そこに座るな

soko ni suwaruna

そこに座るな
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
70
評価数
20件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862636799

あらすじ

いつも同じソファに座って浪川の帰りを待つ同居人・葉山。しかし葉山は実は恋人に突然何も言われず捨てられていたのだった。気まずい浪川なのに葉山は、平気な顔で笑い、ゴミの分別ごときでケンカして…まるで蜜月な同棲生活!? 健気で臆病で諦めがちな葉山に浪川は愛しさと嫉妬が湧き…? 本物の恋で過去を癒すシアワセ同居物語v
出版社より

表題作そこに座るな

クールに見えて粘着質・リーマン、浪川智之25歳
恋に臆病なゲイ・リーマン、葉山悠、28歳

同時収録作品ふれるちかさで

岩佐 勤 高校生
榎本淳平 高校生

その他の収録作品

  • 牧の言い分。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

同居もの~^^

表題作シリーズと高校生の幼馴染モノの短編が収録されています。
表題作は部屋をシェアするようになった人たちのお話。
ただ、部屋をシェアするようになった経緯がこれまで読んだことがないようなパターンでした(なかなか奇抜な展開です)。
ほとんど全く面識のない人達が同じ部屋に住むようになるんですが、元々この部屋に住んでいた葉山が恋に関してはすごく臆病で、それがこれまでにしてきた恋愛経験に基づいているんだろうなぁと思うと切なかった。
恋には多くを望まないと言っているのに、自分はとっても健気で、そういうのはとっても可愛いと思うんですが、もしかしたらこういうタイプは好き嫌いが分かれるかもしれません(ちょっと「可哀想」というのが全面に出ていたような気がするので…)。

同時収録は幼馴染の、よくあるお話かなぁという印象。
もう少し何か印象的なものがあればよかったかな。

0

牧、最後までムカつくーっ(><)

葉山が旅行へ行ってる間に同居人(付き合ってた・牧)が出て行ってたーっ!!
だけでもビックリなのに、すでにそこには別の同居人(浪川)がーっ!!

「彼女ができたら、そっちを取る」という約束で付き合い始めたから
まぁ、女の方に行くのはしょうがない(しょうがなくないけど!!)として
勝手に出て行って、勝手に同居人を決めてるという
相談も報告もなくしてる事に、とにかくムカつく!!
そしてもっとムカついたのが、旅行に行ってる間にって
その旅行には本当は2人で行くはずだったって事実。
そして自分は彼女と旅行って…駄目だこの男。
そして後半には結婚しましたメールを送ってきやがる無神経さ。

話の途中や後半のショートストーリーに牧の考え(思い)も描かれてまして
それを読めば、どうして牧はこういう行動を取ったのかが解って
いい奴だったんだなぁと思えるのかと期待してたら
結局は牧の自分勝手にしか思えなくて、余計にムカついただけだった!!

浪川と葉山が幸せになれたのは良いけれど
その幸せよりも
何故か牧へ対しての腹立たしさばかりが読後に残ってなんだか嫌ーっ!!

1

葉山さん良い

別れを覚悟しながら付き合うこと
別れを迎えることがわかっていても
付き合うこと

待つこと我慢すること
受け入れること
女性とも付き合えること

BL切ない要素盛りだくさんの
この作品とても好きだったのですが
牧さんの言い分ってのか
納得いかず

読んだ記憶を奥底にしまっていた作品でした
牧さんの言い分がなければ、

神評価です

二番目でも良いからというのと
同じ部類の好きの感情

先が不透明でも今を一緒にいたい
そういう弱さは人間どうしても
あるものです

ただ、急な雨に仕方なく買った
傘は、ずっと大切に使用することは
少ない気がします
そんな切ない話でした

0

同居人から恋人へ。

「そこに座るな」
ネガティブで自分に自信のない受・葉山は旅行に行ってる間、同棲していた恋人に突然逃げられて新しい同居人・浪川が入れ替わりにやってくる。
ヒドい振られ方をしたにもかかわらず、淡々とした様子で、でも牧を待っている葉山のことが浪川は気になってしかたなくて・・・。というお話。

葉山の後ろ向きウジウジ体質と、牧さんの身勝手っぷりは好みが分かれそう。
私は牧さんみたいなタイプのキャラ嫌いじゃないですw
本編で謎だった牧さんの考えてることが「牧の言い分」でわかったのでスッキリ。
浪川が葉山を好きになる過程が丁寧に描かれていてよかった!
Hシーンは色っぽくて大変おいしかったw
同居中の日常の描写がなんだかほのぼのー。
ただ、葉山の友人・小関まで葉山に思いを寄せてる設定は総ホモ感がパワーアップしてる感じで・・・。小関の存在がやや宙ぶらりん感があったような。

「ふれるちかさで」
おさななじみ高校生もの。
若いっていいな。可愛いお話です。
直前に「どっちが上する?下する?」みたいなやりとりをするのが・・・イイ!萌える!!

0

メガネの攻めくんが好き

レビューしにきて意外と評価がわかれてるんだなァとビックリです。
麻生海さんの作品って、そういうのが多いなァと思います。良いことだと思います。まぁ万人受けする作品が一番いいんだと思いますが、悪い方向にいくと誰の心にも引っ掛からない作品になっちゃうし。趣味の分かれる作品は、いい意味でトガリがあるんだと思います。

受けの「待つ女」的な女々しさと、受けの元カレの身勝手さ、これをどう見るかによりますよね。
まぁ好感を持つ人はいないと思いますが、私はキライじゃないです。受けが直接的に構ってちゃんな態度を取らないところがいい。
受けの元カレは…まあこういう男っているよね~。なんかしっぺ返しがあってもいいんじゃないのと思いましたが、しっぺ返しのなさがリアルでもある。
で、攻めがとにかく好きです。一途でメガネの年下攻め。やたら精力が強いところ、笑っちゃう。嫉妬させたい気持ちもあってとった行動で、受けに嫉妬されて、後ろめたさと申し訳なさを感じつつも喜びが抑えきれてないところとかも可愛かったし。
なにより全編にわたって攻め視点というのが好きです。BLは受け視点で進行する場合が多いんですが、もっと攻め視点続きな作品が増えてほしい。

『ふれるちかさで』
表題作よりこっちのほうが好きです。
つくづく私は幼馴染みものに弱い。
幼馴染みもののセオリーをなぞるようなお話なんですが、ツボだらけでした。

0

文句なく面白い

浪川がルームシェアをすることになった相手は海外旅行中。元々そこに住んでいた牧が引っ越していくので、代わりにという話で牧に紹介されたのに、帰国した葉山はそのことを一切知らされていなかった。
BLコミックなので、ああ、葉山は牧に捨てられたのねとすぐにピンとくるんですけど、同時にそんなひどい振られ方をする葉山って問題アリ?それとも牧が鬼畜?と色々と想像を膨らませてしまい、冒頭から引きこまれます。
そんなひどいことをされたのに、感情を見せない葉山の真意を知りたいと思うようになり、葉山のことばかり考えている浪川ですが、それはもう恋だよ!と、読みながら何度ツッコんだことか。なのに、なかなか気づかない。
最初は浪川にあまり魅力を感じることができなかったのですが、葉山に対する自分の気持ちに(やっとだよ)気づいてから、ぐいぐいと攻め込む感じが、ワンコでね、あら可愛いでないの、と。うまくいくまで結構ドキドキしながら、応援しちゃいましたよ。

葉山もまた可愛いです。
毎日窓の外を眺めては、牧が帰ってくるんじゃないかと期待しているなんて、この人はなんだか窓辺に座る猫っぽい。
牧と付き合っていたと続ききは、嫌われないように、別れがなるべく早く来ないように必死だったなんて、せつなすぎる。それなの何も言わずに家を出て行くなんて、酷な仕打ちだなと、浪川と一緒になってイライラしていたのですが…
あとになって牧がどんな風に考えていたかというお話も収録されていて、それなりに考えがあってのことだったのねと納得できるので、あと味の良い作品になってます。
牧と付き合っていたときのイメージとは全然違う葉山をみせつけてやることができて、溜飲の下がる思いもさせてもらえたし。
人は付き合う相手によって、自分を変えたりしているのかもなあ、無意識に。

もうひとつ収録の「ふれるちかさで」は、幼馴染の高校生同士。
こちらも可愛いくて胸キュンなお話でした。
自室で結ばれる二人ですが、おかあさん、1階にいるよね…と、ちょっと心配になったり(笑)

2

牧がマジでムカついたんですけど・・・(`・д・´)

突然、恋人・牧と入れ替わって同居する事になった浪川智之×葉山悠のリーマンものです。

話の内容があんまり好きではありませんでした・・・(´・ェ・`)
ていうかこれ普通に葉山が可哀想と思いましたよ。最後はハッピーエンドでよかったんですが、元恋人の牧が本当にムカつきます(#゚皿゚)
浪川が牧に付き合ってたのに何故なにも言わずに出て行った事を問いただしたら「女じゃないから大丈夫だろ」とか言ってるし・・・。
これはマジで腹が立ちましたね・・・。
葉山も葉山で良いように言えば健気ですが、悪く言えば女々しかったです。
葉山にもイライラさせられました。
たしかに嫌われたら・・・と思うと言いたい事が言えないのもわかりますけど・・・ちょっと私には合わなかったです_| ̄|○スミマセン
それに[牧の言い分]という話があって←ホントに言い訳の話だったんですけど、

全 然 納 得 で き ま せ ん で し た (#゚皿゚)

ホント腹が立ちます。

[ふれるちかさで]
岩佐勤×榎本淳平の幼馴染みものです。個人的にこちらの話の方が好きでしたね。
話の内容は普通だったんですが←続きスミマセン
1番びっくりしたのが、個人的にですが、

こ っ ち が 受 け ~ ((( ;゚Д゚)))

と・・・麻生先生の受けって毎回、猫ッ毛のサラサラなキャラなのに今回は黒髪受けで、びっくりしました( ゚д゚ )

麻生先生の絵は好きなんですけど、イマイチ私の中で当たりがないので、ちょっと残念です・・・(ごめんなさい)    

1

後ろ向きすぎる主人公が…

どうも麻生海さんの描かれる後ろ向きすぎる主人公が苦手です。
前コミックス「家賃半分の居場所です」も、恋人に浮気され捨てられ…な主人公にイライラしました。
逆に攻のワンコは好きなんですが…
なんかやっぱり「家賃半分の~」にカブるかも。
浮気されて捨てられて可哀相な主人公…
うーん、どうしても私はあんまり好きになれないのですよ。
いじらしい、健気だ!とも思うんですが…
我儘を言うのも一つの勇気だと思うし…。
主人公ばっかり“可哀相”で悲劇のヒロインにまつり上げられて
それを救ってくれる王子様である新たな攻が現れて…な展開はちょっと都合よすぎませんか??
まぁ攻がこの受ちゃんに惹かれるのもわかるのですが、
あっアレだ、受ちゃんが女々しすぎる!こんな女いるじゃないですかww
多分そんなタイプの女が私は嫌いだから、この受ちゃんも好きになれないんだー
…それでもソファに座り、窓の外に手を振るこの受ちゃんを見ると切なくなるのも事実ですが。
まぁうまくおさまってよかったんじゃないでしょうか。
このワンコ攻は粘着質で嫉妬深そうなんで…w
これくらいの男のほうがこの受ちゃん続きには合ってそう。

同時収録「ふれるちかさで」
こっちのほうが好みです。
幼馴染モノ。
一方は好きなのを丸出しで、もう一方は自覚もない、そんな幼馴染だけど
周囲には「恋人」であることを公言している、なんとも微妙な関係…
これもワンコ攻でしたね~
でもこっちの受ちゃんは案外男らしいんで、よかったです。


まぁなんであれ、麻生さんの絵柄はめちゃくちゃキレイ!
そこはすっごい好みなだけに、あのネガ受ちゃんが……
それでも麻生作品を買い続けてしまう自分…ww

0

タップリ読んだ気がする

おまけで神評価。今までの麻生作品の中で一番面白かったです。

突然、ルームシェアしていた恋人・牧と入れ替わって同居することになった、後輩と名乗る男・浪川。
はじめから別れることを前提に付き合っていたためか、取り乱すでもなく淡々としている葉山。
引っ越してくる際に運び込んだ白いソファを中心に二人の同居が始まります。

牧に好かれたいがために自分を抑え、我慢を繰り返してきたらしい葉山は、浪川に対しては遠慮の無い態度をとり、居心地良さそうにソファに座るのです。
少しずつ牧との辛い関係を話し出す葉山とそれを黙って聞く浪川。

このお話の面白いところの一つは、浪川が黙って傾聴しながらも、頭の中ではグルグルといろいろなことを考えているのだということが、全てセリフで読めるところだと思います。
だから浪川がどんどんほだされていく様子がよくわかります。
(話し言葉とモノローグがあるので、それに慣れなければ読みづらいかもしれませんが、その分タップリ読んだ気がすると思います。)

慰めが高じて抱きしめてキスしてしまってから、今度はギクシャクしだすのですが、やっと浪川が考えるだけでな続きく行動に移すのでした。

浪川に対しては遠慮の無い態度の葉山ですが、基本的に健気で臆病で後ろ向きなので、少しずつ心の中を吐露する葉山が涙するシーンでは、私も涙を誘われました。

お仕事もきちんとし、周囲の友人たちもいい感じで絡んでくれて、広がりがありながら、リビングの窓辺のソファというアイテムがポイントを押さえていて、いい感じに締まっています。

牧さんが思いっきり悪役なのですが、本編においてもいまひとつ憎めないなぁと思っていたら、番外編で裏事情がわかりました。
何股もかけるのはいいことだとは思えませんが、なんだかやっぱり憎めなかった。

同時収録【ふれるちかさで】は幼馴染みが高校生になって・・・のお話。

興味半分でキスをしてから、ずっと冗談半分で「付き合っている」と対外的に言い続けてきた二人。
実はただの親友のままで・・・
片方は過剰なスキンシップで迫り、片方は本気で好きだからこそ、そのスキンシップですら負担に感じ・・・
クラスメイトの微妙な後押しもあり、どうにか想いを通じさせることができた二人です。やれやれ、お幸せに。

2

ルームシェアから始まる恋

色々な事情で同居することになった
ゲイの葉山とノンケの浪川。

はじめから終わる事を前提に恋をし、期待せず、
相手に負担をかけないように行動する。
辛くてもいつも笑ってみせる葉山の健気っぷりに涙……!

そんな可愛くていじらしい葉山を放っておけず、
気がつくとどんどん惹かれていく浪川。
二人が不器用に歩み寄って行く姿が切なくて可愛くて。

とにかく二人とも、他者に優しいのです。
優しい二人が繰り広げる恋物語は、やっぱり優しくて。
読後感はしみじみと胸が温かくなります。
タイトルは浪川の気持ちなのでしょうか。
ソファが重要アイテムでした。

「牧の言い分」では本編で酷い男として登場した牧が主人公。
彼も彼なりに考えていたのだと。
ただの酷い男では終わりませんでした(笑)
もしかして葉山が我儘を言えていたのなら、
違った未来もあったのかも?と思いましたが…
やはり全てが収まるべきところに収まった、
今のラストが最高だと実感。
やはり本音を言えない相手は、
本当の恋のお相手ではないのでしょう。

「ふれるちかさで」は幼馴染みもの。
ほの続きぼのと可愛い!!
ツリ目受とタレ目攻がツボでした。

派手さはないですが、どのお話もハズレなし!
面白かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ