セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

113

レビュー数
7
得点
123
評価数
30件
平均
4.2 / 5
神率
53.3%
原作
作画
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

表題作 セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

その他キャラ
芹生冬至[中村悠一]/ 篠弓弦[福山潤]/ 内海武[保村真]/ 女子生徒1[高本めぐみ]/ 二年男子部員[井上剛]/ ピザ屋[松尾大亮]/ 弓道部顧問[上田陽司(現:上田燿司)]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

きゅん死 MAX

一枚目から続けて聴きました。
もうサイコー!サイコー!!

中村悠一様の芹生声がかわゆくて、かっこいい。きゃーーー。
芹生が弓弦にちゃんと告白するんだけど、弓弦は天然だからね。気付かないのはしょうがない。。。
ドキドキ、ニヤニヤしっぱなしでした。

そして、土曜日、芹生の心の声の嫉妬の声レベルが、ヤバい!!!!
中村様~~~~~~~~っ 好きですーーーー!!

芹生と弓弦はモテ高校生っていうのが声からわかるよねー
たまらんっ!!

お風呂と卒業式も音声化してほしかったけど、それは大人の事情かな?
卒業式とかもうやってる感じのキスだもんね

0

爽やかなBLって久々

原作片手に聴きました。

福山さんも中村さんも流石というくらい合っていて、とても2年の間がなかったと思うくらい1枚目(MONDAY→THURSDAY)から連続で聴いても違和感なかったです私は。

やっぱり紫乃は受け付けられない私。
何だろう...誰かに縋ってないと生きていけないみたいな...苦手なタイプです。

最近、濃厚なBLばかり聴いていたので気分転換にでもと聴いたのですが聴き終わったあとにここまで「終わった...!!」と爽やかな感触が残るBLは久々でした。
何だろう...彼らの特に変哲もない他愛ない日常をずっと聴いていたくなりました。

原作と比べてしまうとあれなんですが、日曜日のPM6時。
私は原作の篠の芹生への告白が割と好きだったのであれを変えられてしまっていて期待していただけに少しショックでした。
まぁでもあれをそのまま音声化するのも難しいですもんね。
仕方あるまい。

萌か萌じゃないかと言われるとなんか違う気もするんですが心が浄化されて、素敵な話でした。

フリトでじゅんじゅんがゆーきゃんを「ゆーきゃん」呼びしてたのに萌えました(評価基準続きこれ)。
私も卒業式は聴いてみたかったです...!!

1

さいごのさいごまで。

最後の最後までキュンキュンさせられるせつない展開。
自分の気持ちを自覚した芹生はどんどん弓弦に近付こうとするけれど。
近付いたようで些細なことで距離がまたあいてしまったり。
それはひとえに弓弦が自分のことに鈍くて自覚出来ていない恋心のせいだったりもするのですが。
わからないまま苛立ちを覚えたり。
けれど、その原因を追及するところまではなかなか及ばなくて。
それ故に時間がかかってしまった弓弦の自覚。
でも、その先もお互いが好きなんだから、じゃ両想いですね!って展開じゃなくて。
擦れ違って擦れ違って拗れて。
それだからこそ、最後のシーンが生きてくるのだとは思いますが。
原作も読みましたが、独特の間とかもあって音声化はなかなか難しい作品だと思ったのですが、その世界観というか雰囲気というかそういうものを壊さず丁寧に作られているなといった印象でした。
弓弦役のじゅんじゅん(福山さん)は相変わらずの雰囲気で。
恋を自覚して自分の中でいろいろ納得してる感じとかかわいかったです。
芹生役のゆーきゃん(中村さん)は最初ちょっと前作とトーン違うかな?とも思ったんですが、後半は違和続き感なく聞けました。
フツーに喋ってるだけのはずなのにどこか色気があるようで素敵です。
あ。
前作から通してですが紫乃だけはどうしても好きになれませんでした。
というか、非常にウザイ。
この人がある意味キーである部分もあるんだけども、何がしたいんだかわからない感じとか声のトーンとかも含めて聞き手によっては要注意かも。

フリトはじゅんじゅんとゆーきゃん。
前作から2年ほど空いたということですっかり忘れてしまっていたゆーきゃん。
その間に引っ越しもしたそうでCDも実家に送っちゃったとか。
ゆーきゃんはCDには収録されなかった卒業式に話が印象に残ってるとか。
…そんなん言われたらまた読みたくなってきましたよ。

0

うーん。好きな方には申し訳ない。 (ノ><)ノ

前作も書いたけど、キャスト目当てなら楽しめるかな。

篠弓弦(福山さん)は、さすがというくらい、
二年間の時間の流れを、全く感じさせない篠弓弦でした。
しかし、芹生冬至(中村さん)は、雰囲気そのものが、
変っているように感じてしまった。個人的には前回の
芹生冬至(中村さん)の方が、神秘的で魅力的に思えていたので、
終盤あたりから気にならなく、なったものの、残念。
良い所も、もちろんありますが、
娯楽を楽しむ上で、致命的な時間の無駄を
感じてしまったので「しゅみじゃない」にします。

0

巻末フリト長め

しかしこの作品、女性キャラがウザいなァ…(涙)
攻めの兄ちゃんの彼女のシノさんとやらは、いったい何を考えてるんだろう。こんな女、フラれちまえと思います。
あとサバサバ系の受けの友人の女の子もなんだかな。
あとあと、周りできゃいきゃいゆってる黄色い声の女の子たち。
女性キャラの出しゃばる作品はキライではないのですが、こういう女子ならイラネと思ってしまいます。女性キャラの造型に対してもある程度の愛が欲しいなって。

声優さんお二人については、役柄に合ってたと思います。
福山さんがちょっとアホっぽい受けを、中村さんが掴み所のない攻めを演じて下さっててぴったりでした。
巻末のフリトは、かなり多めでした。
前作から収録が二年空いたことについて触れておられましたが、そのあたりはまったく感じなかったです。まったく違和感なく繋がった空間感でした。

1

甘酸っぱい恋

すごぉおおい作品に出会った気分。月曜から日曜まで1週間通して聴きました。

原作は未読ですが、結末は必ずこうだろうと思っているのに、
爽やかで、もどかしくて、ニヤニヤして。
自然で、キラキラしてて、甘酸っぱくて、青春で。
ドラマCDでドキドキしたのは久しぶりでした!!


じゅんじゅんも、ゆーきゃんも最高でした!

お互いを想い合っていても伝えられないなんて、全然珍しくも無いのに輝いていました、主人公達。胸キュンだぁー!
やっと見つけた恋、大事にしてほしいなぁ☆

原作、早速購入してみようと思います。

0

収録時間が約66分で、うち約15分がフリートークw

『セブンデイズMONDAY→THURSDAY』の続き。
もろ続きなので『セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY』だけでは
あまり楽しめないかも。

1週間だけの恋人をはじめた芹生(中村)と弓弦(潤)
金曜、土曜、そして日曜のお話です。
恋をしてからつきあうのではなく、つきあってから恋をするふたり。
1週間の間にお互いが同じ気持ちで恋に落ちなければ日曜にさよならという
ルールで、お試し恋人ごっこを続けている芹生(中村)


原作どーり、セックスはありませんが
キスありマス。
中村くんのエロボイスのキス音だけで萌え萌えできる人向けw
中村くんのキス音は、エロいのです。
あの厚ぼったい唇から出すエロ音に萌え萌えしますwww

卒業式の話は入ってません。

収録時間が約66分でうち約15分がフリートークなんですよ。
本編の内容は、かなり短い。
これちょっと待って2枚組でまとめてだしちゃったほうがよかったような・・・。
収録は2年空いてしまったわけですよ1週間のドラマなのにw
この2年の間に引越しを済ましてしまった中村くんは
前作のドラマCDを実続き家に送ってしまって手元にないとかwww



余談ですが(´・∀・`)ノ
中村×福山 というCP、短い期間にこんなにでている。
---------------------------------------------------
2008年03月25日発売 セブンデイズMONDAY→THURSDAY
※これが初対決(絡みねぇけど)
---------------------------------------------------
2009年06月28日発売 『瞳をすまして』
---------------------------------------------------
2009年08月26日発売 『リピート・アフター・ミー?』
---------------------------------------------------
2009年08月26日発売 『白き褥の淫らな純愛』
---------------------------------------------------
2009年10月25日発売 『セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY』
---------------------------------------------------
今年は後半続きましたね~。
セブンデイズが一番エロ度が薄いですが
高校生同士の初々しい淡い恋を焦れ焦れと楽しむには向いてます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ