天国の門

天国の門
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
えみくり <サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
134ページ
版型
A5

あらすじ

私立天宮学園は大阪府天宮市(架空)にある、全寮制の幼・小・中・高一貫教育の13年教育で、「序の口」の幼年部、「一丁目」小等部ときて、「地獄」の中等部のそのまた上に、「第7天国」と呼ばれる高等部学舎と寄宿舎があるのだ。
甲斐ブラザーズONLY本。

表題作天国の門

甲斐晃・高校生
甲斐行久・高校生

その他の収録作品

  • 天国の日々
  • 笑う天使・笑わない天使
  • すばらしきバレンタイン
  • 沖倉くんと市川くん・その4
  • 天国のクリスマス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

男と男の『りぼん』

男子校&男子寮モノ、BLお約束でホモの巣窟です。
このシリーズにはリアリティは求めていません。
「ときめき」のみを求めて読んでいます。

正直なところ商業誌版はいまいちで、同人誌版の方が遥かにキャラクターが魅力的でした。
特に私のキングオブ眼鏡受である長谷川会長。
私の心を鷲づかみしたまま離しません。
「神聖長谷川帝国」と呼ばれ、第7天国一の人望と権力を持つ彼は、腹黒・女王・誘い受。
いつも加藤(攻)を小馬鹿にして、鼻で笑っています。
ツンデレ?
いえ、デレは一切ありません。

シリーズの中で、加藤×長谷川と人気を二分するカップル・甲斐ブラザーズ。
兄弟といっても親の再婚による義兄弟。
同い年ですが、行久の方がお兄さんです。
子供の頃は仲が良かった二人。
しかし晃は行久を意識するようになり、彼を避けるために全寮制の天宮学園へ編入。
そして三年ぶりの再会。

この頃の晃は非常に怒りっぽいです。
好きなはずの行久に対して怒鳴ってばかりです。
まぁ行久は、「うすらぼんやりして、眠ってばかりいる生き物」と紹介される人物なので・・・。
ラストはもちろん続きハッピーエンド。
カップル成立です。


甲斐ブラザーズがメインの1冊ですが、脇で倉本×山田、市川×沖倉、加藤×長谷川、石川×東、大崎×植村、W江藤が登場。
カップルはさらに増えますよ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ