITIOUS~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
19
評価数
5件
平均
3.8 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784403670466

あらすじ

新葉芹18歳―――。容姿端麗眉目秀麗。泣かせた女は数知れず。そんな彼が、BLにハマり腐女子化した彼女に振られてしまったからさあタイヘン!! 自分よりも大事だという「BL」とは何なんだ!? 彼女を見返すため友人達を巻き込んで新葉はBLマンガを描き始めるが……!?
ボーイズラブ界の頂点に君臨するため冥府魔道に足を踏み入れた男子高校生達を描く、愛と野望のスーパーソニック爆笑4コマコメディ!!
出版社より

表題作少年よ耽美を描け ~BOYS BE TAMBITIOUS~

その他の収録作品

  • 少年よ体育に挑め

評価・レビューする

レビュー投稿数4

笑い死ぬ~!

おもしろかった~!
エロ&ピュア(あったかな??)BL漬けの毎日で、
ギャグ漫画からは遠い日々でしたが、久しぶりに4コマ漫画なるものを
読んでみたのがコレでした。
まぁ、結局これもBLにつながるんですけど...

久しぶりに漫画で感動以外の涙流しました!
本放り出して、腹抱えながら、笑い泣きしました!!
意味不明なネタとか、首から下の絵が雑なのとか、
粗を探せばちょこちょこあるんですが、バカげてるけど、
なんか納得できるネタの宝庫に読み耽けっていました。
BLにハマり出した頃の自分の考えを思い出させるセリフに共感しつつ、
さすがにこれはないだろ!?...と思えるようなセリフにすら
なるほど~そんなカプもあるんだ~と納得させられてしまうテンポの良さ。

特に、#1の「描いてみよう」の新葉と嶺良の絵の組み合わせ漫画は
ホントに面白いです!!
当分の間、本を開けないぐらい笑い転げてました★

この作家さん、もともと姉妹で少女漫画描いてたらしいんですが、
よくこんな腐女子のツボを押さえたネタを次から次へと考えられるもんだ!
2巻も出てて、近々3巻も出る続きみたいですが、このウンポココミックって
普通の本屋で取り扱ってるとこ見かけないんですよね~
ぜひともBL本の横に一緒に並べてもらって、
腐女子の皆さんに読んでもらいたいです♪

3

萌えはしないが腹が痛い

萌えはありません、が!
BLを題材にした漫画で腹が痛くなったのは初めてです。すごい面白いです。すごい笑えます!

主人公は女の子にモテモテにイケメン、そんな主人公が彼女がBLにはまったことによって振られる、というところから始まります。
その時点で「え?!なに?!どうして?!」なのですが、その後の展開がもう超展開の連続です。たまりません。
大体が予想の斜め上をいってくれます。

BLギャグだけではなく、時折「あーあるある」というネタを出してくるので侮れません。自分以外が描いた、自分の好きなキャラに狂喜乱舞するところとか「あるあるあるある」と思わず頷いてしまいました。
4コマ形式でサクサク読めるので、オススメです!

3

BLではないけれど・・・

めっちゃ面白かったです(笑)
四コマのギャグ漫画ですが、男子高校生が、わーわー騒ぎながらBLを描く話です(笑)個人的に男子高校生が、わーわー騒いでいたりしているのは好きだし、ギャグも面白くて、お腹がよじれるくらい爆笑しました(笑)
そしてなぜ、BLを描くことになったのか・・・。彼女に振られた原因が、BLにハマって新葉に会う時間をBLに使いたいからという理由(笑)
BLを全く知らないところから始まって、なんか色々間違って解釈しているのも面白かったです。とりあえず「すべてのものに攻めと受けがあるんですね」です(笑)

3

ある意味の腐女子バイブル?

これはBLではありません。
し か し!!
初めてBLに接したものの衝撃とか、心得とか、知識とか、そんなモロモロが、BLに足を突っ込んだ少年達によってギャク漫画で展開されます。
この本は、自分が腐界に再突入した際に真っ先に購入した一冊でもあります。
歪んだ方向から腐に足を突っ込んだ少年達でありますが、そこに萌えを見ることは充分に可能ですし、BLを舞台にした作品としてこれは自分にはバイブルです。

内容としては、
イケメンの新葉が、BLにはまった彼女に振られることがきっかけで、モテル為にBLを描こう!←何でこうなる?
と仲間を集めて描き始めることから展開していきます。

彼らにはチンプンカンプンなBL世界も、彼らなりの解釈で(そこが間違っているが)実にお間抜けで、バカなことをしながらも、真剣に取り組んでいく姿(ギャグマンガなので、必ずしもそうは見えないのはかわいそうだが)
彼の勘違いな萌え発言や発想は実に面白く、そこも楽しめるのだが、BLの萌え知識を知るのに初心者にもわかりやすい。

絵が劇的に下手な新葉、デッサン絵のような絵を描く嶺良、漫画の絵のうまい潮、BL続き描きの姉を持つ小清水。
彼らが集まってない知識を寄せ合って作るBL漫画・・・爆笑!!
ギャグマンガですが、決して馬鹿にしているスタンスではありません。
彼らの関係にも萌えを感じながら、是非皆さんにも読んでもらいたい一冊です♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ