夏休みにお見合いを 社内恋愛コンプレックス2

natsuyasumi ni omiai wo

夏休みにお見合いを 社内恋愛コンプレックス2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
デザイン
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥460(税抜)  ¥497(税込)
ISBN
9784044357085

あらすじ

吉家邦夫の妹・麻子が泣きついてきた。
「あたし、お見合いさせられちゃうの!」困る吉家に、疫病神・築島朋也が名(迷?)案を持ち出す…なんと朋也が、麻子の恋人になりすますというのだ!同じ頃、系列会社が経営するファミリーレストランのホームページにコンピュータウイルスが侵入、怪メッセージが表示され大騒ぎに。
ウイルス退治と見合い問題で大わらわ、吉家の平和なサラリーマン生活はどこへ?!好評シリーズ第2弾。

表題作夏休みにお見合いを 社内恋愛コンプレックス2

築島朋也/新人SE
吉家邦夫/築島の教育係

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ニアBLのような

全然進展しないリーマンもの。
ここまで進展しないとただのお仕事ものの小説を読んでる気分になります。そこはそこで面白いんですが…

前回は顧客のデータを持って行方不明になった同僚の足跡をたどる話。
今回は系列会社のホームページに「倒産おめでとう!」という怪奇文字と葬送行進曲が流れるウイルスがまかれて、パニックになる中犯人を突き止める話です。

吉家と築島の職業はSEですが、作者さんが昔同系のお仕事をしていたそうで、おまけにミステリーを多く書かれている作家さんだけにやっぱり事件の謎に迫る展開は面白いです。
90年代のお話なので、この頃のインターネットのアレコレは今は古かったりするのですが、サイバー業界のサスペンスドラマ的なストーリーとしてはかなり面白く読めます。
ですが、ふと、恋愛はどうなった?て思ってしまう。

今回は吉家の妹がお見合いをさせられることになり、築島はその彼氏になりすまし破談にしようともちかけます。嬉々として彼氏役を引き受ける築島はほんとに吉家を何とも思ってないの?と思います。

築島が読んでいてすごく可愛いんだけどすごく苛々もする。
吉家が築島に続き抱いてる感情もこういう感じかもしれないと思います。
こちらの予定を聞かずに勝手に自分と同じ日に夏季休暇を申請していたり、勝手に家族に会わせるからとひっぱっていかれたり…放っておいてほしいのに「年下の無邪気さ故に」じゃ許されない苛立ちを感じるけど、でもそこに失恋の痛手が癒されていくのも感じます。

吉家にとって、男に恋をする=失恋となっているので、築島に本気で恋をするまえに早く失恋したい、築島に彼女が出来ればいいのに、と思い始めます。そう思う反面涙がにじんでくる吉家が可愛いけれど、吉家はあくまで「クール」に見栄を張ります。

吉家が意外と単純なキャラクターな反面、築島というキャラクターは巧みで複雑。誠実でまっすぐで嘘がなくものの見方が公平です。
古い常識の会社に染まらずそれはおかしいとはっきり言えるし、困っている人に対して「何か困っているんじゃないですか?」と言える。
なんか人間ってこんなまっすぐに生きられないんだよーというもやもやが吉家にはあるのではないかと思います。

結局何か進展したのかわからないまま終わった2巻目なのですが・・・
相手の髪が頬に触れる、触れた?ていうくらいでドキドキしている非常に恋愛モノとしてはゆるく、けどこの糖度は低いドキドキは嫌いでないといえばそうですがやっぱりちょっと物足りない!
主人公がゲイというだけでBLとうより一般作に非常に近いニアBLっぽいお話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ