定価3150円を特別価格1000にて販売中!

茨木さんと京橋君 1

茨木さんと京橋君 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
29
評価数
9件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
鈴本雅美
音楽
カワイ進・Suzys・Kenichi Asami・Lurtz1969
脚本
椹野道琉・月原真
原画・イラスト
草間さかえ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
予約特典 スペシャル小冊子『ドラマCD特典FUN BOOK』
フリートーク
あり
発売日
価格

あらすじ

K医科大学病院の耳鼻咽喉科医の京橋珪一郎は、売店の店長代理の茨木畔と出会い、彼の温かい優しさに心が惹かれてゆく。
だが、ある日偶然、彼の心の中の悲しい一面を知り戸惑う京橋だが――。


☆出演声優フリートーク収録!!
キャスト:
杉田智和/前野智昭/森川智之/千葉進歩 他

表題作 茨木さんと京橋君 1

茨木畔 → 杉田智和

京橋珪一郎 → 前野智昭

間坂万次郎 → 森川智之

楢崎千里 → 千葉進歩

その他キャラ
奥田[菊本平]/ 加藤[吉田聖子]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

中の人では一番年上なのに、役柄では最年少

まず、京橋くん(まえぬ)。
まえぬのお声はクールでしかも攻様なイメージでした。
なので、そそっかしくも愛すべき京橋くん(しかも受様!)は
意外だったのですが、や、かわいいです。予想外でした。

茨木さん(杉田さん)はハマってました。
「腹黒」というか「底意地悪い」というか、
しれっとしている感じが、ぴったり(←ほめてます)。

私の中で、一番耳に抵抗があったのがまんじくん(森川さん)で。
原作で「低い声」云々って描写が出てくるのですが、
19歳という役どころもあってか、
素のお声に近い感じ(ちょっと高め)で。まぁワンコだしね。
深く考えなければ、とても楽しかったです。

0

分かりやすく聴きやすい♪

原作未読です。
というか、原作のことをな~んにも知らないのに聴いてみました。
作者のことも、病院が舞台の話なのも、声優さんが誰なのかも、何にも知らずに。
こんなにも何の予備知識もなくCDに手を出したのは初。
でも、すごく分りやすい話だったのでスムーズに楽しめました♪

でも、ちょっと謎・・・と思ったことも。
茨木さん(攻め)の方が年上っぽいのにずっと丁寧な敬語を崩さなくて、
そんな茨木さんに、京橋君が最初からフランクな話し方なので、ドウシテ?となりました。
先に原作を読んでいれば不思議ではないことなのかな?
売店の店員さんだから、お客様には敬語ってことだけなのかな?
最後まで聴くと、
京橋君がフランクだったのは、茨木さんを年下と思っていたからってのは分かったけれど、
どうしてそう思っていたのかはCDだけではよく分からず。
ジャケットの絵を見ても、京橋君の方が幼く見えるんだけどなぁ、う~んナゼだろ?

声は、
京橋君(前野さん)が、とてもナチュラルに健気ワンコを演じておられて聴きやすくて、
すごくいいなぁ~と思いました。
ナチュラルと感じたのは、
続き原作を読んでないからイメージがなくて・・・ってことだけじゃないと思う、多分。
前野さんは「鮫島くんと笹原くん」の鮫島くんや、
「好きというのになぜかしら」の由一もやっている方なんですね、ビックリ!
どちらも聞いたばっかりだったのに、調べるまで全然気づかず(^^;
両方とも京橋君より低めの声の印象で、
個人的には京橋君タイプの、若くてちょっと可愛い感じ方が自然体っぽく聞こえてずっと好きです。
同じ感じで、他になんかやってないのかな?聴いてみたい・・・と思ってしまった。

その京橋君と比べちゃうからなのか、
役柄のせいなのか、丁寧な敬語を崩さないせいなのか、
茨木さん(杉田さん)は、けっこう一本調子口調で歯の浮くような台詞を連発するので、
正直聴きながらかなり恥ずかしくなってきて、ムズムズしました~(〃ω〃)
(それは役柄的に正しい反応なのか??)

個人的には、京橋君もすごく好きでしたが、
サブCPの楢崎先輩(千葉さん)のちょいイジワル(でも優しさをすごく感じるよ~)って声が好み。
なので、京橋君と楢崎先輩の掛け合いが堪らなかった♪
もっと聴きたかったな~~!


帝王の19歳演技も聴けて嬉しかったし、
原作も読んでナゾな部分を確かめてみたいなぁ~と思ったし、
(CDが気に入ると、やっぱり原作は読みたくなるものですね~w)
このCD、聴けてよかった♪


追記:小説読みまして、ナゾは無事に解けましたw
   本を読んでからだと、CDは結構細かい所が省かれているのだと分かりましたが、
   話やキャラ達には愛着が増してます。
   このCDからのはじまった出会いに感謝♪

3

意外なキャスト!

原作既読で、なんとなく草間さんのイラストのイメージが強かったので
杉田さんが茨木さん?
前野さんが京橋君??
えっ、帝王がまんじ!?
ええええ、千葉進歩さんが楢崎先生ーー!!??
っていちいち驚きましたw
特に楢崎先生はもう少し低めを想像していたので
クールビューティには合っていましたが
「…そうきましたか!」と逆に楽しめました☆

杉田さんの丁寧で優しい敬語喋りは
もしかしたら初めて聴いたかもしれない!!
感情をあまり出さないように抑えた感じ、
それがまた耳に心地よいんだわ!!
一瞬「あれ?三木さんに近い感じ??」とドキドキしました。
迫る時はちょっと強引、なんて素敵♪

まえぬー……、
素直で可愛らしい、ちょっとあわてんぼさんでまっすぐな役柄、
きっちり演じていらっしゃった!!
勝手に「あなたは年下攻めが合ってるよ」なんて思っていたのですが
撤回致します!ごめんなさい!
自ら二度目のキスで想いを確認したり、サバサバしてる所もあるけど
いざって時は恥ずかしがって…。ニヤけるわ。


帝王…高めの地声よりもう少し高い…かな??
いえ続きいえ、裏声とかじゃないですがw
ワンコなまんじ、シッポも耳も見えてきそうで可愛い!!
なんといっても19歳ですからね!!w
本当に何でも演じられるお方です……。流石!!

千葉進歩さん、綺麗系なお声は
私の中では遊佐さん枠くらいに匹敵します!!
ツレない感じとか意地悪そうなところとか合うんですよw

これはもう本当に『楢崎先生とまんじ君』も
聴いてみたくなっちゃいます!!
二人のラブいとこ、またニヤニヤして聴き届けたーい!!

フリートークは約3分、
杉田さんが真面目に語っていたのが嬉しかったのですが
どうしても「なんか妙な事話してくれないかな」と思ってしまった…。
まえぬー、進行役だからかちょっとしかしゃべってない;
地声好きなのに(泣)
帝王と進歩さんもちょっぴりだけ。残念。
「2でお会いしましょう」って言ってくれてたけど、
お会いしたいのに叶わないんでしょうか……。

派手な展開はありませんが
優しい気持ちになれる良作だと思います。
だからこそ続きを望んでしまうのですよ。

3

地味だけど、なんか好き

地味だけどなんか好きでした。
今思い返してもたいしたドラマは起きてないんですが、不思議なくらい退屈しない。
医者と売店の店主という関係で出会って、毎日ささいな会話をするなかで少しずつ仲良くなって、仕事帰りとかに一緒に食事をするようになって、深いことも話すようになって。好きになって告白してエッチして。
一連の流れがとても自然で優しくて、ほっこりほんわかした気分になれました。

杉田さんは敬語が本当によく似合う。前に「執事の特権」を聴いたときも同じことを思ったんですが。ずっと敬語なので、たっぷり堪能することができました。
前野さんも良かったです。明るくて前向きで可愛いお医者さん。
病院が舞台ですが、医療モノではなく日常モノです。みんな普通に生きていて、そこがいい。
肩ひじはらずにふわっとした気分で聴くのがオススメです。

1

タイトル通りのほのぼのCD

原作未読。コメディとシリアスのバランスが凄くいい。作品自体の面白さというよりは「萌え」に特化した作品。

この声のトーンの杉田さんの声は聞きやすくていい。茨木は淡々と喋るキャラクターだけど、声音が優しく、表情や顔が見えなくても物腰の柔らかい男だというのが伝わってくる。
前野さんも高すぎず低すぎず。茨木さんとの会話シーンでも、喋り口調の全く違う二人でも音声的に前野さんの声が立ちすぎることもない、絶妙な声。
茨木さんに振り回される京橋先生が可愛い。丁寧な敬語で大人の攻め方をする茨木さんに妙に子供っぽいところがあったり、二人ともとても愛おしいキャラクター。
思いっきり互いに歩み寄っては、些細なことで一歩下がるような、そんなちまちまとしたやり取りがもどかしいけど、焦らしすぎる前にちゃんと進展してくれる。
BGMも、陳腐すぎず目立ちすぎず、ちゃんとBGMの役割を果たしてくれている。
サブのまんじ君たちもよかった。この二人の話ももっと聞きたいと思った。まだどこか謎を隠しているっぽい茨木さんのこともとても気になる。
絡みシーンあたりで主導権が逆転するくだりに萌え。それであわあわする京続き橋先生に更に萌え。

基本コミカルで明るいので、重くなくて聞きやすい。
大体物凄くいいと思ったCDは無駄にストーリーが練りこまれていて二枚組みだったりもして、どれだけ面白くても中々聞き返す機会がない。でも、これはいつでも好きなときにリピートできる。
発売元がなくなって続編は望めないのかもしれないけど、是非続きを聞かせて欲しい。

2

かわいかったです

だれがって、モリモリ帝王が。

と、サブキャラの話は後にして、

京橋先生の前野さんも、かわいかったです。
若くて、まっすぐで、ちょっとそそっかしい。
「チロ」って呼んで構い倒したくなる。
そんな雰囲気バッチリでした。
茨木さんの杉田さんは、終始落ち着いた敬語で、京橋に対しては、あくまでも甘く優しい。
この作品では、二人は出会って、お互いに愛し合っているのを認めて恋人になる所でおしまい。
エチと言えるシーンは、一応さわりっこまでです。
恋人になったのなら、なにもそんなにあせることはないと、ゆっくり関係を進めていけばいいと言う茨木の言葉で終わっています。
この茨木、実はけっこうアレで、ソフトな敬語攻めでじわじわと、いずれ京橋を立派な淫乱な犬に育て上げ…るような展開が、あるとはあまり思えませんが、あってもいいなーとか、思ったりもして、、、

この、ほっこりと甘い、後味のいい作品、シリーズの続きが聞けないのはちょっと残念。
19才!!の、超若作りで可愛らしい森川さんのまさか君と、ツンデレ美人な千葉さんの楢崎先生の別シリーズも、怖い物見たさで聞いてみたかったかな。

1

早く次を出して欲しい

秘密主義で聞き上手な売店の副店長・茨木さん(CV.杉田智和)と、
お医者さんのわりに結構子供っぽい京橋先生(CV.前野智昭)のキャスティングが絶妙でした。

さらに、19歳と言われるとちょっと無理がある気もしなくは無いですが、なかなかしっかりした押しかけ女房?・まんじくん(CV.森川智之)と、
ツンデレの極みの楢崎先生(CV.千葉進歩)のカップルも大変いい感じで、安心して聴いていられます。

1ということは、2も出てもらわなければいけないわけで、もちろん完結しておりません。

さらに、原作はリンク作「楢崎先生とまんじ君」もありますから、お話自体まだ完結していないわけです。
楢崎先生はその前からあるリンク作・俗称「メス花」にも登場しており、そちらもまだCD化されていないお話があるほどなので、さて、どうなっていくのでしょうか?

なんとなく、それほど大きな波も無く、思いが通じ合った二人・・・でこの巻は終わっています。
早く次巻を出してください!!!
そして、まんちーも早く!早く!(まんちーの方が好きな私でした・・・)

3

病院の売店員と耳鼻科医のハートウォーミングなお話v

「右手にメス、左手に花束」スピンオフシリーズなんだね。
原作未読です。
医科大学附属病院の売店員の茨木の(杉田)と
耳鼻咽喉科の医者の京橋(前野)のお話。

京橋(前野)が1年間の留学から帰国したら
病院の売店のおばちゃんがいなくなっており
代わりに茨木(杉田)がいて
のんびり穏やかな雰囲気の茨木(杉田)に癒されていくんだよ。

京橋(前野)は、両親を亡くしていて
そんな過去を穏やかに聞いてくれて頭を撫でてくれた茨木(杉田)

茨木(杉田)のファーストネームと
どうして売店にいるのかとかも後半語られます。
この語りがやさしくていい感じだったよ。

前野は、受けなんですけど
ちょっとかわいい感じで、時々思うんだけど
鈴村さんぽいですよね。ボイスの質感が。
しっかし前野って受けも・・・イイな。
・・・残念ながら最後まではOTZ

森川×進歩
は、絡みはないけども恋人同士です。
森川さんが19歳の役w
一番若い役どころなんですけどー。かわいかったお。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ