嘘だっていいのに

usodatte iinoni

嘘だっていいのに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
22
評価数
6件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344818231

あらすじ

大学三年の八木沢海里は、清楚で可憐な容姿とは裏腹に面白いことを無視できない好奇心の塊。あるとき二年近く海外を放浪していたという年下で華やかな美貌の青年・加藤龍之介と出会い、突然「好みだ」と迫られた海里は、ウラがあると感じつつも駆け引きめいたスリルを楽しんでいる自分に気づく。やがて身体も心も接近を許してしまうけれど…。

表題作嘘だっていいのに

加藤龍之介・大学生
八木沢海里・大学生

同時収録作品嘘だっていいのに

麻野裕一郎 海里の従兄・同居人
相馬睦紀 海里の後輩・同居人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

意外‼ きたざわ先生の年下攻登場です。

スピンホフのお話だったのにも驚きましたが、それ以上に年下攻というのがインパクト大でした。いつもの年上攻&年の差もので、きたざわ先生独特の雰囲気の中で進んでいくお話が大好きだったので、年下攻めは記憶の中では読んだ事がなかっただけに新鮮で楽しめました。
あとがきに書いてましたが、設定として無理だと思ったんだけど、書いてみたら楽しかったと…食わず嫌いはいけないなあと(笑)先生、とても楽しく読ませて頂きましたよ‼

大学生2人のお話で、体の相性はいいんだけど…恋の自覚をなかなかお互い気がつかないお話の流れになっていて、切ないんですけど、読みやすかったのであっさりと楽しんで読ませて頂きました。

本編を読んでいなくても十分楽しめますし、本編の占い屋さんのお話も是非読みたいなあと思いました。
きたざわ先生の年下攻め‼気になる方にはオススメします。

1

強がっていたけれど、本当は!

この作品は、”透明なひみつの向こう”の、登場人物の、海里の恋の、
お話でした、以前の主人公の、睦紀より目立っていた存在だったので、
海里のお話が読めて、とても嬉しかった。

でも、中身はちょっと悲しい、2人が腹の探り合い、
体は許せても、心は別と割り切ったつもりが、実際は海里は、
不眠症や、味覚がなくなるなど、可哀そう。

龍之介は、占いの謎を、探るつもりが結局、海里に惚れてしまう、
ちょっと鈍い、年下の男の子でした。

気持ちに気づいて、仲直りして、おばさんのしがらみからも、
解放されて、晴れてハッピーエンド。

麻々原先生の、ラブシーンすごく素敵、イラストに萌です。

0

スピンオフ

大学三年生の海里は優しげな容貌とは裏腹に面白いことには目がない性格。
ある時出会った華やかな美貌の一つ年下の青年、龍之介に「好みだ」と迫られる。
どうやら海里に近づいたのには何か目的がありそうな龍之介だが、その駆け引きめいたスリルが楽しくなってしまい……

意図せず買ったら『透明なひみつの向こう』など占い屋さんシリーズのスピンオフ作品でした。
残念ながらそちらは未読です。
一応話はわかりましたが、作中に結構そちらの話題が出ていてなんかちょっとくやしいです。

クールな海里と、大人っぽい見た目に反して意外とわんこな龍之介。
お互いに裏があるんだろうなーと思いつつも一緒にいる時間を楽しんじゃって気づけば惹かれあっていく二人は切なくて、思わせぶりな会話の応酬は楽しかった。

ただそれほど大きな事件が起るわけでもないので、なんとなくさらっと読み終わってしまった感じかも。

3

年下攻め!

きたざわさんといったら年の差物、絶対に年上攻めなのに、これは珍しく年下攻めでした。

どっちも似たようなタイプの二人が、いろんな思惑を踏まえた上でつき合ううちに、なんだかはまってしまうという展開が、わたしにはおもしろかったし、ツボでした。

薄いといったら薄いし、テンプレといったらテンプレなんですが、やっぱりきたざわさんは好きだなあと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ