こんな風に始まる恋も、ある。

はじまりは窓でした。

hajimari wa koi deshita

はじまりは窓でした。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×211
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
11
得点
78
評価数
23件
平均
3.5 / 5
神率
8.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522260

あらすじ

自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国。ある日、ワケがあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳がぶら下がっていた―― 口止めするべく会社を調べて会いに行くが、彼は気持ちのいい青年で、一緒に食事をすることになり……? 窓拭き職人×エリートリーマン、働く男たちの年下攻めラブ

表題作はじまりは窓でした。

ビルメンテナンス会社で働く白柳謙介(25歳)
エリートリーマン・吉国幸一(35歳)

その他の収録作品

  • 愛はここから
  • 愛しの黒田さん。(1Pコミック)

評価・レビューする

レビュー投稿数11

すまにゃい

リーマン吉国と窓ふき清掃業者の白柳。

出会いから笑わせてもらいました。
まさかビルの上層階にいて、窓の外から見られているなんて思わないですよねww
そして、普段真面目で堅物な吉国が酔うと赤ちゃん言葉になるのも反則です。
「すまにゃい」って・・・笑
電車で読んでいて思わず吹き出してしまいました。
とにかく面白い作品です。

大好きな阿部あかね先生のイラストも最高でした。
特に、お見合い会場の窓の外から今にも泣きそうな表情で見ている白柳は忘れられません。

0

吉国課長

ガテン系の年下ワンコくんと堅物のエリート課長さんのお話です。

とんでもない出会い方からの吉国課長のテンパり方や、生真面目ゆえに何事にも一直線な吉国課長の悩みっぷりや、兎にも角にも吉国課長が可愛くてたまりませんでした。あ、白柳くんは吉国課長を愛するとてもイイ男です。それより何より吉国課長が可愛いのです(もういい)。

阿部あかねさんのイラストもエロく優しく、作品の雰囲気にぴったりでした。巻末の1Pコミックも嬉しかったです。黒田さん、素敵!笑

0

面白かったー。

これ、面白かったです。
なんと言っても吉国のギャップ萌えでしょう!
普段はキリッとしてるのにお酒が入ると酔っ払っちゃう人とかって、それなりにBLの中にも登場はしていますが、その中でも吉国は最強クラスの可愛さでした。
もうね、とにかく呂律の回らなさ加減がステキすぎる。
こんなに可愛い呂律の回らない人初めてかも(笑)
こんな可愛さで迫られたら白柳も頂いちゃいますよね。
しかも、一度目はお酒のせいにするとしても、そのあとも何度も飲んでは酔っ払ってを繰り返して…。
そういうのも珍しいかな。
ま、それだけ白柳との時間はリラックスしてたのかもしれませんが。
白柳の方も窓拭きの記録保持者とかなかなかの経歴を持ってて。
それがまた作中でもガッツリ活かされてて、こんな世界もあるんだなーとか思ってみたり。
デキ上がってからはもうラブラブで吉国の当初のキャラからこんなふうになるとは思ってなかったので面白かったです。

あと、ラストページの阿部さんの「愛しの黒田さん」
…実は黒田さん受っことですか?(笑)
いや、それはそれで見てみたい気もするんですが。

2

名倉さんらしい作品

『愛に目覚めてこうなった』が良かったので過去作品も読もうと思い立って読んだのがレビューも良いこの作品です。
『愛に目覚めてこうなった』の方が文章的にはより洗練された印象を受けましたが、この作品も良かったです。名倉さんの作品はコメディタッチの作品が多いのでしょうか?今回も笑わせていただきました。
面白いのはやはり受の吉国ですね。真面目で部下に気軽に話しかけたりも出来ない不器用さんですが、白柳の前で酒を飲むと一変淫乱な可愛い受になってしまうという、舌たらずなところとか、ここまで変わる人はいないだろって感じですが、ギャップが良かったです。二人が会うシーンもマヌケですし、名倉さんっぽい感じは健在でした。
さらーっとあっという間に終わってしまった感じです。

ところで白柳の家事能力の高さと奉仕好きの心はいいですね。
是非ウチに来てもらいたいと思いましたw

4

窓 拭いてます

高層ビルの窓拭き職人(攻め)です。
いいですねえ。作業服の男。
働く男は かっこいいんですよ!
仕事に生きる男達は目の保養です。
窓拭きの全国大会があるなんて知りませんでした。
どうやって競っているのか 詳しく書かれています。
取材をしに 作者自ら行ってこられたのでしょうか。
結構ページ数書かれていたものだから。
窓拭きの方を見る目が変わりました。
優勝してしまうトコロはさすがBLです。
すらすら読めました。
受けが酔っ払ってHする場面とても笑えます。

3

か、かわいい・・・

久しぶりに会話で楽しめた作品でした^^
阿部さんの絵が好きで読んだのですが、イラストもさることながら、お話もとても面白かったです。

主人公は2人とも魅力的なんですが、なんといっても受けの課長が可愛かった・・・
攻めよりも10歳も年上で課長という管理職柄、会社では普段は恐れられているのですが、白柳の前だとつい飲みすぎて堅物な所が崩れてしまうという・・・
そしてその崩れ方が・・・むちゃ可愛い(笑)
呂律が回らなくなった課長、最強です・・・
2人の会話のリズムがとってもよくて、スイスイと読めてしまいました。
なんとなく大阪人に通じるものがあると思います。ちょっとお笑い見てるみたい。

ラストに阿部さんの1Pの漫画が掲載されていて嬉しかったです。
黒田さんのソロイラストもセクシーでした^^

4

ツンデレ?

高層ビルの窓清掃会社勤務の白柳(攻)とエリートサラリーマンの吉国(受)の物語。

それまで接点もなかった2人が
あることから、2人が会うようになります。

吉国は、会社においては、部下に厳しいが故に、
周りからも嫌われていることを感じています。
だから、突然できた、友人・白柳の存在が嬉しかったんでしょうね。
2人で飲みに行くと、大虎な吉国です(笑)
皆さんが書いていらっしゃるように、その吉国がかわいすぎます。

そして、白柳が、窓清掃の大会の記録保持者というのも、
なかなか、興味をそそられました。

3

酔うと、可愛い猫ちゃんに変身にゃ~♪の課長っ!

良いですよ~!タイトルも文章もキャラもイラストもです!
甘くてほのぼの、暗い所が1辺もなくて気持ちが和みました♪

吉国課長のツンとデレの2面性と白柳の素直なワンコっぷりが「売り」の本作。
2人のはじまりは、窓ガラスを挟んでの、下半身モロ出しの吉国と爽やか笑顔の白柳(シロ)が目を合わせる事からでした。

吉国は自分の分身に異常がないか、明るさを求め窓ガラスに近付く。
ふと笑顔のシロと目が合いますが、吉国は、まさか高層ビルの窓の外に人がいるなんて思ってないので、一旦スルー。
またイチモツに目を戻し・・・ハタッと気付き窓に目をやる吉国に、またまたシロの爽やか笑顔(^▽^)v~☆
「っ!」吉国はもうパニックです!
目で追っているかの様な描写に、二マニマしてました♪

ここで、白柳は吉国のイチモツが気に入るのですが、白柳が吉国のどんなところが良かったか少しでも書かれていたら、もっと二マニマ×∞だったはず。
色?形?その他?どんなモンが巷で好まれるのか今後の参考に知りたかったなぁ。

そして、課長の飲酒後の魅力ってば尋常じゃない!
飲酒前「白柳君!」後「シロ~、シ続きロ~」だし、
前「絶対しない!」後「して~入れて~」「すき~」
暑いから「脱がして~」とか、しな垂れかかったりの無自覚な課長に、シロはもう「辛抱堪らん」のです!
それなのに、翌日のシラフの課長は「ゲイではないから友人関係でいたい」とか言っちゃうし。
どの口で言うんだ~?この口か~!と突っ込んじゃいます!
それでも、課長を責めもせずに従うシロに、課長自身も悪いと思っているし、自分は男もありではないか?と考えるし、だって離れたくないし・・・四六時中シロの事を考えてしまう。
本当にこの2人は可愛過ぎです!
もうこうなったら、後はラブラブ一直線じゃないですかーっ!って、この2人の前に障害が?!(あ、そんなに高くないからねっ♪)

スラスラと読める素直な文章に、楽しくて甘いストーリーですから、気持ちを軽くしたい時に是非どうぞ~!

5

ワンコのレベル高いです~

攻・白柳謙介(25) 窓拭き職人
受・吉国幸一(35) 課長

女子社員に熱いコーヒーを股間にぶち撒かれ、ロッカールームで生存確認(笑)をしていたところを、窓ガラス越しにご対面してしまったのが2人の馴れ初め。

自分は決して変態ではない、と主張し、なおかつ口止めするために白柳を待ち伏せした吉国。
無事に念書を取り付けたのち会話していると、気が合うし面白い相手だ。
そのまま飲みに誘って楽しいお酒となったのですが…。

吉国は、実は酒に弱かった。
そして白柳は…年上大好きなゲイでした。

白柳にしたら、モロ好みのタイプが酔って絡んでくる状態は据え膳でしかないですよね~。
しかも酔うと平常のカタブツっぷりが嘘のような、にゃんこ語使いに(笑)。
我慢しろって方が無理難題です。

酔っ払っても記憶を無くさない吉国課長。
前夜の痴態に動揺しつつも、白柳のことは嫌いになれない。
そーいうのではなく友人として付き合いたいと願います。

若くして出世した吉国は、気心の知れた友人がいない。
酔って乱れるくらい気を許せる友人がいないので、ぜひ友人で、と。

でも続きね~、酔っ払ってにゃんこ語で白柳に甘えまくってる状態は「友人」じゃないですよ(笑)。
アタマで考えた結論と、心で求めている本音は違うのです。
35歳の吉国のギャップ萌…白柳じゃなくても落ちますって。

ついでに言えば、白柳はワンコの中のワンコでした。
酔っ払って白柳を「シロ」と連呼する吉国、カワイイです。


最初にタイトルを見たとき「はじまりは『恋』でした」と勘違いしてました。
窓、ですね(笑)。

2

課長がかわいすぎるんです!

阿部あかねさんの絵が好きで表紙買いでしたが当たりでした!
窓越しの突飛な出会い、ろれつの回らない課長、健気で爽やかな攻め様、ポンポンポンと小気味よいコミカルな展開に、萌え満載の満足な一冊です。

設定が窓の清掃員で、窓拭き全国大会とか、目新しく斬新な点に注目。
出会いが、コーヒーをこぼした下半身の点検中を見られて、他言無用と律儀にクギをさしに行く。というのがまたびっくり。
自分にも他人にも厳しい課長が、その清掃員・白柳と酔った勢いでエッチしてしまうのですが、豹変ぶりが白柳でなくても「カワイイー」って思ってしまうくらいに激変なんです。
白柳は自分はゲイだからと最初にきちんと断っているのですが、課長と相性よかったんでしょうね。
いつも、張り詰めた仕事をしているから課長も心から気が許せるって本能で悟ったのでしょう。
初めて本当に人を好きになって、優しくされる心地よさを知る課長。
それが会社でも態度に出るようになり車内でも人気急上昇になり、それがまた2人の間に波紋を←「愛はここから」
ひたすら優しく、丁寧に物語がつづられて行きますので、課長がかわいくてかわいくて、、、自分「続きかわいい」しか言ってない感じですが、是非この可愛さをみなさんにも読んで実感してほしいです☆

「愛はここから」はその後の2人
相変わらず、酒が入るとスイッチが入る課長ですが、仕事にさしさわるといけないと距離を置こうとするのは焼け石に水だったような。
誤解もあったりしますが、白柳が持ち前の行動力で突破。
ラブラブで熱くて熱くて、、ごちそうさまなんです。
白柳のライバル黒田が出てくるのですが、彼でなくても当てられそうです。
書き下ろしの1Pマンガ「愛しの黒田さん」に笑ってしまいますよ。

リーマン・年下攻めの最近読んだ中でも、楽しくて甘くて課長はエロいですが可愛くて、イチオシ作品かもしれません。


4

題名にやられました

表紙もあらすじも、何にも確認しないで、題名だけで買ったんですが、いやいや大当たりでした。
題名に惹かれた作品って、結構面白くて当たりが多いように思います。

女子社員が股間に熱いコーヒーをこぼしたため、着替えようと更衣室へ行った吉国は、大事なところが火傷をしていないだろうかと、窓際でチェックしていると視線を感じ外を見ると窓ふき作業をしている青年・白柳と目が合いました。

こんな「ええ~~~」という出逢いがきっかけとなりましたが、一緒に居酒屋へ行き酔っぱらった吉国が、もう可愛くて可愛くて。
白柳はゲイで、吉国はストライクど真ん中。
最初は我慢しようとしていたけれど、あまりの可愛らしさに負けて押し倒しちゃうんですが、吉国も嫌がらず、流されるように抱かれちゃいます。
が、翌朝目が覚めると、自分はゲイじゃない、親友としてなら付き合えるけど……と思ってしまうんです。

なのに、白柳は「本気で惚れました」とどんどん積極的に迫ってきます。
おまけに白柳が、ワンコのように人懐っこいんですよ。「なかったことにしてくれ」とすげなく扱われても、「全身全霊で愛します」と、ホント真摯に口説続きき倒すんですよ。
口説かれる方だって、口説かれて嫌な気持ちにはなりません。見た目もいいし、一緒にいて楽な相手なんですから。

でも、吉国はふと我に返るときが来るのです。
自分の性癖に疑問を持ち始めるんです。極真っ当な性癖だと思っていたのに、白柳と一緒にいるとゲイだったのかと考え始めますが、かといって素直にそれを受け入れることも出来なくて。

考えた挙げ句、白柳不足に陥っちゃった吉国は、自分もびっくりの行動に出て、「好きだ」って伝えるんですね。
お互いがお互いの立場に立ってみて、ようやく相手の気持ちがわかるという、ちょっとずれたふたりですけど、解り合えたらもう離れることはないんじゃないでしょうか。
これからも、イチャイチャラブラブしていて欲しいなぁ。

とにかくこのカップルの良さは、吉国の30歳半ばにしてのあのエロ可愛さと、白柳の年下ワンコの忠犬っぷりじゃないでしょうか。
驚異的に可愛すぎます、吉国。
テンポも素晴らしくいいので、年下ワンコ×エロ可愛いカップルのお好きな方はぜひ。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ