銀晶水

銀晶水
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
3件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
秋田書店
シリーズ
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784253172448

あらすじ

木原敏江氏の耽美な時代劇。
ブルゴーニュ公国の小宮廷を舞台に、
大公の弟と寵臣の典雅なSMが見事!

表題作銀晶水

大公の弟 ギデオン・マルドロール・ド・ゾーネック
ゾーネック公の寵臣 ヴィーサ・ド・ブランスール伯爵

その他の収録作品

  • 黄昏のシンデレラ
  • 花かんむりの牢屋城
  • 夜想曲

評価・レビューする

レビュー投稿数1

心癒す…典雅なSM

これは中世フランス宮廷の、華やかで残酷な、謡曲のようなSM小話です。
ブルゴーニュ大公の弟・ゾーネック公の小宮廷は、華やかで淫らなことでは、とりわけ有名。
12歳の侯爵夫人・ラウリーヌが、17歳の少年伯爵・ヴィーサと出会ったのもこの城の中でした。
このとき既に…ヴィーサは公の人質で、小姓で、残酷な遊びのための慰み者!
そして数年後…未亡人のラウリーヌと、公に反旗を翻すヴィーサはめでたく婚約しますが…
ゾーネック城での長すぎた日々は、二人に残酷な現実をもたらします。
実は…ヴィーサは血を見ることと、責め侵されることが何よりも好きな、呪われた人種!
公を恨みながらも、公に魅かれ、やはり公のもとに戻って行くヴィーサ…!
…ラウリーヌが探し当てたときには、彼は責め犯されて虫の息。
彼が最後に望んだことは、愛する貴婦人の手で殺されることでした…。
腐女子たるもの、多少のことでメゲてはいけないと思いつつ、
やはりメゲてしまって…でも読み返してしまうようなお話です…よね?
一般女子がBLにハマる時期と、腐女子がSM系BLにハマる時期は、ほぼ同じ心理状態でしょう。
ずばり、心続きを癒されたいとき!!!
まあ、初めは怖いもの見たさなんですよ、こういうゲテモノの類に近寄るときって。
それから、だんだんと深みにハマり…
もう、そこんじょそこらの過激さくらいじゃダメってなってしまう。
かといって、それをリアルに実行しようとは思いません!(思ったら犯罪ですが…。)
いやむしろ、彼女たちは…どこからどう見ても常識人で、穏やかな淑女だったりします。
思いっきりハードなSM系を読んで、ちょっとだけ2次元に感情移入して、
そしてまた、穏やかなリアルの日々に帰っていく毎日☆
「現実なんて、まだ可愛いものよ」とか言いながら…ちゃんと淑女に戻る。
そう、SM系BLに癒されてるんですよ☆
(エステでもアロマでもなく、SMに癒されるなんて皮肉な話!
 でもまあ、それくらいリアルの日々のストレスは多いってことです。)
だからこそ、こういう典雅艶麗なSMは必要悪で、アリなんですっ!
で、どうして典雅?って話ですよねぇ??
だって、とびっきり綺麗だと、ハードさもやや中和できますからねっ☆

0

あさみん

はじめまして★

純情ロマンチカ好きのあさみんと申します。
もしよかったら私のレビューにコメントください!!!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ